楽天銀行カードローンは低金利で利息も安い?利息を減らす本当の方法

この記事は、楽天銀行カードローンの金利が気になる人のために書きました。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の金利は1.9~14.5%です。

下限金利に関しては、大手のみずほ銀行カードローンや三井住友銀行すらも下回ります。

「それなら利息もダントツで安いだろうし、楽天銀行カードローンを選ぶしかない!」

と、思う人も多いと思いますが、利用方法によってはもっとお得なカードローンもあるかもしれません。

この記事は、本当に利息を減らしたい人のためのカードローン選びをサポートします。

金利を低くしたいなら楽天銀行カードローンでOK!

楽天銀行の金利である「1.9~14.5%」は、上限金利に関しても大手銀行カードローンの金利とほぼ変わりません。

そのため、「金利の低い銀行カードローンを選びたい」と考えているのであれば、楽天銀行カードローンを選んでもまず間違いないでしょう。

他社と楽天銀行カードローンの金利を比較してみよう

ここからは実際に他社のカードローンと比較して、楽天銀行カードローンの金利は本当に低いのかを明らかにしていきましょう。

なお、銀行カードローンだけでなく、消費者金融カードローンとも比較していきます。

ほか大手銀行カードローンと遜色なし

カードローン名金利利用限度額
楽天銀行カードローン年率1.9~14.5%10万円~800万円
三井住友銀行カードローン年率4.0~14.5%10万円~800万円
みずほ銀行カードローン年率2.0~14.0%10万円~800万円
イオン銀行カードローン年率3.7~13.8%10万円~800万円

表を見れば、楽天銀行カードローンは三井住友銀行やみずほ銀行のカードローンと比較しても、大きな差がないことが分かります。

なお、最低金利に関しては楽天銀行カードローンがダントツで低い設定です。

ただし、金利1.9%で利用するためには800万円の限度額を認められるほか、長年の利用を続け、利用態度に申し分ないと判断されなくてはいけません。

そのため、カードローン選びの際には、基本的には上限金利で比較することをおすすめします。

金利以外の比較ポイント
  • 入会特典
  • ポイントサービスなどのサービス面
  • 借入方法や返済方法が自分にとって使いやすいか

金利のほかにもこのようなポイントで比較し、自分にとってメリットの大きいカードローンを選ぶとよいでしょう。

消費者金融と比較すると金利は低め

カードローン名金利利用限度額
楽天銀行カードローン年率1.9~14.5%10万円~800万円
プロミス年率4.5~17.8%1万円~500万円
アイフル年率3.0~18.0%1万円~800万円
アコム年率3.0~18.0%10万円~800万円
レイクALSA年率4.5~18.0%1万円~500万円

大手消費者金融カードローンと比較してみると、楽天銀行カードローンの金利はとても低く感じられますね。

金利面だけで選択するのであれば、楽天銀行カードローン一択といったところです。

ただ、金利が優遇されている代わりに楽天銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンは、「審査に時間がかかる(即日融資不可)」や「審査が厳しい」といった傾向があります。

急ぎでお金を借りたいときには、そのような点でもカードローンを比較してみましょう。

楽天銀行カードローンの審査について詳しくは「楽天銀行カードローンの審査は甘い?楽天会員の優遇はある?審査基準を解説」をご覧ください。

楽天銀行カードローン

楽天スーパーローン キャプチャ 楽天銀行 限度額 ボタン 楽天銀行カードローン3つの魅力

短期の借入なら消費者金融の無利息サービスを使うのも◎

短期間の借り入れであれば、金利の低い楽天銀行カードローンよりも、大手消費者金融での借り入れが利息を抑えることにつながるかもしれません。

大手消費者金融のほとんどが「無利息サービス」を扱っているためです。

無利息サービスがあれば利息をゼロにすることもできる!?

無利息サービスとは、「一定期間だけ無利息(金利ゼロ)で借入OK」というサービスです。

たとえば、「給料日まであと数日間だけど、お金が足りない!」といったときに借り入れて、給料日に返済をすれば利息ゼロ!

低金利の楽天銀行カードローンからお金を借りるよりもお得に使えるでしょう。

無利息サービスありのおすすめカードローン

無利息サービスありの大手消費者金融カードローンをざっくりと紹介していきます。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスでははじめての方に限り、「30日間の無利息サービス」を利用できます。

プロミスの無利息サービスは、ほか大手消費者金融と違い、無利息サービスのスタートが初回借入日の翌日なのがポイント。

「とりあえず契約だけしておいて、借入はまた後日」といった場合でも、損なく無利息サービスを利用することができます。

プロミスの無利息サービスについて詳しくは「プロミスの無利息サービスが他社よりも優れている3つの理由」をご覧ください。

アイフル

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アイフルもはじめての方に限り、「最大30日間の無利息サービス」を利用できます。

なお、アイフルをはじめ以下の消費者金融では、無利息サービスのスタートが契約日の翌日からとなっているため注意してください。

アイフルの無利息サービスについて詳しくは「消費者金融アイフルの無利息期間は罠?体験談から分かりやすく解説」をご覧ください。

アコム

アコム キャプチャ ボタン

アコムもまたはじめての方に限り、「30日間の無利息サービス」を利用できます。

レイクALSA

レイク キャプチャ レイク 金利 ボタン レイク ポイント

レイクALSAでもはじめての方に限り、無利息サービスを利用できますが、2種類から選べるのがポイントです。

  • 30日間の無利息サービス
  • 180日間、借入額の内5万円までの無利息サービス

2種類はそれぞれ上記のような特長があり、前者はほかの消費者金融と変わらないタイプのもの。

後者は借入額の内5万円までしか対象になりませんが、180日間というどこの消費者金融よりも長期間の無利息サービスを受けられます。

レイクALSAの無利息サービスについて詳しくは「レイクALSAの2つの無利息サービスを徹底比較」をご覧ください。

楽天銀行カードローンの金利にまつわるQ&A

最後に楽天銀行カードローンの金利について寄せられることの多い質問に回答していきます。

Q.楽天銀行カードローンの金利はどのようにして決まるの?

A.金利は利用限度額と返済能力の高さに応じて決まります。詳しくは下記の表をご覧ください。

利用限度額借入利率(年率)
800万円1.9~4.5%
600万円以上800万未満3.0~7.8%
500万円以上600万未満4.5~7.8%
350万円以上500万円未満4.9~8.9%
300万円以上350万円未満4.9~12.5%
200万円以上300万円未満6.9~14.5%
100万円以上200万円未満9.6~14.5%
100万円未満14.5%

利用限度額は審査によって、収入や職業などから返済能力の高さを判断され、決まります。

ただ、近年は「銀行カードローンが安易に貸しすぎだ」という問題が取沙汰されたことで、どこの銀行も大口貸付を自粛する傾向に。

そのため、初回契約時にはそこまで大きな利用限度額設定にはならないと考えておきましょう。

Q.金利ごとにどの程度の利息差が生まれるの?

A.金利14.5%と9.6%で10万円を30日間借りた場合の利息差を見てみましょう。

  • 金利14.5%⇒1,191円
  • 金利9.6%⇒789円

金利が約5%離れていると、これだけの差が生まれます。

なお、利息の計算は、「借入残高×利率÷365×借入日数」で導き出すことができます。

返済計画を立てる際などに利用してみてください。

Q.金利を引き下げたいのだけど、何をすれば良い?

A.利用限度額の増額申請をおこないましょう。

増額申請をおこなうと審査が再びおこなわれ、利用態度や収入などに問題がないとみなされれば、利用限度額が増額。それにともない金利が引き下げられます。

なお、増額申請は前回の審査から6ヶ月以上経過していなくてはできません。

契約時にも審査はおこなわれているため、契約直後に増額申請は不可ということです。

Q.楽天銀行カードローンでは金利以外の手数料はかかる?

A.基本的に金利以外はかからないと思って良いでしょう。

借入にしても返済にしても、提携ATMであれば手数料無料で利用できます。

楽天銀行カードローンの提携ATMは、セブン銀行やローソン銀行をはじめ身近に多いのも特徴です。