断然大きい方が良い!ゴールドカードの限度額とその上げ方

ゴールドカード 限度額

ゴールドカードにすると限度額が大きくなりますが、どのくらいか気になりますよね。

そして、できれば限度額をもっと大きくしたいという人も少なくありません。

そこで今回は、ゴールドカードの限度額についてはもちろん、限度額を上げる方法についてもお話ししていきます。

急な出費や大きな買い物の時は、ついつい限度額が足りなくなってしまうと思いますが、これさえ見ればそうした悩みを解消できます。

1.限度額が多いゴールドカードはどれ?ゴールドカードを比較

メジャーなゴールドカード7枚の限度額と年会費を一覧にしたので、ゴールドカード選びの参考にしてみてください。

限度額の多いゴールドカード比較表
※一律制限なし=無制限ではないので、注意するようにしてください。

2.ゴールドカードの限度額の相場

先程の表からも分かると思いますが、ゴールドカードの限度額は10~300万円くらいが相場となっています。

ゴールドカードで限度額が10万円というのはすごく少ないように思えますが、近年は格安ゴールドカードや20代向けのゴールドカードが普及し、限度額が少ないゴールドカードも多くなりました。

ただ、昔からステータスカードとして有名なカードの限度額は少なくても50万円前後と高いものになっています。

また、200~300万円が、ゴールドカードの限度額の最大値となるので、それ以上の限度額が必要な場合は、より上のランクのカードにする必要があります。

3.クレジットカードの限度額を上げる方法

限度額を上げる方法は、次の3つになります。

ゴールドカードの限度額を上げる3つの方法

限度額を上げる方法に裏技的なものはなく、基本的にはなるべくたくさん使用して、支払日を守ることが重要です。

クレジットカードは信用で成り立っているので、普段からたくさん使い、支払日に遅れないという当たり前の事を繰り返し、信用を築いていくことが何より大切です。

また、半年おきくらいに、限度額UPの交渉をすると、比較的早い段階で限度額を増やしてもらえるので、1日でも早く限度額を大きくしたい場合は、実践してみてください。

ただ、あまり頻繁に交渉を行ってしまうと、逆に限度額の増額が遅れてしまうので、半年前後というスパンは守るようにしてください。

4.一時的に限度額を上げる方法

クレジットカードを使っていると、一定期間だけ限度額を上げたいと思うタイミングがやってきますよね。

例えば、大きな買い物をする時や海外旅行の時などがそれにあたると思います。

そんな時は、サポートデスクに連絡することで、限度額を一時的に上げてもらう事ができます。

もちろん、支払日に遅れる事が多々あるような使い方をしていると上げてもらえないこともありますが、基本的に10万,20万くらいの金額であれば、一時的に限度額を上げてもらう事ができます。

5.限度額が大きいおすすめのゴールドカード3選

限度額が大きいおすすめのゴールドカードを3つ紹介します。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード メイン

三井住友VISAゴールドカード 年会費

ボタン

三井住友VISAゴールドカード ポイント

詳細

三井住友VISAゴールドカードは、日本で最も有名なゴールドカードの一つであり、アメックスやダイナースクラブカードと比べると、ステータスは若干劣りますが、好感度や認知度は抜群です。

ゴールドカードに求めるすべてのサービスを受ける事ができますし、何処で使っても恥ずかしくないカードと言えます。

ただ、いきなり申し込んで審査に通るのは難しいので、最初は審査に通りやすい一般カードをメインとして使い、その後申し込むようにしてみましょう。

イメージ的には、一般カードの限度額がゴールドカードの最低限度額である50万円を超えてから申し込むと審査に通る確率が高くなります。

しかも、通常の年会費は税抜き10,000円ですが、WEB明細とリボ払いを選択することで、年会費を4,000円まで引き下げる事ができます。

ここまでのステータスとサービスがあるにも関わらず、年会費を4,000円にできるので、最強のゴールドカードと考えている人もいます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカンエキスプレスゴールドカード メイン

アメリカンエキスプレスゴールドカード 年会費

ボタン

アメリカンエキスプレスゴールドカード ポイント

詳細

ゴールドカードと言えば、このアメックスゴールドを思い浮かべる人は少なくありません。

ステータスと認知度も高く、最も人気の高いクレジットカードの一つになります。

また、アメックスゴールドはゴールドカードの王道なので、ゴールドカードの特典として知られている、ほぼ全ての特典を受けることができます。

「エアポートミール」「エアポート送迎サービス」「手荷物無料宅配サービス」「無料ポーターサービス」「空港クロークサービス」「空港ラウンジ」等、旅行系の付帯サービスも充実しています。

そんなアメックスゴールドですが、実は審査基準がそこまで高くなく、20代で年収300万円以上あれば、審査に通る可能性は十分にあると言われています。

しかし、その分年会費が29,000円(税抜)と高いので、審査基準というよりその年会費を払い続ける余裕があるかどうかが重要になります。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード メイン

ダイナースクラブカード 年会費

ボタン

ダイナースクラブカード ポイント

詳細

ダイナースクラブカードは、日本で最初に発行されたクレジットカードになります。

このカードはダイナースの一般カードですが、認知度の高さや年齢制限、利用可能なラウンジ数、サービスとあらゆる面で優れたゴールド級のカードだと言えます。

ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブの中で最低ランクのカードであるため、他のゴールドカードを入手するためのコツである、下位ランクのカードを使うという手が使えません。

そのため、取得難易度はゴールドカードの中で、最上級と言っても過言ではありません。

ただ、若い人の中には知らない人もいるので決して万能カードではありませんが、30代40代以上の方であれば、ほぼみんなが知ってるステータスカードになります。

若い人には目立たないカードが欲しいという方や、ゴールドの券面が苦手という方に人気のステータスカードになります。

6.まとめ

ゴールドカードの限度額の相場は、どんなに高くても200~300万円くらいになります。

ただ、アメックスゴールドやダイナースのように、限度額に一律の上限を設けていないカードを利用することで、それ以上の限度額を手にできる可能性もあります。

また、クレジットカードは信用で成り立っているので、普段からきちんと使う事で、徐々に限度額を上げる事ができ、一時的に限度額を上げる事も可能です。

補足.限度額と利用可能額の違い

限度額と利用可能額は、ほぼ同じ意味ですが、若干違いがあります。

限度額と言うのは、そのカードで使える限界のお金の事になります。

一方で利用可能額というのは、現時点で使えるお金の総額の事になります。

例えば、限度額100万円のカードで20万円の商品を購入した場合、利用可能額は80万円になります。

限度額と利用可能額の関係

クレカ大バナー

ゴールドカード 限度額