HOME  クレジットカード部  お役立ち・基本知識ライフカード強制解約になる3つの原因~再契約できる?どうなる?~

お役立ち・基本知識
ライフカード強制解約になる3つの原因~再契約できる?どうなる?~

ライフカード強制解約になる3つの原因~再契約できる?どうなる?~

この記事は、

「ライフカード強制解約の通知が来た」

「ライフカード強制解約になりそう…」

とお悩み中の人のために書きました。

ライフカードが強制解約になるには相応の原因があり、それぞれの原因によって対処法が変わります。

ただ、実際に強制解約になってしまうと利用金額の一括請求が行われ、残念ながら利用停止の復活はもちろん再契約も厳しいです。

この記事では、「ライフカードの強制解約になる3つの原因」や「強制解約になったらどうなるのか?」を解説します。

CHECK

「支払い遅れ(延滞・滞納)」が原因でライフカード強制解約になりそうであれば、まだチャンスは残されています◎
この記事を読んで、今すぐリカバリ法を実践しましょう。

ライフカード強制解約になる原因は3つ!一括請求&再契約は厳しい

ライフカード強制解約になる原因は3つ!一括請求&再契約は厳しい

ライフカードが強制解約になった場合、コールセンターに問い合わせをしても原因を教えてはくれません。

ライフカードをはじめとする「クレジットカードの強制解約になる原因」は、主に以下の3つと思って良いでしょう。

ライフカード強制解約になる3つの原因

※タップすれば詳細をすぐ読めます

ライフカード強制解約の中で一番リスクが高いのは、「1~2ヶ月以上の支払い遅れ(延滞・滞納)」です。

強制解約になる3つの原因について、詳しくは記事の中で解説していくので読み進めてください。

本当にライフカード強制解約なの?

本当にライフカードが強制解約になったのか、必ず確認をしてください。
というのも利用停止や強制解約ではなく、カードの磁気不良・有効期限切れ・利用限度額に達していることも考えられます。
強制解約の場合コールセンターに連絡をしても原因は教えてもらえませんが、強制解約の事実は教えてもらえます。

 ライフカード強制解約になると一括請求&再契約NG

ライフカード強制解約になった場合、まず考えられるのは「利用残高の一括請求」です。

強制解約になると「リボ払い」や「分割払い」などの対応は難しく、希望をしても通して貰えないケースが多いです。

そして、ライフカード強制解約になると社内データとして残るため、仮に一括返済してもライフカードの再契約はできません。

ライフカード強制解約になれば、個人信用情報機関に強制解約の事実が記載され、将来的に以下のようなリスクがあります

ライフカード強制解約による将来的なリスク

  • 他社クレジットカードやローンに影響がある
  • 新規クレジットカードが作れない
  • 住宅ローンやカーローンの審査に通らない
  • スマホ本体の分割ローンが組めない

ライフカードが加盟している信用情報機関は、「CIC(シー・アイ・シー)」と「JICC(日本信用情報機構)」です。

強制解約の事実は「JICC」が開示している信用情報に、契約解除後も5年間は記載され続けます。

個人信用情報機関の「信用情報」とは?

あなたのクレジットカードやカードローンなどの契約状況(残高や延滞情報など)が記載されている情報です。
クレジットカードなどの審査時に開示をして、あなたの返済能力を見極めるために利用されます。

 ライフカード支払い遅れ(延滞)は強制解約の前にリカバリを

「ライフカードの支払い遅れ(延滞・滞納)中で強制解約になりそうだけど、お金もない!!」

という人は、強制解約になる前にカードローンで一時的に借りてリカバリをおすすめします。

さっきも少し触れましたが、強制解約になれば一括請求される上に、将来的に他社で新規借り入れが難しくなります。

実際に強制解約になる前に新規カードローンでリカバリすれば、強制解約のリスクを回避することもできます。

新規カードローンのおすすめは、大手消費者金融「プロミス」。

無利息サービス期間内に全額返済すれば利息も0円になります。

カード利用料金の返済にもおすすめできるのはプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

ライフカード強制解約の原因が「支払い遅れ(延滞・滞納)」の場合

ライフカード強制解約の原因が「支払い遅れ(延滞・滞納)」の場合

ライフカード強制解約になりそうな原因が「支払い遅れ(滞納・延滞)」の場合、まずはコールセンター(045-914-7003)に電話連絡をしてください。

支払いが遅れているカード利用代金は、ライフカード指定の銀行口座へ振込となり、振込日などの相談をしてくれます。

ライフカードの延滞・滞納が原因で強制解約になるまでの流れをまとめたので、参考にしてください。

ライフカードの延滞から強制解約の流れ

翌営業日以降 ・ライフカード利用停止
・延滞損害金が発生し始める
※ショッピング年14.6%、キャッシング年20.0%
2週間以内 電話やハガキでの督促が始まる
1~2ヶ月 ライフカード強制解約
2ヶ月以上 個人信用情報に「異動」記載
※いわゆる金融ブラック状態
3ヶ月以上 裁判所からの督促や差し押さえが始まる

