もう怖くない!クレジットカードのキャッシングがまるわかり

クレジットカード キャッシング

急にお金が必要になるタイミングってありますよね。

そんな時、キャッシングやカードローンは非常に頼りになるサービスになります。

ただ、キャッシングは「お金を借りる機能だ」という事はなんとなくわかっていても、よくわからないし怖くて使いたくないというのが、正直なところではないでしょうか。

キャッシングは非常に便利なサービスですので、上手に使うことができれば、日々の生活を便利にすることができますが、その逆も十分にありえるものになります。

そこで今回は、キャッシングの仕組みはもちろん、使い方から注意点まで、キャッシングに関する情報をお届けしていきます。

これさえわかれば、これまでなんとなく恐かったキャッシングと、「○○だから怖い」、「○○だと便利」といった具合に、上手に付き合っていけます。

お金を借りるボタン
目次
1.クレジットカードのキャッシングとは
 ショッピング機能とキャッシング機能
 キャッシングとクレジットカード現金化
 キャッシングとカードローン
2.キャッシングでお金を借りる方法
 手順1.カードを挿入し「引き出し」を選択
 手順2.暗証番号を入力
 手順3.返済方法を選択
 手順4.借入金額の入力
3.2つの返済方法
 方法1.ショッピングで利用した金額と合わせて返済
 方法2.ATMを使った先取り返済
4.キャッシングのメリットとデメリット
 キャッシングのメリット
 キャッシングのデメリット
5.知っておきたいキャッシングの3つの知識
 知識1.キャッシング機能は外せる
 知識2.キャッシング枠はショッピング枠の中にある
 知識3.利息の計算方法
6.今すぐお金を借りたい方におすすめのキャッシング
7.まとめ

1.クレジットカードのキャッシングとは

キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りることです。

クレジットカードには、「ショッピング機能とキャッシング機能」の2つが付いています。ショッピング機能で買い物をし、キャッシング機能でお金を借りるという仕組みになっています。

クレジットカードの仕組みについては、「めちゃくちゃ簡単にわかるクレジットカードの仕組みと注意点」こちらで詳しく説明しています。

まずは、キャッシングと紛らわしい名前や機能を持つ、次の3つのものとの関係について紹介しながら、キャッシングの特徴についてお話ししていきます。

  • ショッピング機能とキャッシング機能
  • キャッシングとクレジットカード現金化
  • キャッシングとカードローン

●ショッピング機能とキャッシング機能

ショッピング機能は、買い物をするための機能であり、ショッピング枠という枠の中で、利用する事ができます。

キャッシング機能は、お金を借りるための機能であり、キャッシング枠という枠の中で、利用する事ができます。

ショッピング機能については、「クレジットカードとショッピング枠の関係を知って快適なカードライフを!」で詳しくお話ししています。

ショッピング機能 キャッシング機能

●キャッシングとクレジットカード現金化

キャッシングと同じように、クレジットカードでお金を借りる方法として、クレジットカード現金化という方法があります。クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して、現金を作る方法になります。

キャッシングは、キャッシング枠を利用しており、カード会社が認めた借入方法ですが、クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約には違反しているため、利用してしまうと強制解約させられてしまいます。
クレジットカード現金化は、違法ではありませんが極めてグレーな方法
になります。

キャッシングとクレジットカード現金化※クレジットカード現金化の危険性については、「クレジットカード現金化は違法ではないが利用してはいけない理由」で詳しくお話ししています。

●キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローンの違いは、次の3つになります。

  • 返済方法の基本が1括払いか、リボ払いか
  • 借りれる金額の大きさ
  • 借入専用のカードを持つか持たないか
キャッシングとカードローンの違い

2.キャッシングでお金を借りる方法

キャッシングでお金を借りる方法は簡単で、ATMでお金を下ろす感覚で利用する事ができます。具体的には、次の4つの手順を踏むことで簡単に借りる事ができます。

手順1.カードを挿入し「引き出し」を選択
手順2.暗証番号を入力
手順3.返済方法を選択
手順4.借入金額の入力

手順1.カードを挿入し「引き出し」を選択

「引き出し」以外にも、「ご出金」、「クレジットカード」、「その他」と言った表記で表示されます。

キャッシング ATM 借入方法1

手順2.暗証番号を入力

4桁の暗証番号を入力してください。

キャッシング ATM 借入方法2

手順3.返済方法を選択

1括返済かリボ払い返済を選択してください。

違う表記方法としましては、1括返済を「キャッシング」、リボ払い返済を「カードローン」という表記のATMもあります。

キャッシング ATM 借入方法3

1括返済:借りた金額+利息を1括で返済する返済方法になります。
リボ払い返済:事前に決めた金額を支払い日の度に返済していく返済方法になります。

1括返済の方が返済の負担は大きいですが、利息の支払いは少なく済みますので、基本は1括返済をおすすめします。

手順4.借入金額の入力

最後に、いくら借り入れるのかを入力してください。

キャッシング ATM 借入方法4

3.2つの返済方法

キャッシングで借りたお金の返済には、大きく2つの方法があります。

方法1.ショッピングで利用した金額と合わせて返済
方法2.ATMを使って返済する

方法1.ショッピングで利用した金額と合わせて返済

キャッシングで借りたお金は、自動的にクレジットカードの引き落とし日に返済されます。

返済される金額は、借りたお金+利息が基本になります。

方法2.ATMを使った先取り返済

キャッシングによる利息は1日でも早く返済したほうがお得ですので、クレジットカードの引き落とし日の前にATMを利用して返済することができます。

返済手順は借入手順と基本的に同じですので省略しますが、最初の画面で「引き出し」ではなく「預け入れ」を選ぶようにしてください。

キャッシング 返済
※「預け入れ」以外にも「入金」、「クレジットカード」、「その他」等があります。

4.キャッシングのメリットとデメリット

ここから、キャッシングのメリットとデメリットについて簡単にお話ししていきます。

●キャッシングのメリット

カードキャッシングのメリットとしては、次の3つが挙げられます。

  • コンビニATMなどで24時間365日引き出せる
  • 手持ちのクレジットカードを使用するため、新たに審査や手続きが不要
  • 海外のATMで現地通貨を引き出せる(両替所よりお得に現地通貨を手にできる

特に、海外の現地通貨を引き出せるというメリットは大きく、これだけの為にキャッシングを利用するという人も少なくありません。

●キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリットは、以下の5つが挙げられます。

  • 不正利用の際に保証されないことがある
  • ショッピング利用時のようなポイントが付かない
  • 同じ金額でも、ショッピング利用より金利が高め
  • 使いすぎると、カード会社からの「信用」が落ちることもある
  • コンビニATMで気軽に引き出せるため、「借金」という感覚が薄まりがち

キャッシングは借金ですので、常にその意識を忘れないことが大事になります。

5.知っておきたいキャッシングの3つの知識

ここから、キャッシングを利用する上でぜひ知っておいてほしい3つのことについてお話ししていきます。

知識1.キャッシング機能は外せる
知識2.キャッシング枠はショッピング枠の中にある
知識3.利息の計算方法

知識1.キャッシング機能は外せる

クレジットカードのメイン機能はショッピング機能ですので、キャッシング機能は外すことができます。

借金は絶対にしたくないという場合は、初めから外しておくことをおすすめします。

審査に有利になる?

キャッシング機能を外すことで、クレジットカードの審査が有利になりますので、審査が心配な場合も外すことをおすすめします。

知識2.キャッシング枠はショッピング枠の中にある

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠の中にあります。

そのため、キャッシング枠を1円も使っていなくても、キャッシング枠分の利用ができない可能性があります。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係・改

知識3.利息の計算方法

キャッシングの利息の計算方法はとても簡単で、次のような計算式を使って行います。

利息 計算方法 図

今回は、最も一般的な年利である、18.0%で計算してみます。

<例1>10万円を、30日間借りた場合
⇒10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1,480円

<例2>10万円を、50日間借りた場合
⇒10万円×18%(0.18)÷365日×50日=2,465円

6.今すぐお金を借りたい方におすすめのキャッシング

今すぐお金を借りるのであれば、借入までのスピードや返済の自由さ無利息サービスなど様々な点で、お金を借りるためのカードであるカードローンの方が優れていることが多いです。

そこで、キャッシング枠のついているクレジットカードではなく、お金を借りるのにおすすめなカードローンを中心にご紹介します。

カードローンの方がお得な理由は「キャッシングとカードローンの違いとおすすめの借入方法」の3章でお話しています。

新生銀行レイク

レイクのキャプチャ レイク 限度額 ボタン レイク ポイント

詳細

新生銀行レイクの審査基準は、有名カードローンと同じで、変な小細工をしなくても、自立した生活を送っている人であれば、問題なく通ります。

逆に、変な小細工をしてしまうと、落ちる危険性がグッと高まります。

ですので、自分の正直な現状を申込書には記載していきましょう。

また、レイクでは土日祝日でも審査を受ける事ができ、最短即日でお金を借りる事ができます。

プロミス

ボタン

詳細

プロミスは、初めて利用する方に限り、30日間の無利息サービスを受けることができます。

他のカードローンは契約日から無利息サービスがスタートしてしまうので、すぐにお金を借りないという人は数日分損してしまいますが、プロミスの無利息サービスは「お金を借りてからサービスが適用されるため、お金が必要な時に備える」という使い方ができます。

しかも、女性オペレーター専用のダイアルも用意されているので、疑問点や契約について女性に確認することができます。

初めてカードローンを利用する際は、いろいろと不安な部分が出てくるかと思います。そうした疑問を怖いイメージのある男性ではなく女性に聞けるというのは、女性はもちろん男性にも嬉しいサービスではないでしょうか?

もちろん、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方にもおすすめです。

アコム

ボタン

詳細

アコムはプロミス同様、最短即日でお金を借りる事ができ、審査スピードも業界トップクラスです。

しかも、初めて利用する方には最大30日金利0円のサービスがついており、支払う利息も少なくできます。

限度額50万円以下なら収入証明不要でお金をかりることができるので、はじめてキャッシングを利用する場合には負担が少なく便利に利用できます。

アイフル

アイフル 限度額 ボタン アイフル 3つのポイント

詳細

アイフルは最短30分で審査完了!融資まで最短1時間と、審査から融資までのスピードが 早いのが特徴です。

また、申込前に融資が可能かの目安が分かる「1秒診断」というサービスがあります。

はじめてのご利用で審査が不安な方は、パソコンやスマホでサイトにアクセスし、 申込前に診断をしてみるのも良いですね。

家族に秘密で借りたい方向けに、「えらべーる」というサービスがあり、指定した時間帯に 契約カードを配達、受け取りも本人限定となっているため、 個人のプライバシーに配慮したサービスにも定評があります。

インターネットなら24時間申し込みを受付けているので、早朝や深夜でも時間を気にする ことなく申し込みが出来ます。更に、ご利用限度額が50万円以下であれば、収入証明書は 原則不要なので、お急ぎの方も安心してご利用頂けます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンバナー ボタン みずほ銀行カードローン画像バナー

詳細

お金を借りるのであれば、やはり大手銀行のカードローンがおすすめです。

先におすすめした2つのカードローンは、初めて利用する方にはおすすめですが、複数回利用するのであれば金利の低い銀行のカードローンが最もお得になります。

例えば、無大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天 年会費 ボタン 楽天 ポイント

詳細

キャッシングにおすすめのクレジットカードというのはありません。

ただ、どうせクレジットカードを用意するのであれば、年会費無料で高還元率カードである楽天カードをおすすめします。

7.まとめ

最後に、今回の内容を簡単にまとめていきます。

クレジットカードのキャッシングは非常に便利ですが、借金だという実感が湧きにくいというデメリットが最も大きな問題と言えます。

逆を言えば、借金という認識さえ忘れなければ、非常に便利なツールだと言えます。

クレカ大バナー

クレジットカード キャッシング