学生がクレジットカードを申し込む時の年収は何を書けばいいの?

クレジットカード 学生 審査

クレジットカードを申し込む際には、必ず年収を記入する必要がありますが、学生だと何をどこまで書けばいいのか悩んでしまいますよね。

実際、私もなんて書けばいいのか悩んだ記憶があります。

  • 短期バイトの収入は年収にいれるのか?
  • そもそもバイトの収入は年収に計算するのか?
  • 仕送りはどうすればいいのか?
  • バイトしてないけど大丈夫か?
    ・・・

こんな感じで、学生ならではの悩みポイントがあると思います。

今回は、そんな学生ならではの疑問をスパッと解決していきます。

目次
1.年収に含むかどうかの分岐点
 アルバイトの収入
 短期バイトの収入
 1年未満のバイトの収入
 仕送りによる収入
2.最悪年収は0円でも大丈夫
3.0円でも大丈夫な理由
4.学生におすすめのクレジットカード
5.まとめ

1.年収に含むかどうかの分岐点

学生特有の収入を年収として含むかどうかは、非常に悩ましいものがあると思います。

そこで、特に気になるであろう収入を年収に入れるかどうかの基準についてお話ししていきます。

学生の4つの収入源

アルバイトの収入

アルバイトによる収入は、年収欄に記載して大丈夫です。

細かいことは気にする必要がないので、毎月稼ぐ金額の平均×12ヶ月分を年収として記載してください。

例えば、大体5万円くらい毎月稼ぐのであれば、年収は60万円になります。

ただし、年収で嘘をつくと審査で落とされてしまう可能性があるので、気持ち少なめくらいにしておくとちょうどいいかもしれません。

1年未満のバイトの収入

働き始めて1年も経っていないと、年収欄に記載する年収を、「今もらっている給料」か「今後もらう予定の給料をあわせたもの」かで悩むと思いますが、今後もらう予定の物を合わせてしまって問題ありません。

例えば、働き始めて3ヶ月しかたっていないが、毎月4万円稼いでいるのであれば、年収48万円になります。

短期バイトの収入

短期バイトを毎月行って、定期的にお金を稼いでいるのであれば、先ほどの1年未満のバイトと同様に、推定の年収を記載してください。

ただ、本当に短発でバイトをしただけであれば、年収欄は0円にしてください。

仕送りによる収入

学生の場合、仕送り+バイト代で稼いでいる人も少なくないと思います。

そういった場合は、仕送り代も年収として計算して構いません。

例えば、1か月の収入の内訳が「仕送り3万円+バイト5万円=8万円」の場合、8万円×12ヶ月の96万円が年収になります。

2.最悪年収は0円でも大丈夫

正直、学生は難しい事を考えず、年収欄を0円にしてもクレジットカードの審査に通る可能性が極めて高いです。

ですので、今回例に挙げたもの以外で収入があって、年収として計算しようか悩む場合は、とりあえず含めなくても大丈夫です。

3.0円でも大丈夫な理由

学生の審査は、両親の信用情報を基に行われます。

ですので、仮に学生の収入が0円であっても、親がお金を支払うので、審査に通ることができます。

また、本当に年収0円で生活している学生はいないため、お小遣いや仕送り、2~3か月に1回行う短期バイト等、何かしら収入があると考える事が普通です。

そうした面からも、年収欄が0円でも審査に通ることができます。

4.学生におすすめのクレジットカード

学生におすすめのクレジットカードは次の3枚になります。

(学生用)三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友 デビュー キャプチャ 三井住友 デビュー 年会費 ボタン 三井住友 デビュー ポイント

詳細

やはり、最初の1枚として持つのであれば安定した定番カードが欲しいという学生が非常に多いです。

そんな定番カードと言えば、三井住友VISAデビュープラスカードが最もおすすめです。

ただし、ポイント還元率に関して言えば、良くも悪くもないので、クレジットカードにポイントのお得さを求めているのであれば、おすすめはしません。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天 年会費 ボタン 楽天 ポイント

詳細

クレジットカードを利用して、ポイントをお得に利用したいという場合は、間違いなく楽天カードがおすすめです。

他にも高還元率カードはありますが、ポイントの使いやすさやカードの発行スピード、発行量を考えると、もっともおすすめのカードになります。

クレジットカードで日々の買い物をお得にしたいというあなたにおすすめのクレジットカードになります。

JCB CARD EXTAGE

jcb エクステージ キャプチャ jcb エクステージ 年会費 ボタン jcb エクステージ ポイント

詳細

JCBは日本唯一の国際ブランドであり、プロパーカードも発行しています。

そのため、将来的にステータスカードを持ちたいという思いがあるのであれば、絶対に持っておいて損はないカードになります。

ただ、ポイント還元率に関しては、さほど高くないので、ポイントが第一条件だと必要のないカードかもしれません。

5.まとめ

学生がクレジットカードを申し込む際は、年収が0円でも大丈夫です。

仕送りや短期バイトなど、年収の記載で迷う事があると思いますが、「継続している収入であれば年収として考え、短発であれば年収とは考えない」という考え方で、問題ありません。

クレカ大バナー

クレジットカード 学生 審査