ライフカードの延滞・滞納が原因の場合、通常の支払い日から1~2ヶ月以上の長期延滞をすれば強制解約となるケースが多いです。

1~2ヶ月と期間が定まっていないのは、「こちらの対応によって異なる」ためです。

強制解約の原因が長期間の支払い遅れであれば、信用情報機関に「長期滞納」の事実も記載されます。

こうなってしまうと、一括返済をしても最低5年間は信用情報に傷がつき、新規クレジットカードもスマホ本体の分割ローンも組むことはできません。

クレジットカードの延滞をした時のリスクや対処法について、以下記事で解説しているので参考にしてください。

 ライフカード延滞しそうなら「リボ払い」や「分割」へ変更を

ライフカードの延滞・滞納をしそうになった時点で、「あとからリボ払い」「あとから分割払い」の手続きをしましょう。

ライフカードは明細が届いてからでも支払い方法を変更できるため、延滞や滞納を防ぐことができます。

ただし、実際に延滞してからでは対応してもらえないケースが多いので、注意をしてください。

以下にライフカード公式サイトのリンクを貼っておくので、まだ間に合う人は手続きをしましょう。

ライフカード強制解約の原因が「他社での金融事故」場合

ライフカード強制解約の原因が「他社での金融事故」場合

ライフカード強制解約の原因が「他社での金融事故」の場合、ライフカードの途上与信で「返済能力に疑問あり」と判断された可能性が高いです。

途上与信(とじょうよしん)とは

分かりやすく言うと、定期的に行われるあなたの返済能力の検査です。
ライフカードの場合指定信用情報機関(CICとJICC)の登録情報を開示し、信用情報に変化がないかを確認します。

途上与信はクレジットカード更新時に行われるのが一般的ですが、カード会社や利用状況によって頻度は異なります。

ライフカードが途上与信を行って「他社のクレジットカードやカードローンで以下の事実が確認された」場合、強制解約になる可能性があります。

他社クレジットカードやローンで…

  • 支払い遅れの頻度が多い
  • 長期延滞や滞納の有無
  • 異動記載の有無(金融ブラック)

他社の金融事故によって強制解約になる場合は、基本的に「長期の延滞や滞納」もしくは「異動(ブラック状態)」が原因でしょう。

 他社での金融事故が原因なら、債務整理も視野に入れて

他社で金融事故を起こしてさらにライフカード強制解約、これは明らかに多重債務ということ。

こうなってしまうと新規カードローンでのリカバリはできないため、親族や知人にお金を借りて返済する以外に方法はありません。

仮に誰かにお金を借りるのも厳しい場合は、「債務整理(任意整理)」を視野に入れて専門家(弁護士や司法書士)に相談をしましょう。

任意整理について、詳しくは「任意整理の事が1からわかる!気になる任意整理の基本と仕組み 」をご覧ください。

ライフカードの強制解約の原因が「利用規約違反(を疑われた)」場合

ライフカードの強制解約の原因が「利用規約違反(を疑われた)」場合

以下のようなカード利用をした覚えはありませんか?

利用規約違反の例

  • ライフカードのショッピング枠を現金化した
  • クレジットカードを第三者に貸した
  • 虚偽の申告をした
  • イレギュラーなクレジットカードの使い方をした

例えば、ライフカードを使って「現金化しやすい新幹線の回数券を同期間に何度も購入」「同時期に高額なパソコンなどを複数台購入」などですね。

他にも、第三者によるライフカード利用を疑われた場合や、途上与信で「申し込み時と現在の属性に相違がある」場合も利用規則違反となります。

 ライフカード強制解約になるのは「規則違反を繰り返した場合」

ライフカードの「利用規則違反」の場合、初回で即強制解約になる可能性は低いです。

ただし、何度も警告されているのに繰り返した場合は話が別!

ライフカードから過去に何度か利用状況の問い合わせがあるにも関わらず、利用規約違反を繰り返せば強制解約となる可能性が高くなります。

クレジットカードは魔法のカードではありません、利用規約違反にならないように正当な利用を心がけましょう。

ライフカード強制解約になりそうなら、カードローンでリカバリを

ライフカード強制解約になりそうなら、カードローンでリカバリを

ライフカードの強制解約になると、様々なリスクやデメリットがあります。

強制解約になると…

  • 利用額の一括請求をされる
  • あなたの信用情報に傷がつく
  • 手持ちのクレカやローンにも影響が出る
  • 数年間は新規クレカやローンが組めない

ライフカードの強制解約になってからでは遅いです!

仮にあなたが「カード利用金額の支払い遅れ(延滞・滞納)」で強制解約になりそうであれば、カードロ―ンで一時的にお金を借りてリカバリすることをおすすめします。

 カードローンなら「プロミス」がおすすめ

カードロ―ンでライフカードの支払い遅れをリカバリするなら、プロミスがおすすめ!

ロミスは新規会員に向けた「無利息サービス」があり、初めての借入から30日間は利息0円でお金を借りられます。

しかもプロミスは他社消費者金融と比較すると、実質無利息期間が長いという特徴があります◎

ライフカードの支払い遅れで強制解約になる前に、まずはプロミスカードローンで借入!

ライフカードの支払い遅れで強制解約になる前に、まずはプロミスカードローンで借入!

そして無利息サービス期間中に全額返済すれば、利息0円&ライフカード延滞損害金も抑えられます。

ライフカード全額返済におすすめなのはプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン