空港で至福のひと時!?頻繁に海外出張があるならプライオリティパス付帯の法人カードに決定!

173-min

海外出張って責任の重い立場になると、精神的にも体力的にも結構きついですよね。

空港にあるカフェなどで資料に目を通すのもいいのですが、どうせなら静かな空間でゆったりと準備したくありませんか?

プライオリティパスを持っていれば使える空港ラウンジは、大きなソファーや軽食などの準備はもちろんのこと、アルコールや会議室なども用意されておりビジネスマンの味方です。

今回はそんなプライオリティパスが付帯している法人カードをご紹介したいと思います。

1.プライオリティパスとは

プライオリティパスとは、空港ラウンジに関するサービスを提供する企業のこと、またはサービス名のことです。

2016年12月現在、世界130ヶ国500都市1000カ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジネットワークを誇ります。

ゴールドカードで入れるカードラウンジとの主な違いは、プライオリティパスが提携しているラウンジは空港のセキュリティチェックの後にラウンジがある点です。

したがって、出発時間ぎりぎりまでラウンジでくつろぐことができますね。

2.プライオリティパスの使い方

12

と言った流れです。

利用時間制限などはありませんので、ゆっくりとくつろいでくださいね。

3.プライオリティパスでの特典やサービス

234

アルコールも含めて利用料金に含まれているのはありがたいですね!

ゴールドカードで使えるカードラウンジを使った後にこのラウンジを使ってしまうと、もうカードラウンジは使えなくなってしまうほど充実しています。。

4.ライオリティパス・アプリでさらに便利に

プライオリティパスを持っていても、行く先々でどこにラウンジがあってどんなサービスがあるのかって調べるのは面倒ですよね。

そんな人のために、世界1000カ所以上の空港ラウンジの場所や設備情報が検索できる、新しいプライオリティパス・アプリが利用できるようになりました

さらに、プライオリティパスの会員アカウントから、利用履歴が見れたり、空港ラウンジの評価もできます。

5.プライオリティパスの通常料金

会員ランク年会費会員利用料金同伴者利用料金
スタンダードUS$99US$27/1回US$27/1回
スタンダード・プラスUS$249無料利用10回/年
11回目から US$27/1回
US$27/1回
プレステージUS$399無料US$27/1回

となっております。

一番ランクの高いプレステージは、年会費だけで4万円近くかかってますね。。

正直、この値段だとあまり積極的に入会しようとは思えないのではないのでしょうか?

ただ、法人カードを発行すればプレステージランクのプライオリティパスが持てるとしたら、とてもお得ですよね。

次は、そんなプライオリティパス付帯の法人カードを紹介したいと思います。

6.プライオリティパス付帯の法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ボタン

詳細

プラチナカードではありますが、カード会社からの招待を待つことなく誰でも申し込むことができます。

さらに、何より優れているのは、JALマイルの還元率です。本家のJALカードよりも還元率が上です。

この仕組みは、1,000円の利用で10JALマイル

そして、2,000円の利用で1永久不滅ポイントが貯まります。

200永久不滅ポイントが貯まると500JALマイルと交換できるので、1永久不滅ポイントで2.5JALマイルとなります。

1,000円で10JALマイルと1.25JALマイル(永久不滅ポイント分)で11.25JALマイルが貯まることになります。

100円換算で1.12JAL5マイルとなり、1.125%の還元率となるわけです。

年会費は高めですが、プライオリティパスの4万円分含まれているので、それと比べるとかなりお手ごろだと思いますよ!

JCB法人カード/プラチナカード

ボタン

詳細

先ほどのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードよりも1万円年会費が上がっています。

ただ、こちらもプライオリティパスの年会費4万円分とJCBのプラチナカードということを考慮すると十分お手頃ではないでしょうか。

プライオリティパス以外にもプラチナ・コンシェルジュデスクと言ったプラチナカード会員らしくVIPなサービスが付いております。

海外や国内のホテルの予約をはじめ、航空券・列車・レンタカーの手配など、旅に関する各種サポートが充実しています。

また、ゴルフ場やレストランなどのエンターテイメントに関する相談なども承ってくれますよ。

楽天ビジネスカード

ボタン

詳細

カード利用ごとに楽天市場等でお馴染みの「楽天スーパーポイント」100円につき1ポイント貯まります。

貯めたポイントは1ポイント1円相当で、楽天で使うことはもちろん、提携ポイントやマイルとも交換可能です。

ただ、楽天ビジネスカードを発行するには楽天プレミアムカード(年会費10,000円+税)も発行する必要があるところだけ注意してください。

先ほどのプレミアムカードと比べるとかなり年会費が低くなっております。

楽天カードなので他のカードと比べるとステータスは劣りますが、プライオリティパス目当てにこのカードを発行するならばこれ以上お得なカードはありません!

7.まとめ

今回は、プライオリティパス付帯の法人カードを紹介いたしました。

通常プライオリティパスだけで4万円もするものを、法人カードとセットでさらに安くなってしまうとは驚きですよね。

空港ラウンジは、疲労回復、接待、軽食、アルコール、情報収集、シャワーなど数えきれないほどの使い道があります。

ぜひ海外出張のお供として、法人カードと一緒に発行しちゃいましょう!

クレカ大バナー