楽天銀行カードローンの審査に落ちたら…リカバリ法を解説

この記事は「楽天銀行カードローンの審査落ちた…」とお悩み中の人のために書きました。

「楽天銀行カードローンの審査は甘い」という口コミ評判が散見されますが、楽天銀行カードローンの審査落ちた人もいます。

楽天銀行カードローンの審査落ちたら、今すぐ別のカードローン申し込みをしたいところですが…ちょっと待った!!

まずは楽天銀行カードローンの審査落ちた原因を分析しなければ、次のカードローンも審査落ちる可能性の方が高いです。

これからすごいカード相談所が解説する「楽天銀行カードローンの審査落ちた3つの原因」をしっかり読んで、最適なリカバリ法を実践して再チャレンジしてください。

CHECK

楽天銀行カードローンの審査落ちたら、残されたチャンスはあと2回!
銀行カードロ―ンよりも審査項目の難易度が低い、消費者金融カードローンに切り替えをおすすめします。

楽天銀行カードローン審査甘いって口コミ多数でも、落ちることはある

「楽天銀行カードローンは審査が甘い」という口コミ評判が沢山あり、数ある銀行カードロ―ンの中でも審査難易度は低いと言われています。

この理由は、楽天銀行カードローンの公式サイトに「専業主婦OK」「楽天会員だと優遇される」と記載されているから?とすごいカード相談所は分析しています。

ただし「審査が甘い」と口コミ評判で噂される楽天銀行カードローンでも、審査落ちた人はもちろんいます

楽天銀行カードローンの審査に落ちた人の、口コミ体験談を見てみましょう。

仮審査通知の連絡が来たからお金を出して必要書類を揃えたのに、本審査で否決されました。

クレカの支払い残高が100万円超えているからダメ元だったとはいえ、否決するなら仮審査の時点で審査落ちたほうがよっぽどマシ。
書類発行の手数料返してほしい。

東京都/20代女性/事務職

3ヶ月前にクレカの支払いが遅れたことと、転職したてだったのが原因なのか審査落ちた。

楽天銀行カードローンって手続きが簡単そうなCMをしている割に、他のカードローンとさほど内容は変わらない。
もう少し時間を置いて他のカードローン申し込みをする予定。

神奈川県/40代男性/建設業

他社借入があるため楽天銀行カードローンに借り換えしてまとめたかったけど、結局本審査で落とされました。

楽天はよく利用しているし審査優遇されるんじゃないか?と期待していましたが、残念です。

大阪府/30代男性/営業

「楽天銀行カードローンの審査は甘い」「楽天銀行カードローンは楽天会員だと審査優遇がある」という口コミについて、詳しくは「楽天銀行カードローンの審査は甘い?楽天会員の優遇はある?審査基準を解説」で分析しているので参考にしてください。

楽天銀行カードローン審査に落ちた!残るチャンスは2回

楽天銀行カードローンの審査に落ちたら、他社カードローンの新規契約ができるチャンスは残り2回となります!!

まずは落ち着いて、楽天銀行カードローンの審査に落ちた原因を分析してください。

楽天銀行カードローンの審査に落ちたら、すぐにでも他のカードローンの申し込みをしたいという気持ちはよく分かります。

ただ、短期間に複数社へ申し込みがあれば、「相当お金に困っている」と判断されて審査落ちします。

平均的に2~3ヶ月に新規申し込み3社までならセーフと言われているため、楽天銀行カードローンの審査に落ちたら、自動的に他社で新規申し込みできるチャンスは2回しか残っていません。

これから楽天銀行カードローンの審査落ちる原因を解説するので、どこで引っかかったのかをよく考えて他社へ新規申し込みをしてください。

楽天銀行カードローンは審査落ちた人も6か月後に再申し込みOK

楽天銀行カードローンの審査に落ちた人でも、申し込み日から6か月以上経過すれば再申し込みできます。

これは実際に、楽天銀行カードローンの公式サイトにも記載されています。

どうしても楽天銀行カードローン契約が良い人は、楽天会員になって実績を積んで半年後にリトライ!

1回目の申し込みで楽天銀行カードローン審査に落ちた人でも、2回目の申し込みで審査通過する可能性はあります。

楽天銀行カードローン

楽天スーパーローン キャプチャ 楽天銀行 限度額 ボタン 楽天銀行カードローン3つの魅力

審査落ちた原因①個人属性のスコアリング評価が低かった

楽天銀行カードローンの審査落ちた原因としてまず考えられるのは、「個人属性のスコアリング評価が低かった」こと。

「楽天銀行カードローンの仮審査で落ちた人」は、この原因であることがほとんどです。

個人属性=個人情報なのですが、スコアリング評価って言葉は聞きなれないと思うので詳しく解説しますね。

スコアリング評価とは?

申し込みフォームに記入した個人情報に細かくスコア(ポイント)を付け、総合スコアを算出して評価をする審査方法。

総合スコアが規定数を超えていれば仮審査通過、逆に既定数よりも少なければ仮審査で否決される。

スコアリング評価は申し込み内容を元にコンピューターで審査をするため、すぐに審査結果が出るのが特徴的。

スコアリング評価で重視されるのは「安定した返済能力の有無」です。

例えば、年収が低くても公務員で勤務年数が長く、独身・子供なし・親の実家に住んでいればスコアリングの総合評価は高くなります。

逆に、年収が高くても自営業で開業したて、結婚していて子供が3人いて賃貸住宅に済んでいればスコアリングの総合評価は低くなります。

各カードローン会社によってスコアリング評価の内容は異なる上に、社内情報なので絶対とは断言できません。

ただ、年収の高い低いよりも「収入-毎月の生活費=どのくらい余裕があるのか」が重要視されています。

年収の高い・低いはあまり関係ない

もちろん年収もスコアリング評価の対象ですが、審査落ちの対象ではありません。
「年収が低い=限度額が低くなる」だけ。
だからこそ楽天銀行カードローンは専業主婦でも世帯収入があれば申し込みOK、アルバイト・パートでもお金を借りることができます。

【リカバリ法】トータルのスコアリング評価を上げる

楽天銀行カードローンの審査落ちた原因が「スコアリング評価が低かった」場合、家族構成・住宅環境・職種に関しては簡単にリカバリできません。

ただ「同じ職場での勤務年数を長くする」のは、自分でもできますよね

スコアリング評価は「総合スコア」となるので、全体的な評価が上がればいいってこと。

最低でも2~3年の勤務年数があれば、スコアリング評価は上がります。

もしあなたが転職したてだけどお金を借りたのであれば、「カードローン審査は転職したばかりでも通る!注意点とおすすめローンは?」で詳しい方法を解説しているので併せてご覧ください。

審査落ちた原因②信用情報に金融事故や延滞履歴の記載あり

楽天銀行カードローンの審査落ちた原因として次に考えられるのは、「信用情報に金融事故や延滞履歴の記載がある」こと。

「楽天銀行カードローンの仮審査は通過したけど、本審査で否決された人」は、この原因であることが多いです。

信用情報とは?

第三者機関が公開しているあなたのローンやクレジットカードに関する情報、通称クレジットヒストリー(クレヒス)。
信用情報には過去の金融事故情報はもちろん、契約中のローンやクレジットカードの残高、延滞・滞納の履歴や申し込み情報まで記載されている。

楽天銀行カードローンが開示する信用情報は、「全国銀行個人信用情報センター」「株式会社日本信用情報寄稿(JICC)」「株式会社シーアイシー(CIC)」の3機関となります。

この3機関が公開している信用情報に、具体的に以下のような記載があれば楽天銀行カードローンの審査落ちる可能性が高いです。

信用情報に記載があればアウトな内容
  • 過去に金融事故を起こしたことがある
  • 3年以内に長期的(常習的)な延滞や滞納をしたことがある
  • 半年以内に他社で延滞や滞納を数回している
  • 2~3ヶ月以内に他社新規申し込みを2~3回以上している

よく見落としがちですが、スマホ本体代のローンを含む携帯電話会社の月額支払いや、保証会社を使った賃貸契約での家賃滞納なども信用情報に記載されます。

また楽天銀行カードローンは保証会社が2社あるため、年数に関係なく「楽天グループ」や「セディナ系のクレカ・ローン」で、延滞や滞納をしたことがある人も注意!

