新生銀行カードローン レイクで30万・50万・100万を借りた時の金利と計算方法

レイク タイミング

新生銀行カードローン レイクでお金を借りた場合、金利がいくらで、利息をどれだけ支払う必要があるのか気になりますよね。

そこで今回は、レイクで実際にお金を借りた際の金利それに掛かる利息の計算方法についてまとめました。

0.新生銀行カードローン レイクの金利

これから、レイクの金利と利息の計算方法についてお話していきますが、まずはレイクの金利についてお話しします。

レイク 金利表

新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンですが、金利は4.5%~18.0%消費者金融並みに高いです。

ただ、初回の利用では無利息サービスを受けられるので、実際はかなりお金を借りることができます。

新生銀行カードローン レイクの金利については「新生銀行カードローン レイクってお得なの?気になるレイクの金利とお得なプラン」を参考にしてみてください。

1.金利の決まり方

これはどこでお金を借りても同じですが、お金を借りた際の金利は、公表されている金利の中で一番高いものが適用されます。

レイク 金利表

ですので、新生銀行カードローン レイクの場合は、100万円未満の借り入れは金利18.0%100万円~300万円未満は15.0%という形で金利が適用されます。

そのため、利息(元金に追加して支払うお金)を計算する際の金利は、その金利を利用して計算します。

2.利息の計算方法

利息の計算は、次の式に当てはめて行います。

利息の計算方法 図

例えば、20万円金利18.0%30日借りた場合の利息は、2,959円になります。

利息 20万18%30日 図

3.新生銀行カードローン レイクで30万円借りた場合の金利

ここからは、具体的に新生銀行カードローン レイクでお金を借りた場合の利息についてお話していきます。

新生銀行カードローン レイクで30万円借りた場合の返済額が、毎月2万円だった場合と3万円だった場合でご紹介していきます。

無利息サービスを使った場合

30万円以上の借入では、30日間無利息を使ったほうが安く済みますので、30日間無利息を使った金額になります。

レイク 無利息サービスを使って30万円借りた場合

無利息サービスがなかった場合

無利息サービスがない場合は、次のような金額になります。

レイク 無利息サービスを使わずに30万円借りた場合

4.新生銀行カードローン レイクで50万円借りた場合の金利

次は、少し大台の50万円で見ていきます。

新生銀行カードローン レイクで50万円借りた場合の返済額が、毎月3万円だった場合と5万円だった場合でご紹介していきます。

無利息サービスを使った場合

30日間無利息を使った金額になります。

レイク 無利息サービスを使って50万円を借りた場合

無利息サービスがなかった場合

無利息サービスがない場合は、次のような金額になります。

レイク 無利息サービスを使わずに50万円借りた場合

5.新生銀行カードローン レイクで100万円借りた場合の金利

最後は、大台の100万円で見ていきます。

新生銀行カードローン レイクで100万円借りた場合の返済額が、毎月5万円だった場合と7万円だった場合でご紹介していきます。

無利息サービスを使った場合

30日間無利息を使った金額になります。

レイク 無利息サービスを使って100万円借りた場合

無利息サービスがなかった場合

無利息サービスがない場合は、次のような金額になります。

レイク 無利息サービスを使わずに100万円借りた場合

6.これまでの金利の推移

以前の新生銀行カードローン レイクの金利は、18.0%~29.2%と相当高額なものでした。

しかし、これはどこの消費者金融も同じで、アコムやプロミスといった有名なカードローンでも、似たような金利でお金を貸していました(「どうする?アイフル~」というチワワのCMが流れてた時の金利です)。

その後、法律が改正されて、

18.0%~29.2%⇒15.0%~18.0%⇒4.5%~18.0%

という流れで、金利が減少していきました。

7.まとめ

新生銀行カードローン レイクの利息は、50万円や100万円という大金を借りても、他の大手消費者金融とほぼ変わりません。

また、30万円以下の金額であれば、無利息サービスを使う事で、銀行や他の消費者金融よりも安い利息で借りる事ができます。

こんな人に新生銀行カードローン レイクはおすすめ!

新生銀行カードローン レイク

レイク 新メインキャプチャャ-min

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクの金利は4.5%~18.0%と大手消費者金融と違いはありません。

ただ、新生銀行カードローン レイクには2つの無利息サービスがあり、「5万円まで180日間無利息」という独自のサービスを提供しています。 

このサービスを使えば、28万円までの借入で毎月の返済金額が6万円未満であれば、消費者金融や銀行カードローンよりお得にお金を借りることができます。

また、新生銀行カードローンレイクは、セブン銀行、ローソンATM等の提携ATMの利用手数料は無料ですので、利息以外に余計なお金を払う必要もありません。

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

低金利カードローンなら住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアム)

Mr.カードローン

住信sbi 限度額 ボタン 住信sbi ポイント

詳細

住信SBIネット銀行Mr.カードローンには、スタンダードコースとプレミアムコースの2種類がありますが、このプレミアムコースが超低金利カードローンになります。

低金利なだけあり審査基準はかなり厳しめで、少なくても勤続年数1年以上の正社員でなければ、審査に通るのはほぼ不可能でしょう。

また、申し込み段階では、スタンダードコースとプレミアムコースを選ぶことができず、審査の結果を待つ必要があるというのも、マイナス部分となります。

ただし、プレミアムコースの審査に通る事さえできれば、これ以上ない低金利カードローンですので、「新生銀行カードローン レイクを過去に利用したことがある。もしくは、30万円以上借りるつもりだ。でも低金利が良い」という場合は、挑戦してみる価値大ありです。

安定の低金利カードローンならみずほ

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ボタン

年会費 -min

詳細

みずほ銀行カードローンの金利は最大年14%ですので、消費者金融より約4%少ない計算になります。

例えば、無大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

また、審査基準に関しても、安定した収入があれば審査に通る可能性はあるので、アルバイトやパートであっても審査に通ることは可能です。

もし多額のお金を借りる予定や複数回利用するつもりであれば、みずほ銀行カードローンに挑戦してみることをおすすめします。

みずほ銀行の場合

ローン大バナー

レイク タイミング