HOME  お役立ち記事クレジットカードの延滞でハガキが来た!残高不足で催促がきたときの解決法

お役立ち記事
クレジットカードの延滞でハガキが来た!残高不足で催促がきたときの解決法

クレジットカードの延滞でハガキが来た!残高不足で催促がきたときの解決法

この記事は、クレジットカードで延滞をして支払催促のハガキが来てしまった人に向けて書きました。

カード会社から支払催促のハガキが来ると、

「何かマズイ自体になるのでは?」
「もう二度とカードが使えなくなるかも?」
「延滞を解消しなきゃいけないのは分るけど、お金がない・・・」 

などなど、様々な不安や心配があるでしょう。

そこでこの記事では、クレジットカードで延滞をして支払催促のハガキが来た際のデメリットや、延滞を解消するための対処法をお伝えしていきます

この記事を読んで、延滞のリスクを知り、一刻も早く延滞を解消してください。

クレジットカードの延滞で催促のハガキが来たらピンチ!

クレジットカードの延滞で催促のハガキが来たらピンチ!

クレジットカードの延滞で催促のハガキが来たら、すぐに延滞を解消すべきです。

催促のハガキが来ると以下のような、様々なデメリットが発生するからです。

  1. カードが利用停止になる
  2. 延滞金が発生する
  3. 信用情報に傷が残る
  4. 契約を解除される恐れがある
  5. カード会社のブラックリストに載る可能性がある

それぞれのデメリットについては、次章からお伝えしていきます。

①カードが利用停止になる

催促のハガキが来る段階になると、カードは高確率で利用停止になっています。

カード会社は支払日に引落しができなかったという情報を銀行から受取ると、すぐに利用停止にすることがほとんどだからです。

カードが利用停止になるとすべての機能が使用不可になってしまうため、非常に不便です。

そして、利用停止は延滞を解消しない限りは解除されることはありません。

②延滞金が発生する

カード会社によっては延滞をした日の翌日から、延滞金が発生します。

たとえば、JCBカードであれば、請求額に対して「年14.6%」の延滞金を支払う必要があり、計算式は以下のようになります。

延滞金=請求額×14.6%÷365×延滞日数

請求額10万円を20日延滞した場合ですと、以下のように計算します。

10万円×14.6%÷365×20日=799円

この場合ですと、799円の延滞金が発生し、本来の請求額よりも799円増えてしまうということですね。

このように、延滞をすると延滞金を請求されることが多いということを知っておく必要があります。

③信用情報に傷が残る

延滞をすると、信用情報に「支払日に入金がなかった」というような情報が記録されます。

こうした記録が残ることを一般的に「信用情報に傷がつく」と呼びます。

信用情報に傷がついた場合、クレジットカードやローンの審査で悪影響があるので注意です。

1回程度であればそこまで影響はないケースも多いですが、何度もある場合は審査落ちの原因になりやすいです。

また、2~3ヶ月連続で延滞すると「長期延滞」となり、いわゆる「ブラックリスト扱い」になります。

こうなってしまうと、クレジットカードやローンの審査にはほぼ通りません。

⓸契約を解除される恐れがある

延滞が原因でカード会社から契約を解除されてしまうこともあります。

カード会社から契約を解除されることを「強制解約」と呼びます。

強制解約をされた場合、カードをもう二度と利用できなくなるのはもちろんのこと、利用残高を一括請求されるのが基本です。

また、強制解約された場合、信用情報にその記録が最長5年間残ってしまいます。

強制解約は信用情報で事故情報を扱いですので、クレジットカードやローンの審査にはほぼ通らなくなります。

⑤カード会社のブラックリストに載る可能性がある

クレジットカードの延滞が記録されるのは信用情報だけではありません。

カード会社でも独自に顧客の利用情報を記録していると言われているため、延滞が原因でカード会社のブラックリストに載ってしまうこともあります。

ブラックリストに載ってしまった場合、そのカード会社のクレジットカードやローンなどの審査に通るのが難しくなります。

たとえば、JCBでブラックリスト扱いになったら、JCB系列のクレジットカードやローンなどの審査に通る可能性が低くなるということですね。

クレジットカードの延滞解消には「プロミス」がおすすめ!

クレジットカードの延滞解消には「プロミス」がおすすめ!

とはいえ、「お金がなくては支払いができない・・・」という人も多いでしょう。

そうした場合、「プロミス」での借入を検討するのがおすすめです。

その理由は以下のメリットがあるからです。

  1. 審査時間が最短30分&最短即日融資が可能
  2. 30日間の無利息サービスがある
  3. 申込手続がとても簡単
  4. 必要なものは最小限で良い
  5. 最低限のポイントさえ満たせば審査に通過できる

審査時間が最短30分&最短即日融資が可能

プロミスの審査は最短30分で完了します。

審査通過後はすぐに契約ができ、契約後すぐに利用開始となるため、最短即日に融資が受けられます。

このため、スピーディーに延滞を解消することが可能です。

30日間の無利息サービスがある

プロミスには「30日間の無利息サービス」があります。

プロミスとはじめて契約する人であれば、借入日の翌日から30日間は無利息となるため、30日分の利息をお得にすることが可能です。

そのため、「30日以内に完済できる」というような人なら、利息無料での借入も可能です。

無利息サービスについては、「プロミスの無利息サービスが他社よりも優れている3つの理由 」でも解説中です。

申込手続がとても簡単

プロミスの申し込みから借入まではとても簡単に完結します。

インターネットから必要事項を入力した後は、基本的に審査結果を待つだけであり、借入も振込で可能です。

申し込みから借入までネット上で完結しますので、自宅から一歩もでる必要がありません。

必要なものは最小限で良い

プロミスの申し込みに必要なものは、「本人確認書類」と「収入証明」の2つだけです。

この内、収入証明は必要ないケースも多いため、免許証やパスポートなどの本人確認書類だけで借入することも可能です。

最低限のポイントさえ満たせば審査に通過できる

プロミスは融資であるため、当然審査があります。

ただし、プロミスの審査は最低限のポイントさえ満たせば通過できるため、そこまでハードルが高いわけではありません。

会社審査通過率
中小消費者金融約10.0%
プロミス44.9%(2020年2月)
アコム42.2%(2020年2月)
アイフル45.7%(2020年1月)
レイクALSA29.4% (2019年10月~12月平均)
SMBCモビット非公開

大手消費者金融の中でも通過率がトップクラスのプロミスは、最も審査に借りやすいといっても過言ではありません。

3秒診断で結果が早いのはプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

以下のポイントに問題がなれば、審査に通過できる可能性が高いです。

  1. 年齢が20歳以上69歳以下
  2. 職に就いており毎月収入がある
  3. 貸金業者からの借入が年収の1/3を超えていない
  4. 信用情報に大きな問題がない

詳細については後述していますので、このままお読みください。

年齢が20歳以上69歳以下

プロミスでお金が借入できるのは、年齢が20歳以上69歳以下の人のみです。

このため、この年齢条件を満たしていないと審査に通らないので気をつけてください。

職に就いており毎月収入がある

プロミスのようなカードローンの審査で最も重視されるのが、収入の安定性です。

収入の安定していない人に融資してしまうと、延滞されたり、貸倒れになってしまったりする可能性が高くなるためです。

このため、審査に通過するには職に就いており毎月収入がないといけません。

ただし、収入の多さよりも継続性が重視されるため、アルバイトやパートなどの低収入の職業でも問題ないので安心してください。

貸金業者からの借入が年収の1/3を超えていない

プロミスは消費者金融ですので「総量規制」の対象です。

総量規制とは、貸金業者は借り手の年収の1/3までしかお金を貸しはいけないという法律になります。

年収の1/3というのはプロミスだけでなく、すべての貸金業者の借入を合計してです。

貸金業者とは、おもに消費者金融・クレジット会社・信販会社の3つのことですので、プロミスの審査に通過するには、これらの借入が年収の1/3を超えていないことが条件です。

総量規制については、「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制 」でもお伝えしていきます。

信用情報に大きな問題がない

プロミスの審査では信用情報の調査をされます。

そのため、審査に通過するには信用情報に大きな傷がないことが必須です。

大きな傷とは長期延滞や債務整理などの事故情報や、複数回の延滞記録を指します。

こうした大きな傷とがある人は、プロミスに「この人はお金に関して信用できない」と判段され、審査落ちになるケースが多いです。

1回くらいの延滞記録であればまだ平気!

クレジットカードの延滞によって催促のハガキが来ている人は、信用情報に延滞情報が記録されている可能性があります。

ただし、1回程度の延滞記録であれば、まだ大丈夫です。

1回程度の延滞記録の場合、うっかり忘れなどの可能性も考慮してくれ、悪質な延滞でないと判段してくれるケースが多いからです。

プロミスを利用してクレジットカードの延滞を解消するまでの流れ

プロミスを利用してクレジットカードの延滞を解消するまでの流れ

ここからは、プロミスでクレジットカードの延滞を解消するまでの流れをお伝えしてきます。

プロミスに申し込みして、クレジットカードの延滞を解消する前の最終確認として、ぜひ目を通しておいてください。

カード会社に電話する

まずは、支払催促のハガキが来た時点ですぐにカード会社に電話してください。

電話するときは支払意思があることを伝えるのが大事です。

そうしておけばカード会社も安心しますので、カード会社に対する心象が良くなります。

プロミスの申込前に必要書類を用意しておく

プロミスの審査には必要な書類があります。

このため、申し込みする前にどんな書類が必要なのかを確認しておき、準備しておきましょう。

そうしておけば、すぐに提出できますので、借入までの手続をスムーズにできます。

先述したとおり、プロミスの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明」であり、以下の表の中から1点ずつとなります。

  提出条件 有効な書類
本人確認書類必須運転免許証
パスポート
収入証明・希望限度額が50万円超になる場合源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)

・プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

本人確認書類は必須ですので、必ず用意しておきましょう。

プロミスに申し込みしてから延滞解消するまでの流れ

プロミスに申し込みしてから延滞解消するまでの流れは、以下になります。

  1. プロミスに申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入
  5. 催促のハガキに記載されている請求額を確認
  6. カード会社が指定している方法で支払

プロミスに申し込みしたあとは、基本的に審査結果を待つだけでOKです。

審査は最短30分で完了します。

審査通過後は契約となり、契約後はすぐに借入が可能ですので、申し込みしたその日に借入することもできます。

プロミスは多くの金融機関で24時間振込が可能ですので、銀行振込で借入するのがおすすめです。

カード会社に支払をする前には、催促のハガキに記載されている請求額を必ず確認しておきましょう。
ハガキには支払方法も記載されているかと思いますので、その支払方法で延滞を解消してください。

 まとめ

クレジットカードの延滞をして、支払催促のハガキが来た場合、様々なデメリットが発生してしまいます。

信用情報に大きな傷が残ってしまい、今後しばらくの間はクレジットカードやローンが利用できない事態になることもあります。

そのため、カード会社から支払催促のハガキが来たらすぐに延滞を解消すべきです。

そこでおすすめなのが「プロミス」です。

プロミスなら簡単な手続で最短即日融資も可能ですので、スピーディーに延滞を解消することができます。

カードローンランキング1位はプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン