HOME  クレジットカード部  ゴールドカード20代に選ばれるゴールドカード厳選集!ステータスやサービス別に比較

ゴールドカード
20代に選ばれるゴールドカード厳選集!ステータスやサービス別に比較

この記事は、ゴールドカードを作りたいと考えている20代の方向けに書きました。

「ゴールドカードを作りたいけど、持ってて格好良いカードってどれ?」

「買い物とか旅行に便利なゴールドカードが欲しいなあ」

ゴールドカードにも色々な種類があって、結局どのカードが良いのか分かりにくいですよね。

今回は、20代によく選ばれているゴールドカードの中から「ステータス」や「サービス」ごとにおすすめカードを厳選してご紹介します。

20代におすすめするゴールドカード厳選2枚

三井住友カードプライムゴールドはステータス重視の方におすすめ

格好良いゴールドカードを持ちたい!という方におすすめなのが、三井住友カードプライムゴールドです。

三井住友カードプライムゴールドのおすすめポイント
  • 一目でステータスと安心感を与えられる
  • 将来的にハイステータスカードを作りやすくなる
  • もちろんサービス面でのメリットも大きい

おすすめポイントの詳細はこちら

楽天ゴールドカードはサービス・コスパ重視の方におすすめ

ポイントをためられてコスパの良いゴールドカードを作りたい!という方におすすめなのが、楽天ゴールドカードです。

楽天ゴールドカードのおすすめポイント
  • 楽天市場でのショッピングで毎回ポイント5倍
  • 年会費2,000円(税別)なのに空港ラウンジが年2回無料
  • ETCカードが永年無料
  • 審査のハードルが低く作りやすい
  • 入会キャンペーンが豊富

おすすめポイントの詳細はこちら

ステータス重視とサービス重視どっちにする?それぞれのメリット解説

ゴールドカードを選ぶ時は、自分が「ステータス重視」なのか「サービス重視」なのかを考えておくと選びやすくなります。

どちらかに決めるというよりは、そんな観点もあるという程度でOKです。

参考までに、ステータス重視カードとサービス重視カードそれぞれのメリットや注意点を大まかにご紹介します。

ステータス重視カードのメリットと注意点

ステータス重視カードのメリット
  • 20代でゴールドカードを使うと同行者に「おっ」と思ってもらえる
  • 接待などのシーンで仕事相手に安心感・信頼感を与えられる

支払いの際にステータスの高いゴールドカードを使うだけで、プライベートでもビジネスでも自身への関心や評価を高められます。

何故なら、ステータス性の高いゴールドカードは年収が高くないと作れないというイメージがあるからです。

そのゴールドカードを20代から持つということは、若くして年収が高い=有能な人材と認識されやすいのです。

実はゴールドカードは20代でも作りやすい

実際には、多くのゴールドカードは審査のハードル(年収などの条件)が下がってきており、20代の正社員なら平均的な年収でも作れる場合があります。

ハイステータスのイメージはそのままに、カード自体は作りやすくなっているのです。

特にこの記事で紹介している三井住友カードプライムゴールドは、ステータスが高く20代が作りやすいおすすめのゴールドカードです。

ステータス重視カードを選ぶ時の注意点

ゴールドカードでステータス性を追求したい方は、選ぶカードが「自分のライフスタイルに合っているかどうか」に注意してください。

何故なら「まったく利用しないショップの特典が多くて、ステータス以外は気に入らないカードだった……」ということが起こりうるからです。

また、海外旅行に全然行かない方に「国内補償が手薄で海外補償ばかり充実している」ゴールドカードは向きませんよね。

カードのステータスを重視しながらも、その他のサービスが自分に合っているかということも予め確認しておきましょう。

サービス重視カードのメリットと注意点

サービス重視カードのメリット
  • 一般カードよりもワンランク上の特典がある(ポイント還元や優待など)
  • 年会費が掛かっても特典が良いので結果的にプラスになる

サービス重視のゴールドカードは一般のカードよりも使うほどお得になる場合が多く、少しでもお得に生活したいという方にはもってこいです。

また、特典を賢く使えば十分に年会費の元が取れます。

サービス重視カードを選ぶ時の注意点

ゴールドカードにサービスやコスパを求める方は「将来的に持ちたいカード(プラチナやブラックなど)の取得に有利かどうか」に注意しましょう。

例えば将来アメックスの上位カードを持ちたい場合は、アメックスグリーン(一般カード)から始める方が有利になります。

サービス面と併せて、将来どんなカードを持ちたいか?ということを一度考えてみると後悔しないカード選びができますよ。

ステータス重視なら「三井住友カードプライムゴールド」がおすすめ

三井住友カード ゴールド メイン

ボタン

三井住友カード ゴールド ポイント

ここでは、三井住友カードプライムゴールドが何故ステータス重視の方におすすめなのかを解説します。

三井住友カードプライムゴールドは三井住友カードが発行する唯一のヤングゴールドカード。

破格の年会費で一般ゴールドカードとほぼ同じ優待を受けられて、ステータス性も抜群です。

ちなみに、ヤングゴールドカードとは20代の間だけ持てるゴールドカードのこと。

各カード会社が、20代にもゴールドカードの利点を知ってもらうために発行しているゴールドカードです。

年会費が安くサービスが充実しているので、「一般ゴールドカードの審査は不安だけどゴールドカードを持ちたい」という20代にはおすすめのカードです。

なお、現在は3つのヤングゴールドカードが発行されています。
  • 三井住友カードプライムゴールド
  • JCB GOLD EXTAGE
  • UCカード ヤングゴールド
ヤングゴールドカードについて詳しくは「20代でも持てるゴールドカードとその詳細」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

世界の200以上の国と地域でステータスをアピールできる

三井住友カードプライムゴールドはその名の通りVisaマークのある世界中の加盟店で使えるカードです。

Visaは国際ブランドのシェアNo.1なので、世界のほとんどの地域でゴールドカードのステータスをアピールできます。

これがJCBやDinersなどシェアの小さいカードだと、せっかくゴールドカードを持っていても使えず、宝の持ち腐れになる場合もあります。

将来的にハイステータスカードを作りやすくなる

三井住友カードプライムゴールドを使い続けていると、将来的により高いランクのカードを作りやすくなります

というのも、最上位の三井住友カードプラチナへ申し込むとき「三井住友カードをちゃんと利用する人か」という判断にこれまでの支払実績がプラスに働くからです。

20代限定のヤングゴールドカードは30歳を過ぎるとほぼ自動的に(再審査はありますが)一般ゴールドカードへ切り替えられます。

そのため「いずれは三井住友カードプラチナを持ちたい!」という方には非常におすすめなのです。

もちろんサービス面のメリットも大きい

三井住友カードプライムゴールドは、ステータスはもちろんサービス面でも充実しています。

ここでは、ステータスだけじゃない三井住友カードプライムゴールドの魅力をご紹介します。

年会費が安い

三井住友カードプライムゴールドの年会費は初年度無料です。

2年目以降は通常5,000円(税別)ですが、割引特典を組み合わせると1,500円(税別)まで値下げできるのです!

割引の条件は以下の通りです。

  1. カードご利用代金WEB明細書サービスのご利用で翌年度年会費最大1,000円(税抜)割引
  2. マイ・ペイすリボをお申し込み+ご利用で年会費半額
  3. 前年度のカードご利用金額に応じて翌年度年会費半額

②と③は組み合わせられませんが、①と②、①と③いずれかの組み合わせは可能なので、1,500円(税別)まで引き下げられるというわけです。

ちなみに、③を選んだ場合は年間300万円以上の利用で半額となります。

年間で300万円も支払いがないので②のマイ・ペイすリボへの申し込みをする……という方が多いようですね。

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険

三井住友カードプライムゴールドは、国内でも海外でも最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯します。

三井住友カードの三井住友カード(一般カード)は最大2,000万円なので、倍以上の補償を破格の年会費で付帯できて大変お得です。

他のヤングゴールドカードと比べても際立って充実した補償内容です。

ヤングゴールドカードの海外・国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険海外旅行傷害保険
傷害死亡・傷害後遺傷害傷害手術傷害死亡・傷害後遺傷害傷害・疾病治療
三井住友
三井住友カードプライムゴールド
5,000万円最高 20万円5,000万円300万円
JCB GOLD EXTAGE5,000万円入院日額×倍率5,000万円200万円
UCカード ゴールド3,000万円無し3,000万円150万円

利用可能額が最大200万円

三井住友カードプライムゴールドの利用可能枠は50~200万円です。

これも、三井住友カードの三井住友カードが「10~80万円」となっているのに対して利用の幅がかなり広がります。

20代でも時には大きな買い物をすることはあるので、利用可能額が大きいのは有難いですね。

国内主要空港のラウンジを無料で使える

三井住友カードプライムゴールドと当日の航空券を提示するだけで、国内主要空港のラウンジを無料で利用できます。

また、宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」でのホテル予約が5~7%オフに割引できるのも嬉しい特典です。

サービス・コスパ重視なら「楽天ゴールドカード」がおすすめ

楽天プレミアムカード メイン

ボタン

楽天プレミアムカード ポイント

ここでは、楽天ゴールドカードが何故サービス・コスパ重視の方におすすめなのかを解説します。

楽天ゴールドカードは、楽天市場などで有名な楽天グループが発行するゴールドカードです。

ここからは、そんな楽天ゴールドカードがどのようにお得なのかを解説していきます。

楽天市場でのショッピングで毎回ポイント5倍

楽天ゴールドカードを利用して楽天市場でショッピングするだけで、購入金額の5%をポイントとして獲得できます。

ポイント加算の内訳
  • 楽天会員が楽天市場を利用するとポイント1%(基本加算ポイント)
  • 楽天市場で楽天カードを利用するとポイント倍率+2
  • 楽天市場で楽天ゴールドカードを利用するとポイント倍率+2

上記で既に5倍のポイントを獲得できます。

そしてさらに、その他の「楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)」も利用すれば最大15倍になります!

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円換算なので、ポイントが5%になれば1,000円の買い物で50円獲得、10,000円の買い物で500円獲得。

日頃のネットショッピングで楽天市場をよく利用する方には、これ以上なくお得なゴールドカードと言えるでしょう。

年会費2,000円(税別)なのに空港ラウンジが年2回無料

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円(税別)と低価格ですが、国内主要空港・ハワイのダニエル・K・井上国際空港・韓国の仁川国際空港のラウンジが年2回まで無料で使えます。

空港ラウンジは大体1,000円程度の料金がかかるものなので、2度利用するだけで充分に年会費の元が取れますね。

ETCが永年無料

楽天ゴールドカードではETCカードの年会費が無料になります。

もちろんETCの通行料金100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントもたまります。

楽天のサービスをよく利用し、かつ車を運転される方は楽天ゴールドカードが最もお得と言えるでしょう。

審査のハードルが低く作りやすい

楽天ゴールドカードは比較的審査がやさしく、作りやすいことで知られています。

楽天ゴールドカードの申し込み対象は「原則20歳以上の安定収入のある方」です。

正社員の方ではなくても、勤続年数や過去の支払い履歴(クレヒス)などで信頼が高ければ審査に通る可能性は高いようです。

ただし、収入があっても学生は申し込みができないので注意が必要です。

入会キャンペーンが豊富

楽天ゴールドカードは入会の際のお得なキャンペーンが多く、作った時点で年会費分以上に得をすることが多いようです。

キャンペーンは申し込みの期間によって内容が異なりますので、楽天ゴールドカードのキャンペーンページを確認してお申込みください。

ステータスをとことん追求したい人のためのゴールドカード

ここからは「とにかく持っているだけで究極にすごいゴールドカードを作りたい!」という方のためにおすすめカードを紹介します。

最強ステータスのアメックス・ゴールドカードは思っていたより作りやすい?

アメリカンエキスプレスゴールドカード メイン

アメリカンエキスプレスゴールドカード 年会費

ボタン

アメリカンエキスプレスゴールドカード ポイント

アメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスのゴールドカードは最上位のステータスを誇るカードです。

アメックスのゴールドカードは日本で初めて発行されたゴールドカードで、発行から100年あまりが経つ歴史あるカードです。

年会費の高さや審査の難易度から長らくお金持ちの象徴と言われてきていましたが、そんな状況も徐々に変わりつつあります。

というのも、さらに上位の「プラチナ」「センチュリオン」カードができたためゴールドカードが作りやすくなっているのです。

20歳以上の正社員で、良好なクレヒスに自信がある方ならトライする価値はありますよ。

シェアは低くてもステータスはピカイチのダイナース・クラブ・カード

ダイナース・クラブ・カードは、世界の富裕層をメインターゲットにしたステータスカードです。

カードの色はゴールドではありませんが、普通のゴールドカードよりも遥かに審査が厳しくステータス性が高いカードです。

VisaやMastercardなどと比べると国際ブランドとしてのシェアは小さいですが、主要な都市への旅行ならまず問題なく使えるブランドでしょう。

これまでは、経営者や弁護士など限られた立場の人のみのカードだったようですが、こちらも上位カードの影響で門戸を広げているようです。

27歳以上で高収入を得ている方であれば十分チャンスはありますので、究極のステータスを求める方はぜひ申し込んでください。

サービス内容にとことんこだわりたい人のためのゴールドカード

ここからは「サービス内容にこだわってゴールドカードを作りたい!」という方のためにおすすめカードを紹介します。

年会費が安いゴールドカード

ゴールドカードは年会費ができるだけ安い方がいい!という方向けに、年会費3,000円未満で持てるおすすめのゴールドカードを紹介します。

ちなみに、年会費を一切払いたくないけどゴールドカードが欲しい!という場合は年会費無料のゴールドカードもあります!

年会費無料のゴールドカードについては「年会費が必要ない!?年会費無料のゴールドカードと無料特典のあるゴールドカード一覧」で解説しています。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が1,905円(税別)と低価格のゴールドカードです。

年会費は初年度無料で、2年目以降も登録型リボ「楽Pay」利用でさらに1,028円(税込)まで抑えることができます。

低年会費でグローバルポイントをためられ、国内の渡航便遅延保険(遅延によるホテル代、衣料品費用など)もついています。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

オリコ the point 年会費

ボタン

オリコ the point ポイント

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは年会費が1,806円(税別)のゴールドカードです。

手ごろな価格でサービスも充実しているので、とにかく安くゴールドカードを持ってみたい方におすすめです。

券面が黒地なのでゴールドカードの派手さはなく、落ち着いたカードです。

利用できる海外の空港ラウンジが多いゴールドカード

楽天 プレミアム キャプチャ

楽天 プレミアム 年会費

ボタン

楽天 プレミアム ポイント

とくに海外旅行によく行かれる方は、多くの海外空港ラウンジを利用できるゴールドカード「楽天プレミアムカード」が最もおすすめです。

こと空港ラウンジに関しては楽天プレミアムカードが最もお得です。

何故なら、世界1,200の空港に備わるラウンジを自由に使えるプライオリティパスがついているのに年会費が1万円だからです。

プライオリティパスを普通に購入しようとすると429ドル(約4万6千円)かかります。

それを考えると、海外渡航者にはかなりお得なゴールドカードです。

ゴールドカードを持っていると空港ラウンジを利用できる
ゴールドカードと空港ラウンジについては「ゴールドカードをもっていれば空港ラウンジは使えるの?」で詳しく解説しています。

20代におすすめの三井住友カードプライムゴールドか楽天ゴールドカードに申し込もう!

三井住友カードプライムゴールド

三井住友 プライムゴールド キャプチャ

三井住友 プライムゴールド 年会費

ボタン

三井住友 プライムゴールド ポイント

楽天ゴールドカード

楽天 ゴールド キャプチャ

ボタン

楽天カードゴールド紹介文言画像