キャッシングの手数料っていくら?気になる手数料を徹底解説

アイキャッチ

キャッシングは、お金が急に必要になった際非常に便利ですが、いくらくらい手数料が必要なのか気になりますよね。 

プロミスやアコムのようなカードローンでお金を借りるより、クレジットカードでお金を借りた方が早くて便利ですが、それによって損はしたくないですよね? 

そこで今回は、キャッシングで必要な手数料を徹底的にご紹介していきます。 

ATMやネットキャッシングはもちろん、国内と海外の違いやカードローンと比べてお得かどうかまで、包み隠さずご紹介していきます。 

キャッシングはうまく使えば非常に便利なサービスですので、損しないように賢く使いこなしましょう。 

 

1.キャッシングの手数料 

キャッシングにかかる手数料は次のようになります。 

キャッシングにかかる手数料説明画像

これは、ATMや振込キャッシング、国内・海外、借入・返済に関わらず全て同じになります。 

もちろん、クレジットカードによっては、特定の利用方法なら手数料が発生しないというカードもあるので、今持っているカードの詳細な手数料が知りたい場合は、カード裏に記載してあるカード会社に問い合わせてみて下さい。 

例えば、エポスカードは国内のATM手数料が無料ですし、三井住友VISAカードは、国内のネットキャッシング(振込キャッシング)の手数料は無料になります。 

2.キャッシングを利用した際に実際に発生する費用 

キャッシングを利用した際に発生する費用は、手数料と利息になります。 

利息まで含めて手数料と表記しているカード会社もありますが、基本的に手数料と利息は全く異なるため、1つ1つ見ていきましょう。 

実際に発生する費用 

キャッシングを利用した際に発生する費用は、先ほどご紹介した通り、手数料と利息になります。 

キャッシングを利用した際に発生する費用説明画像

例えば、金利15%のクレジットカードで5万円を10日間借りた場合の費用は下記のようになります。 

金利15%キャッシングを利用した際に発生する費用説明画像

手数料とは 

手数料とは言葉の通り、キャッシングを利用する際に発生する手間賃になります。 

ATMの利用や振込の際に掛かる手間の数に応じて、金額が決まります。 

キャッシングにおいては、先ほどもご紹介した通り、108円216円が相場になっています。 

利息とは 

利息とは、お金を借りた際に発生するお金になります。(利子とも言われます) 

利息は借りたお金(元金)と金利によって決まり、計算式は下記になります。 

利息計算式説明画像

3.海外でのキャッシングの手数料 

先ほどもご紹介した通り、海外でキャッシングを利用したとしても、手数料や金利が変動するわけではなく、国内でお金を借りた時と同じような形になります。 

そのため、キャッシングは、海外で最も現地通貨を安く手にする方法にもなります。 

というのも、海外旅行で使用する現地通貨を手に入れるために、空港や現地の両替所を利用してしまうと、「為替手数料」つまり、両替するための手数料が発生してしまいます。 

キャッシングでは、この手数料が発生しないため、もっとも安く現地通貨を手にすることができます。 

ただ、帰国した際に一括で返済しないと、利息が大きくなって損してしまう可能性もあるので、帰国した際に一括で返済してしまいましょう。 

同様に、1カ月以上の長期滞在をする場合は、キャッシングを利用すると損してしまう可能性があるので、注意が必要となります。 

~キャッシングで使用される為替レートはブランドで決まる~

キャッシングの為替レートは各ブランドが独自に決めたものが反映されるため、テレビや新聞で報じられているものと若干異なります。 

ただ、特別高いというわけではないので、特に気にする必要はありません。 

為替レートとブランド説明画像

4.キャッシングとカードローンの手数料比較 

キャッシングとカードローンの手数料の違いは下記になります。 

キャッシングはATMも振込でも手数料が発生し、消費者金融カードローンはATM手数料のみ発生銀行カードローンは両方とも無料になります。 

手数料比較説明画像

先ほど、「エポスカードはATM手数料が掛からない」とご紹介させて頂いた通り、キャッシングの中でもATM手数料無料のカードがあるので、あくまで全体の特徴把握というものになります。 

また、カードローンとキャッシングの金利ですが、100万円以下の借入であれば、大きな違いはありません。(カードによって異なります) 

ただ、それ以上の金額になるとカードローンの方がお得になります。 

5.キャッシングとカードローンの選び方 

基本的に、キャッシング枠を持っていない場合はカードローンの方がおすすめですので、キャッシング枠のついたクレジットカードを持っていると仮定して、キャッシングとカードローンどちらがおすすめかをご紹介していきます。 

キャッシングとカードローンの選び方は次のようになります。 

キャッシングとカードローンの選び方説明画像

急いでいる場合は、審査を受ける必要がないので、キャッシングが圧倒的に早いですし、海外ではキャッシングしか利用できません。 

また、少額の借り入れとなるとキャッシングとカードローンの違いはなくなりますので、どちらでも大丈夫です。 

ただ、初めてお金を借りる場合は、無利息サービスを利用できるカードローンの方がお得ですし、繰り返し利用したり多額のお金を借りる場合は、金利の低い銀行カードローンをおすすめします。 

6.おすすめのカードローン3選 

おすすめのカードローンは次の3つになります。 

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、カードローンで受けたいと思うサービスのほぼすべてを提供しています。

その中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

プロミスなら最短即日でお金を借りることができるのはもちろん、30日間の無利息サービスも受けることができます。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスは、正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

新生銀行カードローン レイク

レイク

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの大きな特徴として下記の2つの無利息サービスがあります。

  • 30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

30日間無利息サービスは他のカードローンでもやっているサービスではありますが、2つ目の「5万円まで180日間無利息」は独自のサービスになっており、少額のお金を借りて少しづつ返済していくという人には、とてもおすすめのサービスになります。

だいたい26万円くらいまでの借入であれば、低金利カードローンや消費者金融と比較しても、「5万円まで180日間無利息」を利用した方がお得にお金を借りることができます。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ボタン

年会費 -min

詳細

多額のお金や繰り返し利用するのであれば、やはり大手銀行のカードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンは、初めて利用する方にはおすすめですが、複数回利用するのであれば金利の低い銀行のカードローンが最もお得になります。

例えば、無大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

7.まとめ 

キャッシングの手数料は、108円か216円しかかかりません。 

カードローンと比較しても、大きく損をするというわけではないので、急いでいる時は迷わずキャッシングを利用しましょう。 

また、海外でのキャッシング利用は、両替所を利用するよりお得ですので、ぜひ活用してみて下さい。

CTA

アイキャッチ