カードローン審査は2回目でも通る?審査リベンジを成功させる注意点

カードローンの審査に1度落ちた人は、正直2回目の審査は厳しくなります。

しかし安心してください。カードローンの審査は2回目でも通ります

ポイントは2回目に申し込むカードローンの選び方です。

必ず1回目に落ちたカードローンと、保証会社の異なるカードローンを選びましょう

ただし金融事故が原因で審査に落ちた人は、2回目の審査にも必ず落ちてしまいます。

カードローンの審査は2回目でも通る!

結論から言うと、カードローンの審査は2回目でも十分通ります。

その理由は次の2つです。

  • カードローンの審査基準は金融機関で異なるから
  • 登録している信用情報機関が金融機関で異なるから

それでは実際に理由を詳しく見ていきましょう。

カードローンの審査基準は金融機関で異なるから

カードローンの審査基準というのは、実は各金融機関で異なります。

特に次の2点が重要なポイントとなります。

  • 消費者金融は銀行カードローンより審査基準がやさしい
  • カードローンの利用条件がやさしい商品もある

つまり銀行カードローンの審査に落ちた人は、消費者金融であれば、審査に通る可能性があります

また年収の金額が原因で審査に落ちた人は、利用条件に収入が明記されていないカードローンならば、審査に通る可能性があります

さて、なぜ消費者金融の審査基準がやさしいと言い切れるのか?本当に利用条件がやさしい商品なんてあるのか?という疑念にお答えします。

消費者金融は銀行カードローンより高金利だから

消費者金融の金利は平均18.0%、対して銀行カードローンは平均14.0%です。

消費者金融は銀行カードローンより高金利であるとわかります。

なぜ高金利だと審査基準がやさしいかというと、貸し倒れリスクを利益に上乗せしているからです

つまり銀行カードローンよりも、消費者金融は貸し倒れる可能性が高い人への融資を検討しているのです。

地方銀行には利用条件がやさしい銀行がいくつかある

地方銀行には利用条件がやさしい銀行がいくつか存在します。

例えば山形県の山形銀行カードローンには、利用条件に安定して継続した収入の明記がありません。

他にも伊予銀行カードローンや、西日本シティ銀行なども同様です。

この機会に、お住いの地方銀行カードローンの利用条件を確認しましょう。

【地方銀行一覧|地銀ネットワークサービス】

次はもう一つの理由である、各金融機関が登録している信用情報機関が異なる点について詳しく説明します。

登録している信用情報機関が金融機関で異なるから

信用情報とは、ローンやキャッチングの契約状況や履歴が保存された情報です

そして信用情報を保管する機関を、信用情報機関と呼びます。

実は各金融機関が登録している信用情報機関は、異なっています。

それゆえに審査の判断材料となる信用情報が、カードローン会社によって異なるデータとなることもあるのです

ここでは主な銀行がどの信用情報機関を参考にしているのか?紹介します。

信用情報機関と主な銀行の関係性

今回は代表的なカードローン会社12社を調査しました。

銀行名信用情報機関
プロミスJICCとCIC
アコムJICCとCIC
アイフルJICCとCIC
レイクJICCとCICとKSC
みずほ銀行CICとKSC
三井住友銀行JICCとCICとKSC
三菱UFJ銀行JICCとCICとKSC
りそな銀行JICCとCICとKSC
福岡銀行JICCとCICとKSC
横浜銀行JICCとKSC
千葉銀行JICCとCICとKSC
スルガ銀行JICCとCICとKSC

KSCには消費者金融は加盟していませんが、銀行カードローンは必ず加盟しているなど、わずかな違いが見受けられます。

このわずかな違いによって、カードローンの審査に通る可能性があるかもしれません。

しかし1点注意点があります。それが金融事故は3社の信用情報機関で共有している点です

金融事故情報は信用情報機関どうしで共有される

多重申込や長期延滞などの金融事故は、信用情報機関どうしで共有されます。

そのため別のカードローンを申し込んでも、審査には落ちてしまうでしょう。

金融事故は5~10年は信用情報に残ってしまうので、その間はカードローンの審査は諦めてください。

実際にカードローンの審査が2回目で通った人の口コミ

ここでは実際に1回目に審査に落ちたけど、2回目に審査に通った人の口コミを紹介します。

⦁みずほに落ちたけど、プロミス通った

一回目にみずほ申し込んだら即落ちた。けど1週間後にプロミスに申し込んだら通りました。限度額は10万円だけどよかった。

(21歳男性・東京都・学生)

■消費者金融なら通るのかと驚きました

地方銀行だから平気かと思いましたが、千葉銀行のカードローンに落ちました。希望額が高かったのかわかりませんが、どうしてもお金が必要だったので、アコムに申し込んだら、まさか審査に通過しました。ありがとう

(32歳男性・千葉県・会社員)

やはり最も多かった口コミは、銀行カードローンに落ちて消費者金融に申し込んだ人でした

反対に消費者金融に落ちて、銀行カードローンに通った人は見つかりませんでした。

万全を期すため審査に落ちた理由を分析しよう

1回目に審査に落ちた人でも、カードローン審査に通る可能性はあると説明しました。

しかし当然、審査に通る可能性は低いです。

しかも審査に何度も落ちて、何度も申し込むのはリスクもあります

ここではどんなリスクがあるのか?またリスクを減らす具体的な方法を紹介します。

多重申込になると半年間はカードローン審査に通りません

実は審査に何度も落ちて、何度も審査に申し込むと信用情報に傷がつきます。

短期間に何度も申し込む人は、申し込みブラックと呼ばれて、絶対に審査に通らなくなるのです。

そのため出来ることなら、リスクを減らして再申し込みするのがおすすめです。

まずは審査に落ちた原因を分析しよう

自らの状況を改善するためにも、まずは審査に落ちた原因を分析しましょう。

カードローンの審査に落ちた理由や対処方法は次の記事をご覧ください。

また自らの信用情報を確認したい人は、次の3サイトを参考にしてください。

2回目の審査におすすめのカードローン

カードローンの審査に一度落ちた人が次に申し込むときに気を付けたいのが保証会社です。

例えば、プロミスと三井住友銀行カードローンは同じ保証会社が審査しています。なので、審査基準は微妙に変わるとはいえ、再度落ちる可能性が高いです。

ここでは、一度目に落ちたカードローン会社別におすすめを紹介します。

アコムorアイフルの審査に落ちた人におすすめ

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスor SMBCモビットの審査に落ちた人におすすめ

アコム

アコム キャプチャ ボタン

アイフル

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

【補足】どうしても1回目に落ちたカードローンに再申し込みしたい人へ

結論、1回目に審査に落ちたカードローンに再申し込みするなら、6か月は待ってください。

なぜなら信用情報に申し込み履歴は6か月残るからです。

また仮に金融事故を起こしてしまった保証会社があったとすると、その保証会社の金融会社では半永久にカードローンを利用できません。

なぜなら金融事故の情報は保証会社には半永久に残り続けるからです。

金融事故だけは起こさないように気を付けましょう。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー