クレジットカードの審査は学生でも通る?審査基準を解説

学生でも、クレジットカードを作ることができます。

学生専用のクレジットカードは当然ですが、それ以外の一般的なクレジットカードでも作ることができます。

今回はクレジットカードの審査基準が学生にとって厳しいのか?をお話しします。

クレジットカードの学生にとっての審査基準

学生に限って言えば、クレジットカードの審査基準はびっくりする程低いです。

というのも、学生には次の2つの強みがあるからです。

  • これまで金融事故を起こしていない
  • 親の支援を受けている(いざという時は親がクレカ代を払う)

そのため、収入が安定していない学生であっても、クレジットカードの審査は簡単に通れてしまう事が非常に多いです。

また、クレジットカードというのは、1度作ってしまうと、なかなか次のクレジットカードに乗り換えるという事はしません。

ですので、クレジットカード会社的にも、学生の段階で自社のクレジットカードを持ってほしいと思っているのです。

クレジットカードの審査で学生は年収・借入をどう書くべき?

クレジットカードの審査申込みで学生が悩むのが、年収と借入の欄だと思います。

年収であれば、

  • まだ1年以上働いていない
  • 短期バイトを繰り返している
  • 親の仕送りで生活している

・・・・

借入であれば、

  • 奨学金を借りている
  • 親からお金を借りている

・・・

このように、悩む要素が非常に多いでしょう。

今回はそれぞれの場合にどうやって書くべきなのか?を紹介しますね。

クレジットカードの審査で学生は年収0円でも大丈夫!

学生の場合、年収は最悪0円でも審査に通るので、そこまで考え過ぎる必要はありません。

基本的に、仕送りも含めて毎月使える平均的な金額を1年換算した額を、年収欄に入れるようにしてください(奨学金は含めないでくださいね)。

また、年収を変に誇張してしまうと、逆に審査に落ちてしまうので注意するようにしてください。

より詳しくクレジットカードでの学生の年収について知りたい人は「【0円でも審査通る?】学生がクレジットカードを申し込む時の「年収」計算法」をご覧ください。

クレジットカードの審査で学生の借入れの書き方

奨学金や親からの借金のようなものは、一切借入に記載する必要はありません(ちなみに、将来的に組むかもしれない、住宅ローンや自動車ローンも記載する必要はありません)。

ここに書かないといけない内容は、カードローン(プロミスやアコムのような会社)での借入金額になります。

こんな人は要注意?クレジットカードの審査に学生が落ちるケース

基本的に学生はクレジットカードの審査に通りやすいのですが、ごく稀に審査に落ちてしまうことがあります。

その場合は、クレジットヒストリーと呼ばれる情報が原因であるケースが多いです。

より詳しくなぜ審査に落ちたのか知りたい人は「なんで審査落ち?クレジットカードの審査で重要なクレヒスの秘密」をご覧ください。

クレジットカードの審査に学生が落ちてしまったら、家族カードも検討してみよう

家族カードはクレジットカードの利用履歴が、全て親に見られてしまいますし、引き落とし口座も親の口座に限定されてしまいます。

しかい学生時代から家族カードでもいいから、カードを持っておくことには以下のようなメリットがあります。

  • 資金繰りを学べる(後払い制度や何にいくら使ったかを把握出来る)
  • ポイントを貯める(家族カードでは自分のポイントではないので使えないかもが)

カードを使うことに慣れるという意味でも、もし審査に落ちてしまったならば、家族カードを検討してみてもいいかもしれません。

クレジットカードの審査に学生であっても恐れずに申し込んでみましょう

クレジットカードの審査は学生だと通りにくいどころか、むしろ審査に通りやすいということが分かったと思います。

ぜひクレジットカードを作ることができる18歳以上の学生はクレジットカードを作ってみましょう。

なお、高校生は18歳でもクレジットカードを作れないので、注意してくださいね。

学生におすすめのクレジットカードについては「学生におすすめのクレジットカードを徹底比較」をご覧ください。