楽天銀行カードローンの審査時間は1週間以上も?即日融資ならプロミス

この記事は「楽天銀行カードローンの審査にかかる時間が気になる人」に向けて書きました。

  • すぐお金が欲しいのだけど審査早く終わるのかな?
  • もう数日経ったけど審査結果こないのは普通なのかな?

こういった審査時間に関する悩みってありますよね?

結論として、楽天銀行カードローンは審査に時間がかかってしまいます。

今すぐお金を借りたい人はプロミスへ申し込みましょう。

楽天銀行カードローンの審査時間は1週間以上も!即日融資ならプロミス

楽天銀行カードローンの審査時間は最短でも翌営業日、長いときには1週間以上かかります。

そのため今すぐにでもお金が欲しい人は、消費者金融に申し込む必要があります。

しかしなぜ楽天銀行カードローンの審査時間は長いのでしょうか。

即日融資ができない理由、1週間以上もかかってしまう理由の順番でご説明しますね。

カードローンの審査自体は即日で終わるようなシンプルな流れ

楽天銀行カードローンの審査は即日で済んでしまうようなシンプルな流れです。

楽天銀行カードローンの審査の流れは以下の通りです。

【審査の流れ】
  1. 保証会社による仮審査
  2. 勤務先への在籍確認
  3. 必要書類の提出

なんと大きく分けると、たった3項目しかありません。

②の勤務先への在籍確認は、審査担当者が勤務先に電話かけるだけなので数分で終わります

③の必要書類の提出も身元確認がメインとなるため、書類を提出さえすれば即終わります

となると、①の保障会社による仮審査で時間がかかっているのでしょうか?

、、、実は仮審査も数分から数十分で終わってしまうのです

保証会社による仮審査はコンピュータによる処理で即終わる

仮審査の目的は、保証会社が皆さんの保証人の代わりになってもいいか判断することです。

皆さんが信用できるかどうかはスコアリング方式と呼ばれる総合点評価で判断されます。

スコアリング方式では、幾万に及ぶ過去のカードローン申し込み者のデータから導き出した評価軸で申込者を判断します。

このとき利用する申込者データは申込書以外にも、信用情報機関と呼ばれる場所に保存されています。

そして評価軸とデータをもとにコンピュータが自動的に判断するため、数分~数十分で終わってしまうという訳です。

以上のように、カードローンの審査自体は、すぐに終わるくらいシンプルでした。

ではなぜ即日融資が絶対にできないのでしょうか?

その理由には大きな社会問題が関わっていました。

【飛ばしてOK】楽天銀行カードローンは保証会社が不要なケースも?

ちなみにですが、楽天銀行カードローンの保証会社はセディナカードと楽天カードです。

ただ商品概要説明では、保証会社が不要な場合もあると書かれています。

これゆえに楽天銀行カードローンの審査は甘いのか?と推測されています。

楽天銀行カードローンの審査難易度に関しては【楽天銀行カードローンの審査は甘い?楽天会員の優遇はある?審査基準を解説】をご覧ください。

警察庁データベースとの照合があるため即日融資が不可能に!

