HOME  カードローン部  お金借りるお金に困っていても焦りは禁物 今日お金を借りたいときのアドバイス

お金借りる
お金に困っていても焦りは禁物 今日お金を借りたいときのアドバイス

お金に困っていても焦りは禁物 今日お金を借りたいときのアドバイス

この記事は、今日お金を借りたいと考えている人に向けて書きました。

どうにかして即日でお金を借りるためには、消費者金融に融資してもらう方法がおすすめです。

銀行に比べて審査のスピードが速く、人によっては30分後に融資を受けることも可能です。

消費者金融のカードローンで即日融資を受けるには事前の準備が大切です。

事前準備をしっかりしておけば、無職や学生でも即日でお金を借りることは難しくありません。

今日お金を借りやすいのは消費者金融の即日融資

今日お金を借りやすいのは消費者金融の即日融資

今日中にお金を借りたいというのは、かなり急な話といえます。

消費者金融は、そんな急な話でも対応できる数少ない貸し手です。

正しい手順を踏めばその日のうちにお金を借りることは、消費者金融ならそれほど難しくありません。

消費者金融は最短で申し込みから30分でお金を借りられる

消費者金融は、申し込み書類がしっかり揃っていてある程度の返済能力があれば、最短で30分後にはお金を受け取ることも可能です。

それぐらい早くお金を貸してくれるのは、消費者金融以外にはないといえます。

大手消費者金融が審査が早くおすすめ

30分後にはお金を受け取りたいといった、とにかく急いでお金を必要としている場合は、大手の消費者金融に申し込みましょう。

大手消費者金融は大量の審査を素早く処理する仕組みを持っているため、審査のスピードが早いからです。

無人契約機に行けるなら20時までに申し込めば融資を受けられる

その日のうちにお金を借りたいならできるだけ早い時間に申し込むことが大切です。

振込でお金を受け取りたいなら銀行の営業時間である15時に間に合うよう、14時までには申し込みを済ませたいところです。

なお、振込ではなく消費者金融の無人契約機でお金を受け取るなら、銀行の営業時間は関係ありません。

細かい時間は消費者金融によって異なりますが、20時までに申し込めば、審査に通りさえすればその日中にお金を受け取ることもできるでしょう。

3秒診断で結果が早いのはプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

消費者金融が即日融資をできる理由

消費者金融が即日融資をできる理由

今日お金を借りたいという人に消費者金融がおすすめなのは、消費者金融は即日融資が可能だからです。

ここでは、消費者金融が即日融資できる理由について解説します。

消費者金融は多くの人に融資するため早く審査するシステムを持っている

消費者金融は毎月多くの申し込みを処理しており、たとえば大手のプロミスは、2021年5月の新規申込者数は31000件以上ありました(出典:SMBCコンシューマーファイナンス月次データ、2021年3月期)。

これは1日平均100件の申し込みがくる状態なので、速やかに審査を済ませる必要があります。

申し込み者の多い大手消費者金融は、決められたルールでスピーディーに審査を行っていくシステムを持っているため、1日約100件の申し込みに対応できるのです。

多くの審査を素早く処理するためにリスクを取る傾向がある

大手消費者金融の審査システムは大量の申し込みを処理できる代わりに、申込者一人ひとりの細かいところまでは見ていません。

もし返済能力に不安のある人が申し込んできても、審査のシステムを通過すれば融資を受けられるため、リスクのある貸出が行われる可能性があるのです。

リスクのある融資をする代わりに銀行系カードローンに比べて金利がやや高い

消費者金融はリスクのある貸出が行われる可能性があるため、万が一貸し倒れになってしまっても損害を抑えられるよう、銀行系カードローンに比べて金利がやや高く設定されています。

銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が低いことが多いですが、即日融資には対応していないため、今日お金を借りたいという人は、消費者金融に申し込みましょう。

消費者金融で即日融資を受けるために注意したいこと

消費者金融で即日融資を受けるために注意したいこと

消費者金融は必ず即日で貸してくれるわけではなく、今日お金を借りたいならいくつか注意するポイントがあります。

ここでは、その注意点について解説します。

審査なしをアピールしている消費者金融からお金を借りてはいけない

消費者金融を調べていて、審査が厳しくないことや審査なしでお金を借りられることをアピールしている業者を見かけたことがある人は多いと思います。

まず、審査なしで借りられる消費者金融はありません。

消費者金融は融資するとき、貸す相手の返済能力を調査することが貸金業法で義務づけられているので、審査をしないことは貸金業法違反にあたる可能性があるのです。

審査なしで借りられるところは、貸金業者登録をしていない、いわゆるヤミ金である可能性が高いので、決して利用してはいけません。

審査に必要な書類を事前に用意しておく

今日お金を借りるためには、審査をスムーズに進められるよう事前の準備が大切です。

まずは、審査に必要な書類を事前に用意しておきましょう。

必ず使うのは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

なお、借入希望額が50万円以上(または他社との合計借入額が100万円以上)の場合は収入証明書も追加で必要になります。

振込希望なら14時までに申し込みを済ませよう

消費者金融からの融資は、指定した口座への振込か、消費者金融の無人契約機または提携ATMで受け取ることができます。

指定口座へ振り込んでもらう場合、その日のうちにお金を借りるには銀行の営業終了時間である15時までに対応してもらう必要があるため、その1時間前の14時には申し込みを完了させましょう。

なお、消費者金融と提携している銀行なら、もっと遅い時間でも対応してくれる場合があるので、申し込んだ消費者金融に問い合わせてみましょう。

無人契約機や提携ATMで融資を受け取るなら20時までの申し込みでOK

口座振込でなく無人契約機や提携ATMで融資を受け取るなら、もっと遅い時間での申し込みでも構いません。

24時間対応や土日でも融資可能などケースもあるため、申し込んだ消費者金融で確認してください。

スマホかPCで申し込むのが早くておすすめ

消費者金融への申し込み方法は電話や店頭など複数の種類がありますが、スマホかPCからのWeb申し込みが場所と時間を選ばないのでおすすめです。

本人確認書類も画像として遅れるため、すぐに手続きが完了します。

消費者金融以外で今日お金を借りるための方法

消費者金融以外で今日お金を借りるための方法

今日お金を借りたいという人のニーズに応えられるのは、消費者金融だけではありません。

ここでは、消費者金融以外で今日中にお金を借りられる方法を紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードには支払いで利用できるショッピング枠のほかに、お金を借りられるキャッシング枠があります。

新しくクレジットカードを作るには1日では無理ですが、すでに持っているクレジットカードにキャッシング枠があれば、すぐにお金を借りられます。

質屋に品物を預ける

品物を担保にお金を借りられる質屋は、品物さえあればその日にお金を借りることができます。

ただし、借りられる金額は品物の査定額で決まるため、自分で自由に金額を指定できないのがデメリットです。

担保の品物はお金と引き替えに質屋に預けることになりますが、もしその品物が手元に戻ってこなくても構わないなら、お金を返す必要はありません。

家族や知人から借りる

家族や知人から借りる個人的な借金は、お互いが納得すればどんな条件で貸し借りしても構わないので、その日のうちにお金を借りることも可能でしょう。

信頼関係のある間柄なら返済がいつになっても許されるかもしれませんが、それに甘えていつまでも返さないでいると、それが原因でトラブルになる危険性があります。

どんなに親しい相手でも、お金の貸し借りはきちんとけじめを持って対応しましょう。

今日お金を借りたいときに借りられる即日融資に対応した消費者金融

今日お金を借りたいときに借りられる即日融資に対応した消費者金融

今日お金を借りたいという人には、消費者金融がもっとも合った方法です。

即日融資は大手ほど対応してくれる可能性が高いので、まずは大手の消費者金融から申し込んでみましょう。

カードローンランキング1位 プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

カードローンランキング2位 アイフル

アイフル キャプチャ

ボタン

カードローンランキング3位 アコム

アコム キャプチャ

ボタン

まとめ

今日お金を借りたいという人は、何らかの理由から緊急でお金が必要だと思われます。

消費者金融はそんな急ぎのニーズにも対応できる体制を持っているので、今日お金を借りたい場合にもっともおすすめの方法といえます。

この記事を参考にして、スマートかつスピーディーにお金を借りてください。