HOME  カードローン部  お金借りる金利が安い銀行系カードローン お金を借りるのに消費者金融とどちらがオススメ?

お金借りる
金利が安い銀行系カードローン お金を借りるのに消費者金融とどちらがオススメ?

金利が安い銀行系カードローン お金を借りるのに消費者金融とどちらがオススメ?

この記事は、お金を借りるために金利の安い銀行カードローンを検討している人に向けて書きました。

カードローンやキャッシングでお金を借りるにあたって、低金利の銀行カードローンは魅力的です。

しかし、銀行カードローンは審査が厳しく時間もかかり、融資のハードルが高いという側面があります。

それに対して消費者金融は金利が高めなので利息のぶんだけ返済額は多くなりますが、銀行に比べると審査通過率が高く即日融資も可能なほど対応が早いという特徴があります。

この記事を参考にして両方の特長を知って、自分に合ったカードローンを選んでください。

銀行系カードローンは金利の安さ、消費者金融は審査と融資のスピードが特徴

 銀行系カードローンは金利の安さ、消費者金融は審査と融資のスピードが特徴

銀行系カードローンと消費者金融は、どちらも一般人が用途に関係なくお金を借りられるサービスです。

それぞれ違いがあり、例をあげれば銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が安く、消費者金融は審査から融資実行までが早いという特徴があります。

両方の使い分け方を知るには、それぞれの特徴を把握しましょう。

銀行系カードローンは消費者金融に比べて低金利

銀行系カードローンは、消費者金融に比べて金利がやや低く設定されています。

その理由は、銀行系カードローンは消費者金融に比べて審査時にリスクを避ける傾向があるためです。

回収の見込みが低い申し込みを審査で落とすことで利息が安定して見込めるので、そのぶん金利を低くできる、というわけです。

消費者金融は早ければ30分後には審査が終わって融資が実行される

消費者金融の特徴は、審査が速く申し込みからお金を受け取れるまでの時間が短いことです。

特に大手では、申し込みからわずか30分後には融資が実行される消費者金融もあります。

その理由は、消費者金融はできるだけ多くの人に貸すことで利益を確保する傾向があるため、そのぶんリスクの高い貸付も増えることから、そのリスクが金利の高さに表れているのです。

返済負担を減らしたいなら銀行系カードローン、急いでいるなら消費者金融がおすすめ

金利が低ければ返済総額も低くなるため、それだけ返済負荷が低くなります。

融資までのスピードにこだわらなければ、銀行系カードローンも選択肢に入ります。

今すぐお金が必要な場合は、消費者金融なら審査結果がすぐに出るのでおすすめです。

銀行系カードローンはリスクを抑えた融資をするため金利が安い

銀行系カードローンはリスクを抑えた融資をするため金利が安い

銀行系カードローンの金利が安いのは、返済能力がある申込者に絞って審査に通しているため、貸し倒れのリスクが低いためです。

低金利以外にも銀行系カードローンはいくつかメリットやデメリットがあるので、解説します。

審査に時間をかけるため即日融資は対応していない

銀行系カードローンはリスクを減らすために審査に時間をかけるので、融資までのスピードは早くありません。

そのため、申し込んだ当日にお金を受け取れる即日融資には対応していないのです。

急いでお金が必要な場合は、銀行系カードローンは避けた方がいいでしょう。

即日融資について詳しくは「キャッシング会社の即日融資に通るコツを紹介!おすすめの会社は?」 をご覧ください。

借りる先の銀行を利用していれば金利の優遇が受けられる

銀行系カードローンを借りるとき、すでに銀行を利用している場合、金利の優遇を受けられるケースがあります。

給与振り込みの口座に指定している

毎月の給料が振り込まれる口座にしている場合、優遇で金利が少し下がる銀行があります。

住宅ローンを借りている

その銀行で住宅ローンを借りている人がカードローンを利用した場合も、金利優遇が受けられる場合があります。

多くの銀行系カードローンが住宅ローンの利用で金利優遇を用意しており、給与振り込みの口座指定の両方を優遇の条件としているケースもあります。

消費者金融が即日融資できるのは審査のスピードが早いため

消費者金融が即日融資できるのは審査のスピードが早いため

消費者金融のメリットは、銀行系カードローンに比べて審査のスピードが早いことです。

すぐに審査結果が出るため、急いでお金が必要な人は銀行系カードローンより消費者金融が向いています。

消費者金融の審査が早いのは多くの人に融資をするため

消費者金融の審査はスピーディーに処理されており、特に大手は最初の審査はデータベースに照会する方法を使っています。

これによって多くの申込者を処理できるので、消費者金融の審査スピードは銀行に比べてかなり早いのです。

融資のハードルが銀行に比べて低いため金利を高くしている

消費者金融は多くの人に融資をすることで多くの金利を得て、それを収益にしています。

多数の貸付の中には返済能力に不安のある人も含まれており、貸し倒れのリスクを含んでいるため、それが金利に反映されているといえます。

銀行系カードローンと消費者金融の使い分け方

 銀行系カードローンと消費者金融の使い分け方

ここまで解説した銀行系カードローンと消費者金融の違いから、2つのカードローンの使い分け方を解説します。

銀行系カードローンはできるだけ多く借りて金利を抑える

カードローンの金利は幅があり、借り入れ金額が安いと金利が高くなり、高いと金利が安くなる仕組みがあります。

銀行系カードローンで借りるときに最大限多く借りるようにすると、より安い金利で借りられる可能性があるのです。

できるだけ多く借りた方が金利を抑えられるのでお得です。

以下の表は、みずほ銀行・三菱UFJ銀行、三井住友銀行3つのカードローンの、借り入れ金額と利率の違いです。

みずほ銀行カードローン

利用限度額 基準金利
10万円以上 100万円未満 年14.0%
100万円以上 200万円未満 年12.0%
200万円以上 300万円未満 年9.0%
300万円以上 400万円未満 年7.0%
400万円以上 500万円未満年6.0%
500万円以上 600万円未満 年5.0%
600万円以上 800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

利用限度額借入利率
10万円以上 100万円以下 年13.6% ~年14.6%
100万円超 200万円以下 年10.6% ~年13.6%
200万円超 300万円以下年7.6% ~年10.6%
300万円超 400万円以下 年6.1% ~年7.6%
400万円超 500万円以下年1.8%~年6.1%

三井住友銀行カードローン

契約額 借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

多く借りた分は使わずにそのまま返済するように

ただし、多く借りられたからといって、お金をたくさん使ってはいけません。

多く借りた目的は金利を下げることなので、使う金額は最低限にとどめておき、残りの金額はそのまま返済しましょう。

消費者金融は最低限の借り入れがおすすめ

消費者金融も多く借りるほど金利が下がる点は銀行系カードローンと同じですが、逆に消費者金融は多く借りずに、最低限の金額にとどめることをおすすめします。

消費者金融から多く借りようとすると、早く借りられるという消費者金融のメリットが失われてしまうからです。

借入希望金額が低いほど審査のスピードも早い

消費者金融は借り入れ希望金額が高い申し込みは、審査が厳しくなり時間もかかります。

多く借りようとすると、即日融資の可能性が低くなるのです。

消費者金融のメリットは融資までのスピードが早いことなので、借入希望金額が多い場合はそのメリットが損なわれてしまいます。

返済期間を短くすれば高い利息でも返済総額は少なくなる

消費者金融は金利が高いですが、利息の金額は返済期間の長さで決まるため、短期間で完済すれば利率が高くても金額を抑えることができます。

返済期間をできるだけ短く設定して、利息を払う回数を少なくしましょう。

銀行系カードローンと比較検討するのにおすすめの消費者金融

銀行系カードローンと比較検討するのにおすすめの消費者金融

消費者金融の融資までのスピードは特に大手が速く、即日融資にも対応しています。

銀行系カードローンと比較検討するときは、大手消費者金融がおすすめです。

カードローンランキング1位 プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

まとめ

銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が安く、消費者金融は申し込みから融資実行までのスピードが早いというメリットがあります。

大手の消費者金融なら即日融資にも対応しているため、今すぐお金が必要という人は大手消費者金融で借りるのがおすすめです。

銀行系カードローンの金利は給与振り込み指定や住宅ローンの利用で優遇が受けられるため、もし借りる場合は自分が利用している銀行を選びましょう。

あなたの条件にあった借入方法は?