クレジットカードキャッシングの引き落とし返済の裏にある落とし穴

キャッシング 引き落とし

クレジットカードのキャッシングは、現金が必要な時に、ATMなどで簡単にお金を引き出すことが出来る便利な機能ですよね。

借りる事は簡単で、返済となるとちょっとドキドキしてしまうものですが、返済の方法もとても簡単です!

ただ一般的な返済方法「口座引き落とし」については、少し気を付けて欲しい点があります。

今回は、「引き落とし」返済の良し悪しをお伝えすると共に、「引き落とし」だけに頼らずお得に返済する方法もお伝えしていきます。

キャッシングを利用する上で、知っておくと大変ためになる内容となっています。

目次
0.キャッシングの返済方法について
1.「引き落とし」返済の利点
2.「引き落とし」返済の落とし穴
注意1.利息は1日毎!借入日と締め日で変わる利息
注意2.残高不足で返済遅延
注意3.当日の口座への入金は危険
3.繰り上げ返済のすすめ
4.まとめ

0.キャッシングの返済方法について

クレジットカードのキャッシング枠を利用してキャッシング(=お金を借りる)した場合の返済方法は以下の2つになります。

キャッシングの返済方法

どちらも、基本的にはクレジットカード会社が指定した日に、ショッピング利用分と合算して口座から引き落されます

口座引き落とし以外には、ATMを利用して返済することも可能ですが、クレジットカード会社によってはATMで返済が出来ないカードもありますので気を付けてください。

1.「引き落とし」返済の利点

キャッシングの返済方法が基本的に「引き落とし」である利点は、2つあります。

「引き落とし」返済の利点

支払いのために銀行やATMへ出向くことは、ほんの少しのことでも実は手間がかかってしまうものですが、支払いをしなくちゃいけない!と気にかけるストレスもありません

また、返済日を忘れていた!支払金額をミスしてしまった!などの事故を未然に防ぐ“うっかり防止対策”も兼ねています。

2.「引き落とし」返済の落とし穴

キャッシングの「引き落とし」返済はとても楽で便利ですが、引き落としに関して気を付けて欲しい点が3つありますのでご紹介します。

「引き落とし」返済の落とし穴

注意1.利息は1日毎!借入日と締め日で変わる利息

忘れがちになる点ですが、キャッシングは1日毎で利息が発生します!

そしてカード会社には締め日というのがあります。

つまりキャッシングした日と、カード会社の締め日によって利息が大きく変わるのです!

借入日と締め日で変わる利息

5万円キャッシングした場合、締め日に借入すれば引き落とし日までの25日で615円の利息だけで済みますが、締め日の翌日に借入すると、翌月の締め日までの丸1ヶ月プラス引き落とし日までの日数分55日の利息1,353円がかかります。
(金利18%での利息計算⇒ 借入金×18.0%×30日÷365日=利息)

借入日と締め日の関係

もちろん借入金額が大きくなればなる程利息も大きくなります。
借入日と締め日の関係、無視出来ないですよね。

利用する時は、この利用日と引き落とし日の関係を上手に利用して利息を軽減してくださいね。

注意2.残高不足で返済延滞には気を付けて!

一番気を付けて欲しいのは、口座の残高不足で返済が出来なかった時です。

ショッピングとキャッシングの合算での引き落としのため、自分の予想以上に請求が多く、残高不足になってしまうケースは意外と多いのです。

支払日に引き落としが出来ないと、もちろん延滞(滞納)ということになり、何度も繰り返すとカード自体が利用出来なくなる羽目になってしまうケースもあります。

延滞に対する許容範囲はクレジットカード会社により異なり、厳しい会社もあれば甘い会社もありますので一概には言えませんが、残高不足で延滞することのないよう残高は確認しておくようにしましょう。

注意3.当日の口座への入金は危険!

引き落とし口座にその都度請求額を入金している方の場合、当日の入金はちょっと危ないため出来るだけ避けてください。

「10日に引き落としだから10日に入金すれば良い」と思われるかもしれませんが、金融機関によって入金や引き落としなどの処理をする回数や時間が違います

安全を考えて、引き落としの前日の銀行営業時間内に入金しておくのが良いでしょう。

カードの引き落しには、メインの給与振込み口座にすることで、お金を移動させる手間が減ります

転職して口座が変わった際など、特に気を付けて下さいね。

3.繰り上げ返済のすすめ

一時的にお金が必要でキャッシングしたがすぐに返せるタイミングがあった時、臨時収入などでお金に余裕がある時など、繰り上げ返済をすることで利息を安く抑える事が出来ます

特にリボ払いを選択している人は、繰り上げ返済がおすすめです。

クレジットカードでショッピングをした場合の一括払いだと利息はつきませんが、キャッシングの場合は一括返済でも利息は1日毎で発生するため、引き落とし日まで返済を待ってしまうと利息が多くかかるためです。

繰り上げ返済の方法

カード会社により繰り上げ返済の方法が違いますので確認をして下さいね。

ただ、ATM返済や振込み、ネット返済で手数料がかかってしまう場合がありますので、その際は利息とどちらが得かを見極める必要があります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャッシングをした時には、利息が1日毎にかかっていること、借りる日もポイントであること、引き落とし日には注意する事など知っていて損はありませんね!

クレジットカードでキャッシングは、まるで自分のお財布からお金を引き出している感覚になり、くせになってしまいがちです。ご利用は計画的に♪

クレカ大バナー

キャッシング 引き落とし