カードローンの金利を徹底比較!お得に使うためには利息と返済金額も重要です

カードローン 金利

どうせカードローンを利用する時に、「少しでもお得に利用したい」という事で、「少しでも金利の低いカードローンを利用したい」と誰もが思うのではないでしょうか。

そこで今回は、主要カードローンを金利で比較し、お金を借りる際に気をつけるポイントをまとめてみました。

カードローンは、ただ低金利なものを選べばお得になるわけではないので、その辺の注意点も踏まえてご紹介していきます。

1.カードローンの金利は借入金額で決まる!

カードローンの金利は、「3.0%~18.0%」という形で最低金利と最高金利で表記されているケースがほとんどです。

少しでも金利の低いカードローンを選ぼうと、最低金利である3.0%を見て決めてしまう方も多いですが、実はこれが大きな間違いになります。

通常、カードローンの金額は借入れ可能額によって決まっており、今回の例だと3.0%の金利が適用されるのは多額のお金を借りる時だけになります。

下記が金利のイメージ表になります。

金利のイメージ表

金利が高いほうを赤字にしていますが、基本的に赤字の金利が適用されると思っておいて問題ありません。例えば、100万円未満の借入れの場合、金利は18.0%が適用されます。

2.カードローンの金利を徹底比較

それでは、主なカードローン会社の金利を徹底比較していきます。

下記は各カードローンが公表している金利になります。

カードローンの金利

実際に比較していく前に

プロミス・アイフル・モビットは、金額各に明確な金利がホームページに記載されていなかったため、問い合わせてみました。

その結果、3社とも「明確な金利が決まっている訳ではない」という回答を頂きました。その際、金利の目安は教えて頂けたので、今回はその金利をご紹介しています。

また、カードローンによって、100万円以下の金利なのか100万円未満の金利なのかが微妙に異なるため、その辺の補足は金利の比較をしながらご紹介していきます。

最初に借入れできる金額について

どんなに属性良い人(審査に有利な人)であっても、初めての借入れの場合は、30~50万円程度しか借りる事ができません。

これからご紹介する借入金額別の金利比較表を確認して頂ければわかりますが、将来的に多額のお金を借りる予定であれば、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

100万円未満の場合

100万円未満の場合、各社の金利は次のようになります。

ただ、みずほ銀行・三井住友銀行・バンクイックは100万円以下の金利になるので、借入れ金額が100万円でもこの金利が適用されます。

金利 100万以下

100万円以上~200万円以下の場合

100万円以上~200万円以下の金利は次のようになります。

また、みずほ銀行・三井住友銀行・バンクイックは101万円以上の借入れを行った場合の金利になります。

金利 200万円以下

100万円以上~200万円以下の場合は、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンが最も金利が低いカードローンになります。

201万円以上~300万円以下の場合

201万円以上~300万円以下の金利は次のようになります。

金利 300万円以下

100万円以上~200万円以下の場合は、みずほ銀行カードローンが最も金利が低いカードローンになります。

301万円以上~400万円以下の場合

301万円以上~400万円以下の金利は次のようになります。

金利 400万円以下

100万円以上~200万円以下の場合は、新生銀行カードローン レイクやみずほ銀行カードローンが最も金利が低いカードローンになります。

401万円以上~500万円以下の場合

401万円以上~500万円以下の金利は次のようになります。

金利 500万円以下

401万円以上~500万円以下の借入れを行う場合、新生銀行カードローン レイクが最も金利の低いカードローンになります。

また、新生銀行カードローン レイクとバンクイックは500万円までしかお金を借りる事はできません。

501万円以上~600万円以下の場合

501万円以上~600万円以下の金利は次のようになります。

金利 600万円以下

501万円以上~600万円以下の借入れを行う場合、アコムが最も金利の低いカードローンになります。

601万円以上~700万円以下の場合

601万円以上~700万円以下の金利は次のようになります。

金利 700万円以下

601万円以上~700万円以下の借入れを行う場合、みずほ銀行カードローンが最も金利の低いカードローンになります。

701万円以上~800万円以下の場合

701万円以上~800万円以下の金利は次のようになります。

金利 800万円以下

601万円以上~700万円以下の借入れを行う場合、みずほ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンが最も金利の低いカードローンになります。

801万円以上~1,000万円以下の場合

801万円以上~1,000万円以下のお金はみずほ銀行カードローンでのみ借りる事ができます。

主要カードローンで800万円以上のお金を借りることはできなくなりました。

3.最も金利の低いカードローンはこれだ!

借入れ金額に応じて最も金利の低いカードローンをまとめましたので、借入れの際の参考にしてみてください。

 金額 カードローン
 100万円以下みずほ銀行カードローン
 200万円以下 みずほ銀行カードローン 
三井住友銀行 
300万円以下みずほ銀行カードローン
 400万円以下 新生銀行カードローン レイク
みずほ銀行カードローン
 500万円以下新生銀行カードローン レイク
 600万円以下アコム
 700万円以下みずほ銀行カードローン
  800万円以下 みずほ銀行カードローン
三井住友銀行
みずほ銀行の場合

金利と審査の関係

金利が低くなれば低くなるだけ、審査のハードルは高くなってしまいます。

低金利のカードローンに申し込んでも、2回連続で審査落ちしてしまうと、カードローンの審査そのものに通らなくなってしまうので、1度挑戦してみて、審査落ちしてしまった場合は、審査の難易度を落として申し込むようにしましょう。

カードローンの審査基準については「カードローンの3つの審査基準と審査に通るための5つのポイント」で詳しくご紹介しています。

4.金利を引き下げるコツ

ネット上には様々な情報があるかと思いますが、現実的に問題のないレベルで金利を引き下げるコツ・方法はありません。

カードローンでお金を借りた後、しっかりと返済期日を守り返済を続けていくことが、金利を引き下げる唯一の方法になります。

あとは、ローン会社から金利引き下げの連絡が来るのを待つ形になります。

5.金利から利息を計算する方法

それでは、実際に金利が確定した後、どのように支払う利息を計算すればよいのかをご紹介していきます。

金利から利息を計算する方法

金利から利息を計算する場合、次の計算式に当てはめて計算を行っていきます。

利息 計算方法 図

例えば、金利18.0%で10万円を30日間借りたときの利息は次のようになります。

10万円(元金)×18.0%(金利)÷365(日)×30日(借りた日数)=1,479円

より詳しい利息の計算方法については、「利息の計算方法~年利と利息の関係~」でご紹介しています。

金利別!10万円を30日間借りた時の利息表

先ほどご紹介したカードローンで10万円30日間借りたときの利息は、次のようになります。

10万円を30日間借りた時の利息表

最も金利が高いカードローンと金利の低いカードローンの利息の差は329円になります。

思ったより多くないような気がしたのではないでしょうか?

実際、金利の高い消費者金融カードローンははじめて利用する際限定ですが、約1ヶ月の無利息サービスがついているので、10~20万円程度の借入れ金額では、金利の低い銀行カードローンより支払う利息が少ないことも少なくありません。

6.返済シミュレーションの方法

返済シミュレーションは、借入金額・返済金額・利息を使って、自分で計算することも出来ますが、それだと非常に手間なので、カードローン会社が提供している返済シミュレーションを使用するのが最も簡単になります。

その中でもおすすめが、三井住友銀行カードローンが提供している返済シミュレーションになります。

三井住友銀行カードローンのシミュレーションは、目的別に返済シミュレーションを行うことができるので、知りたい情報にあわせてシミュレーションを行えます。

三井住友銀行カードローンのシミュレーション

7.金利が低い=お得なカードローンではない

先ほども少しお話しましたが、借入金額によっては「金利が低い=お得なカードローン」にならないので注意するようにしましょう。

というのも、消費者金融や新生銀行カードローン レイクが提供している無利息サービスをうまく利用する事ができれば、低金利カードローンよりお得にお金を借りれることがあるからです。

あくまで1つの目安になりますが、次の2つに当てはまる場合は、金利の低い銀行カードローンを利用するより、消費者金融カードローンを利用した方がお得になるケースがほとんどになります。

  • 10万円以下の小額の借入
  • 毎月1万5千円以上の返済する

例えば、金利18.0%の無利息サービス有と金利14.0%のカードローンで比較した場合、金利18.0%の無利息サービス有のカードローンの方が、支払う利息は208円少なくなります。

金利18.0%のカードローンで無利息サービスを使ったときの利息は4,435円になります。

金利18.0% 無利息サービス

金利14.0%のカードローンの利息は4,643円になります。

金利14.0%のカードローンの利息

8.おすすめのカードローン

おすすめのカードローンを3つご紹介します。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

しかも、プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

また、プロミスなら正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

もちろん、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方にも安心です。

数あるサービスの中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

新生銀行カードローン レイク

レイク 新メインキャプチャャ-min

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの金利は4.5%~18.0%と大手消費者金融と違いはありません。

ただ、新生銀行カードローン レイクには2つの無利息サービスがあり、「5万円まで180日間無利息」という独自のサービスを提供しています。 

このサービスを使えば、28万円までの借入で毎月の返済金額が6万円未満であれば、消費者金融や銀行カードローンよりお得にお金を借りることができます。

また、新生銀行カードローンレイクは、セブン銀行、ローソンATM等の提携ATMの利用手数料は無料ですので、利息以外に余計なお金を払う必要もありません。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ボタン

年会費 -min

詳細

みずほ銀行カードローンの金利は最大年14%ですので、消費者金融より約4%少ない計算になります。

例えば、無大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

また、審査基準に関しても、安定した収入があれば審査に通る可能性はあるので、アルバイトやパートであっても審査に通ることは可能です。

もし多額のお金を借りる予定や複数回利用するつもりであれば、みずほ銀行カードローンに挑戦してみることをおすすめします。

9.まとめ

今回は、主要カードローンの金利を100万円単位で比較してきました。

その中で、みずほ銀行カードローンの金利が最も低い結果になりました。

ただ、借入する金額が少ない場合は、消費者金融カードローンの無利息サービスを利用したほうがお得になります。

ローン大バナー

カードローン 金利