三井住友VISAカードを作るならどれ?おすすめと5つの選び方

アイキャッチ

大手のクレジットカードである三井住友VISAカード、「クレジットカードを作りたい」という方から絶大な人気がありますよね。 

豊富な種類のカードが用意されており、自分にピッタリのカードを持つことができるのも魅力的です。 

しかし、はじめてカードを作る方や、他社のカードと検討中の方は 

「こんなに種類があるとどれを選んだらいいのか…」と途方に暮れてしまう方も多いと思います。 

そこで今回は、三井住友VISAカード作るなら「こんな人はこのカード!」というおすすめを紹介していきたいと思います。 

目次.
0.クレジットカードの選び方
比較1.年会費
比較2.国際ブランド
比較3.カード会社
比較4.ポイント還元率
比較5.保険・サービス内容
比較6.カード発行速度
1.おすすめのカードは?5つの選び方
選び方1.はじめてカードを作るなら
選び方2.学生さんにおすすめ
選び方3.女性にオススメ
選び方4.海外出張や旅行に行くなら
選び方5.ゴールドカードを検討中なら
2.三井住友VISAカードの申込方法
申込方法1.インターネット(らくらく発行)
申込方法2.インターネット+郵送手続き
3.三井住友銀行VISAカードを利用する注意点
注意点1.リボ払いは避ける
注意点2.キャッシング枠を付けるか検討しておく
注意点3.引き落とし日は2種類!残高不足に注意
4.まとめ

0.クレジットカードの選び方

はじめに、基本的なクレジットカードの選び方をご紹介したいと思います。 

下記の6項目を比較して、理想に当てはまるカードを選択するのがオススメです。 

①クレジットカードの選び方6つの比較項目

比較1.年会費

年会費はカードによって無料・有料のものがあります。 

手軽に持てる無料カードか、保険やポイント還元率が充実している有料カードどちらを重視するかで選びましょう。 

②年会費無料、有料

比較2.国際ブランド

国際ブランドとはVISA、MasterCard、JCBなどといったカードのカテゴリのことになります 

初めてカードを作る・海外でも利用したいならVISAかMasterCard、海外では利用せず国内の利用を重視するならJCBがオススメです。 

比較3.カード会社

カードの発行会社は、カードの利用用途によってオススメするものがかなり違ってきます。 

メインカードとしては、三井住友カード三菱UFJニコスセディナといった大手のカード会社を選択しておけば困ることはないでしょう。 

サブカードとして、「普段の買い物の支払いで使う」「ネットショッピングで利用する」といった系列店のカードを発行しておくとよりお得に利用することができます。 

③カード会社

比較4.ポイント還元率

クレジットカードのポイント還元率はカードによって異なるため、効率よく貯めたいなら高還元率なものを選びましょう。 

貯めたポイントは、ギフトカードや電化製品などと交換したり、他店で使えるポイント(楽天ポイント、Tポイントなど)に移行するといった用途に使うことができます。 

比較5.保険・サービス内容

クレジットカードに付帯している保険・サービスはカードによって異なります。

特にサービスはカードによってかなり幅広くなるため、「どんなジャンルが優待されているものがよいか」で比較するのがオススメです。

保険は、一般カードよりもランクの高いカードや有料カードの方が手厚くなります。

④保険、サービス内容

比較6.カード発行速度

クレジットカードは、手元に来るまで2週間ほどかかるのが一般的です。 

「なるべくはやくカードがほしい」という場合は、カード発行が最短即日~3営業日ほどのものを選ぶとよいでしょう。

1.おすすめのカードは?5つの選び方

まずは三井住友VISAカードの特徴とスペックをご紹介します。

三井住友VISAカードの特徴

三井住友VISAカードは、「初めてカードを作る」「学生カードを持ちたい」という方でも安心して利用できるカードとなっています。

⑤三井住友VISAカードの特徴

各カードの年会費・申込資格

カードごとの年会費と申込資格は次の通りです。

⑥各カードの年会費、申込資格

各カードのショッピング・旅行保険

カードごとのショッピング保険、国内・海外旅行の損害保険は次の通りです。

⑦各カードのショッピング・旅行保険

それではカードの選び方を解説していきます。

⑧三井住友VISAカード5つの選び方

選び方1.はじめてカードを作るなら

初めてクレジットカードを作るなら、下記3つのカードがオススメです。

  • クラシックカード
  • クラシックカードA
  • デビュープラスカード
⑨3つのカードの特徴

クラシックカードはこんな人にオススメ

  • 年会費をなるべく安くしたい
  • 国内旅行の損害保険はなくてもよい

クラシックカードAはこんな人にオススメ

  • 損害保険がしっかりしたものがよい
  • 国内・海外旅行の損害保険はどちらも付けたい

デビュープラスカードはこんな人にオススメ

  • 18歳~25歳の方
  • 年会費を手軽に無料にしたい
  • 将来的にゴールドカードを利用したい
  • ポイントを活用したい
  • 旅行の損害保険は付いていなくてもよい 

選び方2.学生さんにおすすめ

学生さんにオススメなのは下記4つの学生カードです。

  • クラシックカード(学生)
  • クラシックカードA(学生)
  • デビュープラスカード(学生)
  • アミティエカード(学生)
⑩4つのカードの特徴

クラシックカード(学生)はこんな人にオススメ

  • 年会費は無料がいい
  • 国内旅行の損害保険はなくてもよい 

クラシックカードA(学生)はこんな人にオススメ

  • 年会費をなるべく安く利用したい
  • 国内・海外旅行の損害保険はどちらも付けたい 

デビュープラスカード(学生)はこんな人にオススメ

  • 18歳~25歳の学生の方
  • ポイントを活用したい
  • 年会費を手軽に無料にしたい
  • 旅行の損害保険は付いていなくてもよい

アミティエカード(学生)はこんな人にオススメ

  • 女性の学生の方
  • 年会費無料で保険は手厚くしたい
  • 国内・海外旅行の損害保険はどちらも付けたい
  • ケータイ・PHSをよく利用する

選び方3.女性にオススメ

女性にオススメのカードはアミティエカードです。

⑪アミティエカードの特徴

こちらは女性向けのクレジットカードになります。

クラシックカードと同じ年会費ですが、国内・海外旅行両方の損害保険がつき、ケータイ・PHSの利用でポイントも2倍になるため、女性はこちらのカードの方がお得になります。

選び方4.海外出張や旅行に行くなら

海外出張・旅行に行くことが多い方はエグゼクティブカードがオススメです。

⑫エグゼクティブカードの特徴

一般カードよりもワンランク上のカードとなっており、年会費も3,000円と高めに設定されています。

その分、国内・海外旅行保険が最高4,000万円と手厚くなっており、また医師へ24時間・年中無休電話で無料相談ができる「ドクターコール24」といったサービスも受けることができます。

※「ドクターコール24」は海外からの相談はできません。 

選び方5.ゴールドカードを検討中なら

三井住友VISAカードには2種類のゴールドカードがあります。

  • プライムゴールドカード
  • ゴールドカード 
⑬2つのカードの特徴

プライムゴールドカードはこんな人にオススメ

  • 20代からゴールドカードを利用したい
  • ショッピング保補償、国内・海外旅行損害保険は手厚い方がよい
  • 出張・旅行などで空港を利用することが多い 

ゴールドカードこんな人にオススメ

  • 30歳以上の方でゴールドカードの利用を検討中の方
  • 年会費が比較的安いゴールドカードがよい
  • ショッピング保補償、国内・海外旅行損害保険は手厚い方がよい
  • 出張・旅行などで空港を利用することが多い
  • 旅行などで高級旅館・ホテルをよく利用する

2.三井住友VISAカードの申込方法

申し込む前に銀行口座を持っている必要があります。 

申込方法は下記2種類になります。 

⑭三井住友VISAカード申込方法

申込方法1.インターネット(らくらく発行)

三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行といった提携口座をもっている場合、インターネットのみで手続き可能となります。 

らくらく発行対象金融機関

https://www.smbc-card.com/nyukai/pop/ol-rakuraku.jsp

公式ホームページの「カード一覧」を開き、申し込みたいカードの「お申込み」から手続き可能となっています。

⑮インターネット(らくらく発行)

申込方法2.インターネット+郵送手続き

らくらく発行に対応していない口座を指定する場合は、インターネット+郵送の手続きが必要となります。

こちらも公式サイトの「カード一覧」から、申し込みたいカードの「お申込み」に進むと手続き可能となっています。

⑯インターネット+郵送手続き

3.三井住友銀行VISAカードを利用する注意点

 ⑰三井住友VISAカードの注意点

注意点1.リボ払いは避ける

三井住友VISAカードはリボ払いの利用を推奨しているカードです。

しかし、リボ払いは支払い時の負担は減るものの、利用期間が長期化しやすく、その分利息がかかってしまいます。

リボ払いは避け、一括払いでの利用を心がけましょう。 

注意点2.キャッシング枠を付けるか検討しておく

キャッシングとはクレジットカードでお金を借りることができるサービスです。 

クレジットカード発行時にキャッシング枠を付けると、いつでもお金を引き出せるようになりますが、

  • 簡単にお金を借りられる状態になる
  • キャッシングを不正利用されても補償されない

というデメリットもありますので、よく検討してから選択しましょう。

⑱メリットデメリット

注意点3.引き落とし日は2種類!残高不足に注意

三井住友VISAカードの支払い日は、毎月10日か26日のどちらかを選択することができます。 

特にほかのクレジットカードも利用している方は、引き落とし日に残高不足にならないように気を付けましょう。 

4.まとめ

今回の記事のポイントです。

  • 三井住友VISAカードは、初めてカードを作る方や学生さん、サブカードにVISAカードを持ちたい方やゴールドカードを持ちたい方まで幅広く対応している
  • 豊富な種類のカードから自分の属性や理想のサービス内容から選択するのがよい
  • リボ払いは極力利用しないように心がける

申込もネットから手軽にできますので、クレジットカードを発行したい方はぜひ検討してみてください。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード キャプチャ

三井住友VISAデビュープラスカード 年会費

ボタン

三井住友VISAデビュープラスカード ポイント

詳細

三井住友VISAデビュープラスカードは、満18歳?25歳限定のクレジットカードであり、学生から新社会人にかけて最もおすすめのクレジットカードの1つになります。

25歳までしか申し込む事ができない、若者向けのクレジットカードではありますが、ブランドがあるため、何処で出しても恥ずかしくないカードになります。

年会費が税抜1,250円かかってしまいますが、年1回でも利用すれば年会費は無料になります。

しかも、ポイント還元率も1%と高還元率カードに負けない設定となっていますので、ポイントがなかなか貯まらないという事もありません。

26歳でプライムゴールドカードへのランクアップが可能ですし、30歳になればゴールドカードへの移行もスムーズにできるので、将来的にステータスカードを持ちたい方にも、おすすめな1枚になります。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード メイン

三井住友VISAカード 年会費

ボタン

三井住友VISAカード ポイント

詳細

VISAと言えば三井住友VISAカードというほど、日本で最も有名なVISAカードになります。誰もが知っている定番のクレジットカードであり、誰でも持つことができる嫌味のないクレジットカードになります。

世界的にもVISAブランドは最も使える国際ブランドであるため、日本人がよく行く国や地域では、VISAが使えないというケースは、そう多くありません。

年齢と共に自然とステータスを上げていけるので、「カードは1枚しか持たず、どこでも普通に使いたい」という方には、非常におすすめの1枚になります。

さらに、支払い方法をリボ払いにし、利用明細書の郵送をやめることで、年会費を無料にすることができるので、お財布にも優しいカードになります。

また、リボ払いの最低支払額を99万円にすることで、ほとんどの人が1括払いと同じように利用することができるため、無駄な手数料を支払う必要もありません

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード メイン

三井住友VISAプライムゴールドカード 年会費

ボタン

三井住友VISAプライムゴールドカード ポイント

詳細

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代専用のゴールドカードになります。

三井住友VISAゴールドカードには、若干サービスが劣る部分もありますが、基本的には同じようなサービスを受ける事ができます。

見た目に関しても、三井住友VISAゴールドカードとほぼ同じであり、クレジットカードに詳しくない人が見たら、「Prime」という言葉のイメージから、ゴールドカードより上だと思う人もいるかもしれません。

年会費も税抜1,500円とお手頃で、初年度は年会費無料です。さらに、「マイ・ペイすリボ」に登録することで永年無料にすることができます。

もちろん、リボ払いの支払金額を99万円に設定する事で、2カ月で100万円以上使わない限り、1括払いと同等の基準で利用する事ができます。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードは、30代になるとゴールドカードに自動的に移行されるので、ステータスカードに自然とランクアップさせていく事ができます。(更新時に審査はあります)

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード メイン

三井住友VISAゴールドカード 年会費

ボタン

三井住友VISAゴールドカード ポイント

詳細

三井住友VISAゴールドカードは、日本で最も有名なゴールドカードの一つであり、アメックスやダイナースクラブカードと比べると、ステータスは若干劣りますが、好感度や認知度は抜群です。

ゴールドカードに求めるすべてのサービスを受ける事ができますし、何処で使っても恥ずかしくないカードと言えます。

ただ、いきなり申し込んで審査に通るのは難しいので、最初は審査に通りやすい一般カードをメインとして使い、その後申し込むようにしてみましょう。

イメージ的には、一般カードの限度額がゴールドカードの最低限度額である50万円を超えてから申し込むと審査に通る確率が高くなります。

しかも、通常の年会費は税抜き10,000円ですが、WEB明細とリボ払いを選択することで、年会費を4,000円まで引き下げる事ができます。

ここまでのステータスとサービスがあるにも関わらず、年会費を4,000円にできるので、最強のゴールドカードと考えている人もいます。

クレカ大バナー

アイキャッチ