HOME  カードローン部  お金借りる審査に必ず通るカードローンはない!だけど借入を諦める必要がない理由

お金借りる
審査に必ず通るカードローンはない!だけど借入を諦める必要がない理由

審査に必ず通るカードローンはない!だけど借入を諦める必要がない理由

この記事は「審査に必ず通るカードローンが知りたい!」という人に向けて書きました。

「収入が低くて審査に自身がない・・・」
「他社借入があるから審査に通らないかも?」
 

カードローンには審査があるため、様々な不安や心配があるでしょう。

このため、審査に必ず通るカードローンを知りたい人は多いと思います。

しかし、100%審査に通るカードローンは存在しません。

こう聞くとがっかりしてしまう人も多いでしょうが、諦めるのはまだ早いです。

カードローンの審査は難しいものでなく、最低限のポイントさえ満たせば良いだけだからです。

そこでこの記事では、審査に必ず通るカードローンがなぜないかをお伝えしつつ、あなたがカードローンの審査に通過できそうかまで解説していきます。

また、審査に通過できそうな場合におすすめのカードローンも紹介中です。

審査に必ず通るカードローンはないと知っておく!

審査に必ず通るカードローンはないと知っておく!

冒頭でもお伝えしたように、審査に必ず通るカードローンはないと知っておかなくてはいけません。

カードローン会社が審査をするのは、「この人にお金を貸しても問題なく返済してもらえるか?」という点を確かめるためです。

審査をして申込者の返済能力や信用を確かめ、融資しても問題ないかを判断するのです。

このため、100%通過させては審査をする意味がなくなってしまいます。

審査なしや審査が甘いカードローンもない

審査なしや審査が甘いカードローンもない

審査なしや審査が甘いカードローンも存在しません。

理由は前章と同じで、審査をして融資しても問題ない人なのかを見極めないといけないからです。

カードローン会社は利息で収益を得ているため、貸したお金を返済してもらえないと損してしまいます。

そうした事態を極力避けるために、どのカードローン会社も審査はきちんとおこないます。

大手消費者金融の成約率は40.0%前後

アコムやプロミスなどの大手消費者金融は「成約率」を公開してる会社があります。

成約率とは、申込者に対して何人が契約できたかを表した数字です。

このため、成約率を確認すればどのくらいの人が審査に通っているかの目安にできます。

大手消費者金の成約率(=審査通過率)を確認すると、次のように40.0%前後が多いです。

会社審査通過率
中小消費者金融約10.0%
プロミス44.9%(2020年2月)
アコム42.2%(2020年2月)
アイフル45.7%(2020年1月)
レイクALSA29.4% (2019年10月~12月平均)
SMBCモビット非公開

上記のように大手消費者金融で審査に通過しているのは10人中約4人です。

ましてや中小の消費者金融は10人に1人しか成約させていません。

そうしたことから、審査が甘いなんて言えないのがわかります。

成約率は目安程度に考えておこう!

成約率はトータルでの数字であるため、すべての人が40.0%前後になるわけではありません。

消費者金融はブラック状態や多重債務者の人の申し込みも多いため、そうした人が成約率を下げている可能性が高いです。

通常の人のみで集計すれば、成約率はもっと高くなるはずです。

よって、成約率は目安程度に考えておきましょう。

カードローンの審査に必ず通る裏技もない

カードローンの審査に必ず通る裏技もない

カードローンの審査の合否は現時点での返済能力や信用によって決まります。

返済能力や信用はこれから審査を受ける段階ではどうすることもできないため、カードローンの審査に必ず通る裏技のようなものはありません。

そのため、審査の攻略方法などを探すのは時間の無駄です。

ただし、カードローンの審査は最低限のポイントさえ満たせば通過できます。

その点については次章では解説していますので、審査に通過できそうかを確認してみてください。

諦めるのはNG!カードローンの審査は高難易度ではない

諦めるのはNG!カードローンの審査は高難易度ではない

ここまでお伝えしたように、審査に必ず通るカードローンはありません。

しかし、「審査に通らないから借入できない・・・」と諦めるのはもったいないです。

カードローンの審査はそこまで難易度が高いわけではありません。

とくに消費者金融カードローンではあれば、最低限のポイントさえ満たすだけで通過できる見込みがあります。

  1. 毎月収入を得ている
  2. 信用情報に傷がない
  3. 総量規制に引っかかっていない
  4. 他社借入が多すぎない

上記に問題なければ、審査に通過してお金を借りることができる可能性があるため、諦める前に確認しておいてください。

毎月収入を得ている

消費者金融カードローンの申込条件には、必ず「安定した収入があること」という条件があります。

これは「毎月収入を得ているか?」という意味です。

職に就いており、毎月収入を得ていれば問題なくクリア可能な条件ですので、決して難しくはありません。

以下のように、「アルバイトやパートでもOK」とはっきり記載がある会社もあるため、収入が低くても諦める必要もないです。

「アルバイトやパートでもOK」

出典:プロミス「よくある質問

信用情報に傷がない

消費者金融カードローンの審査では「信用情報」を確認されるため、信用情報に「傷」がないことが重要です。

信用情報とは、クレジットカードやローン等の利用記録だと思ってください。

信用情報の傷とは「延滞記録」や「事故情報」を指します。

延滞記録はクレジットカードやローンの返済期日を守らなかったとき、事故情報は「長期延滞」や「債務整理」を起こしたときに記録されます。

ただし、これらはほんとどの人にとって無縁のものです。

きちんと返済期日を守っている人であれば、信用情報の傷を心配する必要はありません。

総量規制に引っかかっていない

消費者金融カードローンは「総量規制」の対象であるため、すべての貸金業者の借入を合計して年収の1/3までしか借入できません。

貸金業者とは、消費者金融・信販会社・クレジット会社(クレジットカードのキャッシング枠)の3つです。

このため、貸金業者から借入している場合は、その借入額が年収の1/3以下でないといけません。

もし、貸金業者から借入合計が年収の1/3に達している場合は、総量規制に引っかかってしまい審査に通りません。

ただし、貸金業者から借入していない人や借入額が少ない場合は、総量規制を気にする必要はないです。

総量規制については、「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制 」でも解説しています。

他社借入が多すぎない

消費者金融カードローンの審査では、総量規制以外の他社借入の金額や件数も確認されます。

総量規制以外の他社借入とは、おもに無担保で現金が借入できるローンのことであり、銀行のカードローンやフリーローンが中心です。

他社借入の金額や件数が多い人ほど、毎月の返済負担が大きいです。
多重債務者であり、返済能力に大きな問題を抱えているケースもあります。

このため、他社借入が多いと審査に不利になるのです。

ただし、他社借入がない人や少ない人であれば問題になりません。

消費者金融の審査に通りそうなら「プロミス」がおすすめ!

消費者金融の審査に通りそうなら「プロミス」がおすすめ!

前章の解説で「審査に通る可能性がありそう」と思ったのであれば、思い切って消費者金融カードローンの審査にチャレンジしてみましょう。

消費者金融カードローンでおすすめなのは「プロミス」です。

プロミスは大手消費者金融カードローンのひとつであり、大手の中でもサービスの充実度がトップクラスです。

■プロミスのサービスはココがスゴイ!

  • 審査時間が最短30分
  • 融資までは1時間
  • はじめての利用なら30日間無利息
  • カードレス&郵送物なしが可能なので他人バレに強い
  • 公式アプリをダウンロードでスマホひとつで借入&返済ができる
  • 三井住友銀行ATMの利用手数料無料
  • お得なポイントサービスがあり

プロミスについては「プロミスの魅力を他社と比較して解剖~最大の魅力は「総合力」 」でも詳しく解説していますので、そちらも合わせてお読みください。

プロミスに申し込みして借入する方法

プロミスに申し込みして借入する方法は、WEB申込の場合ですと次のような流れになります。

  1. プロミスの公式サイトから申込手続
  2. 審査~希望の方法(メール・電話)で審査結果の通知
  3. 契約方法を「WEB」か「来店」から選択
  4. 借入

審査は最短30分、借入までは最短1時間です。

なお、契約方法を「WEB」もくは「来店」から選択でき、それぞれの違いは次のとおりです。

契約方法 特徴
WEB契約 カードの郵送の有無を選択可能

すぐ融資を受けたいなら銀行振込を選択する
来店契約 カードをその場で発行してもらえる
すぐ融資を受けたいならATMか店頭窓口からする
「カードをすぐに発行してほしい!」という人以外は、WEB契約を選んでおけば問題ありません。

 まとめ

審査に必ず通るカードローンはありません。

しかし、カードローンの審査はそこまで難易度が高くないため、諦めるのはもったいないです。

とくに消費者金融カードローンであれば、次のポイントを満たせるのであれば、通過できる見込みがあります。

  • 職に就いており毎月収入がある
  • 信用情報に「延滞記録」や「事故情報」がない
  • 総量規制オーバーでない
  • 他社借入の金額や件数が多すぎない

このため、「どうせ審査に通らない・・・」と諦める前に、まずは審査に通りそうかを確かめでください。

そして、審査に通りそうなら「プロミス」に申し込みしてみるのがおすすめです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン