カードローンのお試し診断(簡易診断)とは?注意ポイントを解説

この記事は「カードローンのお試し診断(簡易診断)」について、疑問がある人のために書きました。

カードローンのお試し診断は、申し込みに必要な最低条件をクリアしているか否かを、自分でチェックできるツールです。

銀行カードローン・消費者金融カードローンの種類を問わず、お試し診断の結果は社内データや信用情報などに残らないので気軽に何度試してもOKです。

ただし…カードローンのお試し診断で「判断できません」といった表示が出たら、申し込みはやめておいた方がベター!

今回はすごいカード相談所が、カードローンのお試し診断の基礎や注意点などを徹底解説していきます。

カードローンのお試し診断とは~信用情報に記載されない~

カードローンのお試し診断(簡易診断)とは、最低限の申し込み条件をクリアしているか否かを自分で調べることができるツールです。

銀行・消費者金融カードロ―ンの公式サイト上で公開されていますが、カードローンの種類や会社によって名前や入力項目が異なります。

年齢年収他社借入その他項目
プロミス
「お借入シミュレーション」
生年月日総額
アイフル
「1秒診断」
年齢総額雇用形態
アコム
「3秒診断」
年齢総額
SMBCモビット
「お借入診断」
生年月日総額
レイクALSA
「お借入れ診断」
生年月日件数
総額
バンクイック(三菱UFJ)
「お借入診断」
年代件数
総額
性別や属性
MRカードローン(住信SBI)
「かんたん診断」
生年月日利用の有無借入希望額

カードローン各社のお試し診断で「ご融資可能と思われます」「お借入れできる可能性が高いです」と表示されれば、迷わずWEB申し込みしてOK!

ただし「可否を判断できません」や「お借り入れ判断ができません」と表示されれば、申し込みをしても審査に落ちる可能性が高いです。

一旦申し込みはやめておいて、他のカードローンを検討しましょう(理由は後半で解説します)

CHECK

消費者金融カードローンは大手であればお試し診断がありますが、銀行カードロ―ンは会社によって異なります。
バンクイック(三菱UFJ銀行)やMRカードローン(住信SBIネット銀行)などはお試し診断がありますが、多くの銀行カードロ―ンはお試し診断がないので覚えておきましょう。

お試し診断は「法律に触れるか否か」をチェックしている

カードローンのお試し診断(簡易診断)では、法律に触れるかどうかの最低限の入会条件をチェックしています。

例えば…
  • 年齢が20歳以上69歳以下(会社によっては65歳まで)
  • 安定した収入があるか否か
  • 他社借入と収入のバランス

年齢条件は当たり前の話ですが、カードローンは収入の多さではなく「安定収入の有無」を重視しています。

このため、「無職」では審査を通過することはできないので覚えておきましょう(専業主婦(主夫)の場合は、会社によって対応が異なります)

お試し診断で重要なのは「他社借入のバランス」です。

他社借入が多い人は、お試し診断の時点で「可否を判断できません」と表示される可能性が高いです。

この原因については、この後詳しく解説していきます。

カードローンのお試し診断の結果は信用情報に記載されない

カードローンのお試し診断の結果は、本審査で照合される「信用情報」に記載されないので安心してください。

信用情報とは?

別名クレジットヒストリーと呼ばれるデータで、現在の支払状況や契約商品の残高などが詳しく記載されている。
CICやJICCなどの第三者機関が公開しており、本審査で申し込み内容と照らし合わせて事実確認をする材料となる。

お試し診断は1日何度試しでもOKですが、本記事内で紹介する「カードローンのお試し診断をするときの注意ポイント」を必ず守ってください。

カードローンのお試し診断は「年収と他社借入のバランス」が重要

カードローンのお試し診断(簡易診断)で最も重要なのは、「年収と他社借入のバランス」です。

ただしお試し診断をするカードローンが「消費者金融」なのか「銀行カードローン」なのかで法律が異なるため、注意ポイントが変わってきます

消費者金融は年収の1/3の他社借入でアウト

消費者金融カ-ドローンのお試し診断では、「他社での借入総額が年収の1/3以下かどうか」が重要となります。

消費者金融カードローンは「貸金業法」の対象商品となるため、総量規制という法律が適用されます。

貸金業法の総量規制とは

消費者金融カードローン・信販会社カードローン・クレジットカードのキャッシング枠の借入総額が、年収の1/3以下になるよう定められた法律。
住宅ローンやクレジットカードのショッピング枠などは、総量規制の対象外となる。

仮にあなたが年収300万円で、貸金業法の対象商品で合計100万円の借入があればアウト!

消費者金融カードローンのお試し診断をしても「可否を判断できません」と表示される確率が高いです。

銀行カードローンも9割以上が年収1/2以下の貸付上限

銀行カードロ―ンは銀行法の対象商品となり、貸金業法の総量規制のような「借入合計が年収の1/3まで」という規制はありません。

ただし2018年に銀行カードロ―ンの過剰貸付問題に対する金融庁の指導が入ってからは、9割以上のカードローンは借入総額が年収の1/3~1/2以下に設定されています。(参考:平成30年金融庁「銀行カードロ―ンの実態調査結果」)

さらに銀行カードローン会社によっては、他社借入の総額に宅ローンなども含まれることも!

「銀行カードローンで年収問わず数百万円借りられた!」というのは数年前の話、今は他社との総額が年収の1/3~1/2以下しか借りられないと覚えておきましょう。

カードローンのお試し診断をするときの注意ポイント

カードローンのお試し診断は審査通過の最低基準を自分でチェックできる、信用情報などに記載されない気軽な判断材料となります。

ただしカードローンのお試し診断サービスを利用する上で、注意しておきたいこともあるので覚えておきましょう。

お試し診断でも嘘の内容を入力しない

カードローンのお試し診断だからと、嘘の内容を入力しないでください

当たり前の話ですが、嘘の内容でお試し診断をクリアしても、仮審査や本審査をすると嘘は100%バレます。

審査通過したい気持ちは分かりますが、お試し診断でも正確な年収や他社借入総額を記載してください。

お試し診断は「1日〇回まで」と制限される会社もある

カードローンのお試し診断は1日何度でもチェックできる会社がほとんどですが、一部「1日〇回まで」と規制されている会社があります(例:プロミスは1日2回までと制限あり)

何度も間違えて入力すると、翌日までお試し診断できない会社があるので慎重に行いましょう。

審査結果は実際に申し込みをしないと分からない

カードローンのお試し診断はあくまで「最低限の条件をクリアしているか」が分かるツールで、審査通過を保証するものではありません

実際に申し込みをして仮審査・本審査を行わないと、審査通過の可否は分からないということ。

お試し診断で「ご融資可能と思われます」と表示されても、本審査で落ちる可能性もあります。

カードローンのお試し診断に落ちたら申し込みしない方がベター

カードローンのお試し診断で「可否を判断できません」「お借入れ判断ができません」と表示されたら、そのカードローンの申し込みはやめておきましょう。

というのも、実際にWEB申し込みをすると、あなたの信用情報に「申し込み履歴」が記載されてしまいます。

短期間(2~3ヶ月以内)に3社以上の申し込み履歴があると「申し込みブラック」となり、相当お金に困っていると判断されてしまいます。

一度申し込みブラックになると、どのカードローンに申し込みをしても審査通過は難しくなります。

申し込み履歴は信用情報に半年間は記載されるため、履歴が消えるまで待たなくてはいけません。

カードローンのお試し審査で「判断できません」という文言が出たら、カードローンの申し込みしない方がいいでしょう。

CHECK

カードローンのお試し審査でNGが出ても、「お申込みはコチラ」などのタブが表示されるかと思います。
もちろん判断は自由ですが、申し込み内容の記入や審査待ちの時間が勿体ないです。
審査通過する可能性が低いならば、申し込みせずにこれから紹介する方法を試しましょう。

カードローンのお試し診断に落ちた人はどうすれば?

安定した職業についている20歳以上なのに、カードローンのお試し診断に落ちたということは、確実に他社借入が多いことが原因です。

「銀行カードローン>大手消費者金融>中小消費者金融」と審査難易度を下げつつ、カードローンの種類を変えると何か変化があるかもしれません。

仮にどのカードローンのお試し診断も落ちたという人は、まずは現在の他社借入の返済に集中して、元金(残高)を減らすことを最優先しましょう。

もしくはおまとめローンなどに借り換えをして、返済一本化することも選択肢の1つです。

おまとめローンについて、詳しくは「おまとめローンの仕組みと利用法が6分でわかるおまとめ講座」をご覧ください。

カードローンのお試し審査まとめ~おすすめはプロミス~

カードローンのお試し審査で「ご融資可能と思われます」や「お借入れできる可能性が高いです」と表示されたら、迷わずにWEB申し込みをしましょう。

ただ、WEB申し込みを完了した時点で信用情報に申し込み情報は記載されるため、間違えないよう慎重に入力をしてください。

「仮審査や本審査」は「お試し診断」とは注意ポイントが変わってくるため、以下ページを参考にして審査通過を目指しましょう。

カードローンならプロミスがおすすめ

カードローンは沢山の選択肢がありますが、初めての人にはプロミスがおすすめ!

プロミスは総合力がとても高いカードローンで、サービスや利便性がとても良いです。

プロミスの7つのメリット
  • 安心のSMBCグループカードローン
  • 三井住友銀行のATMやローン契約機が使える
  • 借入や返済の利便性が良い
  • アプリローンで借入返済OK
  • 原則24時間いつでも振込融資OK
  • 無利息期間が実質長い
  • ポイントを貯めればお得になる

プロミスカードローンをおすすめする理由については、以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン