どのカードを使うべき?dカードシリーズ全5種類を比較してみた!

dカード 種類

ケータイ会社のNTTドコモが発行するdカードですが、dポイントの貯めやすさから現在人気の高いカードとして有名ですよね。

ケータイ会社のNTTドコモが発行するdカードシリーズは下記5種類があります。

  • dカード
  • dカード GOLD
  • dポイントカード
  • dカードmini
  • dカードプリペイド

それぞれショッピングの際にdポイントを貯めることが出来ますが、どのような違いがあるのか分からないと、どのカードを選んだらいいのか分からないですよね。

そこで、今回はdカードシリーズの上記全5種類を比較し、どのカードを使うべきなのかというのを解説していきたいと思います。

目次
1.dカード2種、dポイントカード、dカードmini、dカードプリペイドの比較
dカード/dカード GOLD
dポイントカード
dカードmini
dカードプリペイド
2.おすすめのdカード/dカード GOLDを5項目に分けて徹底比較
比較1.年会費
比較2.ポイントの貯まりやすさ
比較3.付帯保険
比較4.付帯サービス
比較5.追加カード
3.どのカードを選ぶべき?
4.dカード/dカード GOLDの申込手順
5.まとめ

1.dカード2種、dポイントカード、dカードmini、dカードプリペイドの比較

まずは、dカードが発行する全5種類のカードを比較して、どのような違いがあるのか確認してみましょう。

dカード2種 dポイントカード dカードmini dカードプリペイド 比較

dカード/dカード GOLD

dカード/dカード GOLDは、VISA、Mastercardで決済可能なクレジットカードで、電子マネーのiDでの決済も利用することが出来ます。

どちらもクレジット決済、iD決済で100円ごとに1ポイント貯まり、dポイント加盟店ではカード提示によってもお店ごとの付与率によってポイントが還元されます。

5種類のカードの中でもポイントが貯まりやすく、クレジットカード特有の付帯保険・サービスも利用することが出来ますので、一番おすすめのカードになります。

dポイントカード

dポイントカードは、クレジットカードではなくポイントカードになりますので、決済機能はなく、dポイント加盟店でのカード提示によってdポイントを貯めることが出来ます。

年会費無料な為手軽に持つことが出来、クレジットカードのようにお金の管理をする必要もありません。

dカードmini

dカードminiは、ケータイのアプリからおサイフケータイを使って、電子マネーのiDで決済することが出来、200円ごとに1ポイントが還元されます。

また、dポイントカードと併用すると、カード提示でのポイント付与も利用することが出来ます。

年会費無料で使うことが出来ますが、月の利用上限額が最大でも3万円までとなっており、一括払いのみ対応となっている為、支払いの自由度には欠けます。
※上限金額は、審査次第で3万円、1万円、5,000円の3段階で設定されます

dカードプリペイド

dカードプリペイドは、事前にチャージした金額でMastercardやiDの加盟店で決済することが出来るプリペイドカードになります。

こちらも年会費無料で手軽に使うことが出来ます。

自分でチャージした金額分だけ決済することが出来、使った金額も即時反映される為、使い過ぎを防ぐことが出来ます。

2.おすすめのdカード/dカード GOLDを5項目に分けて徹底比較

おすすめのdカード/dカード GOLDの2種類のカードを、下記の5項目に分けてさらに詳しく比較してみます。

dカード/dカードゴールド 比較

比較1.年会費

先程も比較した年会費ですが、dカード GOLDも使い方次第では年会費の元を簡単にとれることも可能なのです。

詳しくご説明する為に、もう一度比較してみます。

dカード 年会費

dカードは、初年度年会費無料、2年目以降は通常1,250円かかりますが、年1回以上利用していれば無料になりますので、dカード GOLDよりも持ちやすいカードと言えます。

しかし、dカード GOLDには「ドコモ/ドコモ光の利用料金から10%ポイント還元」という特典がありますので、ドコモユーザーであれば毎月ケータイ料金を支払うだけで充当出来る可能性があります。

例えば、毎月ドコモケータイで9,000円の利用料金を支払っている人であれば、

9,000円×10%=900ポイント

が毎月貯まり、これを年換算すると、

900ポイント×12カ月=10,800ポイント

となり、dカード GOLDの年会費+800円分のポイントを獲得することが出来ます。

比較2.ポイントの貯まりやすさ

dカード/dカード GOLDのポイントの貯まりやすさを比較してみましょう。

dカード/dカード GOLD ポイントの貯まりやすさ2

どちらも基本の還元率は1%となっていますので、ショッピングでの貯めやすさに差はありませんが、ドコモの利用料金の還元率が、dカード GOLDの場合10%と高還元率となっている為、dカードゴールドの方が貯めやすくなります。

dカードは便宜上、ドコモ利用料金の還元率を1%と記載しましたが、元々ドコモユーザーであれば利用料金から毎月1%還元されますので、普通にドコモケータイを使っている状態と同じポイントしか貯まりません。

期間限定の入会キャンペーンでも、dカード GOLDは年会費を超える13,000円のキャッシュバックがありますので、詳しくは「dカード/dカード GOLDの入会キャンペーン制覇手順と2つの注意点」をご覧ください。

比較3.付帯保険

dカード/dカード GOLDの付帯保険を比較してみましょう。

dカード/dカード GOLD 付帯保険

付帯保険は、当然のことながらdカード GOLDの方が優秀です。

お買い物安心保険は、dカード/dカード GOLDを使って購入した商品が盗難・破損などの被害を受けた場合、購入してから90日間補償する保険になります。

年間の補償額も300万円と高額補償ですが、適用対象がdカードでは国内一括払いで購入したものには適用されませんが、dカード GOLDであれば全ての支払いに適用されるのが非常に嬉しい点ですね。

国内・海外旅行保険も、dカードには付帯しませんが、dカード GOLDであれば両方高額補償されますので、旅行に頻繁に行く方はdカードゴールドがおすすめになります。

旅行保険の利用付帯・自動付帯とは?

旅行保険の利用付帯・自動付帯は次の通りです。

  • 利用付帯…旅行ツアー代金、空港チケットなどの交通機関料金などをクレジットカードで支払うことで保険が適用される
  • 自動付帯…クレジットカードを保有することで保険が適用される

dカード GOLDの旅行保険は、国内であれば利用付帯となりますが、海外では自動付帯となっていますので、万が一海外でケガや病気などにより治療が必要になったとしても、カードを持っているだけで高額になりがちな治療費を補償してもらうことが出来ます。

比較4.付帯サービス

dカード/dカード GOLDの付帯サービスを比較してみましょう。

dカード/dカード GOLD 付帯サービス

付帯サービスも当然のことながらdカード GOLDの方が優秀です。

大きなメリットとして、ドコモケータイを購入した際、購入から3年以内であれば、新しい端末の購入費から最大10万円を補償してもらえるケータイ補償が利用出来る点です。

また、dポイントクラブではステージが1st~4th、プラチナの5段階になっており、ステージに応じた特典を利用することが出来ます(詳しくは「ドコモユーザーは年会費をすぐにペイできる?dカード GOLDのすごい特典」でご紹介しています)。

その他、dカード GOLDには全国28か所の空港ラウンジの無料利用専用デスクといった、ゴールドカードならではの豪華なサービスが付帯しているのも魅力的ですね。

ケータイ補償は同一機種・同一カラーの購入時のみ適用

ケータイ補償は、同一機種・同一カラーの新規購入時のみ適用されます(在庫切れの場合はドコモ指定の端末)。

購入してすぐに盗難・破損などで補償してもらう時には非常に便利なのですが、補償期間の3年ギリギリで利用する場合、最新機種の購入では利用出来ない為、やや使いづらい印象です。

ただ、無料で付帯する補償にしては十分充実していますし、必要であれば有料の補償を付けるといった対策を取れば問題ありません。

比較5.追加カード

dカード/dカード GOLDでは、家族カード・ETCカードの2種類のカードを追加カードとして発行することが出来ます

dカード/dカード GOLD 追加カード

家族カードは、1枚しか作らないのであれば無条件で年会費無料になるdカード GOLDがよいかと思いますが、dカードでは2枚目以降も年1回以上の利用で年会費無料になりますので、2枚以上発行するのであればdカードの方が安く所有することが出来ます。

ただし、3枚以上作りたい場合はdカード GOLDでなければ発行することが出来ません。

ETCカードに関しては、2年目以降も無条件で年会費無料になるdカード GOLDの方が持ちやすいですね。

3.どのカードを選ぶべき?

基本的に、ドコモユーザーであれば利用料金10%還元の恩恵が大きいdカード GOLDがおすすめになります。

ただし、10%還元については対象外となるサービスがあり、どなたでもお得になるとは限りませんので、「「ドコモユーザーならお得」は嘘?dカード GOLDのデメリット」のご一読をおすすめします。

また、dカードゴールド程ではないですが、dカードでもポイントは貯めやすくなっており、通常のショッピングに加えてローソンなどのdポイント特約店やポイントUPモールなどの優待店を利用すれば、年会費無料でお得にカードを利用することが出来ます。

その他のカードは、やはりポイントの貯めやすさには欠けますが、dポイントカードdカードプリペイド審査不要年会費も永年無料な為、クレジットカードよりも手軽に使いたい方や、dカードが届くまでの繋ぎで使うといった使い方が良いかと思います。

dカードminiについてですが、審査によっては5,000円までという低い上限金額になってしまうこともあり、単体ではカード提示によるポイント進呈の対象とならない為、正直あまり使うメリットは感じません。

4.dカード/dカード GOLDの申込手順

おすすめのカードであるdカード/dカード GOLDの申込手順をご紹介します。

dカード/dカード GOLDの申込は、最短5分で審査結果が分かるインターネット申込がおすすめになります。

インターネット申込の手順は次の通りです。

dカード/dカード GOLDの申込手順

こちらでは簡単にご紹介しましたが、より詳しい申込方法については「dカード/dカード GOLDの申込方法を徹底解説」で解説してします。

5.まとめ

カードの選び方について、簡単におさらいしておきましょう。

  • ドコモユーザーであれば、基本的にdカード GOLDがおすすめ
  • 年会費を手軽に無料に出来る&ポイントの貯めやすさならdカードがおすすめ
  • ポイント還元は低いものの、年会費永年無料で、カード提示だけで簡単にdポイントを貯めるならdポイントカード
  • ポイント還元は低いもの、年会費永年無料で決済&カード提示によるポイント獲得が出来、お金の使い過ぎを防ぎたいならdカードプリペイド
  • おサイフケータイで簡単決済&dポイントカードと併用してポイントを貯めるならdカードmini

CTA

dカード 種類