社内データとして延滞記録が残っている可能性が高いため、信用情報に記載されていない古い情報でも否決される可能性が高いです。

楽天銀行カードローンの保証会社について、詳しくは「楽天銀行カードローンは保証会社が2つだから審査は甘い?」をご覧ください。

【リカバリ法】信用情報がクリアになるまで待つしかない

楽天銀行カードローンの審査落ちた原因が信用情報であれば、信用情報がクリアになるまで待つしかありません。

信用情報は一度記載されると一生付きまとうものではなく、以下の期間が過ぎれば記載されなくなります。

  • 金融事故は完済から5年
  • 延滞や滞納記録は2~3年
  • 新規申し込み情報は半年以上

1度延滞したことがある程度であれば問題ありませんが、問題なのは長期的・常習的な延滞や滞納。

少しでも心当たりがある人は、最低でも半年は延滞や滞納をしないように気を付けましょう。

信用情報は自分で開示できる

信用情報は金融機関だけが開示できるものではなく、手数料さえ支払えば自分で情報開示できます。
不安な人は自分の信用情報を開示して、どんな評価になっているのか確かめてみても良いでしょう。

審査落ちた原因③他社借り入れの総額が多い

楽天銀行カードローンの審査落ちた原因として最後に考えられるのは、「他社借り入れの総額が多い」こと。

この原因の場合、仮審査・本審査、どのタイミングでも否決される可能性があります。 銀行カードロ―ンは貸金業法の対象とならないため、消費者金融カードローンのように「年収の3/1以下しか貸せない」という総量規制の対象外です。

ただ、2018年から銀行のカードローンの過剰貸し付けが原因となり、金融庁から融資額や審査の厳格化を指導されています。

現状銀行カードローンは総量規制の対象ではないものの、他社借入の残高とあわせて年収の1/2~1/3程度しか借りられません。

【リカバリ法】他社残高(元金)を減らすことに集中

楽天銀行カードローンの審査落ちた原因が「他社借入の総額が多い」場合、まずは他社の返済に集中!!

通常の返済だけではなく「随時返済」、つまりいつもよりも多めの返済を積極にして「元金」を確実に減らしてください

他社借入やクレジットカードの残高が低くなれば、その分新たな枠ができます。

最低返済額で返済を続けても利息が膨れるだけ、随時返済をして元金を減らすことに集中しましょう。

楽天銀行カードローンの審査落ちたらプロミスへ申し込み

楽天カードローン審査に落ちた人は、まずは今回紹介した中から審査に落ちた原因を分析!

そして審査落ちした原因が何となく分かったら、リカバリ法を実践してください。

  • スコアリング評価が低い
    →トータルでスコアリング評価が高くなるようリカバリ
  • 信用情報にマイナス評価あり
    →延滞や滞納をしない、不安なら信用情報を開示
  • 他社借入が多い
    →随時返済をして元金を減らすことに集中

「どうしても楽天銀行カードローンがいい」という人は、再申し込みができるまで6か月間待ってください。

その間に審査に落ちた原因を突き詰めて、確実にリカバリ法を実践しましょう。

楽天銀行カードローンは「楽天会員のランクによって審査優遇」があるため、楽天会員になって半年以内にネットショッピングなどで実績を作れば、2回目の審査は通りやすくなるかもしれません。

「別にどこでもいいからお金を借りたい!」という人は、まずは楽天銀行カードローンの審査に落ちた原因を考え、リカバリ法を実践してください。

残りのチャンスは2回となるので、銀行カードローンの審査よりも比較的難易度が低い、消費者金融のカードローンを選択しましょう。

時間が経過するのを待たなくてはいけない原因もありますが、楽天銀行カードローンの審査通過はできなくても消費者金融カードローンなら審査通過できる可能性はあります。

プロミスは即日審査&融資OK!借入と返済の利便性も良い

数ある消費者金融カードローンの中でも、すごいカード相談所がおすすめするのはプロミス!

プロミスなら50万円以下の融資なら収入証明書の提出は不要、即日審査に通過すればその日のうちにお金を借りられます。

プロミスをおすすめする8つの理由
  • 安心のSMBCグループ
  • WEB完結で契約できる
  • 50万円以下の融資なら収入証明の提出なし
  • 原則24時間最短10秒で振込融資OK
  • ポイントを貯めればコンビニATM手数料無料になる
  • 初めてのキャッシングから30日間無利息
  • 会員優待サービスが充実している

プロミスはWEB申し込みがおすすめ、18時~20時までに申し込み完了すれば即日審査&即日融資OKです。

まずは楽天銀行カードローンの審査に落ちた原因を分析し、慎重にプロミスの新規申し込みをしましょう。

プロミスのカードローンをもっと知りたい人は、以下のページを参考にしてください。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー