HOME  クレジットカード部  お役立ち・基本知識クレジットカードのキャッシングはバレる!?内緒で借入できるか回答

お役立ち・基本知識
クレジットカードのキャッシングはバレる!?内緒で借入できるか回答

クレジットカードのキャッシングはバレない!?内緒で借入できるか回答

この記事は、クレジットカードのキャッシングは他人にバレないか心配な人に向けて書きました。

「キャッシングは借金なので誰にも知られたくない!」

「キャッシングの利用には保証人が必要なのか?」

「キャッシングに申し込むと職場に電話があるかも?」

クレジットカードのキャッシングをはじめて利用する人の場合、様々な不安や心配があるでしょう。

そこでこの記事では、クレジットカードのキャッシングは他人バレしないかについて解説していきます。

また、クレジットカードのキャッシングが適さないシーンというもありますので、その場合にはどうすれば良いかもお伝えしてきます。

クレジットカードのキャッシングの申込や利用をしてもバレる可能性は低い!

クレジットカードのキャッシングの申込や利用をしてもバレる可能性は低い!

一般論を言うと、クレジットカードのキャッシングの申込や利用をしても、他人にバレてしまう可能性はかなり低いです。

その理由は以下の4つです。

  1. 保証人が不要
  2. カードを見てもキャッシング枠の有無は判断できない
  3. 在籍確認がないことが多い
  4. カード会社には守秘義務がある

それぞれについて次章で詳しくお伝えしていきます。

保証人が不要

クレジットカードのキャッシング枠は保証人が不要です。

20歳以上であれば、ご自身の信用のみで利用ができるため、他人に保証人を頼むような必用はありません。

カードを見てもキャッシング枠の有無は判断できない

クレジットカードのキャッシング枠は、カードを見てもキャッシング枠が付属しているかは判断できません。

キャッシング枠を付けたとしても、カードに「キャッシング枠あり」なんて記載されないため、傍目からは分らないようになっています。

在籍確認がないことが多い

クレジットカードのキャッシング枠には「在籍確認」がないことも多いです。

消費者金融や銀行カードローンに申し込みすると在籍確認が必ずあるため、現在の勤め先に申し込みした会社から電話があります。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠では在籍確認をしない会社が多いです。

これはすでにカードの審査時に、本人確認や在籍確認が済んでいるため、再度する必要はないという判断をカード会社がするからと言われています。

カード会社には守秘義務がある

カード会社には守秘義務があるため、利用者がキャッシング枠を使っていることは絶対に他人へ伝えることはありません。

これはたとえ家族であっても同じですので、キャッシング枠を利用してもその事実が、他人に伝わることはないのです。

クレジットカードのキャッシングで唯一バレる可能性がある原因

 クレジットカードのキャッシングで唯一バレる可能性がある原因

ここまで、クレジットカードのキャッシングでは他人バレの心配がないとお伝えしました。

しかし、100%バレないかと言われれば当然そうではありません。

クレジットカードのキャッシングでも他人バレする可能性があり、その原因はおもに「利用明細」です。

利用明細には何にカードを使ったのかがはっきり記載されるため、キャッシングの利用も記載されます。

カード会社によっては、利用明細が自宅に郵送されてくることもあるため、そうした人は利用明細の管理には十分注意しなくてはいけません。

  WEB明細が利用できる会社なら利用明細は怖くない!

カード会社によっては「WEB明細」が利用できるケースも多く、このWEB明細であれば他人バレを心配する必要がありません。

WEB明細とは、インターネットの会員サイトで利用記録を管理できるサービスです。

WEB明細の場合、利用記録はインターネットの会員サイトで確認するという形になるため、利用明細の郵送が無くなります。

このため、WEB明細を利用できるクレジットカードをお使いなら、利用明細はWEB明細にしておくのがおすすめです。

クレジットカードのキャッシングよりも「プロミス」のほうが最適な状況もある

クレジットカードのキャッシングよりも「プロミス」のほうが最適な状況もある

クレジットカードのキャッシングは大変便利なサービスですが、状況によっては利用が適さない場合があります。

たとえば、以下のような状況ですね。

  1. これから審査を受けて即日借りたい
  2. まとまったお金を借りたい
  3. 定期的に使う予定
  4. 返済は一括を予定している

上記のような場合、クレジットカードのキャッシングよりも「プロミス」のようなカードローンのほうが向いています。

それぞれについて次章で詳しくお伝えしていきます。

 これから審査を受けて即日借りたい

これから審査を受けて即日借りたいという場合は、プロミスのほうが向いています。

クレジットカードのキャッシングの審査が当日中に終わるケースは少ないからです。

これに対して、プロミスの審査は最短30分で完了し、即日融資にも対応してくれます。

口コミを確認しても多くの人が即日融資に成功しているため、申し込みしたその日に借入できる可能性が高いです。

プロミスの即日融資に関しては、「プロミスの即日融資って何時まで?確実に借りる方法を解説【土日OK】 」でも解説しています。

 まとまったお金を借りたい

まとまったお金を借りたい場合はプロミスを選ぶほうがおすすめです。

クレジットカードのキャッシングの限度額はショッピング枠と共通であるため、以下のようにキャッシングを利用すると、ショッピング枠の限度額も減ってしまうからです。

カードの限度額が下がってしまうと、使いたいときに「限度額足りない・・・」なんて事態も招くことがあります。

カードの限度額が下がってしまうと、使いたいときに「限度額足りない・・・」なんて事態も招くことがあります。

このため、まとまったお金を借りるなら、クレジットカードのキャッシングを利用するのではなく、プロミスのような別のサービスで借りたほうがおすすめなのです。

プロミスなら、限度額は30万円~50万円になるケースも多いため、まとまったお金を借りやすいです。

 定期的に使う予定

定期的に使う予定がある人はプロミスのほうが向いています。

理由は先と同じように、クレジットカードのキャッシング枠を使うとショッピング枠の限度額も減ってしまうからです。

 返済は一括を予定している

一括返済ができるなら、プロミスのほうが絶対お得です。

プロミスには無利息サービスがあり、借入日の翌日から30日間は無利息になるからです。

このため、一括返済できるなら利息無料で借入できる可能性が高くなっています。

一方、クレジットカードのキャッシング枠には無利息サービスなどないため、一括返済するとしても以下のように利息が発生してしまいます。

借入額 利息
10万円 1,479円
30万円 4,438円
50万円 7,397円

※金利18.0%で30日借入した場合で計算

クレジットカードのキャッシングより金利が低いのはプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

プロミスの無利息サービスについては、「プロミスの無利息サービスが他社よりも優れている3つの理由 」でもお伝えしています。

プロミスで他人バレせずに借入するためのポイントと流れ

プロミスで他人バレせずに借入するためのポイントと流れ

プロミスは他人バレに強いカードローンですが、それでも気をつけておくべきポイントがあります。

そこでこの章では、プロミスで他人バレせずに借入するためのポイントと流れをお伝えしていきます。

この6つのポイントで他人バレは回避できる

プロミスで他人バレを防ぐには以下の6つが重要になってきます。

  1. カードレス&郵送物なしを選択する
  2. ローンカードが必要なら自動契約機か店頭で契約する
  3. 審査結果の通知方法はメールにする
  4. 振込名義人はパルセンターを選ぶ
  5. 簡易明細の管理をきちんとする
  6. 延滞しない

上記の点を把握しておかないと、郵送物が発生するなどの他人バレの原因になってしまうことがあるため、しっかりと確認しておきましょう。

カードレス&郵送物なしを選択する

プロミスに申し込みするときは、WEB申込を選択し、「カードレス&郵送物なし」にしておきましょう。

そうすれば、カードの発行が無くなり、郵送物も発生しませんので、「ローンカードを見られてバレた!」「郵送物を開封されて発覚した」といったことを避けられます。

ローンカードが必要なら自動契約機か店頭で契約する

人によっては「カードが必要!」という場合もあるかと思います。

そうした場合は「自動契約機」か「お客様サービスブラザ(店頭窓口)」で契約しましょう。

この方法であれば、その場でカードが発行してもらえますので郵送を防げます。

スマートフォンをローンカード代わりにできる方法もある

プロミスの公式スマホアプリ「アプリローン」をスマートフォンにダウンロードすれば、「セブン銀行のスマホATM」の利用ができます。

セブン銀行のスマホATMとは、アプリのみで金融機関との取引ができるサービスです。

このため、プロミスのアプリローンをスマートフォンにダウンロードしておけば、そのスマートフォンはローンカード代わりにできます。

利用できるのはセブン銀行ATMのみではあるものの、カードレスで利用できるため、アプリローンをローンカードの代わりにしても良いでしょう。

 審査結果の通知方法はメールにする

プロミスの審査結果の通知方法は「メールか電話」から選択できますが、メールを選んでおくのがおすすめです。

そうしておけば、審査結果はメールで通知されるため、電話を防ぐことができ、他人バレしにくくなります。

振込名義人はパルセンターを選ぶ

銀行振込で借入する際の振込名義人は「パルセンター」を選ぶようにしてください。

振込名義人は「プロミスまたはパルセンター」から選べますが、プロミスですと振込記録を誰かに見られたとき、お金を借りたことが高確率でバレてしまいます。

一方、パルセンターであれば、その確率をグッと減らすことが可能です。

簡易明細の管理をきちんとする

プロミスATMや提携ATMを利用すると、「簡易明細」の発行がその場でされます。

簡易明細には社名や借入残高、次回の返済額などが記載されているため、管理をしっかりしておかないといけません。

簡易明細を見られてしまうとプロミスの利用が高い確率でバレてしまうため、保管するときや処分するときは、誰かに見られないように気をつけてください。

延滞しない

プロミスの返済を延滞すると「催促状」が自宅に郵送されることがあるので要注意です。

郵送物が発生すると、他人バレの原因になるため、延滞はしないようにしてください。

プロミスに申込して借入するまでの流れ

プロミスに申し込みするときは、「Web申込」を選択するようにしてください。

Web申込なら、カードレス・郵送物なしにすることができ、申込から借入までネット上で完結できるため、他人バレに強いからです。

Web申込の申込から借入までの流れは以下のとおりです。

  1. プロミスの公式サイトから申込
  2. 審査
  3. 必要書類の提出
  4. カード発行の選択
  5. 契約
  6. 銀行振込で借入

借入までの基本的な流れは上記のとおりになり、借入までは最短60分で完了します。

 まとめ

クレジットカードのキャッシングに申込や利用をしても、他人にバレてしまう可能性は非常に低いです。

他人バレしてしまう可能性があるのは、利用明細を見られたときくらいです。

その利用明細に関してもネット上で管理するという形の会社が増えており、そもそも郵送がないケースが多くなっています。

このため、クレジットカードのキャッシングは他人バレを気にすることなく利用可能です。

ただし、クレジットカードのキャッシングはカードの一機能にしかすぎないため、状況によっては利用が適さないケースもあります。

特に、金利を少なく抑えたい場合はクレジットカードのキャッシングよりもカードローンのほうが断然お得です。

そうした場合は、キャッシングの専門会社である「プロミス」を利用するのがおすすめです。

プロミスは他人バレを気にする必要がないのはもちろんのこと、無利息サービスなどの優れたサービスもあるため、お金を借りる上での利便性が非常に優れています。

そのため、状況次第ではプロミスの利用も検討してみてください。

クレジットカードのキャッシングより金利が低いのはプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン