ジャパンネット銀行カードローンの保証会社とは~審査の影響や注意点

この記事は、「ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)」の保証会社について知りたい人に向けて書きました。

ジャパンネット銀行カードローンは保証会社に保証業務を委託しているため、バックに保証会社がついています。

「ジャパンネット銀行カードローンの保証会社はどこなの?」
「保証会社は審査にどのような影響があるの?」

様々な疑問や心配があるでしょう。

そこでこの記事では、ジャパンネット銀行カードローンの保証会社はどこなのかや、審査にどういった影響があるのかなどを解説します。

また、審査は保証会社だけで決まるわけでないため、その他にもおさえておくべきポイントもお伝えしてきます。 

ジャパンネット銀行カードローンの保証会社はプロミス!?

ジャパンネット銀行カードローンの保証会社は、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」となっています。

SMBCコンシューマーファイナンスは、大手消費者金融のひとつである「プロミス」です。

このため、ジャパンネット銀行カードローンは、プロミスが保証会社を担当するんですね。

では、そんな保証会社とはどのようなものなのでしょうか?

保証会社とは

保証会社とは「保証業務」を担当する会社です。

保証業務というのは、お金を借りた人が返済不能になってしまった場合、その借金を借手も代わって立替えるというものになります。

つまり、保証人のようなものですね。

ジャパンネット銀行カードローンのような、銀行カードローンのバックには必ずと言って良いほど、この保証会社がついています。

そのため、銀行側は借り手が貸倒れになった際のリスクも防ぐことができます。

よって、無担保・保証人不要でお金を貸す事が可能となっているのです。

ジャパンネット銀行カードローンの審査はプロミスが中心にする

ジャパンネット銀行カードローンの審査はプロミスが中心にすると知っておきましょう。

保証会社付きの銀行カードローンの場合、審査は保証会社が中心にします。

もちろん銀行側もなんからの形で審査に関わりますが、大部分は保証会社に任されているというのが一般的です。

このため、ジャパンネット銀行カードローンに申し込みすると、実質的にプロミスで審査を受けることになります。

ジャパンネット銀行カードローンの審査基準はプロミスとおなじ!?

ジャパンネット銀行カードローンの審査はプロミスが中心にするため、「審査基準はプロミスとおなじなの?」と疑問がある人もいるでしょう。

結論から言いますと違います。

ジャパンネット銀行カードローンと消費者金融のプロミスは別のカードローンです。

審査基準はカードローンによってことなるため、いくらおなじところで審査を受けると言ってもその基準は違ってきます。

ただし、審査方式自体は変わらない可能性が高いです。

よって、どのようなポイントが評価されるのかや、マイナスとなるかなどはどちらのカードローンも共通であるかと思います。

審査の難易度は変わらない可能性が高い!

ジャパンネット銀行カードローンとプロミスであれば、審査の難易度は変わらない可能性が高いです。

その理由は以下の2つに差がないからです。

  • 申込条件
  • 上限金利

申込条件

ジャパンネット銀行カードローンとプロミスの申込条件は次のようになっています。

ジャパンネット銀行カードローンプロミス
  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
  • 仕事をしており、安定した収入のある方
  • ジャパンネット銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方
  • 一定の審査基準を満たし、当社の指定する
  • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方

まとめると、どちらも「20歳~69歳までの安定収入がある人」というのが条件です。

このため、ジャパンネット銀行カードローンとプロミスの申込条件には差がないんですね。

申込条件を確認すれば、そのカードローンの審査難易度をある程度判断できます。

なぜなら、申込条件がやさしいほど、申し込みの敷居を下げてより多くの人に融資しようとする傾向が強いからです。

逆に申込条件が厳しい場合は、申し込みの敷居を高くして、融資対象を制限しようとする傾向があります。

ジャパンネット銀行カードローンとプロミスの場合、申込条件はどちらもやさしくなっており、その差もありません。

よって、申込条件を見る限りは審査の難易度もそれほど変わらないと判断できるのです。

上限金利

ジャパンネット銀行カードローンとプロミスの「上限金利(一番高い金利)」は次のようになっており、その差がほぼありません。

ジャパンネット銀行カードローンプロミス
年18.0%年17.8%

プロミスのほうが年17.8%と低いものの、0.02%しか変らないため、その差はあってないようなものです。

カードローンの審査難易度は上限金利でも判断できます。

その理由は、上限金利が低いほど審査のハードルが上がっていくからです。

上限金利はそのカードローンで一番高い金利なため、これ以上の金利は設定できません。

よって、上限金利が低いほど設定できる金利が下がり、金利収入が減りますので、お金を借りた人が返済できなくなった場合の損失が大きくなってしまうという欠点があります。

このため、審査の難易度を上げて融資する人を制限しようとする傾向が強くなるんですね。

その一方で、上限金利が低い場合はその逆であり、審査の難易度も下がる傾向があります。

ジャパンネット銀行カードローンとプロミスの上限金利はどちらも高めですが、その差はほとんどありません。

よって、審査の難易度もほとんど変わらないと予想できるのです。

過去にプロミスの審査に落ちた人はジャパンネット銀行カードローンを利用できない!?

「過去にプロミスで審査落ちしたことがある」という人は注意が必要です。

ここでまでお伝えしてきたように、ジャパンネット銀行カードローンの審査は保証会社であるプロミスが中心におこないます。

そのため、過去にプロミスで審査落ち人が申し込むと、またプロミスで審査を受けるはめになってしまうんですね。

2つのカードローンは別の商品であるため、審査通過の基準はことなります。

しかし、それでも一度プロミスで審査落ちした人が、おなじプロミスで審査を受けるのは得策ではありません。

先にお伝えしたように、審査の方式自体はおなじである可能性が高いですし、申込条件と上限金利を確認する限り、難易度も大差がないと判断できます。

よって、申し込みしても同じような審査結果になってしまい、再び審査落ちする可能性があるからです。

プロミスは多くの銀行カードローンの保証会社を担当している点も注意!

プロミスはジャパンネット銀行カードローン以外にも、多くの銀行カードローンの保証会社を担当しているので気をつけましょう。

以下のカードローンは、すべてSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)が保証会社になっています。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • 仙台銀行カードローン
  • 東日本銀行カードローン

プロミスはこの他にも、多くの地方銀行系カードローンの保証会社を引き受けています。

このため、プロミスで審査落ちになった経験がある人が銀行カードローンに申し込む場合は、保証会社がどこなのかを確認しておく必要があります。

プロミスを利用中で問題を起こした場合も要注意!

現在、プロミスを利用中で延滞などの問題を起こした場合も注意が必要です。

プロミスを利用中である人でも、ジャパンネット銀行カードローンに申し込むことは可能です。

しかし、プロミスで延滞などのトラブルを起こすと審査に通りづらくなります。

そうした情報は「信用情報機関」に記録されますし、プロミスが自社での保有している可能性が高いです。

延滞等の問題を起こすような人はお金に関して信用できませんので、審査落ちされてしまう可能性が高いです。

保証会社だけじゃない!ジャパンネット銀行カードローンの審査に通るための6つのポイント

ジャパンネット銀行カードローンの審査に通過するためには、保証会社以外にも知っておくべきポイントがあります。

それを知っておかないと、審査落ちになってしまう危険がありますので、ぜひ確認しておきましょう。

ジャパンネット銀行カードローンの審査に通るためのポイントとは、以下の6つになります。

  • 申込条件
  • 安定収入
  • 他社の返済期日
  • 他社の借入額と件数
  • 事故情報の有無
  • 在籍確認

申込条件を満たす

申込条件を満たしているか必ず確認しておいてください。

ジャパンネット銀行カードローンの申込条件は以下となっています。

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
  • 仕事をしており、安定した収入のある方
  • ジャパンネット銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方
  • 一定の審査基準を満たし、当社の指定する
  • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

とくに特別な条件があるわけではありませんが、これらのすべてを満たないと100%審査に通りません。

なお、「ジャパンネット銀行の普通預金口座」に関してはカードローンと同時申込できるので、気にしなくてもOKです。

安定収入を持つこと

審査に通貨するためには、安定収入が必須です。

よって、毎月継続して収入が得られる状況である必要があります。

他社の返済期日は必ず守る

他社の返済期日は必ず守るようにしてください。

ジャパンネット銀行カードローンの審査では、信用情報機関への照会があり、過去の返済履歴をチェックされます。

そのため、返済期日を守っていないと審査に不利です。

このため、以下のようなものの返済はしっかりとおこなう必要があります。

  • クレジットカード(ショッピング枠・キャッシング枠)
  • カードローンやキャッシング
  • 住宅ローンやマイカーローン、フリーローンなどの各種ローン
  • 携帯電話の本体分割払い

他社の借入額と件数は多すぎないこと

他社の借入額と件数は多すぎないことも大切です。

ここで言う、他社借入とは以下のような無担保で現金が借入できるものとなります。

  • カードローンやキャッシング
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

こられの借入額や件数が多いほど、毎月の返済負担が大きくなりますので、返済に使えるお金を少なく見られてしまい、審査上不利です。

信用情報に事故情報がないこと

信用情報に事故情報がないことは絶対条件です。

事故情報とは以下のようなものを指します。

  • 長期延滞(2~3ヶ月連続の延滞)
  • 債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)
  • 強制解約
  • 代位弁済

上記のような事故情報があると、まず審査に通らないと思っておきましょう。

在籍確認ができること

在籍確認ができることも必須条件です。

ジャパンネット銀行カードローンの審査には在籍確認があり、現在の勤め先に電話連絡があります。

よって、この在籍確認がきちんとできないと審査に通過できません。

このため、在籍確認にはしっかり対応してください。

なお、ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認は「JNB(ジャパンネット銀行の略称」」という名称でされます。

このため、ジャパンネット銀行の在籍確認とはわからないようになっています。

また、本人以外には在籍確認であることを明かすこともありまえん。

よって、「他人に対応されてキャッシングの在籍確認とバレるのでは?」というような心配も不要です。

ちなみに、ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認は必ずしも本人が対応する必要はありません。

申込者が申告した勤め先に在籍していることさえわかれば良いため、他人が対応しても問題ないんですね。

そうした事から、「外出が多くて対応できそうにない・・・」というような場合は、会社の人に任せてしまっても大丈夫です。

まとめ

ジャパンネット銀行カードローンの保証会社は、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)」です。

このため、大手消費者金融のひとつであるプロミスが保証会社になっているんですね。

保証会社付きのカードローンの場合、審査の大部分は保証会社が担当しますので、ジャパンネット銀行カードローンの審査はプロミスが中心におこないます。

よって、その審査方式はプロミスのものと共通である可能性があるため、以下の点に当てはまる場合は気をつけておきましょう。

  • 過去にプロミスの審査に落ちたことがある
  • 過去にプロミスで延滞などの問題を起こした

また、審査に通過するためには保証会社以外にも知っておくべきポイントがありますので、今回の記事で解説したことをきちんとおさえておくようにしてください。

そうした知識がしっかり身につけてから、実際に申し込みをするのがおすすめです。

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン キャプチャ ジャパンネット銀行カードローン 金利 ボタン ジャパンネット銀行カードローン 3つのポイント