レイクALSAの保証会社はどこ?保証会社が存在する理由は?

この記事は、レイクALSAの利用を考えていて、保証会社について気になる人のために書きました。

レイクALSAはじめ、カードローンは保証会社が審査を担当しています。ここでは、レイクALSAの保証会社について解説します。

レイクALSAの保証会社はどこ?

そもそも「保証会社」は、銀行カードローンに存在するものです。

銀行自体にカードローン商品に関する審査を行うノウハウがないので、保証会社に委託します。多くの場合、消費者金融が保証会社となっています

対して、レイクALSAはじめ大手の消費者金融は自社で保証会社の役割を担っています

レイクALSAの保証は新生フィナンシャル株式会社がしている

「レイクALSA」は会社名ではなく、新生フィナンシャル株式会社の商品名です。

つまり、レイクALSAの保証事業は新生ファイナンシャル会社が行っていることになります。

新生フィナンシャル株式会社が信用保証事業を行っているので、レイクALSAは無担保、保証人なしで融資してくれるのです。

言い換えると、レイクALSAなどの消費者金融は「自社が保証会社も兼ねている」ともいえます。

そもそも保証会社とは?

保証会社が生まれた経緯

保証会社が生まれた理由は、カードローン事業者のリスクを減らすためです。

かつて、カードローン事業者のリスクが高まったことがあるので、保証会社が作られました。

利息制限法でカードローンの利益が減少

利息制限法という法律が改正され、カードローン事業者は法律で定められた以上の金利をつけられなくなりました。

カードローンは金利で利益を得ているので、金利が制限されると利益が減ってしまいます。

利息制限法で利益が減ってしまい、一部のカードローン事業者は経営に影響が出ました。

過払い金の返還で経営が成り立たなくなったところも

利息制限法によって金利の上限がはっきりと決まったことで、それ以上の金利を得ていた消費者金融は、上限以上の金利を借り手に返還することになりました。

これを、過払い金の返還といいます。

過払い金の返還は消費者金融の経営に大きく影響し、中には倒産してしまう事業者もいました。

消費者金融は会社を保つため、銀行グループの傘下に入るところもありました。

消費者金融を傘下に収めた銀行は、消費者金融ビジネスのリスクを軽減するために、保証会社を作った、というわけです。

貸す側のリスクを減らすために保証会社が生まれた

保証会社はカードローン事業者に代わって審査をしたり、連帯保証をしたりします。

これによって、カードローン事業者は利息制限法で決められた金利の中で、できるだけリスクを減らしてビジネスを行えます。

保証会社は、きちんと法律を守ったうえで会社を存続させるための方法なのです。

保証会社は保証人制度の代わり

先述しましたが、保証会社があるのでカードローンは保証人なしで利用できます。つまり、保証会社の役割のひとつは申込者の連帯保証です。

保証会社は、申込者がお金を返せなくなった場合に備えて連帯保証をつけて、カードローンに損害が出るのを防いでいるのです。

保証人制度があると利用のハードルが高くなる

連帯保証人をつける保証人制度は、貸し手側のリスクを減らす効果があります。

しかし、個人向けのカードローンで保証人を用意することは、申込者にとってとてもハードルが高くなってしまいます。

保証人が必要になると、カードローンを利用したくてもできない人が増えてしまいます

そうならないように、消費者金融系のカードローンは保証人がなくても申し込めるようにしています。

保証会社はカードローン審査のプロ

保証会社(主に消費者金融)が銀行カードローンの審査をするのは、長年培われたノウハウがあるからです

消費者金融は毎年数万件レベルで審査を行っているので、審査のスピードと正確さはとてもレベルが高いといえます。

銀行カードローンはそのスピードと正確さを頼りにして、消費者金融に審査を代行してもらっているのです

保証会社は返済できないときに立て替えてくれる

保証会社のメイン事業は審査ではなく「保証」です。カードローンの申込者が返済できなくなったとき、代わりにローン返済を建て替えてくれます。

保証会社が代わりにローン返済を建て替えることを「代位弁済」といいます。

代位弁済は何のためにあるの?

代位弁済があるおかげで、カードローン事業者はもし利用者が返せなくなっても、融資を回収できなくなる心配がありません。

保証会社が代わりに返済してくれるので、安心して融資ができるのです。

代位弁済は、利用者というよりもカードローン会社のためにあるといえます。

利用者は保証会社に返済することになる

代位弁済してもらっても、申込者が借りたローンがなくなるわけではありません

ローンを返す先がカードローンから保証会社に変わるだけなので、カードローン利用者は引き続き返済の義務を負います。

利用者は一括返済を要求されるケースもある

保証会社はカードローン利用者の債権を回収するため、分割返済を認めない場合があります

保証会社によっては一括返済を要求してくるケースもあるので、くれぐれも代位弁済にならないよう、きちんと返済していきましょう。

また、代位弁済をされた利用者は信用情報にその記録が残ってしまいます

新規で別のローン商品は利用できなくなるので、カードローンはきちんと返済するようにしましょう。

レイクALSAがおすすめな人と審査基準

ここでは、どんな人がレイクALSAがおすすめなのかを解説します。

しっかりと安定した収入のある人

審査に通過するためには確かな返済能力が必要です。しっかりと定期的に収入を得ている人なら、レイクALSAを利用できるでしょう。

あまり高額な借り入れが必要ない人

レイクALSAの融資可能額は1〜500万円です。

アコムやアイフルに比べると上限が低くなっています。

カードローン融資可能額の上限
レイクALSA500万円
プロミス500万円
アコム800万円
アイフル800万円

500万円以上の高額融資を希望する場合は、アコムやアイフルなどほかのカードローンを使いましょう。

レイクALSAの審査は厳しめ

レイクALSAは他の消費者金融に比べると審査が厳しい傾向にあります。

アコムやプロミスの審査通過率は40%以上あるのに対して、レイクALSAは30%前後で推移しています。

参考:新生銀行グループ「ビジネスハイライト」

レイクALSAのサービス

レイクALSAの貸付条件

ご融資額1万円~500万円
貸付利率4.5%~18.0%
利用対象満20歳~70歳(国内居住の方)
返済方式残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数5年・60回
※借入れおよび返済計画に応じて変動します
必要書類運転免許証等
収入証明(契約額に応じて、当行が必要とする場合)
担保・保証人不要
※貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
※ご契約には所定の審査があります。
※詳細は商品概要説明書をご確認ください。
※当行の契約する指定紛争解決機関「一般社団法人全国銀行協会」の連絡先「全国銀行協会相談室」
※2018年4月現在
ご融資額などお借入れに関する諸条件です。
満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。
お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

レイクALSAには無利息サービスが2種類あります

Webで申し込むと60日間無利息※

初回契約時の翌日から60日以内に完済すれば、利息がつかないサービスです(Web申込限定)。

※レイクALSA利用が初めての方、初回契約翌日から無利息、無利息期間経過後は通常金利適用、30日間無利息・180日間無利息と併用不可、Web申込かつ契約額1~200万円までの方

お借入れ額5万円まで180日間無利息※

初回契約日の翌日から180日間は5万円まで無利息となるサービスです。

無利息期間が約半年もあるので、かなり余裕をもって返済できます。

しかも、180日過ぎるまでは、何度借りても5万円まで無利息となります。

180日間は、5万円を借りて返すのを何度繰り返しても、利息が発生しないのです。

ほかのカードローンにはないサービスなので、少額融資を希望している人におすすめといえます。

※レイクALSA利用が初めての方、初回契約翌日から無利息、無利息期間経過後は通常金利適用、30日間無利息・60日間無利息と併用不可、契約額1万円~200万円までの方

まとめ

レイクALSAは新生フィナンシャル株式会社が保証会社の役割を果たしています。

レイクALSAの特徴は選べる無利息サービスがオトクである点です。

レイクALSA

レイク キャプチャ レイク 金利 ボタン レイク ポイント

ローン大バナー