HOME  お役立ち記事J.Score (ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはお得!概要~使い方まで徹底解説

お役立ち記事
J.Score (ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはお得!概要~使い方まで徹底解説

jscore 画像 トップ

J.Score(ジェイスコア)が出している最新の個人向け融資サービスAIスコア・レンディング。

「AIがスコアを算出して融資条件を決める」
「金利がとっても低い!」

と、そのサービス内容が話題になっています。

ただ、AIスコア・レンディングと言われても、今までにないサービスでイメージも湧かないですし、

「簡単に申し込めるの?」
「利用方法は複雑だったりする?」
「本当にお得なの?」

と疑問や不安に思うこともあると思います。

そこで今回は、J.ScoreのAIスコア・レンディングについて徹底的にご紹介していきます。

どのようなサービスなのか申込や利用方法はどうすれば良いのか本当にお得なのかどうかなどなど、気になるあらゆる疑問を解決していきます。

J.Score(ジェイスコア)の「AIスコア・レンディング」について詳しく知りたい方、利用を考えている方はぜひ参考にしてください。

目次
1.J.Score(ジェイスコア)とは?
2.AIスコアとAIスコア・レンディング
2-1.信用度を数値化した「AIスコア」
2-2.低金利・高限度額でお金を借りられる「AIスコア・レンディング」
3.申込に必要な書類と申込手順
3-1.必要書類
3-2.申込手順
4.借入・返済方法
4-1.借入方法はネットからの口座振込のみ
4-2.3つの返済方法
5.J.Score(ジェイスコア)のメリット・デメリット
J.Score(ジェイスコア)の4つのメリット
J.Score(ジェイスコア)の3つのデメリット
6.AIスコアをスコアアップする3つの方法
方法1.追加質問に回答
方法2.みずほ銀行の口座、ソフトバンクの携帯電話と情報連携
方法3.定期的に情報を更新
7.J.Score(ジェイスコア)・カードローン・キャッシングならどれを利用すべき?
8.まとめ

1.J.Score(ジェイスコア)とは?

J.Scoreとは、みずほ銀行とソフトバンクが設立した子会社「AIスコア・レンディング」というサービスを提供しています。

「AIスコア・レンディング」は2017年9月から開始した最新の個人向け融資サービスで、「AIスコア」「AIスコア・レンディング」という2つのサービスに分かれています。

「AIスコア」では利用者のAIスコアを算出し、「AIスコア・レンディング」ではスコアを元にお金を融資するサービスになります。

J.Score(ジェイスコア)とは

2.AIスコアとAIスコア・レンディング

それでは、AIスコアとAIスコア・レンディングについて詳しくご紹介していきます。

信用度を数値化した「AIスコア」

AIスコアとは、信用度を数値化したようなもので、AIスコア・レンディングでは、このAIスコアを利用して金利や融資額を決めていきます。

AIスコアは、ビックデータを使用しており、公式ホームページの「AIスコア診断:https://www.jscore.co.jp/」を受けることで簡単に算出することが出来ます。

AIスコア診断画面

AIスコアイメージ

AIスコア取得について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。
あなたの可能性をスコア化!?話題のJ.ScoreでAIスコアを取得する方法

低金利・高限度額でお金を借りられる「AIスコア・レンディング」

AIスコア・レンディングとは、低金利・高限度額で融資するサービスであり、一般的なカードローンよりもお得に利用することが出来ます。

J.Score1 (※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。

3.申込に必要な書類と申込手順

申込に必要な書類と、申込手順を確認していきましょう。

3-1.必要書類

申込には下記本人確認書類が必須となっています。

以下の「【A】より2点」、または「【A】より1点と【B】より1点の計2点」をご提出ください。

【A】

  1. 運転免許証・運転経歴証明書
  2. 健康保険証
  3. パスポート
  4. 個人番号カード(マイナンバーカード)
  5. 在留カード
  6. 特別永住者証明書

【B】

  1. 住民基本台帳カード
  2. 住民票・住民票記載事項証明書
  3. 戸籍謄本または抄本
  4. 印鑑登録証明書
  5. 所得証明書
  6. 納税証明書・納税通知
  7. 公共料金(水道・電気・都市ガス・NTT・NHK)の領収書

※いずれも有効期限内または現在有効である書類のみ受付可能です。
※【A】は「氏名」「現住所」「生年月日」の記載があるもの、【B】は「氏名」「現住所」の記載があるご本人名義の書類のみ受付可能です。
※【B】で有効期限の記載がない書類の場合、領収日付の押印又は発行年月日の記載があるもので、かつその日付が6ヶ月以内のものに限ります。
※【A】に記載された住所と、お申込み時に入力された現住所が異なる場合は、【A】より1点と【B】より現住所が記載されている資料2点の計3点をご提出ください。
※公共料金の領収書は、その他の書類で「氏名」「現住所」が確認できている場合に限り、同一世帯(現住所が同じ)のご家族名義でも受付可能です。
※学生の方は、「学生証」に加え、【A】より2点、もしくは【A】より1点と【B】より1点の計3点をご提出ください。
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」に加え、【A】より1点、もしくは【B】より1点の計2点をご提出ください。

また、年収を確認させていただくため、以下の「収入証明書類」を提出する場合があります。

  1. 源泉徴収票
  2. 住民税決定通知書、納税通知書
  3. 確定申告書
  4. 所得(課税)証明書
  5. 給与明細書

※当社との契約金額が50万円を超える場合、または、当社との契約金額が50万円以下となるものの他の貸金業者での利用額を含めた合計金額が100万円を超える場合はご提出ください。
※上記の金額にかかわらず、年収を確認させていただくため「収入証明書類」のご提出をお願いする場合がございます。

3-2.申込手順

簡単な申込フローは下記の通りです。

J.Score 申込フロー

※2018年6月21日より「いますぐお申込み」の場合はAIスコア診断とお申込みが同時にできるようになりました。

「申込」は下記6パートに分かれており、全てネット完結で手続き可能となっています。

J.Scoreの申込パート

まずは公式ホームページから会員登録を行い、スコア診断を受けてAIスコアを取得します。

スコアが600点以上の場合、会員ページから仮審査→本人確認書類などのアップロード→本審査に進みます。

本審査結果を確認後、契約と同時に借入手続きもネットから行うことが出来ます

4.借入・返済方法

AIスコア・レンディングの借入・返済方法をご紹介します。

4-1.借入方法はネットからの口座振込のみ

借入方法は口座振込のみとなっており、ネットから借入手続きを行うことが出来ます。

即時振込を希望する場合は、平日22時55分・土曜21時40分・日曜16時40分までに借入申込を行う必要があります。

4-2.3つの返済方法

返済方法は下記3種類が利用可能となっています。

  1. 口座振替
  2. Pay-easy(ペイジー)
  3. 銀行振込

J.Score 返済方法

基本的には、手数料無料の口座振替かペイジーでの返済がオススメです。

5.J.Score(ジェイスコア)のメリット・デメリット

J.Scoreを利用する上で、メリット・デメリットとなることをそれぞれご紹介します。

J.Score(ジェイスコア)の4つのメリット

J.Scoreの4つのメリット

メリット①低金利・高限度額

J.Scoreは低金利・高限度額なサービス内容となっており、大手のカードローンよりもお得に利用することが出来ます。

J.Score2

(※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。

メリット②簡単・無料でAIスコアを取得出来る

AIスコアは公式ホームページから会員登録をするだけで、簡単・無料で取得することが出来ます

メリット③申込前に融資条件を確認出来る

カードローンと違い、AIスコア取得後、すぐに利率・限度額といった融資条件を確認することが出来ます

J.Score 融資条件の確認

メリット④AIスコア取得~借入までネット完結・24時間受付

AIスコア取得から借入まで、ネット完結で行うことが出来、24時間手続き可能となっています。

J.Scoreのメリットについて、より詳細な内容は下記の記事で紹介しています。
J.ScoreのAIスコア・レンディングでお金を借りる9つのメリットと3つのデメリット

J.Score(ジェイスコア)の3つのデメリット

J.Scoreのデメリット3つ

デメリット①申込・借入手続きがネットからのみ

申込・借入手続きはネットからのみとなっており、ネットが使えない方や「窓口で相談しながら手続きしたい」という方には不便な点となります。

デメリット②即時振込対応は時間に注意

即時振込希望の場合、原則平日22時55分、土曜21時40分、日曜16時40分までに振込手続きをする必要があります。

それ以降の時間や祝日に手続きをした場合、翌営業日の振込対応となります。

J.Score振込実施時間1

デメリット③借入方法が口座振込のみ

借入方法は現在のところ口座振込のみとなっており、振込対応時間も限られています

「急にお金が必要になった」といった場合はやや利用しにくいと言えます。

6.AIスコアをスコアアップする3つの方法

AIスコアをスコアアップするには下記3つの方法あげられます。

AIスコアをスコアアップする3つの方法

方法1.追加質問に回答

AIスコア取得後に、会員ページから追加質問に回答するとAIスコアが変動します。

J.Score 追加質問

方法2.みずほ銀行の口座、ソフトバンクの携帯電話と情報連携

みずほ銀行の口座ソフトバンクの携帯電話を利用している方は、会員ページから情報連携するとAIスコアが変動する可能性があります。

どちらも利用期間が短いとAIスコアに反映されないこともあります

J.Score 情報連携

また、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げ(最大0.3%引下げ)されるため、ぜひ積極的に連携をしておきましょう。

方法3.定期的に情報を更新

生活していく中で何か変化があったら、AIスコア診断・追加質問の回答を更新するとスコアが変動する可能性あります。

7.J.Score(ジェイスコア)・カードローン・キャッシングならどれを利用すべき?

基本的には、最も低金利で利息が安く抑えられるJ.Scoreの利用をおすすめします。

実際に、各社の最大金利10万円を借り入れた時の利息を比較してみましょう。

利息比較

※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

銀行カードローンで一番低金利なみずほ銀行と比べても、1,000円以上お得に利用出来ることが分かります。

さらに、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)が0.1%引下げ(最大0.3%引下げ)されるため、さらなる低金利を実現できます。

その他、利用シーンごとの選び方は下記の通りです。

J.Score・カードローン・キャッシング 選び方

8.まとめ

今回の記事のポイントです。

  • J.ScoreはAIスコア取得、申込~借入手続きまでネット完結
  • 借入方法はネットからの口座振替のみ、返済方法は「口座振替」「ペイジー」「銀行振込」の3種類
  • AIスコアをスコアアップするには、会員ページから追加質問に回答したり情報連携を行う
  • J.Score・カードローン・キャッシングの中でも、お得に利用出来るJ.Scoreがおすすめ