即日でお金を借りれるカードローンのおすすめと審査基準

即日でお金を借りれるカードローンであっても、審査に通らなければ意味がないですよね。

また、一口に即日と言っても、どのくらいで審査結果が出て、実際にお金が借りれるのかも気になる部分ではないでしょうか?

今回は、そんな即日カードローンと審査の疑問にお答えしていきます。

1.即日借入できるカードローン一覧

レイク 即日融資 2-min

※モビット:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※営業時間=自動契約機の営業時間になります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドになります。

 

2.おすすめのカードローン3選

先程、ご紹介したカードローンの中から、おすすめのカードローンを3つ紹介していきます。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方でも安心です。

審査時間は最短30分であり、申込~借入までは最短1時間で終わります。

申し込み方法にはの4つがありますが、「WEB」か「自動契約機」からの申し込みが一番早く借り入れることができるのでおすすめです。

  • WEB申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 自動契約機での申し込み 

しかも、プロミスなら正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

また、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

数あるサービスの中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

アコム

ボタン

詳細

アコムは、プロミス同様、申し込み~借入まで最短1時間で終わります。

ただ、プロミスと比べると、最高金利(年利)が0.2%高かったり、必要書類が運転免許証だけだったりと、少し不便な点があります。

ただ、アコムは消費者金融業界のNo.1であり、CMも数多く配信しているので、安心感が一味違いますよね。

 

新生銀行カードローン レイク

レイク キャプチャ レイク 年会費 ボタン レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクは、審査の難しさを除くと、最もおすすめなカードローンになります。

審査結果がすぐに分かる事や、最短40分でお金を借りる事ができる点など、おすすめなポイントがいくつもあります。
※特に新生銀行カードローン レイクの無利息サービスは必見です

※即日融資に対応しているのは平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合となっております。

また、身分証明証も「運転免許証、保険証、パスポート」のいずれかで大丈夫なので、特に困る事もないかと思います。

審査基準に関しても、大手消費者金融より気持ち難しいくらいですので、自立した生活さえできていれば、審査に通る可能性は十分にあります。

 

3.審査基準の目安

カードローンは、「自立した生活をしている20歳以上」という条件をクリアしていれば、審査に通る可能性が十分にあります。

ただし、借りたい金額が大きくなったり、金利(年利)が低くなればなるだけ、審査のハードルが高くなります。

例えば、

  • 年収は○万円以上か?
  • 勤続年数は○年以上か?
  • 同じ住所に○年以上住んでいるか?

この○の中に入る数字がどんどん大きくなっていきます。

ただし、10~20万円程度であれば、新卒やアルバイトであっても審査に通ることができるので、そこまで気にする必要はありません。

 

4.おすすめの借入方法

もっとも早くお金を借りる方法は、「ネットで申し込みまで済ませ、自動契約機で契約を行う事」です。

この方法が最も早くお金を借りる方法になります。

また、最も借りる手間が少ないのが、「午前中に申し込みを済ませ、振り込みでお金を借りる方法」です。

 

5.まとめ

カードローンの審査基準は決して高くないですが、どうせなら少しでも早くお金を借りたいですよね。

そういう場合は、今回ご紹介したカードローンのように、「即日」ではなく「最短○分」や「○時間」でお金を貸すことです。

ローン大バナー