HOME  カードローン部  お金借りる「個人でお金を貸します」って信じていいの?個人間融資の闇を解説

お金借りる
「個人でお金を貸します」って信じていいの?個人間融資の闇を解説

ツイッターなどで「個人でお金を貸します」という投稿を見たことがある方は少なくないでしょう。
いわゆる「個人間融資」と呼ばれるものですが、これは果たして安全なのでしょうか?

この記事では、個人間融資の実態とともに、安全にお金を借りる方法も解説しています。借り入れで自分自身を追い込んでしまわないように、この記事の内容を参考にしてみてください。

個人間融資とは?

「個人間融資」とは、その名の通り、個人のあいだのお金の貸し借りのことです。

個人間融資では、銀行や消費者金融のような審査がありません。そのため簡単にお金を借りれられることから、審査が通らない、いわゆる「ブラック」な人などが利用する傾向があります。

しかしほとんどの場合、個人間融資は違法です。なぜなら「貸金業」として認められていないにも関わらず、営利目的として貸し付けていることが少なくないからです。

そもそも金銭を貸し付けるには、国や都道府県から貸金業として登録を受ける必要があります。しかしほとんどの個人間融資の貸し手は、貸金業として認められていません。つまり多くの場合、個人間融資は違法行為ということです。

個人間融資は、主にSNSやインターネットを通して行われています。特に以下の2つの方法で借り手を募集していることが多いです。

  • ツイッター(Twitter)
  • ネットの掲示板

ツイッター(Twitter)

ツイッター上で借り手を募集しているアカウントは少なくありません。「#お金貸します」「#個人間融資」といったハッシュタグをつけて、融資先を探していることも多いです。

こうしたアカウントは、親しみやすいキャラクターのアイコンだったり、プロフィールがしっかり書かれていたりと、一見すると怪しく思えません。しかし後ほど説明しますが、裏の顔はヤミ金や詐欺師であることがほとんどです。

特に、「お金を貸しますよ」といった内容がツイッターのDMで来たときは要注意。こうしたDMには、絶対に返信してはいけません。

なぜなら、返信すると詐欺集団のリストに掲載される可能性が高いからです。結果として別の詐欺アカウントからDMが飛んでくるなど、収拾がつかなくなることもあります。

ネットの掲示板

ネット上では、「お金を貸したい人」と「借りたい人」をつなぐ掲示板が複数存在します。

掲示板には、「誰からも借りられず助けてください」といった悲痛な叫びが見られることも。投稿数も多く、活発にやり取りがされていることから、「みんな使っているなら」と安心してしまうこともあるでしょう。

しかし多くの投稿は、詐欺集団がそれっぽく作っているダミーの投稿であることが少なくありません。

そもそも見知らぬ個人同士がお金の貸し借りをするのは、リスクがかなり高いことです。貸し手からすると返済されないまま逃げられる可能性もありますし、借り手からしても裏にヤミ金などが控えている可能性が限りなく高いからです。

そのため、ほとんどの人は個人間融資の掲示板には近づきません。つまり掲示板上で活発なやり取りが行われているのは、冷静に考えるとおかしな話なんですね。

ツイッターだけでなく、ネットの個人融資掲示板も犯罪の温床です。お金を借りてしまわないように注意しましょう。

個人からお金を借りる「個人間融資」を使うリスク

個人間融資でうっかりお金を借りてしまうと、取り返しのつかない事態に発展することがあります。

具体的には、以下のようなリスクがあるので注意しましょう。

  • 闇金の被害に遭う
  • 詐欺に遭う
  • 性犯罪の被害に遭う

それぞれ説明します。

ヤミ金の被害に遭う

個人間融資を使うと、ヤミ金の被害に遭ってしまうことがあります。

ヤミ金とは、貸金業として認められていないにも関わらずお金を貸し付ける違法集団のこと。ヤミ金からお金を借りてしまうと、さまざまなトラブルに見舞われます。

たとえば超高金利で多額の利息を請求されたり、返済できないと職場や自宅にまで押しかけてきたりすることも。自分だけでなく、自分の周囲の人もトラブルに巻き込まれる可能性が高く、精神的にボロボロになってしまうこともあります。

詐欺に遭う

個人間融資の貸し手が、詐欺師であることも少なくありません。ヤミ金が取り立てを迫ってくるのに対し、詐欺師は奪うだけ奪ってすぐに逃げるといった特徴があります。

たとえば、「前金を振り込んだのに入金されない」といった被害も。氏名や住所、口座番号などの個人情報を伝えたあとに連絡が一切取れなくなった、という被害も報告されています。

性犯罪の被害に遭う

個人間融資は、性犯罪の温床とも言われています。特に、ひととき」の存在が問題視されています。

「ひととき」とは、性行為を条件とした個人間の貸し借りのこと。10代や20代といった若い女性が被害に遭うことが多く、2019年には児童買春などの容疑で逮捕者も出ています。
なかには、性行為を拒んだことで暴力を振るわれたり、裸の写真をエサに脅迫させられたりする被害も。

個人間融資の貸し手は、ヤミ金や詐欺師だけでなく、危険な男性が控えていることも少なくありません。
特に女性の場合は性犯罪に遭う可能性もあるため、個人間融資には絶対に近づかないようにしてください。

個人間融資を使う前に検討すべきこと

個人間融資の貸し手は、「困ってる人にすぐに借しますよ」と親しみを持って近づいてきます。しかし甘い言葉には、必ず裏があるもの。そのため借りてしまうと、あとから後悔することになります。

そこで、個人間融資を使う前に検討したいことを3つお伝えします。

  • 大手消費者金融から借りる
  • 「生活福祉資金貸付制度」を利用する
  • 債務整理を考える

それぞれ説明しますね。

大手消費者金融から借りる

個人間融資を使おうか迷っている方のなかには、「どうせカードローンの審査に通らないよな」と思っている方がいるかもしれません。

しかし実は、審査のハードルはそこまで高くありません。毎月2万5,000円程度の収入しかなかったとしても、返済する強い意思があればお金を貸してもらえることもあるのです。

特に大手消費者金融であれば、事前にコールセンターに電話することで、万が一返済が滞りそうなときは返済スケジュールを組み直してくれる、といったサポートも期待できます。

何よりも大手消費者金融は、貸金業として国から認められているだけでなく、多くの人が利用していることから信頼性もあります。個人間融資でリスクを背負うより、はるかに安全にお金を借りられるので、まずは消費者金融を使うことを検討してみましょう。

審査スピードが速い「プロミス」がおすすめ

大手消費者金融のなかでは、プロミスがおすすめです。

なぜなら審査スピードが最短30分と、ほかの消費者金融と比較してかなり速いからです。
土日祝日でも申し込みができ、さらに即日融資も可能。お金が今すぐ欲しいときに、プロミスはかなり心強い存在といえます。

ただ、「消費者金融ってなんか怖い」と思う方もいることでしょう。どんなステップを踏んでお金が振り込まれるのか、イメージできない方も多いのではないでしょうか?

そこでプロミスでは、「30日間無利息サービス」を行っています。これは、プロミスを初めて利用する方であれば、初回の融資に限り30日間の利子が無料となるサービスです。

「30日間無利息サービス」を使って1万円でも良いので借りてみることで、消費者金融でお金を借りることが意外に簡単ということも分かるでしょう。

繰り返しになりますが、個人間融資で借りるよりも、消費者金融でお金を借りたほうが確実にリスクは少ないです。特にはじめて消費者金融を利用する場合は、プロミスを使ってみましょう。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

「生活福祉資金貸付制度」を利用する

個人間融資に手を出してしまいそうになるほどお金に悩んでいる場合は、国の制度を頼るのもひとつの手です。具体的には、「生活福祉資金貸付制度」の利用を検討してみましょう。

生活福祉資金貸付制度とは、収入が低いことで生活が困難な人などに、国が低利で貸付を行ってくれる制度のこと。「カードローンの審査に通過できない」といった方でもお金を借りられる場合があります。

生活福祉資金貸付制度を利用するには条件があり、誰でも借りられるわけではありません。ただ国の制度なので、個人間融資のように「借りてから後悔する」といったことがないのが大きなメリットのひとつです。

生活福祉資金貸付制度の利用を考えている方は、まずは自分が住んでいる市区町村の役所に電話してみてください。「お金に困っている」といった事情を説明すると自立相談支援機関を紹介されるので、そこで融資の相談をすることができます。

債務整理を考える

借金が膨らみ過ぎて、あとは個人間融資に手を出すしかない……。このように追い詰められている場合は、個人間融資ではなく、まずは「債務整理」を考えてください。

債務整理とは、借金を減額したり、支払スケジュールを変更したりすることで、余裕を持って返済できるように変更する手続きのこと。債務整理をすることで、たとえばヤミ金に吸い取られたお金を取り戻せる可能性も出てきます。

「法テラス」にまずは電話する

債務整理をするときは、弁護士に頼むことが一般的です。しかし「いきなり弁護士に相談するのは……」と、気が引けてしまう方もいるでしょう。

そこで利用したいのが、「法テラス」です。法テラスとは、さまざまな法的トラブルを解決するサポートを無料で行ってくれる窓口のこと。無料で弁護士に相談できたり、場合によっては「弁護士費用の立て替え」といった経済的なサポートを行ってくれたりします。

債務整理に関しても相談を受け付けているので、借金の返済に困っている方はまずは法テラスに相談してみましょう。電話は平日9時~21時まで、土曜日は9時~17時までいつでも受け付けています。

参考:法テラス

「個人でお金を貸します」はかなり危険!近づかないように注意しよう

「個人でお金を貸します」と言ってくる人には、善意の気持ちはありません。あるのは、「お金をダマし取ろう」「お金を搾り取れるだけ搾り取ろう」といった黒い心だけです。

今はSNSが身近なため、知らない人とでもつながりやすくなっています。人脈が広がり、コミュニティが増えるなどのメリットもありますが、一方で個人間融資などのトラブルに巻き込まれるリスクがあることは覚えておきましょう。

今回紹介したような方法や制度を使うことで、個人間融資を使わなくてもお金の問題は解決に向かいます

「個人でお金を貸します」という甘い言葉には、絶対に近づかないようにしてくださいね。