HOME  お役立ち記事ご香典が払えないピンチ!訃報で焦っているあなたに送る対処方法

お役立ち記事
ご香典が払えないピンチ!訃報で焦っているあなたに送る対処方法

ご香典が払えないピンチ!

この記事は、急な訃報を受けてご香典が払えずに困っている人に向けて書きました。

  • 香典を用意できないけれどどうしよう?
  • 香典はいくら準備すればいいのだろう
  • 香典が払えないときの対処法は?

という疑問に答えます。

突然の訃報で悩んでいる方は必見です。

故人にお別れを伝える最後のチャンス。香典が払えないときは調達方法を考えよう!

調達方法を考えよう!

葬式や告別式は、故人への感謝を伝える最後のチャンスです。そのため、香典のお金が手元にない場合もしっかりと調達して参加するようにしましょう。

ご香典の相場や、お金が足りないときの対処法を解説していきますね。

香典の相場はいくら?年齢・関係性別の料金

香典の相場はいくら?

そもそもご香典の相場はいくらなのでしょうか。包むべき金額はあなたの年齢と、故人との関係性によって決まります。

表にまとめたのでぜひ確認してみてくださいね。

故人との関係性あなたの年齢
20代30代40代
祖父母10,000円10,000〜30,000円30,000〜50,000円
自分の親・義理の親30,000~100,000円50,000~100,000円100,000円~
兄弟・姉妹30,000~50,000円50,000円50,000円~
その他親戚3,000~10,000円3,000~20,000円3,000~30,000円
会社の関係者5,000円5,000~10,000円10,000円〜
会社関係者の家族3,000~5,000円3,000~10,000円5,000~10,000円
友人・知人5,000円5,000~10,000円5,000~10,000円
友人・知人の親3,000~5,000円3,000~10,000円3,000~10,000円
先生・恩師3,000〜5,000円3,000〜10,000円3,000〜10,000円
ご近所様3,000〜5,000円3,000〜10,000円3,000〜10,000円
仲人10,000円10,000円10,000円〜

親族以外は5,000円程度が一般的

親族をのぞいて、基本的に香典の相場は5,000円です。相手との関係性の深さによって3,000〜10,000円程度用意するようにしましょう。

あまり高額を包んでしまうと返って相手に気を遣わせてしまうので、適度な額を渡すほうがよいですね。

香典辞退の案内があれば準備しなくてOK

香典は、遺族側が辞退することもあります。事前に辞退の連絡があった場合、準備する必要はありません

ただし、親族からの香典は例外として受け取る場合もあるので注意しましょう。この場合は受付ではなく、遺族に直接渡すようにします。

香典はお通夜か告別式の1回だけ渡せばよい

お通夜と告別式両方に参加する場合はどちらか片方で渡せば問題ありません。記帳は両方して、1回だけ香典を渡すようにしましょう。

地域によって、お通夜と告別式どちらで香典を渡したらいいかは異なります。周りの人の雰囲気を見ながら渡すタイミングを決めても良いでしょう。

香典が払えないときにお葬式に参加してもいい?

香典が払えないときにお葬式に参加してもいい?

急な訃報で持ち合わせがないときにお葬式に参加してもよいか悩む方もいるでしょう。他のイベントと異なり、事前に日程が決まっていないので準備できないですよね。

そこで、香典の持ち合わせが無いときのマナーを確認しましょう。

香典は少額でも用意するのがマナー

一般的な金額を用意できないときは、少額になっても良いので包んでください。

香典なしで参加するのはマナー違反です。また、あまりに金額が少ないと遺族が用意した返礼品や飲み物などの金額に届かず負担をかけてしまいます。

できることならお金を調達して、相場の額は渡せるようにしてください。

お通夜に間に合わない場合は告別式までに用意すること

お通夜に駆けつける場合、その日のうちにお金を工面するのが難しいこともあります。その場合は、告別式でご香典を渡せば大丈夫です。

ご香典がすぐに用意できないという理由で最後の機会を欠席するのは避けたいですね。まずはお通夜に出席した上で、翌日の告別式までにお金を用意するようにしましょう。

香典以外の出費にも注意!お金が払えないときの対処法

お金が払えないときの対処法

香典が払えないほか、遠方からの知らせの場合は交通費などの出費もかかります。突然の訃報ではお金が足りないという場合もあるでしょう。

時間がない中でお金を手に入れる方法は3つあります。

  • 知人に借りる
  • クレジットカードでキャッシング
  • カードローンを使う

それぞれ特徴を説明していきますね。

知人に借りる

お金を貸してくれる知人がすぐに思いつくならば、ひとに借りるのが一番早い方法です。急な訃報が理由だと伝えれば、お金がない理由も納得してもらえるでしょう。

急いでいても、返済について事前に話しておくのがおすすめです。今後の人間関係を悪くしないためにも、できれば借用書を作るとのちのちトラブルに発展しません。

クレジットカードでキャッシング

すでにクレジットカードにキャッシング枠をつけている人は、キャッシングが良いでしょう。追加の審査は特に必要ないので、お金を手に入れるにはATMにいくだけです。

使用した分は普段のクレジットカードの登録口座から自動で引き落としされるので、返済を忘れる心配がありません。返済の手軽さも含めて、おすすめできる方法です。

カードローンを使う

これから審査を通してお金を借りるなら、カードローンが一番資金調達しやすいです。定期的な収入がある方であれば即日審査、借り入れができるところもあります。

土日もすぐに対応してくれるところもあり、最短30分後に借りられるのが特徴です。ただし、会社によって金利が異なるので急いでいるなかでも内容を比較して選ぶ方が良いでしょう。

おすすめのカードローンはプロミスです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

プロミスについて詳しくは「プロミスの魅力を他社と比較して解剖~最大の魅力は「総合力」」をご覧ください。

香典が払えない!急な不幸にも適切に対応しよう

ご香典が払えずピンチな状態でも、お金を借りて告別式に渡すようにするなど、対応する方法はあります。適切な対処を取れば、故人との別れにしっかりと立ち会うことが可能です。

慌てて欠席するのではなく、この記事を参考にして方法を検討してみてくださいね。