初めてクレジットカードを作るときに絶対覚えておきたい4つ

クレジットカード 初めて

クレジットカードを初めて作る方は、どのカードを選べばよいのか悩みますよね。

私が初めて作ったカードは、ポイント1,000円分プレゼントという言葉に惹かれて作ったパルコカードでした。

その時は満足していましたが、もっと検討して、一番メリットのあるクレジットカードを作成していればもっとお得だったのに!と後悔しています…

どうせ作るなら、そんな後悔したくないですよね?

今回は、初めてクレジットカードを作成するあなたが後悔しないために、ベストなカードをご紹介致します。

目次
1.初めてカードを作るときに失敗しがちなこと。
2.初めて使うならどのクレジットカードが良いのか?
3.なぜ楽天カードと三井住友VISAデビュープラスカードがオススメなのか。
4.初めてクレジットカードを作る方のよくある質問とは?
 (1)クレジットカードを作るとなんでお金やポイントがもらえるの?
 (2)未成年でもクレジットカードはつくれるのか?
 (3)クレジットカード払いにすると手数料はかかるの?
 (4)クレジットカードを作るには何が必要なのか?
 (5)初めてクレジットカードを持った方はどんなものり利用するのか?
5.まとめ

1.初めてカードを作るときに失敗しがちなこと。

初めてクレジットカードを作るのは10代後半から20代前半が多いでしょう。

このくらいの年齢がついついやってしまいミスは、ポイントがもらえるからカードを作る!という行動です。

500円や1,000円程度のキャッシュバックに惹かれて、クレジットカードを作成してししまうと、ほぼ間違いなく後悔することになります。

そのクレジットカードがあなたにとって最も必要だ!と感じるのであれば、すぐクレジットカードを作っても大丈夫です。

ただ、500円や1,000円程度を貰えると言われても、違うカードを作ればもらえる金額の数十倍得する可能性もありますので一度立ち止まってクレジットカードを作るかを考えてください。

私は、18歳の頃1,000円キャッシュバックにつられて加入してしまったことを今ではかなり反省しています。

もちろん若いときに失敗できてよかったという考えもありますが。

2.初めて使うならどのクレジットカードが良いのか?

初めて持つクレジットカードには、『三井住友VISAデビュープラスカード』と『楽天カード』をオススメしております。

三井住友VISAデビュープラスカードは、20代前半のうちは高還元率カードとして使う事ができ、20代後半になると別のカードに自動的に切り替わります。

三井住友VISAカードは、徐々に還元率カードからステータスカードになっていくので、持っていて損のない1枚と言えます。

楽天カードは、言うずとしれた高還元率カードですので、ポイントしか興味がないという方には、非常におすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友 デビュー キャプチャ 三井住友 デビュー 年会費 ボタン 三井住友 デビュー ポイント

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天 年会費 ボタン 楽天 ポイント

3.なぜ楽天カードと三井住友VISAデビュープラスカードがオススメなのか。

どちらも、ポイントや、お金のキャッシュバックがあるだけでも得するのですが、そこだけで選んでしまうと後々後悔します。

しっかりチェックしていただきたい内容は、ポイント還元率長期間使っていけるかどうかです。

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%~1.0%で、100円使ったら0.5円~1円もらえる計算です。

これが平均ですが、今回ご紹介させて頂いた楽天カードと三井住友VISAデビュープラスカードは平均1.0%~3%となります。

もちろん、楽天カードは高還元率カードとして、三井住友VISAデビュープラスカードは将来的なステータスカードとして、長期間付き合っていけるカードです。

4.初めてクレジットカードを作る方のよくある質問とは?

(1)クレジットカードを作るとなんでお金やポイントがもらえるの?

事例を使ってご紹介致します。

クレジットカードを作ったAさんは、よく行くお寿司屋さんにいきました。

お会計は5,000円でした。Aさんはお会計でクレジットカード払いしました。

Aさんは、後日クレジットカード会社から5,000円の請求がきます。つまりAさんは現金で払っても、カードで払っても同じ金額を支払います

しかし、お寿司屋さんはクレジットカードで支払われると、クレジットカード会社がお客さんからお金を回収し、お店に支払うこととなることから、代金回収手数料として、売上の○%を徴収します。

飲食店であれば4%~5.5%が手数料としてカード会社に支払わなければなりません。

つまり、みなさんがクレジットカードを使うことで、お店側が手数料を負担しており、その手数料のだけクレジットカード会社は儲かります

そのため、クレジットカードを作ってもらうときにお金を支払っても、ポイントを付与してもクレジットカード会社が損することはありません。

(2)未成年でもクレジットカードはつくれるのか?

未成年は、親のサインがなければクレジットカードを作ることはできません。

20歳以上になれば、親のサインはいらないため、一人で作成することができるようになります。

20歳未満でもサインを取得することができれば作成することが可能です。

(3)クレジットカード払いにすると手数料はかかるの?

クレジットカードを使っても、1回払であれば手数料はかかりません。2回払まで手数料が発生しないカードもあります。

手数料が発生するのが、3回以上の分割払いや、リボ払いの時のみとなります。

(4)クレジットカードを作るには何が必要なのか?

  • ご自身名義の銀行口座
  • ご自身の銀行印
  • 運転免許書または健康保険料などの身分証明ができるもの

上記があれば、作成することができます。

(5)初めてクレジットカードを持った方はどんなものり利用するのか?

使いすぎてしまい、借金をしてしまったという話は良く聞きますので、固定費のみをクレジットカードで購入することをオススメします。

固定費とは、

  • 保険料
  • 水道光熱費
  • 携帯代
  • ネット代
  • NHK
  • YAHOOプレミアム会員費
  • ドメイン利用料
  • サーバー料金
  • 通販や、スーパーで購入する食材費
  • ウォーターサーバー代
  • 家賃(まれにカード払いに対応していることがあります)

初めはこれだけをカードで払うと決めて、利用してみましょう。

毎月払う必要がある費用をクレジットカードにすることで、家計の管理も楽になるでしょう。

臨時的に購入するものは初めはクレジットカードで購入しないようにすべきでしょう。使いすぎの原因となります。

また、クレジットカードの利用状況を常に把握できるように、アプリを使いましょう。

アプリで管理することで、今月はいくら使っているのか?をすぐに把握することができますよ。

5.まとめ

クレジットカードを初めて作るという方は、ポイントや現金がもらえてかつ、還元率が高いカードがオススメでしょう。

初めて作る際は、少し怖いと思われるかも知れませんが上手に利用することができればなにも心配いりません。

クレカ大バナー

クレジットカード 初めて