カードローン審査で嘘はまったく意味なし!嘘なんかより効果的な方法とは?

実はカードローン審査で嘘をついても、審査に通る可能性は高くなりません!

むしろ嘘がバレたせいで審査に通らなかったという可能性が生じます。

そして嘘なんかつかずとも、カードローン審査には通るのです

大切なことは、希望限度額を減らして、自らに合ったカードローンを申し込むことです。

カードローン審査で嘘をついても意味なし!デメリットが増えるだけ

カードローン審査に通るか不安なため、嘘をつこうか悩む人も多くいると思います。

しかし結論から言うと、審査で嘘を付いても意味がありません

この記事では、「なぜ嘘を付いても意味がないのか」、「結局何をすれば審査に通るのか?」を詳しく説明します。

カードローン審査の結果を変える嘘は絶対にバレる

なぜ嘘をついても意味がないかというと、カードローンの審査結果に大影響を与える嘘は絶対にバレるからです。

そもそも、カードローン審査でつく嘘には、以下のような種類があります。

  1. 【審査に影響しない嘘】
    • 勤続年数
    • 住居形態
    • 雇用形態
    • 勤務先 etc
  2. 【審査に影響する嘘】
    • 年収の金額(多額)
    • クレカやローンの利用状況や契約履歴
    • 名前や年齢などの本人認証

順を追って説明するために、まずは①の嘘がなぜ審査に影響しないのか?から説明します。

カードローン審査は総合評価のため、些末な項目での嘘は意味がない

実はカードローンの審査では、スコアリング方式と呼ばれる、総合評価を採用しています。

そしてカードローン審査では、返済能力の有無を最重要視します。

それゆえに返済能力に影響が薄い、①のような属性の嘘は、審査への影響が無いのです。

正直、雇用形態がパートだろうが、住居が賃貸だろうが、安定して返済できる収入があるならばOKという訳です。

それでは、返済能力に影響が高い、②のような嘘がなぜ絶対バレてしまうのか、一つずつ説明します。

年収に関する大きな嘘がバレる理由

なぜ返済能力を高く偽るために、年収額で大きく嘘をつくとバレてしまうのか?

その理由は次の2点です。

  • 収入証明書の提示を求められることがあるから
  • 過去の莫大なデータから大体の年収を推測されるから

1つずつ説明いたします。

50万円以上の借入希望だと収入証明書の提示を求められるから

カードローンの審査では、50万円以上の金額を希望すると、必ず収入証明書の提示を求められます。

そのため年収を大きく偽って、多額のお金を借り入れることは絶対に無理です。

また50万円未満を希望しても、個人事業主などは収入証明書の提示を求められることがあります。

じゃあ50万円未満でバイトとかだったら、収入証明書を提示しないのでバレないの?と思うかもしれません。

しかし収入証明書を提示しなくても、年収額の大きな嘘はバレます

過去の莫大な審査データから年収額は大体推測できてしまうから

収入証明書を提示しなくても、無数にある過去の審査データからの推測で、年収金額は予想されています。

それゆえ、年収額で大きな嘘をついた結果、この推測した金額と大きく離れてしまい、収入証明書の提示を要求されるのです。

以上より、年収の金額に関する嘘はバレてしまうことが分かったと思います。

クレカやローンの利用状況に関する嘘がバレる理由

返済能力の有無に影響するものとして、クレカやローンの利用状況もあります。

現在の返済額がわかれば、あとどのくらい返済できるかなどもわかるからです。

ではなぜクレカやローンの利用状況の嘘がバレるかというと、信用情報を審査では照合するからです

信用情報の照合で借入金額や件数、過去の金融事故などもバレてしまうから

信用情報とは、ローンの利用状況や過去の取引履歴などを指します。

そして信用情報は、信用情報機関と呼ばれる場所に保管されており、詐称ができません。

審査では、申し込んだ内容と信用情報を照合するので、嘘を書いても絶対にバレるという訳です。

名前や年齢に関する嘘がバレる理由

名前や年齢は、返済能力の有無と直接かかわらないように見えます。

しかし名前や年齢は、返済能力以前に信用にかかわるため、審査で重要な項目なのです

では、名前や年齢が絶対バレる理由は何か?それは次の2つです。

  • 本人確認の身分証明書が必須だから
  • 信用情報との照合があるから

1つずつ解説します。

身分証明書は顔写真付きが必須となる

カードローン審査では、当然身分証明書の提示があります。

そして身分証明書は、顔写真付きでなければいけないので、偽装は困難です。

また知り合いの身分証明書を身代わりに提出してもバレてしまいます

その理由は、信用情報との照合にあります。

信用情報の照合では年齢や名前、就職先などすべて判断される

知り合いの身分証明書を借りて提出することで、年齢や名前を偽装する人もいます。

しかし信用情報には、ローンを申し込んだときの、年齢や性別・勤続年数などあらゆる情報が保管されています

そのため身分証明書だけ借りたものを提出しても、申込内容との微妙な差が必ず生じるので、絶対バレるのです

以上がカードローン審査で嘘をついても意味がない理由でした。

要するに、カードローン審査で結果を変えるような嘘は絶対バレるからと覚えてください。

それでは次は、カードローン審査で嘘をつくと生じるリスクを説明します。

嘘はバレてもバレなくても悪いことしかない

カードローン審査では、嘘はバレてもバレなくても悪いことしか起こりません

バレた場合の悪いこと、バレなくても生じる不都合の2つに分けて説明します。

嘘がバレた場合の4つの悪いこと

カードローン審査で嘘がバレたら、次の4つの悪いことが起こります。

  • 通ったかもしれないカードローン審査に落ちる
  • 強制解約で5年間ローンを組めなくなる
  • 一括返済を強制される
  • 詐欺罪として犯罪者となる

カードローンの審査で嘘がバレると、犯罪として訴えられたり、最悪の場合だと、逮捕されるとだけ覚えておいてください。

嘘がバレなかったとしても今後困る

実は、嘘はバレなくても大きな問題を生じさせます。

それが、次のローン審査やクレカ審査で利用する信用情報がおかしくなる点です。

個人情報に嘘の情報が登録されることにより、次回以降、正常に審査に申し込むと、信用情報と異なる状況になります。

つまり一生ついた嘘を付き通す必要があり、そして必ずいつか嘘はバレてしまいます

そのため、嘘はバレなくても、生涯自分の身を苦しめることになるのです。

嘘が審査結果を良くしないと分かっていただけましたでしょうか?

それではいよいよ、じゃあ嘘をつかずにどうすればよいのか?説明します。

嘘なんかより効果的!審査に通るためのポイント

実はカードローン審査なんて、嘘をつかなくても通るんです。

そのポイントは次の通りです。

  • 自分の収入に合った希望限度額を申請する
  • 自分に適したカードローンを選ぶ
  • 収入証明書を自ら提出する

この後詳しく説明しますが、その前に注意点があります。

それは、信用情報に傷がある人は、何があっても審査に通らないということです。

そのため、不安な人は、まず信用情報を確認しましょう。

【情報開示とは|指定信用情報機関のCIC】

それでは、審査に通るためのポイントを詳しく説明します。

安定した収入額は限度額で決定する!希望限度額は低くする

カードローンの審査で基準となるのが、安定した収入があるかです。

それでは安定した収入とは、一体いくらぐらいなのでしょうか?

実は、安定した収入額とは、借入金額とのバランスで決定します

つまり年収が1000万円でも、希望限度額が400万円なら、安定した収入にはなりません。

対照的に、年収が10万円でも、希望限度額が1万円なら、安定した収入になるのです。

よって収入に不安がある人は、設定されている最低借入限度額で申し込みましょう

カードローンによって利用条件は違う!自分に適したカードローンを選ぼう

実は、カードローンの利用条件は商品によって若干異なります。

例えば、地方銀行には、利用条件に収入条件が明記されていないカードローンもあります。

その他にも、専業主婦でも利用可能なカードローンや、年金も収入に計測するカードローンなどもあります。

ポイントは地方銀行や信用金庫など、普段確認しないカードローンをチェックすることです。

この機会に地方銀行などは確認してみるといいかもしれませんね。

【地方銀行一覧|地銀ネットワークサービス】

継続した収入の証拠を示せ!収入証明書を自ら提出する

意味など無いのに、職業や勤務先で嘘を付く人は、きっと継続した収入と判断してくれるか不安なのでしょう。

代表的な例として、水商売やフリーター・youtuberなどがいると思います。

しかし継続した収入を判断してくれるか不安なら、こちらから収入証明書を提出しましょう

特に源泉徴収票など、1年間の収入がわかるものならば、証明として効果抜群です。

最後に一つおすすめのカードローンを紹介します。

おすすめのカードローンはプロミスです

すごいカード相談所がおすすめするカードローンは「プロミス」です。

理由は次の2点です。

  • 審査が緩い消費者金融だから
  • 消費者金融で1番サービスが良く、低金利だから

審査通過のしやすさ、サービスの良さ、価格の安さ、総合的評価でプロミスをおすすめします。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
プロミスについて、もっと詳しく知りたい人は、「プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ」をご参照ください。

【補足】記入ミスで嘘扱い!?記入ミスはすぐ電話しよう

補足ですが、カードローン審査では記入ミスをした結果、虚偽の申込内容となっても、嘘扱いされることがあります

そのため、審査に申し込む前には、必ず慎重に記入して、最後に申込内容を確認してから提出しましょう

また提出してから記入ミスが発覚した場合には、すぐにプロミスに電話しましょう

きちんと説明すれば、嘘とみなされずに済みます。

プロミスへの電話番号は以下の番号です。

【プロミスコール】

電話番号  0120-24-0365
営業時間  9:00~22:00