HOME  カードローン部  消費者金融消費者金融の審査にクレヒスは影響する?消費者金融とクレヒスの関係

消費者金融
消費者金融の審査にクレヒスは影響する?消費者金融とクレヒスの関係

消費者金融の審査にクレヒスは影響する?消費者金融とクレヒスの関係

この記事はこれから消費者金融に申し込もうと思っているけど、自身のクレヒスが心配な方のために書きました。

「クレヒスがあると消費者金融の審査で有利になる?」
「逆にないと審査では不利になる?」
「消費者金融を利用するとクレヒスの傷になる?」

ここでは、消費者金融とクレヒスの関係について詳しく解説します。

クレヒスとは

クレヒスとは

そもそも「クレヒスって何?」なんて方もいるかもしれません。

クレヒスとは、「クレジットヒストリー」の略であり、クレジットカードやローンの利用履歴や契約情報のことです。

顧客の信用をみる指標として、クレジットカードやローン商品の契約時には参考資料になります。

クレヒスが登録されている信用情報機関

クレヒスは信用情報機関に登録されています。信用情報機関は国内に3つあり、クレジットカード会社は信用情報機関に加盟しているため、クレジットカード会社は個人のクレヒスを照会できます。

国内の信用情報機関

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

ザックリですが、CICはクレジットカード会社、JICCは消費者金融会社、全国銀行個人信用情報センターは銀行商品の利用情報が登録されています。

大手消費者金融はCICにも加盟している

クレジットカードの利用履歴(クレヒス)はCIC、消費者金融の情報はJICCに登録されているので、消費者金融を利用する際にクレヒスは関係ないのではないかと思われる方もいるでしょう。

そうではなく、それぞれの信用情報機関は連携しています。上記3つの信用情報機関は「CRIN(クリン/Credit Information Network) 」というネットワークで結ばれているのです。

また、大手の消費者金融会社の多くはCICにも加盟しています。

CICの金融事故情報はJICCでもバレる

つまり、過去にクレジットカードの返済遅れなど何かしらの金融事故を起こしている場合、その情報は消費者金融会社も把握できるのです。その逆もしかりです。

良いクレヒスと悪いクレヒス

クレヒスには良いものと悪いものがあります。

良いクレヒスとは、過去に事故がなく、定期的に利用された履歴です。事故がないのは当然として、定期的に利用していることが良い評価になります。

返済遅れなどの事故がなくても年に数回しか利用されていない履歴は、良いクレヒスとは言えません。

定期的に、継続的に利用していることが信用に繋がるのです。

逆に悪いクレヒスとは、延滞、強制解約、代位弁済など何かしらの金融事故を起こした履歴がある状態です。こういった情報は信用情報機関に過去5年分、自己破産などは過去10年分まで登録されています。

自然、悪いクレヒスがあるとクレジットカードやローン商品の審査では不利になります。

クレヒスがないことのデメリット

悪いクレヒスを作らない、つまり金融事故を起こさないことを最も大事です。しかし、先述したように定期的に利用している履歴こそ評価されるのです。

一切の利用履歴がないことがマイナス評価に繋がるケースがあります。「スーパーホワイト 」とも呼ばれ、とくに30代以上でスーパーホワイトだと審査ではかなり不利になります。

そのため、日ごろからクレヒスを作っておくことは重要なのです。

スーパーホワイトについて詳しくは「スーパーホワイトだとクレジットカードを作れないという嘘と真実」をご覧ください。

消費者金融においてクレヒスは審査対象となる

消費者金融においてクレヒスは審査対象となる

これまでの説明でお分かりの通り、クレヒスは消費者金融の審査対象となります。

過去にクレジットカードにおいて金融事故を起こしていたり、逆に一切利用した履歴がないことも審査では不利になります。

携帯電話料金の支払い遅れにも注意

クレヒスはクレジットカードだけでなく、ローン商品の利用履歴も含まれます。例えば、携帯電話の本体機器料金を分割で支払っているのもローン商品となります。

つまり、携帯電話の料金を滞納するとクレヒスに傷がつきます。過去のクレジットカード利用で問題がない方が審査に落ちるのは、何かしらのローン商品で延滞などの記録があるケースが多いです。

消費者金融の審査に通るためにできること

消費者金融の審査に通るためにできることは大きく2つあります。

  • 事前に自身の信用情報を照会する
  • 借入金額は少なめにする

信用情報を照会するのは簡単

信用情報は、金融機関だけが確認できるものではありません。個人でも開示請求をすれば、自身の信用情報を確認できます。

クレヒスを知りたい場合は、CICに開示請求するのが一般的でしょう。CICの開示方法はインターネット開示、郵送開示、窓口開示の3種類があります。最も気軽なのはインターネット開示、お持ちのスマートフォンで確認できます。

開示請求の方法については公式ページで解説されています。今すぐ知りたい方は、サイトにアクセスして手続きしましょう。

開示請求のサービス時間は8時~21時45分まで、利用料金は1,000円かかります。

借入金額は少なめにするのは審査に通るための鉄則

消費者金融の審査はその人の返済能力に見合った金額を融資します。消費者金融は総量規制があるので年収の3分の1以上の貸出はできません。3分の1はあくまでMaxであり、目安は最大でも年収の10%程度と考えておきましょう。年収300万円なら30万円程度です。

「必要最低限の金額」を心掛けて申し込むようにしましょう。

消費者金融を利用してもクレヒスの傷にはならない

消費者金融を利用してもクレヒスの傷にはならない

誤解されることが多いですが、消費者金融を利用したことがクレヒスの「傷」になることはありません。

消費者金融の返済を滞納すると、それは「傷」になります。滞納とは、60日以上返済が遅れることを言います。なので、1日2日の返済遅れなら問題ありません。

また、傷にはなりませんが消費者金融を利用していることで他のローン契約に影響を及ぼす可能性はあります。とくに、住宅ローンや自動車ローンを借りる際は消費者金融をできる限り返済(完済)しておきましょう。

消費者金融の返済もクレヒスにならない

消費者金融の返済もクレヒスにならない

消費者金融の利用はクレヒスの傷にはならないわけですが、実績として評価されるというと、それはありません。マイナスにはならないですが、プラスにもならないのです。

クレヒスを積むために、消費者金融を利用しようと考えている方がいるとすれば、それは間違いです。クレヒスを積むなら、クレジットカードで利用実績を作るべきです。

クレヒスを積むのにおすすめのクレジットカードは、楽天カードです。審査ハードルは高くなく、還元率1%ある優秀なクレジットカードです。学生など、はじめてのクレジットカードに最適です。

楽天カードの申し込みはこちら

楽天 キャプチャ

ボタン

楽天カード ポイント

クレヒスがない方におすすめの消費者金融

クレヒスがない方におすすめの消費者金融

クレヒスがない方、すなわちスーパーホワイトは消費者金融の審査で不利になるのは事実ですが、通らないわけではありません。金融事故がある方よりは通る可能性は断然高いです。※過去に金融事故がある方は諦めましょう

プロミスやアコムなど大手消費者金融は初めて利用する方には寛容な傾向があります。もちろん、自身の収入に見合った借入額は心得ておきましょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

アコム

アコム キャプチャ

ボタン