楽天銀行カードローンの賢い返済方法~知らなきゃ損する利息の軽減術

この記事は、楽天銀行カードローンを上手に返済したい人のために書きました。

楽天銀行カードローンで借入をすると、必ず返済をしていかなくてはいけません。

「返済で失敗しないためのコツを知りたい!」
「利息をおさえるためのポイントを確認しておきたい!」 

ここでは、楽天銀行カードローンの賢い返済方法をお伝えしていきます。また、返済日や返済方法、返済金額などの基本的な項目も解説します。

この記事を読んでもらえれば、楽天銀行カードローンの上手な返済方法がわかり、利息で後悔しないためのテクニックが身につきます!

楽天銀行カードローンを上手に返済するなら「随時返済」が必須!

楽天銀行カードローンの返済を上手くおこなうなら、「随時返済」が必須です。

随時返済とは、契約で決められた返済金額の他におこなう返済のことを指します。

たとえば、その月の返済額が5,000円だとして、この5,000円の他に3,000円、8,000円など追加で返済するのが随時返済です。

「繰上げ返済」や「自由返済」とも呼ばれます。

楽天銀行カードローンは、好きなときにこの随時返済ができるようになっており、事前の連絡や手数料なども必要ありません。(ただし、振込手数料などが発生する場合があります)

これに対して、毎月決まった日に契約で決められた金額を返済するのが「約定返済」と言います。

そして、楽天銀行カードローンの場合、毎月の返済額は借入算高によって決まり、以下のようになっています。(これを「約定返済額」と呼びます)

借入残高約定返済額
10万円以内2,000円
10万円超30万円以内5,000円
30万円超50万円以内10,000円
50万円超100万円以内15,000円
100万円超150万円以内20,000円
150万円超200万円以内30,000円
200万円超250万円以内35,000円
250万円超350万円以内40,000円
350万円超400万円以内45,000円
400万円超500万円以内50,000円
500万円超600万円以内60,000円
600万円超700万円以内80,000円
700万円超800万円以内100,000円

上記の約定返済額のみで返済していると、以下のような問題が発生してしまいます。

  • 利息が大きくなる
  • 返済期間が長くなる

しかし、随時返済を活用することでこれらのデメリットを解消することが可能なのです。

その点を次章より詳しくお伝えしていきます。

楽天銀行カードローンの約定返済額だと利息が大きくなってしまう!

楽天銀行カードローンの返済は、約定返済額のみだと利息が大きくなってしまいます。

先に確認してもらった約定返済額を見てもらえばわかるとおり、返済額は借入算高が少なくなるほど小さくなっていきます。

よって、次の2つのデメリットがあるのです。

  • 返済が進むと返済額が少額になるので借入算高の減りが遅くなってしまう
  • 借入額が小さいと返済額も少額なので借入算高の減りが遅い

約定返済にはこうした欠点がありますので、総利息が大きくなってしまうケースが多いんですね。

実際に総利息がどれくらいになるかを見てみましょう。

今回は金利14.5%で借りると仮定し、約定返済額のみで返済する場合で算出しています。

借入額毎月の返済額総利息
10万円2,000円55,038円
30万円5,000円(借入額10万円以下 2,000円)268,994円
50万円10,000円(借入額10万円超30万円以内 5,000円
借入額10万円以下 2,000円)
466,930円

「利息高すぎ!」と感じた人が多いかと思います。

では、随時返済を活用すると利息はどれくらい減らせるのでしょうか?

随時返済を活用した場合の利息の軽減効果

随時返済を使って返済した場合、以下のように利息を大きく軽減できます。

随時返済額総利息
毎月5,000円15,145円
毎月8,000円9,068円
毎月10,000円7,227円

※10万円を金利14.5%で借りる場合

10万円を金利14.5%で借りるケースですと、約定返済額のみの場合は、先の表のとおり「55,038円」の利息がかかります。

しかし、随時返済を活用すれば上記のように利息を大きく減らせるのです。

一括返済なら利息の軽減効果はさらに高い!

一括返済なら利息の軽減効果はさら効果的になります。

楽天銀行カードローンは自由に随時返済ができるため、「一括返済」も同様に可能です。

事前の連絡や手数料などが必要ない点もおなじです。

一括返済をすれば完済時期がより早まる傾向が強いため、随時返済だけよりも利息をおさえやすいというメリットがあります。

では、どのくらいの効果があるのか実際に確認してみましょう。

一括返済の時期(借入の翌日から)総利息
30日1,191円
60日2,383円
100日3,972円

※10万円を金利14.5%で借りる場合

ごらんのとおり、随時返済だけのときよりもさらに利息をカットできているのがわかります。

このため、随時返済を活用しつつ、余裕があればできる限り早い時期に一括返済してしまうのがベストです。

一括返済をするときは借入残高を確認しておこう!

一括返済をするためには現在の借入残高の確認が必要です。

現在の借入残高は、スーパーローンの会員サイト「メンバーズデスク」から確認可能です。

メンバーズデスクはカードローンに登録後、すぐに利用可能となり、こちらのページからログインできます。

楽天銀行カードローンの約定返済額だと返済回数も増える!

楽天銀行カードローンを約定返済額のみで返済していると、返済回数も増えるという欠点があります。

約定返済額のみの返済ですと残高の減りが遅くなり、返済期間が長引いてしまうのです。

よって、その分だけ返済回数も大きくなってしまうんですね。

それでは、約定返済額のみだと返済回数がどのくらいになるかを確認してみましょう。

借入額毎月の返済額返済回数
10万円2,000円78回
30万円5,000円(借入額10万円以下 2,000円)159回
50万円10,000円(借入額10万円超30万円以内 5,000円
借入額10万円以下 2,000円)
197回

ご覧のとおり、かなりの回数になってしまうのがわかるのではないでしょうか。

このため、約定返済額のみですと「返済が一向に終わらない・・・」というストレスを抱えてしまいがちです。

そうしたストレスを抱えないために、随時返済の活用が必要になってきます。

随時返済なら返済期間も大幅に短縮可能

随時返済なら、次のように返済期間も大幅に減らすことができます。

随時返済額完済までの返済回数
毎月5,000円24回
毎月8,000円14回
毎月10,000円11回

※10万円を金利14.5%で借りる場合

10万円を金利14.5%で借りた際、約定返済のみだと完済まで78回もかかってしまいます。

つまり、6年と5ヶ月もかかるということですね。

しかし、随時返済を活用すれば、上記のように完済までの期間をググッと大きく短縮できるのです。

ここまでの解説で随時返済の有効性は理解してもらえたかと思います。

そこで次章では、その随時返済を実際におこなうための方法をお伝えしていきます。

楽天銀行カードローンで随時返済をする方法はこの3つ

楽天銀行カードローンで随時返済をする方法は以下の3つです。

  • 提携ATM
  • インターネット
  • 銀行振込

先述したとおり、楽天銀行カードローンの随時返済は自由ですので、上記の方法であれば、連絡など不要で好きなときにできます。

提携ATM

楽天銀行カードローンの提携ATMに、ローンカードを挿入すれば随時返済が可能です。

手数料は無料であり、返済金額は1,000円単位が基本です。(一部のATMでは硬貨も受け付けています)

そんな楽天銀行カードローンの提携ATMには次のようなものがあります。

  • ローソン銀行
  • イーネット
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

インターネット

インターネットからも随時返済ができます。

スーパーローンの会員サービス「メンバーズデスク」から、振込手続をするだけですので非常に簡単です。

手数料は無料であり、1円単位で返済ができるという点も便利です。

ただし、以下の時間帯などは一時的に利用できないので確認しておきましょう。

  • PM23:30~AM0:00
  • 6月・9月・12月の第3日曜日 AM0:45~AM5:30
  • 毎月第2火曜日 AM2:00~AM6:00
  • 1月1日~3日、5月3日~5日
  • 利用金融機関のメンテナンス時間等

銀行振込

銀行振込によっても随時の返済が可能です。

振込先は人によってことなるため、口座番号は楽天側に問い合わせるようにしてください。

また、振込手数料は自己負担になるため気をつけましょう。

【要注意】随時返済しても通常の返済は必ずある!

随時返済しても、通常の返済は必ずあるので注意しないといけません。

随時返済はあくまで自由返済という扱いであり、約定返済額よりも多めに返したいときに利用するためのものです。

このため、たとえ約定返済額を超える金額を返済したとしても、利用算高が残っている限り通常の返済もあります。

よって、随時返済をしても返済したつもりにならないようにしなくてはいけません。

【補足】楽天銀行カードローンの返済について知っておくべきこと

ここからは、楽天銀行カードローンの返済について知っておくべきことをお伝えしていきます。

次の項目は、スムーズな返済をするために抑えておくべきですので確認しておいてください。

  • 返済日
  • 返済方法
  • 返済額の決定日
  • 端数の返済
  • 返済遅れの対処方法
  • 延滞損害金

返済日は「1日、12日、20日、27日」から選択可能

楽天銀行カードローンの返済日は、「1日、12日、20日、27日」から選べます。

ただし、27日は楽天銀行を引落口座に指定した場合のみに選択可能です。

また、次のように一部の口座では返済日が指定できないことがありますので確認しておきましょう。

返済日を指定できない金融機関
  • ゆうちょ銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • ローソン銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
1日、20日に指定できない金融機関じぶん銀行
12日に指定できない金融機関
  • 静岡中央銀行
  • 沖縄海邦銀行
  • 商工組合中央金庫

この他にも、信託銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合・漁業共同組合など、一部返済日を指定できない金融機関があります。

メインの返済方法は「口座振替」のみ

楽天銀行カードローンの返済方法は「口座振替」のみです。

よって、メインの返済は登録した口座からの引落しとなります。

引き落とし以外の返済はすべて随時返済という扱いです。

返済額の決定日は「返済日の15日前」

その月の返済額が決定するのは「返済日の15日前」となります。

たとえば、返済を20日に指定している場合、15日前の5日が返済額の決定日です。

このため、上記のケースですと5日時点の借入残高によってその月の返済額が決まります。

なお、返済額の決定日以降に完済しても通常どおり引落しがあるので要注意です。

もちろん引落し分は後日返金となりますが、その点は気をつけておきましょう。

提携ATMだと端数の返済ができないことがある

提携ATMだと端数の返済ができないことがあります。

一括返済したいときは端数が発生する場合がほとんどです。

しかし、コンビニなどの提携ATMなどでは硬貨の扱いをしていないケースが多く、端数に対応できません。

このため、端数を支払いたいときは「インターネット返済」か「銀行振込」が基本です。

銀行振込ですと振込手数料がかかってしまうため、無料で返済できるインターネット返済がおすすめします。

返済遅れしそうならすぐに連絡する!

「お金がなくて返済できない!」、「うっかり忘れで口座に入金し忘れた・・・」l、このような場合はすぐに楽天側に連絡しましょう。

黙って延滞するのとそうでないのとは、楽天側に与える心象が違ってきます。

連絡しないでいると楽天側にマイナスの評価を与える原因となり、あとで増額してほしいときなどに不利です。

このため、迅速に「0120-730-115(平日9:00~17:00)」まで電話して、返済遅れに件を連絡するようにしてください。

なお、延滞してしまい口座の引落しができない場合は自分での入金が必要です。

よって、随時返済をするのとおなじように提携ATMかインターネット、銀行振込によって返済をする必要があります。

1日でも返済日を過ぎると「延滞損害金」が発生

1日でも返済日を過ぎると「延滞損害金」が発生するので注意です。

延滞損害金とは、延滞した場合に発生する罰則金を指し、次のような計算式で算出します。

延滞損害金=借入算高×延滞損害金利率÷365×延滞日

楽天カードローンの場合、延滞損害金利率は「年19.9%」ですので、仮に借入残高20万円のときに30日延滞したとすると以下のように計算されます。

20万円×19.9%÷365×30日=3,271円

よって、このケースですと3,271円の延滞損害金が発生します。

この延滞損害金は約定返済額に含まれますので、その月の返済額が変化することはありません。

しかし、その内訳が変化し、

元金4,000円+利息1,000円=返済額5,000円 矢印 元金729円+利息1,000円+延滞損害金3,271円=返済額5,000円

というように、延滞損害金の分だけ元金が減ってしまいます

そのため、借入残高の減りが遅くなるので要注意です。

まとめ

楽天カードローンを賢く返済するなら、「随時返済」の活用が有効です。

約定返済のみですと、返済回数が増え、利息も大きくなってしまいます。

それに対して、随時返済をおこなえば返済回数を減らすことができ、利息も大きく軽減することが可能です。

楽天カードローンの場合、提携ATM、インターネット、銀行振込によって自由に随時返済ができるようになっています。

事前連絡や手数料も不要ですので、「今月は多めに返済したい!」と思ったときにすぐ随時返済が可能です。

お金に余裕のあるときは積極的に随時返済を活用するのをおすすめします。

楽天銀行カードローン

楽天スーパーローン キャプチャ 楽天銀行 限度額 ボタン 楽天銀行カードローン3つの魅力

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー