もうカード選びに迷わない!最新版ゴールドカードの徹底比較!

ゴールドカードを持ちたいと思っても、いったい何をもったらいいのか分かりませんよね。

実際、ゴールドカードのランキングやおすすめを見たところで、いまいち納得できず、自分に合っているカードがわからないという人は少なくありません…。

そこで今回は、主要ゴールドカードの中から、タイプ別に比較しおすすめのゴールドカードについて紹介していきます

これで、あなたにあったカードが見つかるはずです。

0.今回比較するゴールドカード一覧

今回比較する、ゴールドカードの一覧になります。

ざっくりした特徴をまとめているので、参考にしてみてください。

ゴールドカード徹底比較表

1.ステータスでおすすめなゴールドカード

ゴールドカードと言えば「ステータス」ということで、まずはステータスカードについてお話ししていきます。

ステータスゴールドカード比較表

圧倒的ステータスを誇るアメックスゴールド

アメリカンエキスプレスゴールドカード メイン

アメリカンエキスプレスゴールドカード 年会費

ボタン

アメリカンエキスプレスゴールドカード ポイント

詳細

ゴールドカードと聞くと、真っ先にアメックスゴールドを思い浮かべる人は少なくありません。

そのくらい、ゴールドカードとしての認知度が高く、このカードに対するステータスの印象はかなり良いです。

ですので、ステータス目的のゴールドカードが欲しいのであれば、迷わずこのカードをおすすめします。

また、このカードは他のステータスカードよりも審査基準が緩く、手に入れるのが容易な事でも有名です。

20代であっても、年収300万円ほどあれば、審査に通る可能性が十分にあります。

その分、年会費が29,000円と高いので、この会員費を毎年払えるというのが、ステータスの補償にもなっています。

知る人ぞ知る高ステータスカード!ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード メイン

ダイナースクラブカード 年会費

ボタン

ダイナースクラブカード ポイント

詳細

ダイナースクラブカードは、アメックスゴールドに並ぶステータスを誇っていますが、認知度が高くありません。

ですので、ゴールドの見た目が嫌という場合や、あまり人に気づかれたくないという人におすすめのカードになります。

ただ、どんなにステータスがあっても、誰にもわからなければ意味がないので、ステータスカードを持っているという実感が欲しい人にはおすすめしません。

また、ダイナースクラブカードは、高マイルカードとしても有名です。

高ステータスカードには珍しく、ANAマイル(ANAで使えるマイル)が還元率1.0%で貯まっていきます。

ですので、ステータスカードとマイル貯めを両方行いたい人には、おすすめの1枚と言えます。

万人受けするステータスカード!三井住友VISAゴールド

三井住友VISAゴールドカード メイン

三井住友VISAゴールドカード 年会費

ボタン

三井住友VISAゴールドカード ポイント

詳細

三井住友VISAゴールドカードは、アメックスゴールドやダイナースクラブカードより、ステータスは低いですが、認知度や好感度が抜群のカードになります。

アメックスゴールド・ダイナースクラブカードと三井住友VISAゴールドを比較すると、こんな感じになります。

三井・アメックス・ダイナース・比較

こんな感じで、最も万能なカードと言えるかもしれません。

カードのデザインも、少し銅が混じっているデザインで、キラキラ感が少なく、大人な印象を与えてくれますので、万人受けする安定のゴールドカードが欲しいという方におすすめです。

日本のプロパーカード!JCB GOLD

JCBゴールドカード メイン

JCBゴールドカード 年会費

ボタン

JCBゴールドカード ポイント

詳細

JCBゴールドは、日本唯一の国際ブランドであるJCBが発行しているプロパーカードになります。

アメックスゴールドやダイナースにはステータスで負ける部分はありますが、三井住友VISAゴールドと同じかそれ以上のステータスがあります。

ただ、認知度は三井住友に少し劣ってしまうため、ステータスか認知度か非常に難しい部分ではあります。

一方で、好感度は三井住友VISAゴールドと変わりないため、特に気にする必要はありません。

JCBゴールド一番の魅力は、2年連続で、年間100万円以上クレジットカードを利用すると、ゴールドザプレミアというワンランク上のゴールドカードを利用する事ができるという点になります。

高ステータスカードを狙いたい人には、おすすめです。

2.お得度重視のゴールドカード

次に近年増えてきた、ステータスよりお得度を重視したゴールドカードを紹介します。

お得度重視カード 比較表

格安ゴールドカードの代名詞MUFGゴールド

MUFGカードゴールド(アメックス) キャプチャ

MUFGカードゴールド(アメックス) 年会費

ボタン

MUFGカードゴールド(アメックス) 年会費

詳細

MUFGゴールドカードは、最も優れた格安ゴールドカードであり、年会費2,000円未満でありながら、国内旅行保険や国際線のラウンジ利用などのサービスが付いています。

とはいえ、このカードの一番の魅力は、格安でゴールドカードが持てるようになるという点になります。

もちろん、クレジットカードに詳しい人が見たらすぐばれてしまいますが、そうでない人が見た場合は、ゴールドカードの威力を発揮できる可能性があります。

ですので、とりあえず形だけでもゴールドカードが欲しいという方におすすめのカードになります。

高還元率ゴールド!楽天プレミアムゴールド

楽天プレミアムカード メイン

楽天プレミアムカード 年会費

ボタン

楽天プレミアムカード ポイント

詳細

楽天プレミアムゴールドの魅力は、ゴールドカードにも関わらず高還元率であるという点と、プライオリティパスのプレステージ会員(399ドル)が無料でついてくる点の2つがあります。

基本的に、ゴールドカードはそのステータスやサービスがウリですので、ポイント還元率はそこまで高くありません(一般カードで還元していたポイント分をサービスに回してるイメージです)

そんな中、ここまで高還元率のゴールドカードは滅多にありません。

また、海外旅行に行く人であれば、プライオリティパスが無料というのもうれしいサービスになります。

プライオリティパスは、通常399ドル(=約4万円)年会費がかかるのですが、楽天プレミアムゴールドを持っていれば年会費無料で持てるので、これだけで元が取れる計算になります。

ですので、楽天のヘビーユーザーか、プライオリティパスが欲しいという人におすすめです。

さまざまなメリットを網羅!セゾンアメックスゴールド

セゾン ゴールド キャプチャ セゾン ゴールド 年会費 ボタン セゾン ゴールド ポイント

詳細

セゾンアメックスゴールドカードは、見た目がアメックスゴールドに似ていることから、高ステータスカードと認識する人も非常に多いです。

また、セゾンカードなので、ポイントの有効期限がなく、何時でも好きなタイミングでポイントを利用できるのも、大きなメリットの一つになります。

他にも、プライオリティパスのプレズテージ会員に年会費1万円でなれたり、補償が充実しているなど、非常にバランスのとれたカードになっています。

最初の方でお話した、ステータスカードはちょっと…という人におすすめの1枚になります。

3.マイル重視のゴールドカード

最後にマイルを貯めるのに適したゴールドカードを紹介していきます。

マイルゴールドカード 比較表

JAL派ならJALゴールド

JAL ゴールド キャプチャ JAL ゴールド 年会費 ボタン JAL ゴールド ポイント

詳細

JALゴールド(CLUB-Aゴールドカード)は、JALユーザーの為のゴールドカードになります。

正直、ANAゴールドカードとほぼ内容が変わらない為、お気に入りの会社のゴールドカードを持つことをおすすめします。

ただ、毎年もらえるボーナスをもらうためには、JALの飛行機に乗る必要があるので、毎年飛行機に乗る予定がないのであれば、ANAの方がおすすめです。

また、マイルの有効期限は3年な点にも、注意が必要です。

CLUB-Aゴールドカード マイル

ANA派ならANAワイドゴールドカード

ANA JCB ワイドゴールドカード ボタン

特徴

☆毎年ボーナスマイル有
☆毎年フライトボーナス有

詳細

ANAワイドゴールドカードは、ANAユーザーのためのゴールドカードになります。

ANAのゴールドカードは、最初の入会マイルこそJALより少ないですが、飛行機に乗らなくても毎年ボーナスをもらうことができます。

ですので、陸マイらーと呼ばれる、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めて、2~3年に1度利用したいというユーザーにおすすめです。

ただし、マイルの有効期限はANAも3年なので、注意が必要です。

ANAワイドゴールドカード マイル表

4.まとめ

今回は、有名なゴールドカードを比較し、用途別におすすめのゴールドカードを紹介してきました。

今回紹介したゴールドカードは、どれもおすすめなものなので、ライフスタイルや使い方があっているものがあれば、検討してみても良いかもしれません。

クレカ大バナー