カードローンの審査はシンプルなのに即日融資ができない理由は、警察庁データベースとの照合があるからです

警察庁データベースとの照合とは、審査申込者が暴力団関係者ではないかを確認するために行われる項目です

カードローン会社ではない外部へのデータ受け渡しなどで、必ず1日はかかってしまいます

しかし実は、警察庁データベースとの照合は楽天銀行だけでなく、全銀行カードローンで行われます

一体なぜ全銀行カードローンで行われるようになったのでしょうか。

銀行カードローンの暴力団関係者への融資が社会問題となったから

各銀行は利益追求のため、銀行カードローンの審査を甘くして過剰融資を行っていました。

その結果として暴力団関係者への融資という問題が発生してしまったのです。

それゆえに2017年頃から審査の厳正化として、警察庁データベースの照合が開始されました

消費者金融では警察庁データベースの照合がないので即日融資ができる

以上の背景より、警察庁データベースの照合は銀行の不祥事がきっかけとなっています。

それゆえに不祥事を起こしていない消費者金融では、警察庁データベースの照合がありません。

そのため、今すぐお金が欲しいなら消費者金融に申し込みましょう

おすすめはプロミスです。

さて以上より楽天銀行カードローンでは即日融資が不可能だと分かりました。

しかし即日融資どころか下手をすると1週間以上も審査にかかってしまうことがあります

その理由は何なのか?審査が長引く理由を説明しましょう。

審査時間が1週間程度かかってしまう5つの理由

楽天銀行カードローンの審査時間が1週間程度かかってしまう理由は次の5つです。

  • 申込者が多すぎて審査待ちの行列ができている
  • 審査をしていない土日・祝日を考慮せずに申し込んだ
  • 申込内容に虚偽やミスがあった
  • 在籍確認が取れないため審査が一向に進まない
  • 利用限度額が不釣り合いのため審査に通すか悩んでいる

その多くが審査前の注意で改善することができる内容ですので、対処方法も説明します。

休暇前は要注意?審査申込者が多すぎて審査待ちが発生する

カードローンの審査は申し込みの先着順で行われます。

そのため審査申込者が多い時期には、審査待ちの行列ができてしまいます。

特に次の時期はカードローンの申込者が多いので、避けましょう。

  • GWや夏休みなどの長期休暇前
  • 月末の給料日前
  • 金曜日や祝日前の平日
  • 卒業シーズンから入学シーズンの3月4月

なお空いている時期は火曜から木曜日で午前中が比較的に穴場となっています。

楽天銀行カードローンは審査を土日・祝日に行っていない

楽天銀行カードローンの審査時間は平日のみです。

つまり土日・祝日を挟む時期に審査を申し込むと、時間がかかってしまいます。

申込内容に虚偽やミスがあり申込内容の確認にてこずっている

審査申込の際に入力ミスで内容に不備があると、審査担当者が内容の確認を行います。

申込内容の確認は電話で済むこともあれば、銀行側で慎重に吟味されることもあります。

それゆえに申込内容は提出前に慎重に確認をしましょう。

在籍確認がとれないために審査が一向に進まない

在籍確認は本当に勤務先に勤めているのか?電話で確認する審査です。

これは返済能力を確認するうえで重要な審査項目です。

そのため在籍確認が取れない限り、審査時間が長引いてしまいます。

同僚や上司に協力してもらい、電話には出てもらうようにしましょう。

利用限度額が不釣り合いのため審査に通すか悩んでいる

これは申し込んだ利用限度額が高すぎたために審査に通すか悩んでいるケースです。

楽天銀行カードローンの審査申込フォームでは、デフォルトで800万円の利用限度額となっています。

できれば最低限度額の10万円で審査に申し込むと審査もスムーズになります。

高すぎる利用限度額は審査落ちの原因にもなるので、注意してください。

カードローンの審査落ちする原因を知りたい人や、1週間以上結果が来ない人は【カードローン審査に落ちる理由とは?連絡がこないときの対処法も解説】をご覧ください。

以上が楽天銀行カードローンの審査時間が1週間以上もかかってしまう理由となります。

「こんなに審査回答までに時間がかかるのか」と思った方も多いでしょう。

そんな方のために、最後に今すぐお金が借りられる方法を紹介して終わります。

今すぐにお金が欲しい!そんなときはプロミスに申し込みましょう

今すぐお金が欲しいならば消費者金融の中でも、おすすめはプロミス一択です!!

プロミスの特におすすめポイントは次の3つです。

  • 最短30分で審査回答!すぐにお金が手元に入る
  • 30日間は無利息利用!すぐ返済できるなら利息がタダ
  • 全国各地にあるATMでも借入返済可能!圧倒的な利便性
プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
プロミスについてもっと詳しく知りたい!という人は【プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ】をご覧ください。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー