HOME  クレジットカード部  お役立ち・基本知識クレジットカードの遅延は信用情報ブラックの原因!そうなる前の解決方法

お役立ち・基本知識
クレジットカードの遅延は信用情報ブラックの原因!そうなる前の解決方法

クレジットカードの遅延は信用情報ブラックの原因!そうなる前の解決方法

この記事は、クレジットカードの遅延による信用情報への影響が気になる人に向けて書きました。

巷では、クレジットカードの支払を遅延すると信用情報に傷が付くという情報が出回っているため、

「ブラックリストに載ってしまうのでは?」
「ブラックリストに載るとどうなるのか?」
「カードを二度と利用できなくなってしまうかも・・・」 

と様々な不安や心配があるでしょう。

そこでこの記事では、クレジットカードの遅延による信用情報への影響を解説します。

また、クレジットカードの遅延は信用情報以外にも影響があるため、その点についても解説していきます。

その上で、支払遅延を防ぐためのおすすめの解決策も紹介中ですので、「お金がなくて支払を遅延しそう・・・」というときの参考にしてください。

クレジットカードの遅延で信用情報がブラック化する可能性あり!

クレジットカードの遅延で信用情報がブラック化する可能性あり!

クレジットカードの遅延は信用情報がブラック化する原因になります。

遅延をしたからといって、すぐに信用情報がブラック化するわけではありません。

しかし、以下の2つによって信用情報は確実にブラック化してしまいます。 

  • 61日以上3ヶ月以上の遅延
  • 強制解約

それでは、それぞれの詳細について確認していきましょう。

61日以上か3ヶ月以上の遅延

61日以上か3ヶ月以上の遅延をすると、信用情報に「異動」という記録が残り、これはいわゆる「ブラック化」した状態になります。

61日以上か3ヶ月以上の遅延で異動が記録された場合、以下のように最長5年間は信用情報に記録が残ってしまいます。

原因CICJICC KSC
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3ヵ月以上の連続延滞 5年 5年5年
強制解約記載なし 5年 5年
任意整理、特定調停、個人再生 5年5年5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

強制解約

返済の遅延が長引くと、クレジット会社から「強制解約」をされる可能性があります。

強制解約とは、その名のとおり、契約を強制的に解除されることです。

この強制解約も信用情報ではブラック扱いになり、最長5年間記録が残ってしまいます。

信用情報がブラック化するとこんなデメリットがある

信用情報がブラック化するとこんなデメリットがある

信用情報がブラック化すると以下のようなデメリットが発生します。

  1. 信用取引の審査に通らなくなる
  2. 契約中のクレジットカードやカードローンの限度額が減らされる
  3. 契約中のクレジットカードやカードローンの契約を更新してもらえない
  4. 保証会社付きの賃貸の契約を結べない
  5. スーパーホワイトになってしまう

どのデメリットも、非常に不便な状態になってしまうことが多いため、しっかりと詳細を確認しておいてください。

信用取引の審査に通らなくなる

信用情報がブラック化すると、信用取引の審査にはほぼ通りません。

信用取引とは、クレジットカードや無担保ローンなど、個人の信用をもとに融資する取引になります。

信用情報がブラック化している場合、「この人はお金に関してまったく信用できない」と判断される可能性が高いため、信用取引の審査に通るのか難しくなってしまいます。

契約中のクレジットカードやカードローンの限度額が減らされる

信用情報のブラック化によって、契約中のクレジットカードやカードローンの限度額が減らされるケースもあります。

クレジットカードやカードローンの限度額は、申込者の信用力をもとに決定されるからです。

信用力が高い人ほど限度額は大きくなる傾向にあり、その逆の人は限度額が低くなりやすいです。

信用情報がブラックしていると信用力をかなり低く見られるため、「以前よりも信用力が減ったので、今の限度額は相応しくない」と判断されることがあります。

 

クレジット会社やカードローン会社は定期的に契約者の信用情報を確認していますので、その時に限度額が減らされてしまうことがあるのです。

契約中のクレジットカードやカードローンの契約を更新してもらえない

信用情報がブラック化すると、クレジットカードやカードローンの契約を更新してもらえないことがあります。

クレジットカードやカードローンの契約は自動更新が基本ですが、契約の更新時期には信用情報の確認があるのが一般的です。

信用情報がブラック化していると、「この人は相当お金に困った状態なのかも?融資をするのは危険だな」と判断され、契約を更新してもらえないことがあるのです。

保証会社付きの賃貸の契約を結べない

信用情報がブラック化すると、保証会社付きの賃貸の契約を結べなくなることもあります。

保証会社付きの賃貸の場合、審査で保証会社が信用情報を確認するからです。

そのため、信用情報がブラック化していると審査に通らない可能性が高いです。

スーパーホワイトになってしまう

信用情報のブラック化によって、信用情報が「スーパーホワイト」になることもあります。

スーパーホワイトとは、信用情報に何も記録が残っていない状態のことです。

先述したように、信用情報がブラック化すると、クレジットカードやローンの審査に通らなくなったり、契約を更新してもらえなくなったりします。

このため、長期間、クレジットカードやローンを利用できない状態になることがあり、そうなると信用情報に何も記録が残らなくなってしまうことがあるのです。

スーパーホワイトのデメリット

スーパーホワイトのデメリットは、クレジットカードやローンの審査で不利になってしまうことがある点です。

その理由は以下の2つです。

・審査の判断材料がない
・過去に信用情報がブラック化していたと警戒される

クレジットカードやローンの審査では、信用情報の記録が非常に重視されるため、これがないと、審査の判断材料不足という理由で審査落ちになることもあります。

先にお伝えしたように、信用情報がブラック化すると、長期間クレジットカードやローンが利用できなくなることがあります。

このため、スーパーホワイトですと「過去にブラックしていたから何も記録がないのでは?」と警戒され、審査に通らないこともあるのです。

スーパーホワイトについては、「スーパーホワイトだとクレジットカードを作れないという嘘と真実 」でも詳しく解説中です。

クレジットカードの遅延は「社内ブラック」になってしまう原因にもなる

クレジットカードの遅延は「社内ブラック」になってしまう原因にもなる

クレジットカードの遅延は「社内ブラック」の原因にもなるので注意が必要です。

社内ブラックとは、クレジット会社内のブラックリストのようなものです。

簡単に言えば、返済トラブルを起こした要注意人物の情報ですね。

社内ブラックは俗称ですし、実際にそうしたものがあるかは分りません。

しかし、クレジット会社は顧客情報を管理しているのは確実ですし、要注意な顧客に関しての情報も別途管理していると言われています。

支払日の遅延をすると社内ブラックに載ってしまう危険性があり、そうなると以下のようなデメリットが発生する可能性があります。

  • 契約を解除される
  • 契約を更新してもらえない
  • 限度額が減らされる
  • 同系列の会社のクレジットカードやローンの審査に通らなくなる

このように、クレジットカードの遅延は信用情報だけでなく、社内ブラックというリスクもあると覚えておきましょう。

クレジットカードの遅延は利用停止や遅延損害金も発生する

クレジットカードの遅延は利用停止や遅延損害金も発生する

クレジットカードで遅延をすると、「利用停止」や「遅延損害金」というデメリットも発生します。

まず、引落先の銀行から「引落しが出来なかった」という情報がクレジット会社に届いた時点で、すぐにカードが利用停止になるのが基本です。

この利用停止は、支払の遅延を解消するまでは解除されません。

次に遅延日の翌日から以下の「遅延損害金」が発生します。

利用枠の種類 遅延損害金の利率
ショッピング枠 最大14.6%
キャッシング枠 最大20.0%

たとえば、遅延損害金の利率が14.6%のとき、6万円を30日間遅延した場合ですと、以下のように計算します。

6万円×14.6%÷365×30日=599円

上記の場合ですと、599円の遅延損害金を支払わないといけません。

遅延損害金が発生すると、クレジットカード会社に支払うお金が増え、支払をするのが余計にキツクなるので要注意です。

クレジットカードで遅延をしないために「プロミス」を検討!

クレジットカードで遅延をしないために「プロミス」を検討!

ここまでお伝えしてきたように、クレジットカードで遅延をすると最悪、信用情報がブラック化してしまいます。

その他にも、社内ブラックや利用停止、遅延損害金などのデメリットもあります。

よって、遅延は絶対防ぐべきです。

そこでおすすめなのが「プロミス」になります。

プロミスは以下の理由により、クレジットカードで遅延をしないために最適なサービスとなっています。

  1. 利用条件を満たすのが簡単
  2. 申し込みから借入までが手軽
  3. 最短60分で融資が可能
  4. 30日間の無利息サービスがある
  5. 24時間振込に対応
  6. 必要なものが少ない

カードローンランキング1位は3秒診断で結果が早いプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

それぞれの詳細については次章より解説していきます。

利用条件を満たすのが簡単

プロミスの利用条件は、「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」となっており、非常に敷居が低いです。

年齢が20~69歳であり、毎月収入がある人であれば、申込条件はクリアできます。

もちろん、アルバイトやパートの収入しかない人でもまったく問題ありません。

申し込みから借入までが手軽

プロミスの申し込みから借入までは非常に簡単です。

難しい手続などは一切必要なく、インターネットやスマートフォンのアプリで完結できますので、来店の必要もありません。

最短60分で融資が可能

プロミスは最短60分で融資が受けられます。

申し込みしたその日の借入も可能なため、「今日中に借りて振込しないと間に合わない!」というようなケースでも対応可能な場合が多いです。

30日間の無利息サービスがある

プロミスには「30日間の無利息サービス」があります。

プロミスをはじめて利用する人なら、借入した日の翌日から30日間は無利息になるため、利息をお得にすることが可能です。

無利息サービスの期間中に完済できるのであれば、利息0円で借入できるため、「一括返済を予定している」といような人には特に有効です。

無利息サービスについては、「プロミスの無利息サービスが他社よりも優れている3つの理由 」でも解説中です。

24時間振込に対応

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、24時間振込に対応しています。

日本全国の約200の金融機関で、24時間365日最短10秒で振込が可能ですので、土日や夜間でもすぐに入金してくれます。

このため、「すぐ口座へ入金しておかないと、クレジットカードの支払を遅延してしまう!」というような時でも、間に合う可能性が高いです。

瞬フリについては、「プロミスの瞬フリを他社の振込サービスと比較【最短10秒】 」でもお伝えしています。

必要なものが少ない

プロミスの借入に必要なものは「本人確認書類」と「収入証明」の2点のみです。

この内、収入証明は必要ないケースもあるため、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のみでOKな場合も多いです。

プロミスの必要書類と借入までの流れ

プロミスの必要書類と借入までの流れ

ここからは、プロミスの必要書類と借入までの流れを解説していきます。

必要書類と借入までの流れを確認しておけば、申込前の準備ができ、スムーズに借入まで完結できるようになるため、目を通しておいてください。

必要書類

プロミスの必要書類は先にもお伝えしたように、「本人確認書類」と「収入証明」の2点です。

有効な書類は申込方法によって微妙に変ってきますが、おもに次のようなものです。

  提出条件 有効な書類
本人確認書類必須運転免許証
パスポート
収入証明・希望限度額が50万円超になる場合源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)

・プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

借入までの流れ

申し込みしてから借入までの流れは、WEB申し込みの場合ですと以下のとおりです。

  • 1.申込手続
  • 2.審査~審査結果の通知
  • 3.契約方法の選択
  • 4.借入

公式サイトから申込手続をしたあとは、審査が開始され、審査は最短30分で終了します。

審査結果は、申込時に指定した方法(メールか電話)で通知されます。

審査通過後は契約方法を以下の2つから選び、それぞれの契約方法の違いは以下のとおりです。

契約方法 特徴
WEB契約 カードの郵送の有無を選択可能

すぐ融資を受けたいなら銀行振込を選択する
来店契約 カードをその場で発行してもらえる
すぐ融資を受けたいならATMか店頭窓口からする

「カードが当日中にほしい!」という人以外は、WEB契約を選んでおけばOKです。

借入方法は、WEB契約の場合は銀行振込、来店契約のときはカードを使ってATMから借入するのが基本になります。

まとめ

クレジットカードの支払を遅延すると、信用情報がブラック化することもあります。

信用情報がブラック化すると、クレジットカードやローンの審査に通らないなどの様々なデメリットが発生します。

また、クレジットカードの遅延は信用情報だけでなく、利用停止や遅延損害金、社内ブラックなどのデメリットもあるため、絶対避けなくてはいけません。

プロミスなら簡単な手続で最短即日融資が可能なため、「支払日がすぐ迫っているのに、お金がなくて遅延しそう・・・」というピンチをすぐに解決することができる可能性が高いです。

このため、支払を遅延しそうなら「プロミス」での借入を検討してみてください。