20代でも持てるゴールドカードとその詳細

ゴールドカードにステータスはなくなったと言われていますが、それでもここぞという時のために、1枚はゴールドカードを持っておきたいですよね?

特に20代であれば、部下や後輩と食事に行った時に、ちょっとかっこよく見せたいと思ったり、男性であれば、女の子とデートの際に見栄えを良くしたいと思ったり…

私もそんな目的で、もしもの時の為に1枚はゴールドを持っていますw

そうは言っても、「20代でも持てる」「20代専用」と言われると、ゴールドカードであっても、ちょっとしょぼい感じがしてしまい、逆に恥ずかしい思いをするのではないかと心配になってしまい、なかなか手が出せないという人も少なくありません。

ただ実際は、20代で持てるゴールドカードであっても、ステータスがしっかりしているものは、とても多いです。

今回は、そんな20代でも持てるゴールドカードを紹介していきます。

1.20代でも持てるゴールドカードって何?

20代でも持てるゴールドカードには、2つのタイプがあり、それぞれ特徴があります。

  • ヤングゴールドカード
  • 年齢を重視していないゴールドカード

ヤングゴールドカード

ヤングゴールドカードとは、20代向けに作られたゴールドカードです。

20代向けに作られていますが、その見た目やサービス内容は、普通のゴールドカードと比較しても劣るものではありません。

というのも、ヤングゴールドカードは、若い人にゴールドカードの魅力を知ってもらうために作られたカードですので、極力普通のゴールドカードと同じようなサービスを提供しているからです。

もちろん、気になる見た目にも拘っており、よく見ないと普通のゴールドカードとの違いが判らないようになっています。

年齢を重視していないゴールドカード

以前のゴールドカードは、年齢30歳以上・年収500万以上というのが、普通にありました。

ただ、ゴールドカードの利用者が減り、ゴールドカードより上位のクレジットカードが多く出るようになってからは、このような制限はなく、20代でも審査や発行を行うカードが増えてきました

その中には、当然ステータスカードも含まれているので、30代以上の人と同じようなゴールドカードを持つことができます。

2.審査ってどのくらい難しいの?

ステータスが問題という事は先程お話ししましたが、そうなると審査基準が気になると思います。

「ステータスは問題ない=審査が厳しい」このように勘違いしてしまいがちですが、実は審査基準はそこまで高くありません。

年収300万円以上あれば、アメックスゴールドのような超有名ゴールドカードの審査に通る可能性があります。

また、20代専用のヤングゴールドカードであれば、もっと審査基準は下がります。

イメージ的には、正社員なら大体通るようなイメージで問題ありません(年収は200万くらいが目安ですかね)。

3.何かデメリットってある?

普通のゴールドカードはもちろん、20代向けのゴールドカード(ヤングゴールドカード)であっても、特にデメリットというものはありません。(強いて言えば年会費が掛かるくらいでしょうか)

20代向けのゴールドカードについては、年会費が抑えられている分、若干補償内容が通常のゴールドカードとは異なりますが、基本的な部分は全て同じですので、特に違いを感じるという事はないかと思います。

というのも、20代向けのゴールドカードは、20代の若者にゴールドカードの良さを知ってほしいという観点で作られたものですので、通常のゴールドカードと同等のサービス提供を目指しているからです。

ですので、デメリットというより、安い年会費でゴールドカードを持てるというメリットの方が大きいと言えます。

4.20代でも持てるおすすめのゴールドカード

20代でも持てるゴールドカードのおすすめは、次の3つになります。

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード メイン

三井住友VISAプライムゴールドカード 年会費

ボタン

三井住友VISAプライムゴールドカード ポイント

詳細

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代専用のゴールドカードになります。

三井住友VISAゴールドカードには、若干サービスが劣る部分もありますが、基本的には同じようなサービスを受ける事ができます。

見た目に関しても、三井住友VISAゴールドカードとほぼ同じであり、クレジットカードに詳しくない人が見たら、「Prime」という言葉のイメージから、ゴールドカードより上だと思う人もいるかもしれません。

年会費も税抜1,500円とお手頃で、初年度は年会費無料です。さらに、「マイ・ペイすリボ」に登録することで永年無料にすることができます。

もちろん、リボ払いの支払金額を99万円に設定する事で、2カ月で100万円以上使わない限り、1括払いと同等の基準で利用する事ができます。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードは、30代になるとゴールドカードに自動的に移行されるので、ステータスカードに自然とランクアップさせていく事ができます。(更新時に審査はあります)

JCB GOLD EXTAGE

jcbゴールドエクステージ キャプチャ

jcbゴールドエクステージ 年会費

ボタン

jcbゴールドエクステージ ポイント

詳細

JCB GOLD EXTAGE は、20代向けのゴールドカードですが、空港ラウンジや旅行保険、ドクターダイレクト24など基本的なサービスが充実しており、ステータスも十分なものがあります。

また、5年でJCBゴールドカードとなるため、その後のゴールドプレミア→ザクラスという、より高位のステータスカードを狙えます。

年会費に関しても、通常のゴールドカードの年会費が10,000円(税抜)であるのに対し、3,000円(税抜)と非常に持ちやすいカードになっています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカンエキスプレスゴールドカード メイン

アメリカンエキスプレスゴールドカード 年会費

ボタン

アメリカンエキスプレスゴールドカード ポイント

詳細

ゴールドカードと言えば、このアメックスゴールドを思い浮かべる人は少なくありません。

ステータスと認知度も高く、最も人気の高いクレジットカードの一つになります。

また、アメックスゴールドはゴールドカードの王道なので、ゴールドカードの特典として知られている、ほぼ全ての特典を受けることができます。

「エアポートミール」「エアポート送迎サービス」「手荷物無料宅配サービス」「無料ポーターサービス」「空港クロークサービス」「空港ラウンジ」等、旅行系の付帯サービスも充実しています。

そんなアメックスゴールドですが、実は審査基準がそこまで高くなく、20代で年収300万円以上あれば、審査に通る可能性は十分にあると言われています。

しかし、その分年会費が29,000円(税抜)と高いので、審査基準というよりその年会費を払い続ける余裕があるかどうかが重要になります。

5.まとめ

今回ご紹介したゴールドカード以外でも、20代で持てるゴールドカードはいくつかあります。

ただ、20代で持つ意味のあるゴールドカードは、今回ご紹介した3枚が圧倒的かなと思います。

どうせなら、早いうちからゴールドカードを手にして、1ランク上の生活をしてみませんか?

クレカ大バナー