HOME  お役立ち記事借りやすい中小消費者金融よりも大手消費者金融が借りやすいワケ

お役立ち記事
借りやすい中小消費者金融よりも大手消費者金融が借りやすいワケ

借りやすい中小消費者金融よりも大手消費者金融が借りやすいワケ

多くのサイトで見られる「中小消費者金融は審査に通りやすい」「借りやすい」といった情報。

実はそれ、信ぴょう性がかなり薄い情報なんです……!

この記事でまとめている審査通過率からもわかるとおりに、本当に借りやすいのは中小消費者金融ではなく、大手消費者金融です。

「借りやすいという理由で中小消費者金融を選ぼうと思っていた」という方は、この記事で真実をチェック!

本当に借りやすい消費者金融もまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

中小消費者金融が借りやすいは間違い

中小消費者金融が借りやすいは間違い

冒頭でも触れましたが、「中小消費者金融=大手消費者金融よりも借りやすい」は間違いです。

その理由は、「審査通過率は中小消費者金融よりも大手消費者金融が高い」ことと、「中小消費者金融は審査難易度がブレやすい」ことにあります。

審査通過率は大手消費者金融が高い

中小消費者金融の審査通過率は、10%前後だといわれています。

その一方で、大手消費者金融の審査通過率は以下のとおり。

会社審査通過率
中小消費者金融約10.0%
プロミス44.9%(2020年2月)
アコム42.2%(2020年2月)
アイフル45.7%(2020年1月)
レイクALSA29.4% (2019年10月~12月平均)
SMBCモビット非公開

アイフル、プロミス、アコムに関しては45%前後。大手消費者金融の審査を通過した人は、中小消費者金融よりも格段に多いのです。

そもそも、なぜ中小消費者金融と大手消費者金融で審査通過率にここまでの差があるかといいますと、経営の安定性に差があるためです。

大手消費者金融と比べれば、中小消費者金融は経営が不安定。そのため、返済を延滞された場合の影響力も大きく、審査には慎重にならざるをえません。

結果として、「少しでも返済能力に不安のある申込者には貸さない」対応をとっている中小消費者金融は多いでしょう。

中小消費者金融は審査難易度がブレやすい

大手消費者金融と比べ、中小消費者金融では資金の調達も不安定になりがちです。

そのため、資金が潤沢なときには審査難易度がやや下がり、資金が心もとなければ審査難易度が上がる、といった具合にブレがあります。

申込むタイミングによっては借りやすい中小消費者金融になることもありますが、そのタイミングを一般人が知ることはできません。

基本的には「中小消費者金融=審査通過率が低い」と考えておくべきでしょう。

中小消費者金融と大手消費者金融の違い

より審査通過率が高く、借りやすいのは大手消費者金融ですが、中小消費者金融と大手消費者金融にはほかにも多くの違いがあります。

  1. 審査内容
  2. 金利
  3. 限度額
  4. 安全性
  5. 融資スピード
  6. 利便性

これらの点から、中小消費者金融と大手消費者金融を比較していきましょう。

①審査内容の違い

大手消費者金融ではシステムによる機械的審査と人の手による審査がおこなわれますが、主な中小消費者金融では人の手による審査のみがおこなわれます。

中小消費者金融では人の手だけで審査していると聞くと、「中小のほうが温情をかけてもらえそう」というイメージを持つ人も多いです。

しかし、人の手だけの審査ですと、どうしても個人の感覚が入り込みます。

もちろんある程度の基準は企業ごとに定められていると思いますが、最終的に返済能力があるかないかを判断する際には個人の感覚が重視されるのです。

そのため、信用情報にキズがあるや他社でも借入をしているなど、自身の返済能力に自信のない方にほど、むしろ大手消費者金融をおすすめします。

②金利の違い

消費者金融名金利
大手プロミス4.5~17.8%
アイフル3.0~18.0%
アコム3.0~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%
SMBCモビット3.0~18.0%
中小セントラル4.8~18.0%
アロー15.0~19.94%
スカイオフィス15.0~20.0%

消費者金融の金利には下限金利と上限金利がありますが、はじめて契約するときにはまず間違いなく最大金利での契約です。

そのため、ここでも最大金利をチェックしていきたいと思いますが、上の5社は大手消費者金融。プロミスのみ17.8%とやや低い金利になっていますが、おおよそ18.0%です。

一方、下の3社は中小消費者金融ですが、セントラルのみが18.0%。ほかはおおよそ20.0%。大手消費者金融よりも、中小消費者金融の金利は高くつきやすい傾向にあります。

このような金利の差も、経営の安定性に関する差から生まれるものでしょう。

③限度額の違い

消費者金融名融資限度額
大手プロミス500万円
アイフル800万円
アコム800万円
レイクALSA500万円
SMBCモビット800万円
中小セントラル300万円
アロー200万円
スカイオフィス50万円

融資限度額については、表を見てもらえれば歴然。大手消費者金融は融資限度額が圧倒的に高いです。

このような融資限度額の差は、資金調達のスムーズさの差から生まれるものでしょう。

ただし、融資限度額の上限まで融資をしてもらうことは、申込み後すぐにはできません。

④安全性の違い

消費者金融自体が、そこまでイメージのよいものではありません。

それだけに大手消費者金融の運営はクリーンであることが第一。サービスにしても対応にしても、とても親切です。

一方、中小消費者金融のなかには、法律を犯すヤミ金融がまぎれていることもありますし、契約にかこつけて個人情報を盗まれるなど、詐欺に合うこともゼロではありません。

安全性を重視するのであれば、断然、大手消費者金融がおすすめです。

⑤融資スピードの違い

大手消費者金融では最短30分の審査や、即日融資も可能なのは当たり前になってきました。

これほどスピーディに対応できるのは、大手消費者金融ならではの審査システム構築と、過去のデータがあるためです。

一方、中小消費者金融でも即日融資を可能としていることもありますが、人の手による審査をおこなうため、大手消費者金融よりも審査に時間がかかる傾向にあります。

すぐに借りやすい消費者金融を探しているのなら、中小消費者金融よりも大手消費者金融が当てはまるでしょう。

⑥利便性の違い

大手消費者金融では、Webからの申込みや借入、返済など、スマホひとつで完結することも多いです。

また、近年ではカードレス契約が可能な大手消費者金融も増加中。カードが手元にないことで、カードローンの利用がバレにくいのも大きなメリットです。

一方、中小消費者金融ではいまだに店頭での契約が必要となることも少なくはありません。

「カードローンのお店に入るところを知り合いに見られたら……」と不安になる方も多いでしょうし、何より不便でしょう。

借りやすい大手消費者金融まとめ

借りやすい大手消費者金融まとめ

借りやすいだけでなく、さまざまな面で見ても中小消費者金融より優れている大手消費者金融を最後に紹介します。

  1. 利便性トップクラスの「プロミス」
  2. 急ぎの融資に柔軟対応してくれる「アイフル」
  3. 誰でも使いやすい「アコム」
  4. 2種類の無利息サービスがある「レイクALSA」
  5. 職場での電話連絡なしにできる「SMBCモビット」

それぞれ詳細をチェックしていきましょう。

1位:利便性トップクラス!|プロミス

プロミスは即日融資も可能な大手消費者金融です。

大手のなかでは最大金利が最も低い17.8%。ちょっとの差ではありますが、チリも積もれば大きくなりますので、長い期間お金を借りたい方や少しでも利息を下げたい方はプロミスがおすすめです。

収入証明書類提出キャンペーン中
プロミスでは、2020年4月1日~6月30日までの限定で、「収入証明書類提出キャンペーン」をおこなっています。

プロミスに申込みをし、収入証明書類を提出すると、なんと合計3,000名様に最高10万円分のプレゼント!

もらえるものは電子マネーやギフトカードのため、使い道を問いません。ぜひこの機会にプロミスへ申込みましょう。

30日間の無利息サービスあり
プロミスでは、はじめて契約する方に限り、30日間の無利息サービスがついてきます。

プロミスの30日間無利息サービスは、契約翌日からスタートではなく、はじめて借入をした日の翌日からスタートなのがポイント!

すぐにお金を借りる予定がなくても、損をしません。

なお、プロミスの30日間無利息サービスを利用するためには、契約後にメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

Webで申込みから借入まで完結
プロミスでは、申込みから借入までをスマホやパソコンひとつでおこなえます。

カードレスでの契約も可能なため、自宅への郵送物をなくすことができ、家族や同居人に内緒で借りやすいのも魅力的です。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

2位:急ぎの融資に対応!|アイフル

アイフルもまた即日融資が可能な大手消費者金融です。

アイフルでは、「ご融資をお急ぎの方」向けに特設ページを用意。

そちらのページにも記載があるとおり、申込み後にフリーダイヤルへ電話を入れ、急ぎの旨を伝えてみてください。優先して審査をおこなってくれます。

「すぐにお金を借りたい!」という方におすすめです。

30日間の無利息サービスあり
アイフルでもはじめての方に限り、最大30日間の無利息サービスを実施しています。

アイフルの無利息サービスは契約日の翌日からスタートするため、契約後はなるべくすぐの借入がお得です。

Webで申込みから借入まで完結
アイフルもスマホやパソコンがあれば、Webのみで申込みから借入までがおこなえます。

店頭まで出向く必要がないどころか、借入手続きもWebからできるため、いつでも気軽にお金を借りやすいでしょう。

アイフル キャプチャ

ボタン

3位: 誰でも使いやすい!|アコム

アコムもまた即日融資が可能な大手消費者金融です。

「はじめてのアコム♪」というフレーズでもおなじみなように、アコムは誰でも使いやすいのが特徴。

公式アプリをダウンロードすれば、動画で使い方を確認できます。

30日間の無利息サービスあり
アコムでもはじめての方に限り、30日間の無利息サービスを実施しています。

アコムの無利息サービスも契約日の翌日からスタートするため、契約後はなるべくすぐの借入がおすすめです。

アコム キャプチャ

ボタン

4位:職場への電話連絡なしも可能!|SMBCモビット

SMBCモビットもまた即日融資が可能な大手消費者金融です。

SMBCモビットもWEB完結申込みをおこなっていますが、他社とはひと味違うのが、勤め先への電話連絡をなしにできること!

会社の同僚や上司にバレないかが心配という方におすすめです。

その代わりに他社よりもWEB完結にするための条件は厳しいため、まずは公式サイトにて条件を確認してみてください。

Tカード機能付きモビットカードあり
モビットカードにはカードローン専用のもののほか、Tカード機能のついたものが用意されています。

現在、2020年3月30日~5月31日までにTカード機能付きのモビットカードを作れば、なんとTポイントが3,000ポイントプレゼント!

ぜひこの機会にSMBCモビットをチェックしてみてください。

SMBCモビット

ボタン

5位:2種類の無利息サービスあり!|レイクALSA

レイクALSAもまた即日融資が可能な大手消費者金融です。

レイクALSAでは以下の「選べる2つの無利息サービス」を実施中!

・お借入れ全額の60日間無利息サービス
・お借入れ額の内5万円分の180日間無利息(契約額1万円~200万円)

どちらの無利息サービスも他社よりも期間が長く、お得ですのでご確認ください。

Webで申込みから借入まで完結
レイクALSAでも、スマホやパソコンひとつで申込みから借入までがおこなえます。

いつでもどこでも借入ができるため、たとえば金欠時に飲み会やデートの予定がいきなり入ったときにも便利です。

レイク キャプチャ

ボタン

レイク ポイント

中小消費者金融よりも大手消費者金融は借りやすい!

中小消費者金融よりも大手消費者金融は借りやすい!

ネット上でよく見かける「大手消費者金融の審査に落ちたなら中小消費者金融へ」という言葉には、まったく信ぴょう性がありません。

中小消費者金融と大手消費者金融の審査通過率を考えれば、それは明らかです。

借りやすい消費者金融を探しているのであれば、大手消費者金融に申込むようにしましょう。