法人カードの審査基準まるわかり!審査を通過する5つのポイント

法人カード 審査基準

法人カードの審査って厳しいイメージがありますよね。

たしかに、個人でクレジットカードを作成するより難しいですが、ものすごく難しいというわけではありません。

そこで今回は、あくまで目安にはなりますが、法人カードの審査基準審査を通過するために気を付けなければいけないこと、そしておすすめの法人カードをご紹介していきます。

これを読めば、法人カードが持てるかも!?個人事業主の方も必見です。

目次
1.法人カードとは
2.法人カードの審査基準
 決算状況
 会社の設立年数
 代表者のクレヒス
 固定電話の有無
 公式サイトの有無
3.おすすめのカード
4.まとめ

1.法人カードとは

法人カードとは、法人経営者や個人事業主などの企業に対して発行され、事業用に使えるクレジットカードのことです。

社長や社員に対して発行されますが、引き落とし銀行口座は法人名義の口座になり、そこから引き落とされます。

主に、交際費や出張費などで発生した経費を精算するために使われるカードですね。

個人向けのカードと違い、複数枚発行することが多いので、審査に関しても個人向けよりは格段に厳しくなっています。

2.法人カードの審査基準

基本的にカード会社の審査基準は非公開ですので、これからご紹介していく審査基準は、あくまで予測になります。

法人カードローンの主な審査基準は次の5つになります。

ただ、法人カードの審査は想像より難しくないため、1回は挑戦してみても良いかもしれません。

法人カード 審査基準1

決算状況

一般のクレジットカードの審査では、勤続年数で安定した収入を判断されますが、法人の場合は決済状況で判断されます。

安定して黒字を計上できていると大丈夫ですが、赤字の月が続いていると審査に通る可能性は低くなってしまいます。

よく言われるのが、2期連続黒字決算が望ましいというものですが、それはあくまで理想ですので、数か月黒字成長できているだけで、十分に審査に通る可能性はあります。

会社の設立年数

先ほどの決済状況にも共通するところですが、会社の設立年数も安定した収入があるかどうかの判断になります。

一般的に、設立年数が3年以上経過していると審査に通りやすいと言われていますが、3年未満でも十分に審査に通る可能性はあります。

設立後、数か月であっても審査に通る可能性はあるので、設立年数に関しては、そこまでナーバスに考える必要はありません。

ちなみに、何故3年なのかというと、起業して3年以内に倒産する会社は7割ほどあるというデータがあり、3年以上残っている会社にはある程度の信頼が置けるからです。

代表者のクレヒス

一般的なクレジットカードの場合、個人のクレヒスが審査の際に確認されますが、法人カードの場合は、代表者のクレヒスが重要になります。
※クレヒスというのは「返済履歴」の事です。

代表者が過去に返済トラブル(遅延や滞納などの金融事故)を起こしていた場合、審査に通るのは難しいかもしれません。

過去の返済トラブルは、信用情報機関(CIC、JICC、KSCなど)というところに記録されています。

返済トラブルの情報が消えるまでの約5年は待たなければならないという情報もありますが、会社の決済状況や設立年数が良ければ、代表者のクレヒスに多少問題があっても、審査に通ることは可能です。

実際、5年経過前に法人カードを作れたという方はいます。

固定電話の有無

一般のクレジットカードの審査では、固定電話の有無は大した問題になりませんが、法人の場合は結構重要な項目の1つになります。

やはり、会社に固定電話がなく携帯しか利用しないというケースはあまりなく、固定電話があるということは、法人カードの審査において普通になります。

固定電話がないと審査に通らないということはありませんが、ないことで若干審査が不利になるということは、十分にあります。

公式サイトの有無

固定電話同様、会社の信用を図るためにも、公式サイトがあるかどうか大事になってきます。

ただ、これに関しては他の項目と比べると、重要度としては微妙な所ですので、よほど用心深くない限り、あえて作る必要はありません。

3.おすすめのカード

ここではおすすめのカードについて紹介したいと思います。

アメックス

国内でも有名な外資系のカード、アメリカン・エキスプレスがおすすめのカードです。

個人向けのゴールドカードにあこがれている方も多いのではないでしょうか。

このアメックスの法人カードの審査は他社に比べて甘い事が知られています。

しかし審査が甘い反面、デメリットとなるのが、国内で使用できる場所が限られてくるところです。

JCBやVISAは使えるのに、アメックスだけ使用できないというところもあるそうで、そこが不便な所です。

JCB法人カード

アメックスと比べると少し審査が厳しいかもしれませんが、国内どこでも使用できますし、海外でも使えるところが増えてきているのが強いところです。

しかし、注意点として、審査に受かるためには固定電話は必須です。

他にも審査を通過しやすい法人カードはありますが、詳しくはこちらで紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。
起業直後でも通りやすい法人カードはある!?おススメの4選をご紹介。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

審査を通過する理想のポイントとしては、次の5つになります。

  • 2期連続黒字
  • 会社の設立年数が3年以上
  • 代表者の信用情報に傷がない
  • 固定電話を引いている
  • 自社のHPがある

といったところをおさえておけば、審査は受かりますが、条件を満たしていなくても、申し込んでみると良いでしょう。

クレカ大バナー

法人カード 審査基準