HOME  カードローン部  お金借りる【借りる以外】今すぐお金が必要な人が資金調達する方法5選!検討すべき3つのポイントも

お金借りる
【借りる以外】今すぐお金が必要な人が資金調達する方法5選!検討すべき3つのポイントも

【借りる以外】今すぐお金が必要な人が資金調達する方法5選!検討すべき3つのポイントも

この記事は、今すぐお金が必要だけど、借金はしたくないという方に向けて書きました。

冠婚葬祭や車の故障など、予定外にお金が必要になってしまうこともありますよね。そんなときの調達手段が見つからず困っている方に役立つ記事です。

  • お金を借りずに資金調達する方法
  • おすすめのアルバイト
  • おすすめの公的制度

と、各方面からお金を集める手段を解説します。数ある資金調達方法から、現実的で誰でもできる方法を厳選してお届けするので、ぜひご覧ください!

今すぐお金が必要なときにできる借りる以外の手段

無職だけどお金が必要

はじめに、すぐにお金を調達するための手段を5つ紹介します!

  1. 不用品の売却
  2. セルフバックで口座開設
  3. 短期バイト
  4. 治験
  5. 公的制度の利用

ぜひ状況に合わせたものを選んでみてください!

 不用品の売却

家にある不用品を売却すれば、かなり速く現金を手に入れられます。ブランド品や電化製品、ゲームなど、家庭にあるものを売却するのがおすすめです。

特に、時間がない場合は質屋を利用するのが便利です。その場で査定してくれて現金に変えられます。また、一定期間以内なら買い戻すこともできるので、返済のアテがある場合はそちらを活用しても良いでしょう。

ただし、ヤフオクやメルカリで個人売買をするのに比べて、価格が安くなることもあるのがデメリットです。お金が必要な時期まで少し余裕があるのなら、まず個人間売買を検討してから質屋に持っていくと良いでしょう。

セルフバックで口座開設

今すぐ5万を稼ぎたいけど、本業も忙しくて時間がないという方におすすめなのがセルフバックです。

セルフバックは、インターネット広告から自分で商品を購入したり、サービスを契約したりして広告料をもらうことを指します。広告会社も認めている仕組みで、もちろん合法です。

この中でも、FXの口座開設やクレジットカードの発行をするのが稼ぎやすいです。特にお金を使わなくても、手続きをするだけで1つ1万円ほどの報酬がもらえるものもあります。

デメリットは、無限に稼げる方法ではないことです。申し込みできる企業は限られているため、一度限りの方法です。また、振り込みは翌月以降になることが多く、即金性はありません。

とはいえ、ほとんど手間がかからず一時的に稼ぐことはできるので、お金がないときにはおすすめです。

短期バイト

短期バイトで稼ぐのもよいでしょう。日雇い、1週間限定などの仕事もあります。仕事によっては、支払いが翌月振り込みということもあるので、支払いについて事前に確認しておきましょう。

ただし、短期バイトをする場合は事前に派遣会社の説明会を受けないといけないことがほとんどです。説明会の日程を合わせている間にも時間が立ってしまうので、早めに行動することをおすすめします。

なお、学生の場合は、学生課で1日限定のアルバイトを紹介していることもあります。検定試験の監督や入試の補助などの仕事が多く、その場で現金を手渡しすることも多いので、学生の方はぜひチェックしてみてください。

 治験

時間はあり、まとまったお金を稼ぎたい方は、治験が良いでしょう。案件により、一回で10万を超えた謝礼金をもらえることもあります。

治験は、開発中の薬の効果と安全性を調べるために、実際にその薬を使う被験体になる仕事です。病院で過ごしながら、薬を服薬するなどの指定された生活をしていきます。入院中は食事も出るため、お金がない方にはぴったりです。

デメリットは、治験の被験者の選抜があることです。その試験にピッタリの人を選ぶので、応募しても落選することもあります。また、事前に安全性の検証をしているとはいえ、副作用が出てくる可能性は0ではないので頭に入れておきましょう。

 公的制度の利用

意外と盲点なのが、公的制度を利用することです。失業保険など、返済の必要がない給付金も実は数多くあります。また、生活福祉資金貸付など、無利子や低金利で貸付してもらえる制度も多く整っています。

この記事の後半「今すぐお金が必要なときに知っておくべき4つの制度」にて、詳細を解説しているのでぜひご確認ください。また、地方自治体のホームページでも情報が多くあるので、ぜひ一度目を通すことをおすすめします。

借りずにお金を調達するときに考えるべき3つのこと

「無職にお金を貸します」という言葉には注意!

お金を調達する方法を比較するときに検討すべき点が3つあります。ここを意識しないと、思っていたような資金繰りができないことも。

詳細を解説するので、調達方法を決定する前にぜひご覧ください。

 調達できる金額

まず確認すべきなのは、調達できる金額です。慌ててお金をかき集める場合、最終のゴールの金額を見失ってとりあえずできることをしがちです。

しかし、必要な額が大きすぎる場合、どの手段を使っても短期で調達できないこともありえます。

そもそも必要な金額は借り入れせずに集められるレベルなのか最初に見極めましょう。

 調達までの期間

次に考えるべきは、いつお金が必要かということです。せっかくお金を稼いで集めたのに、必要な時期に手元に入らなければ意味がありません。

たとえば普通にアルバイトをする場合、振り込みまでには最低1ヶ月かかるところがほとんどです。これを回避するには、日払い・週払いの仕事を探すか、給料前払いサービスを導入している企業を選ぶほかありません。

また、給付金系も申請してから手元に入るまで時間がかかります。確実に給付されることがわかっているならば、そのあいだのつなぎの手段としてカードローンを検討しても良いでしょう。初回ならば無利息期間を設けている会社もあるので、負担なく利用することができます。

 確実性

最後に検討すべきは確実性です。特に大口の資金調達が必要なときは、一攫千金を夢見てギャンブルや投資に手を出す人もいらっしゃいます。しかし、失敗するとますます状況は悪化するので要注意です。

今すぐお金が必要なときこそ、確実性が高く手持ちが増える手段を選びましょう。

今すぐお金が必要なときにおすすめの3つのアルバイト

「今すぐ」1,000円を作るなら、リサイクルショップかカードローン

ここからは、アルバイトで今すぐお金を調達したい方におすすめの仕事を3つ紹介します。時間がない方は必見です!

 Uber Eatsの配達員

スキマ時間をうまく活用して、稼ぎ続けたい方におすすめなのがUber Eatsの配達員。注文された食事を個人の家まで届ける仕事です。アプリを起動したらすぐ働くことができ、辞めたいときはアプリを閉じるだけ。シフトやノルマがないので自分のペースで働けます。

仕事をする時間や、天候によって1件あたりの報酬は変わりますが、概ね500円前後。時給換算で1,000〜2,000円程度稼げることが多いです。自分の稼ぎたい量だけ仕事ができるので、お金がピンチのときにもぴったりですよね。

体力に不安がある方は、電動自転車を使えば問題ありません。レンタサイクルで借りることもできるので、初期投資なしではじめられる副業です。

 試験監督

試験監督は、特別なスキルや体力がなくても稼げる仕事です。試験会場で仕切るだけで、内容もマニュアルを読み上げるだけのことがほとんどなので、難易度が低いです。

お昼をまたぐ場合は、お弁当が別途用意されていることも多いので、食費を浮かせたい方にもぴったりでしょう。1日完結でだいたい8,000円程度。手渡しでもらえることがほとんどなのも魅力です。

ただし、試験がある時期は集中していることも多いので、やりたいときに仕事があるかわからないのがデメリットです。チャンスがあれば、割がいいのでおすすめできます。

 イベントスタッフ

体力に自信があるならイベントスタッフもおすすめです。会場設立やお客さんの誘導など体力仕事ですが、日給が1万円を超えることも多いのでまとまった金額を稼ぎたい人にピッタリ。1つのイベントが終わるまでの3〜4日スパンの仕事が多いので1週間以内に5〜6万円ほしい方に合います。

給与の支払いは手渡しのところと、派遣会社を通して振り込みするところがあるので要注意。手渡ししてもらえるところならば、しっかりお金が必要な方も安心です。

今すぐお金が必要なときに知っておくべき4つの制度

次に、お金が必要なときに頼れる公的制度を4つ紹介します。

実は国や地方自治体が提供している制度は多いです。うまく条件にあうものを活用すれば、ピンチをしのげるかもしれません!

ここに紹介している以外にも自治体ごとに用意している給付金もあるので、ぜひお住まいの地域で調べてみてください!

失業給付金

失業給付金は、会社を退職したときに受け取ることができる手当です。もらえる金額は働いていたときの50〜80%で、最大6ヶ月支給されます。

金額は雇用保険の加入期間によっても変わってきますが、当面の生活をつなぐには心強いもの。ハローワークにて申請することができるので、ぜひ活用してください。

傷病手当金

傷病手当金は、業務外の怪我や病気で会社にいけなくなってしまい、給与がもらえないときの手当です。病気や怪我で連続する3日間を含み、4日目以降も仕事に行けなかった場合に支給されます。

支給される期間は最長1年6ヶ月で、ざっくりと今までの報酬の3分の2程度の額がもらえる制度です。申請用の書類は協会けんぽもしくは健康保険組合からダウンロードできます。

住宅確保給付金

離職や廃業、収入の現象で家賃が払えなくなった方に向けた制度です。実際の家賃額を原則3ヶ月間、延長含め最大9ヶ月支給してもらえます(自治体により、支給額の上限あり)。

申請は、市区町村の用意している生活困窮者自立相談支援機関にて行なえます。必要な書類は自治体により異なるので、ぜひお住まいの地域のホームページをご確認ください。

社会保険料、公的料金の支払猶予

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、前年に比べて20%以上収入が減少している場合、社会保険料や水道・電気・ガスなどの公的料金は、支払猶予措置を取ることができます。

事業主は、無担保・延滞税なしで1年間猶予が得られます。また、個人の場合は、保険料を一部免除される可能性があります。

こちらは、事前に申請が必要です。放置したまま期限が切れてしまうと延滞税や料金を取られてしまうので、早めに申請をおこないましょう。

今すぐお金が必要なときに借りる以外の手段もある!状況に応じて判断しよう

カードローンの審査に必ず通る裏技もない

今すぐお金が必要で困っている方に向けて、稼いだり公的制度を利用したりする方法を紹介しました。

お金を借りる以外にも、資金調達する手段は複数あります。状況に合わせて、適切なものを選ぶと良いでしょう。ただし、行動してからすぐ現金が手元に入るとは限りません。もし、手元にキャッシュが入るまでに期間が空いてしまう場合は、カードローンの無利息期間を利用するのがおすすめ。

プロミスやアコムなどの大手サービスの中には、初回一定期間まで利息がかからないサービスを用意しているところもあります。

期間内に返済してしまえば元本だけの支払いで済むので、損することはありません。

資金調達の目処をたて、手元に現金が入るまで一時的にお金を借りるのも一つの手です。

キャッシュが必要なタイミングに合わせて、ぜひ検討してみてください。

3秒診断で結果が早い プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン