HOME  お役立ち記事お金を作る最終手段すべて見せます~ピンチレベル別のベストな金策はこれだ!

お役立ち記事
お金を作る最終手段すべて見せます~ピンチレベル別のベストな金策はこれだ!

お金を作る最終手段 作ったお金で経済事情を改善しよう

この記事はお金を作る方法に悩んでいる人向けに書きました。

借金は最終手段と考えている人もいるかもしれませんが、状況によって利用すべきお金の作り方は変わるのです

この記事では、お金を作る手段を状況別に解説するとともに、その後の経済状況の改善案について解説します。

お金を作る最終手段一覧表

お金を作る最終手段一覧表

お金を作る必要に迫られたときどんな方法で金策をするかは、その人の置かれた状況で変わります。

貯金も収入もゼロで、借金のための借金が必要な人にとっては最終手段として債務整理が考えられます。

反対に貯金も収入も余裕がある人は、お金を用意する選択肢がたくさんあり、大きなリスクや労力をとらずに済むでしょう。

経済状況に応じた方法をとろう

この記事では経済状況に応じた状況をピンチレベルとして分けて、レベルに応じたお金を作る方法を紹介します。

【ピンチレベルと経済状況に応じた主な金策】

ピンチレベル経済状況主な金策
5★★★★★借金がありどこからも借りれない 債務整理
4★★★★☆ 無職などで収入が少なく安定していない 公的融資
3★★★☆☆ 定期的な収入はあるが貯金がない カードローン・キャッシング
2★★☆☆☆ 換金性のある品物を持っている 質屋・メルカリ
1★☆☆☆☆ 保険や定期預金を契約している 契約者貸付・定期預金担保

お金を作ったら経済状況の改善につなげよう

うまくお金を作れて目先の問題をクリアできたとしても、そこで安心してはいけません。

大事なのは、そもそもピンチを招いた経済状況を少しでも改善することです。

作ったお金でピンチを切り抜けたら、次は支出を減らしたりお金の使い方を見直したりするようにしてください。

ここから先は、ピンチの状況ごとにレベルに応じたお金の作り方と経済状況の改善案をセットで解説します。

ピンチレベル5 今すぐお金が必要なのにすでに借金がありどこからも借りれない

すぐお金が必要なのにすでに借金がありどこからも借りれない

借金があるのに貯金も底を尽きてどこからもお金を借りられない、そこまで追い詰められた状況にとるべき最終手段は債務整理です。

債務整理で借金の問題を解決する

債務整理とは、法律に基づいて借金などの債務に対応する手段です。
債務を返済できる目処が立たなくなり、普通の方法で返すことを断念して、借金を減らしてもらうなどの手続きをとります。

その代償として財産を失ったり金融サービスの利用に制限がかかったりするため、本当の最終手段として考えましょう。

債務整理は弁護士に手伝ってもらう必要がある

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3種類があり、いずれも法律に基づく手続きです。

素人が自分で行うのは難しいので、弁護士に手続きを依頼する必要があります。

任意整理とは
お金を借りている相手と相談して、借金とその金利を減額してもらう手続きです。

減額できるかどうかは相手との交渉次第ですが、間に弁護士が入るので相手からの督促が自分に届かなくなるというメリットがあります。

個人再生とは
裁判所を通じて借金を減額する手続きです。

裁判所という公共機関を通すため任意整理よりも大きな効果が期待でき、減額幅も多くなる傾向があります。

ただし、手続きをするには安定した収入が必要など条件もあり、期間中は転職活動に制限がかかるなどのデメリットがあります。

自己破産とは
裁判所を通じて破産の手続きを行い、借金を免除する方法です。

借金がゼロになる強力な手続きですが、そのぶん制限も大きく、以下のような措置がとられます。

・財産が強制的に処分される
・クレジットカードが作れなくなる
・就ける職業に制限がかかる

債務整理をしたら生活を立て直そう

債務整理は借金を返せず問題を解決できなかった場合の手段です。

債務整理を行ったら、新しくやり直すという決意を持ちましょう。

今までの生活を完全に変えるつもりで経済状況を立て直して、同じ失敗を繰り返さないことが大切です。

手続きをお願いした弁護士にも相談に乗ってもらうなどして、堅実なやり方を選ぶようにしてください。

ピンチレベル4 無職などで収入が安定せず本当にお金がない

無職などで収入が安定せず本当にお金がない

借金こそないものの、収入が安定せず常にお金がないと、生活が安定しません。

収入が安定しないとカードローンなど民間の融資サービスを申し込んでも、審査に通る可能性は低いでしょう。

国や自治体など公的機関の融資制度を利用する

民間でお金を借りられなければ、公的機関の融資制度を利用しましょう。

いくつか種類があり、申し込み条件も異なるので、ここではできるだけ多くの人が利用できる融資制度を紹介します。

生活福祉資金貸付制度とは
低所得者世帯・障害者世帯・高齢者世帯を対象に、生活資金や教育資金、福祉資金を貸し出す制度です。

連帯保証人を立てると無利子で借りられますが、連帯保証人がいない場合は年1.5%の利息が発生します。

緊急小口資金貸付とは
緊急かつ一時的にお金が必要な世帯に対する貸付制度です。

借りるためには以下の条件を満たせるかどうかの審査が行われます。

・借りる理由に緊急性と妥当性がある
・借りたことで状況が改善される
・返済の見込みがある

限度額1,000円単位で10万円まで
金利無利子
保証人不要
貸し付け対象者低収入の世帯であり、緊急かつ一時的に生活が困難になっていて、返済能力があるとみなされる者
融資条件1 医療費または介護費を支払ったことなどにより臨時の生活費が必要なとき
2 火災等の被災によって生活費が必要なとき
3 年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
4 会社からの解雇、休業等による収入減
5 滞納していた税金、国民健康保険料、年金保険料、公共料金を支払ったことによる支出増
6 給与などの盗難等によって生活費が必要なとき(貸付限度額5万円)
7 事故等により損害を受けた場合による支出増
8 社会福祉施設等からの退出に伴う賃貸住宅の入居に伴う敷金、礼金等の支払いによる支出増
9 初回給与支給までの生活費が必要なとき
職業訓練受講給付金とは
失業しても雇用保険を受けられない人を対象に、求職活動中の生活を助けるお金を貸し付ける制度です。

制度を利用するにはハローワークの支援指示を受けて、職業訓練を受講する必要があります。

自営業者が廃業した場合でも、この制度を利用することができます。

公的融資で家計を立て直したら収入の安定を目指そう

公的機関の融資は申請に手間がかかり、お金を受け取るまでに時間もかかります。

民間のカードローンなら即日融資にも対応しており手間も時間もかからないので、利用者から見れば圧倒的にカードローンの方が使いやすいです。

カードローンは収入が安定していないと審査に通りにくいので、公的融資でお金を借りたら、まずは新しく仕事を始めるなどして生活を立て直し、収入の安定を図りましょう。

ピンチレベル3 仕事をしていて定期的な収入はあるが今必要なお金がない

仕事をしていて定期的な収入はあるが貯金がない

定職に就いていて安定した収入があれば、お金を作る選択肢が増えます。

中でも利用しやすくおすすめなのが、消費者金融のカードローンと、クレジットカードのキャッシングです。

カードローンやクレジットカードのキャッシングなら至急お金が作れる

カードローンは審査に通れば借りる目的は問われず、早ければ申し込んだ当日中にお金を受け取ることができます。

大手を中心にWebからの申し込みに対応しており、時間と場所を問わないこともメリットです。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードを使ってATMからお金を借りられるサービスです。

あらかじめクレジットカードを持っている必要があり、キャッシング枠内の金額までしか借りられないという制限がありますが、ATMまで行けばすぐに借りられるというメリットがあるので、急にお金が必要になっても安心です。

おすすめは大手消費者金融のカードローン

プロミス・アコム・アイフルなど大手カードローンなら、Web申し込みに対応していて審査のスピードも速くおすすめです。

プロミス・アイフル・アコムなど大手カードローンなら、Web申し込みに対応していて審査のスピードも速くおすすめです。

審査が早く金利が低いため、今すぐお金が必要という人のニーズに一番マッチしているんですね。

即日融資可のすぐにお金が借りられるカードローンだけをご紹介します。

1位プロミス
融資額500万円まで
金利4.5~17.8%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 10万円分の選べるプレゼント抽選
  • WEB完結申し込みアリ

プロミスは初回利用時に30日間の無利息サービスがついてきます。

つまり、お金を借りても次の給料日までに返すことができれば、利息はゼロ円!

そのうえ、大手消費者金融の中では最高金利がやや低い設定となっているため、少額の借入れ希望なら選んでおいて間違いなしのカードローンです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

2位:アイフル
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 最高10万円分のVプリカギフト抽選
  • WEB完結申し込みアリ

アイフルはプロミスよりも金利がやや高いものの、30日間無利息サービスはついています。

そのため、30日以内に借りたお金を返済できるようであれば魅力は大きいと言えます。

アイフル キャプチャ

ボタン

3位:アコム
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス

アコムも30日間の無利息サービスはありますが、大手消費者金融の中では、唯一「WEB完結申し込み」に対応していないのが気になるところ。

インターネットから申し込んだとしても、最終的にカードは自動契約機(むじんくん)や店頭で受け取るか、自宅に郵送してもらわなくてはいけません。

そのあたりを気にしないようであれば、利用中のサービスは手厚いため、おすすめです。

アコム キャプチャ

ボタン

事前に返済シミュレーションをして返済負担を軽くしよう

カードローンを利用するときは、返済負担が重くならないようにするのが鉄則です。

申し込む時に返済シミュレーションをしっかりと行って、毎月の返済額がいくらになるか確認したうえで利用しましょう。

ピンチレベル2 貯金はないが換金性のある品物を持っている

貯金はないが換金性のある品物を持っている

換金性のある品物とは、貴金属など売れば値段がつけられるものです。

これらの物を売れば、貯金がなくてもお金を作ることができます。

質屋・メルカリなら借りる以外でお金を作れる

品物でお金を作れる方法として、古くからあるのが質屋です。

品物を持ち込んで査定してもらい、質屋の指定する金額を受け取れます。

メルカリなどのフリマサービスは、スマホで品物を売ることができます。

気軽に利用できるので多くのユーザーがいる人気サービスです。

品物を手放してお金に換えるので借金よりはリスクが低い

品物をお金に換える方法のメリットは、借金ではないのでリスクがほぼゼロなことです。

デメリットは品物が自分の希望金額で売れるとは限らないこと。

質屋の査定金額は店舗によって異なるので、希望の金額より低い場合は交渉するか、他の質屋に相談する必要があります。

メルカリは自分の好きな値段で出品できますが、買い手がつかなければ下げる必要があるでしょう。

質屋とメルカリの違いは品物を取り戻せるかどうか
品物でお金を作るという点で質屋とメルカリは似ていますが、2つには下記のように大きな違いがあります。
・質屋…品物を担保にお金を借りる
・メルカリなどフリマサービス…品物を売る

質屋は品物を買い取るのではなく、品物を担保にお金を貸すサービスなので、借りたお金を返済すれば、品物を取り戻すことができるのです。

メルカリでは売った品物を取り戻すのは難しいので、この違いを覚えて使い分けましょう。

手放したら生活に困る物は換金しない

この方法でやってはいけないのは、生活に必要なものを手放すことです。
手放したら生活に困る物は人によって違いますが、ないと生活に支障が出るものはそもそも売ってはいけません。

手放しても生活に支障が出にくく、高い値段が期待できるのは貴金属や宝石類などです。

本当に手放しても大丈夫かをしっかり考えてから、質屋やメルカリを利用しましょう。

ピンチレベル1 今すぐ動かせるお金はないが保険や定期預金を契約している

今すぐ動かせるお金はないが保険や定期預金を契約している

収入が安定していてお金に困ってはいないが、すぐに動かせるお金がない状況で急いでお金が必要になった場合は、どうすればいいのでしょうか?

保険や定期預金は通常すぐにお金に変えることはできませんが、所定の手続きでお金を作ることができるのです。

契約者貸付・定期預金担保を利用しよう

金融資産でお金を作る方法として、保険は契約者貸付、定期預金は定期預金担保などがあります。

保険や預金を解約することなくお金を作れる

契約者貸付や定期預金担保は、保険や定期預金を契約している場合に使える方法なので、誰もが使える方法ではない点がデメリットです。

契約している人にとっては、保険や預金を解約することなくお金を作れるというメリットがあります。

契約者貸付とは
保険で積み立てているお金の中から、解約返戻金にあたる分の一部を借りられる制度です。

解約返戻金とは保険を解約したときに支払われるお金なので、正確には保険会社のものです。

そこから借りるかたちなので、保険会社に利息をつけて返済する必要があります。

詳細は保険会社に問い合わせて確認してください。

定期預金担保とは
金融機関に預けてある定期預金を担保に、お金を借りられる制度です。

定期預金の残高のうち一定の範囲内で借りられ、残高の90%または200〜300万円を上限としているケースが多くあります。

定期預金担保のカードローンと大きく違う点として、以下があります。

・返済タイミングは借りた人の自由
・返済期日は定期預金の満期日まで

金利は発生しますが、返済ペースがかなり自由なのが定期預金担保の特徴です。

金融資産を取り崩す必要があるかしっかり検討しよう

契約者貸付や定期預金担保を使える人は、そもそも一定の収入があるケースが多いでしょう。

一定の収入があればカードローンの審査に通る可能性も高いため、わざわざ保険や定期預金の金融資産を取り崩すよりも、カードローンで借りてお金を作った方がいいケースもあります。

仕事の事情などで収入が安定せずカードローンの返済に不安がある場合は、契約者貸付や定期預金担保でリスクの少ない方法をとるのもありです。

カードローンと契約者貸付・定期預金担保、どちらの方法がよりダメージが少ないか比べてからお金を作ることをおすすめします。

まとめ

お金を作る最終手段はひとつではなく、その人の状況によって変わります。

この記事でいうピンチレベル5の、すでに借金をしていて返すあてもなく本当に打つ手がない人は、返済をあきらめて弁護士と債務整理をした方がいい場合もあります。

状況がそこまで深刻ではない人は、公的融資やカードローンなど、ピンチレベルに応じた方法でお金を作りましょう

そして、何よりも大切なのはお金を作って終わりではなく、それをきっかけに経済状況を改善することです。