HOME  カードローン部  お金借りる一時的にお金を借りたいときはコレを試そう!借りるときのポイントも

お金借りる
一時的にお金を借りたいときはコレを試そう!借りるときのポイントも

一時的にお金を借りたいときはコレを試そう!借りるときのポイントも

「すぐに返すつもりだけど、今だけお金がない……」
「急場しのぎのための資金がほしい」

この記事では、突発的な「金欠」に悩んでいる方向けに、一時的にお金を借りる方法を詳しく紹介します。

1ヶ月だけお金を借りたいときにおすすめの方法など、計6つの方法をお伝えしますので、今の状況にぴったりな方法が見つかることでしょう。

併せて、一時的にお金を借りるときのポイントについてもお伝えしていますので、参考にしてみてください。

一時的にお金を借りたいときのポイント

一時的にお金を借りたいときのポイント

一時的にお金を借りる方法をお伝えする前に、まずは必ず押さえておきたいポイントについてお伝えします。

以下2つのポイントを押さえることで、借りた後に後悔することを減らせるでしょう。

  • 最短で借りられる方法を選ぶ
  • 利息負担が少ない方法を選ぶ

最短で借りられる方法を選ぶ

1つめは、最短で借りられる方法を選ぶことです。

一時的にお金が欲しい方のなかには、「一秒でも早く手元に現金が欲しい……」と焦っている方も少なくないでしょう。

こうした場合に大切なのは、まずは冷静になり、「最短で借りられる方法は何か?」と考えてみること。

借りてしまったあとに、数週間後に振り込まれることが分かった……ということは避けたいですよね。

しかし、世の中にある多くの借り入れ方法では、残念ながらすぐに借りることができません。

一方で、「最短即日」で借りる方法もわずかながら存在します。

その方法を早く知りたい方は、【すぐに借りる】一時的にお金を借りたいときにおすすめの方法 を先に確認してみてください。

利息負担が少ない方法を選ぶ

2つめのポイントが、利息負担が少ない借り入れ方法を選ぶことです。

一時的にお金を借りたいなど、資金繰りに困っている人を狙う悪徳業者は多く存在します。

たとえば、ヤミ金がその代表例です。

ヤミ金は、「審査不要」「ブラックでも借りられます」といった甘い言葉で誘ってきますが、その正体は法外な利息を奪いとる違法集団。

そしてヤミ金以外にも、一時的にお金がほしい人を“カモ”にして、高金利で貸し付ける業者は多いものです。

そこで大切なのが、利息負担が少ない方法を慎重に検討すること。

借入時の利率が低いおすすめの方法は、【低利】一時的にお金を借りたいときにおすすめの方法で紹介しています。

【すぐに借りる】一時的にお金を借りたいときにおすすめの方法

【すぐに借りる】一時的にお金を借りたいときにおすすめの方法

「一秒でも早くお金を借りたい!」

ここからは、こう考える方におすすめの方法を紹介します。

具体的には、以下3つの方法です。

  • カードローン
  • 家族から借りる
  • 質屋

では、それぞれの方法について解説します。

カードローン

まずおすすめしたいのが、カードローンです。

特に消費者金融のカードローンの場合、最短即日でお金を借りることができます。

ちなみに「カードローンの審査には時間がかかる」といったイメージを持つ方は少なくありませんが、実は1時間以内に審査が済むことも珍しくありません。

そして、その日のうちに口座に入金され、手元にすぐに現金を手に入れることもできるのです。

1ヶ月だけお金を借りる場合は「プロミス」

日本には多くのカードローンがありますが、なかでもおすすめなのが「プロミス」です。

プロミスは、「1ヶ月だけお金が足りない……」など、まさに一時的にお金を借りたい方にぴったりのカードローン。

なぜなら、「30日間無利息サービス」というサービスを展開しているからです。

これは、プロミスをはじめて利用する人に限り、初回借入日の翌日から数えて30日間のあいだ、借り入れた額に利息が一切かからないサービス。

初回借入分だけでなく、追加借入分にも無利息が適用されるなど、嬉しい特典もついています。

もちろん、ほかのカードローン同様にプロミスの審査も早く、最短1時間で審査が完了。

その日のうちに口座の入金まで進めることも可能です。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

家族から借りる

すぐにお金を借りたい場合には、家族から借りることも検討してください。

近い存在ほど借りるのは気が引けてしまうものですが、やはり困ったときに一番に頼りになるのは家族。

もちろん、借りたものを返すといった基本的なことを守らないと、あとあとの関係にヒビが入ってしまうこともあります。

しかし、理由次第ではすぐに現金を手渡してくれることも多く、一時的にお金に困っているときには感謝してもし切れない存在となることも。

お金に困る状況になってしまったことはしっかりと反省しつつ、一方で今の状況を確実に乗り切るためにも、家族の力を頼ることを考えてみましょう。

面倒でも「借用書」をつくる

家族からお金を借りるのは、前向きに検討したい方法といえます。

しかし、お伝えしたとおり、返済状況によっては関係が修復できないものとなってしまうことがあるので注意が必要です。

そこで、面倒でも作っておきたいのが「借用書」です。

借用書とは、貸し借りが行われたことを証明する書類のこと。

借用書を作っておくことで、「借りた借りていない」といった問題で揉めることがなくなり、無用なトラブルを防ぐことにつながります。

ちなみに、身内のあいだで作る際はワープロ文書でも構いませんが、鉛筆書きはトラブルの原因となるのでおすすめしません。

以下のサイトでは、借用書のひな型を無料でダウンロードすることができますよ。

質屋

すぐにお金を借りたい場合は、質屋も検討しましょう。

質屋とは、ブランド品などの査定を行い、その査定額分の現金をその場で手渡してくれる店舗のこと。

質屋に行くための時間は発生してしまいますが、最短30分で査定が終わることもあり、その日のうちにまとまったお金を手にすることが十分可能です。

個人の信用に関わる審査に時間を取られることもないため、よりスピーディーにお金が欲しい方にとっては願ってもない方法といえるでしょう。

「月利」という点に注意!

質屋では、借りたお金を「返済しない」という選択も可能です。

この場合、基本的には保管期限の3ヶ月を過ぎると商品は質屋のもとに渡り、その商品が自分のもとに帰ってくることはありません。

一方、借り受けた額と利息を支払うことで、預けていた商品を返してもらうこともできます。

この場合、注意したいのが、質屋で発生する利息は「月利」で計算されるということです。

質屋のなかには「月利8%」を設定しているところも珍しくありませんが、これは年利に換算すると96%。

消費者金融が設定できる年利が最大で18%であることから考えても、質屋の金利がかなり高いことが分かるでしょう。

ちなみに、質屋が違法な金利を設定しているということはなく、「質屋営業法」という法律で「年利109.5%(月利9%)まで」と定められていることからも妥当な数字です。

ただし、返済をズルズルと後伸ばしにしてしまえば、必要以上に利息負担が増えてしまうことも事実。

質屋に預けた品を返してほしい場合は、すぐに返済するに越したことはないでしょう。

【低利】一時的にお金を借りたいときにおすすめの方法

【低利】一時的にお金を借りたいときにおすすめの方法

「一時的にお金を借りるだけなら、できるだけ利息を支払いたくない」

このように考える方は、これからお伝えする方法を検討してみましょう。

・公的融資
・従業員貸付制度
・生命保険「契約者貸付制度」

では、それぞれの方法について解説します。

公的融資

利息支払いを抑えたい方は、公的融資を頼ることもひとつの手です。

日本には、経済的に困窮している人をサポートする融資制度が多く存在します。

なかでも以下2つの方法は、「どうしてもお金が足りない……」といった場合に利用を前向きに検討したい方法といえます。

・緊急小口資金
・総合支援資金

それぞれの制度の詳しい貸付条件などに関しては、以下を確認してみてください。

緊急小口資金

緊急小口資金は、今すぐお金を借りる必要がある低所得者世帯が利用できる公的融資制度です。

主に「急なケガや病気で介護が必要になった」「失業した」「盗難に遭った」といった場合に、最大10万円まで借りることができます(新型コロナウイルスなど、突発的な事態が起きたときは貸付限度額が増枠されることもあります)。

緊急小口資金の大きな特徴のひとつが、無利子で借りられるということ。
さらに、連帯保証人を立てる必要もありません。

入金されるまでに最短でも5営業日はかかる、といったデメリットもありますが、生活に困窮していて、利息負担を可能な限り減らしたい方は検討する余地のある方法といえるでしょう。

総合支援資金

総合支援資金は、一時的に生活が困っている人に向けた公的融資制度です。

具体的には、「仕事が決まらず家賃の支払いができない人」などを対象に融資が行われます。

総合支援資金は資金使途ごとに3つに分類されますが、たとえば「生活支援費」では、食費や住宅ローンの支払いに充てるための資金を借りることが可能。

そしてほかの2つの方法も含め、総合支援資金を利用してお金を借りるときは、保証人を立てれば無利子で借り入れができます。

保証人を立てられない場合は「年率1.5%」というかなりの低金利で借りることができるのも、総合支援資金の特徴のひとつといえるでしょう。

従業員貸付制度

低金利でお金を借りることを重視する場合は、「従業員貸付制度」の利用も考えてみましょう。

従業員貸付制度とは、在職中の会社からお金を借りられる制度のこと。
福利厚生の一環として導入している企業が多く、一般的に2~4%といった低利で借りられることがほとんどです。

さらに、カードローンの申し込み時に行われるような信用情報の審査もないため、会社から借りるという後ろめたささえクリアできれば、比較的手軽に借り入れができる方法といえます。

連帯保証人が必要となることに注意

従業員貸付制度はメリットも多くある借り入れ方法ですが、一方で「連帯保証人が必要」という点には注意が必要です。

会社にとっては、事業継続に必要な資金の一部を貸している以上、社員への貸し出しといえども借金の踏み倒しは決して許しません。

そのため、万が一お金を借りた本人が返済できなくなったとしても、連帯保証人に責任を負わせることで確実な資金回収を図っているのです。

また即日融資は不可で、入金までは最短で2週間かかることも。

このようにデメリットもありますが、勤めている会社から借り入れを行うのは何かと安心感が得られるものです。

まずは勤め先の会社が従業員貸付制度を導入しているか、確認してみることから始めてみても良いでしょう。

生命保険「契約者貸付制度」

生命保険の「契約者貸付制度」も、低利で借りたいときに知っておきたい方法のひとつです。

この制度を使うと、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りることができます。

契約者貸付制度のメリットは、その金利の低さ。

一般的に、大手生命保険会社の金利は年率3~6%のあいだに収まっています。
さらに借り入れ中に生命保険の契約がストップすることはなく、審査も不要。

また、保険会社によっては最短即日で口座に入金されるなど、低金利、入金までのスピードを含め、どれをとっても優秀な借り入れ方法といえます。

契約当初ほとんど借りられない

ただし、契約者貸付制度にもデメリットが存在します。

それは、契約したばかりだと借りられる額が少なくなってしまうことです。

あくまで「解約返戻金の一部を借り受ける」という制度のため、契約当初で返戻金が積み重なっていないときは、必然的に借入額が限られてしまうのです。

入限度額など細かい条件は保険会社によって異なるので、借り入れを検討する場合は、まずは契約先のコールセンターに問い合わせてみてください。

一時的にお金を借りたい場合はカードローンがベスト!

一時的にお金を借りたい場合は、「今すぐにでも現金を手にしたい……」といったひっ迫した状況に追い込まれていることも少なくないでしょう。

そして短期間借りるだけであれば、できるだけ利息が少ない借り入れ方法を選びたいですよね。

こうした場合に真っ先に検討したいのが、カードローンです。

特に「プロミス」は最短即日で借りられ、さらにサービスを利用することで「30日間無利息」で利用することもできます。

そして紹介したように、カードローン以外にも、融資スピードの速さ、そして利息負担の低さに秀でた方法は多く存在します。

今回お伝えした方法をもとに、まずは急場しのぎのお金を手に入れましょう。