おすすめのカードはこれ!クレジットカードのポイントを徹底比較

今や無数のクレジットカードがありますが、実際どのカードが良いのかわかりませんよね。

日々カードについて調べている私でさえ、よくわからくなってしまうことがあるので、普通の生活を送っているあなたがよく分からないのが普通なんですが…。

そうは言っても、どうせクレジットカードを使うならポイントを効率よく貯めて、少しでもお得に買い物したいですよね。

そこで今回は、ポイントを効率よく貯めれる6枚のカードを比較しながら、あなたに合ったカードを紹介していこうと思います。

目次
1.高還元率カード6枚の比較一覧
2.ポイント還元率とは
3.2通りあるポイントの使い方
1つ目.カードを使う時にそのまま使う
2つ目.一度使いたいポイントに変更してポイントを使う
4.クレジットカードのポイントで気になる次の3つの点
疑問1.ポイントはいつ貯まるの?
疑問2.ポイントを交換するってどういうこと?
疑問3.ポイントの有効期限ってどうなっているの?
5.クレジットカードをお得に使うコツ
6.まとめ

1.高還元率カード6枚の比較一覧

今回は、次の6枚のクレジットカードを比較していきます。

  • 楽天カード
  • Yahoo! JAPANカード
  • dカード
  • Orico Card THE POINT
  • REX card
  • P-one Wiz

いずれも高還元率カードとして有名ですが、実際にどのカードが良いのかをお話ししていきます。

まずは、簡単な比較表を作ったので、見てみてください。

クレジットカード ポイント還元率 比較表

楽天ユーザーならこれで決まり!「楽天カード」

楽天 キャプチャ 楽天 年会費 ボタン 楽天 ポイント

詳細

楽天カードは、楽天スーパーポイントを貯めることができ、楽天市場等で利用すると倍のポイントをもらう事が出来ます

楽天ユーザーにおすすめと言われるカードはいろいろありますが、結局この楽天カードしかありません。

Tポイント愛用者はYahoo! JAPANカード一択

YJ キャプチャ YJ 年会費 ボタン YJ ポイント

詳細

Yahoo!が最近出した新しいクレジットカードが、このYahoo! JAPANカードです。

ヤフーショッピングでポイント3倍や「Yahoo!かんたん決済」の手数料が毎月1回タダになる等ヤフー関連のメリットはもちろん多いのですが、何と言っても貯まるポイントが、Tポイントというのが最高です。

Tポイントは利用できる店舗やサービスも多いので、めちゃくちゃ使い勝手が良いです。

そんなTポイント愛用者の方には、このヤフーカードで決まりです。

DCMXから生まれ変わったドコモのdカード

dカード 一般 キャプチャ dカード 一般 年会費 ボタン dカード 一般 ポイント

詳細

正直、これまでのドコモのポイントは、使い方がよく分からず、携帯関連の商品を購入するために利用するか、放置をしているという人が多かったです。

しかし、新たにdポイントとして生まれ変わり、ポンタポイントに移行できるようになったことで、一気に利便性が増しました

また、毎年1回は利用すると年会費タダなんですが、利用しないと1,350円の年会費が掛かってしまうので、注意が必要です。

ちょっとニッチ?アマゾンやiTunesでのポイント利用なら“オリコ”

オリコ the point 年会費 ボタン オリコ the point ポイント

詳細

高還元率カードとして有名なOrico Card THE POINTですが、半年間の還元率は2.0%~と実質年会費最強カードです。

アマゾンやiTunesで利用できるポイントなので、一部商品はリアルタイムで交換可能です。

超高還元率カードと言えばREX CARD

REX キャプチャ REX 年会費 ボタン REX ポイント

詳細

「無駄な事は考えずに、クレジットカードの利用料金を現金値引きしたい」という方におすすめなのが、このREX CARDです。

REX CARDのポイントは、Jデボという割引券のようなものに変更出来、クレジットカードの利用料金からJデボ分の割引を受ける事が出来ます

もちろん、Jデボ分の買い物をクレジットカードでしなかった場合は、残金が次の支払いに引き継がれるので、無駄なく利用する事ができます。

シンプルな現金値引きであればP-one Wizにお任せ!

P-one Wiz  キャプチャ P-one Wiz  年会費 ボタン P-one Wiz  ポイント

詳細

P-one Wizは、100円利用各に1円分の値引きを受ける事が出来るので、面倒なポイント交換をすることなく、値引きサービスを受けることが出来ます。

ですので、難しいことはせずにお得な買い物がしたいという方にピッタリのカードです。

さらに、還元率は0.5%と少し低いですが(値引きと合わせて還元率1.5%)、貯めたポイントをTポイントに変更出来るので、実質還元率1.5%の超高還元率カードと言えます。

ただし、P-one Wizはリボ払い専用カードですので、初期設定のままだと店頭での支払い方法の選択に関わらず、リボ払いになってしまいます。

ですので、カードを手にしたら必ず1括払いの設定である「ずっと全額コース」に変更するようにしてください

2.ポイント還元率とは

ポイント還元率とは、クレジットカードで100円分の買い物をした場合、ポイントとしていくら戻ってくるのかを数値にしたものです。

例えば、ポイント還元率0.5%のカード100円分の買い物をすると0.5円分のポイントがもらえますし、ポイント還元率1.0%のカード100円分の買い物をすると1.0円分のポイントがもらえます。

ポイント還元率 仕組み

3.2通りあるポイントの使い方

ポイントの使い方には、大きく次の2通りがあります。

  • 1つ目.カードを使う時にそのまま使う
  • 2つ目.一度使いたいポイントに変更してポイントを使う

1つ目.カードを使う時にそのまま使う

今回挙げたカードでは、楽天カードYahoo! JAPANカードがそれにあたります。

こういったカードは、使いたいタイミングでポイントを使う事が出来ます

2つ目.一度使いたいポイントに変更してポイントを使う

クレジットカードの多くはこのタイプで、最もお得なポイントの使い方をしようと思うと、必ず貯めたポイントを最もお得なポイントに変更する必要があります。

例えば、dカードを使ってdポイントが貯まった場合、dポイントをポンタポイントに変更して使う必要があります。

ポイントの変換過程

4.クレジットカードのポイントで気になる次の3つの点

クレジットカードのポイントで、気にする人が多い次の3つの仕組みについて、これからお話ししていきます。

  • 疑問1.ポイントはいつ貯まるの?
  • 疑問2.ポイントを交換するってどういうこと?
  • 疑問3.ポイントの有効期限ってどうなっているの?

疑問1.ポイントはいつ貯まるの?

クレジットカードのポイントは、使えば使うだけ貯まっていきますが、ポイントが貯まるタイミングはカードの締日になります。

これは普通のポイントカードとは大きく異なる点ですね。

クレジットカードは、100円や1,000円利用ごとにポイントが貯まるのですが、毎回の買い物時ではなく、前回の締日から今回の締日までに利用したクレジットカードの総額に対してポイントが付与されます。

クレジットカードのポイントが貯まるタイミング

また、締日についてよくわからない場合は、「【保存版】クレジットカード初心者が知っておきたいクレカの仕組みと使い方」を参考にしてみてください。

疑問2.ポイントを交換するってどういうこと?

クレジットカードのポイントは、基本的にカード会社のポイントが貯まるようになっています

ただ、私たちにとっては、クレジットカードのポイントより、有名なポイントの方が使い勝手が良いですし、カード会社にとっては、一からサービスを広げるのは大変です。

そこで、カード会社は有名なポイント会社と提携して、そのポイントにクレジットカードのポイントを変更出来るようにしています

その結果、私たちは自分にあったクレジットカードを選ぶことで、自分の好きなポイントを貯めれるようになっています。

疑問3.ポイントの有効期限っていつまで?

ポイントの有効期限は、カード会社によって変わってきます。

ただ、有効期限のカウントのタイミングは、ほとんどのカードでポイントが貯まった日から数え始めます

例えば、有効期限1年、締日が25日のクレジットカードのポイントは次の図のようになります。

ポイントの有効期限

5.クレジットカードをお得に使うコツ

クレジットカードをお得に使うためコツは、「あれもこれもと手を出さずに、自分が気に入ったものを1~3枚ほど使う」という事です。

私がおすすめするカードの持ち方は、ポイントを貯める用のカードを1枚、ステータス用のカードを1枚(予備でもう1枚してもいいですね)の計2枚持ちが、もっとも簡単かつお得にクレジットカードを使っていくコツです。

クレジットカードの持ち方については、「もう迷わない!すっきりわかるクレジットカードの理想的な持ち方」を参考にしてみてください。

6.まとめ

それでは最後に、今回の記事の内容を簡単にまとめていきます。

クレジットカードのポイント還元率は1.0%あれば十分高いので、後は使いたいポイントや見た目の好きなカードを選べば問題ありません。

逆に、ポイント還元率に惹かれて、使いもしないポイントを貯めてしまう方が、最終的に損してしまいます。

クレカ大バナー