現地通貨を用意するならキャッシング!~その理由と注意点~

海外旅行を考えている人は、どのように現地通貨を用意するかを考えますよね。

現地通貨を用意する方法はいくつかありますが、実は、キャッシングで現地通貨を用意する場合がとてもお得です。

そこで今回は、現地通貨を用意するためのキャッシングについてまとめてみました。

この記事では、海外キャッシングの特徴や注意点、海外キャッシングができる国とできない国、さらには海外キャッシングにおすすめのカードまでをご紹介します。

1.現地通貨をキャッシングできる?

現地通貨を用意する方法として、クレジットカードのキャッシング機能を使って用意する方法があります。

これは海外にある現地のATMで国内ATMと同じような方法でキャッシングをすることにより、よりお得な為替レートで現地通貨を用意することができます

それでは次に、海外キャッシングの特徴をご紹介します。

2.海外キャッシングの特徴

海外キャッシングの特徴としては下記のようなものがあります。

  • 為替レートがお得
  • 現金を持ち歩かなくて済むので安心&安全
  • ATMさえあれば世界中どこでもできる

この方法は残念ながら国内ではできないので、実際に現地の空港や駅のATMで実施できる方法になりますが、最小限の現金を持ち歩くだけで済むので、安全です。

また、海外キャッシングでかかるコストはATM手数料と金利のみになりますので、帰国してからすぐに返済することで、両替するよりもお得になります。

ただし、もちろん注意点もあります。

3.海外キャッシングの注意点

注意点としては下記のようなものがあります。

  • 暗証番号を忘れると取引ができない
  • 利用限度額をオーバーしてしまうと借入できない
  • 返済が遅れるとかえって高くなる

現地で引き出す際に暗証番号を忘れたり、利用限度額をオーバーしていたりすると現地通貨を用意することができません。

ですので事前にそれらを確認しておくことが大切です。

また、海外キャッシングは借金ですので、帰ってきたらきちんと返済しなければなりませんが、返済が遅れてしまうとその分金利が発生し、両替するよりも高くなってしまう可能性もあります。

4.海外キャッシングにおすすめのクレジットカード

エポスカード

エポスカード メイン

エポスカード 年会費

ボタン

エポスカード ポイント 2

詳細

エポスカードは最短即日で手にすることができる数少ないクレジットカードになります。もちろん、年会費も無料です。

エポスカードは、海外旅行保険が自動付帯(旅行に持っていくだけで保険の対象になる)であり、その補償内容はゴールドカード並みに充実しています。

しかも、海外キャッシングの利便性も高く、ペイジーを使ってすぐに返済する事ができるので、利息の節約もできます。(海外旅行時に現地通貨を最もお得に仕入れる方法が海外キャッシングになります。)

そのため、海外旅行のためだけにこのカードを保有するという人も少なくありません。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード メイン

三井住友VISAゴールドカード 年会費

ボタン

三井住友VISAゴールドカード ポイント

詳細

三井住友VISAゴールドカードは、日本で最も有名なゴールドカードの一つであり、アメックスやダイナースクラブカードと比べると、ステータスは若干劣りますが、好感度や認知度は抜群です。

ゴールドカードに求めるすべてのサービスを受ける事ができますし、何処で使っても恥ずかしくないカードと言えます。

ただ、いきなり申し込んで審査に通るのは難しいので、最初は審査に通りやすい一般カードをメインとして使い、その後申し込むようにしてみましょう。

イメージ的には、一般カードの限度額がゴールドカードの最低限度額である50万円を超えてから申し込むと審査に通る確率が高くなります。

しかも、通常の年会費は税抜き10,000円ですが、WEB明細とリボ払いを選択することで、年会費を4,000円まで引き下げる事ができます。

ここまでのステータスとサービスがあるにも関わらず、年会費を4,000円にできるので、最強のゴールドカードと考えている人もいます。

5.現地通貨を用意するその他の方法

現地通貨を用意する方法としては他に下記のようなものがあります。

  • 国内で両替
  • 現地で両替
  • トラベラーズチェック
  • 国際キャッシュカード

上記の4種類と比べてみても、現地通貨を用意するためにかかるコストはクレジットカードによる海外キャッシングが一番お得です。

あらかじめ国内で少額を両替しておき、後は現地に到着してからキャッシングをするといった方法が一番安心できるやり方ではないかと思います。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外では現地通貨をむやみに持つことは危険ですので、この記事でご紹介した方法を使って、ぜひ海外を楽しいものにしてください。

クレカ大バナー