SMBCモビットに過払い金請求はできる?過払い金について詳しく解説

SMBCモビットで過去に借入を行った経験はありませんか? 特に2010年以前に借入した経験があると「もしかして過払い金請求できる?」と思いますよね。

SMBCモビットに過払い金請求をすることで過払い金を返還してもらえたら今の生活に少し余裕もでき、過払い金があるかも?という不安もなくなります。

ここではSMBCモビットに過払い金請求をすることが出来るのか?やSMBCモビットと過払い金の関係などについて解説していきます。

SMBCモビットへ過払い金請求をしたいと思っている方、必見です!

SMBCモビットで過払い金の可能性は限りなく低い

SMBCモビットの過払い金を期待している方には大変申し訳ないのですが、SMBCモビットで過払い金を請求できる可能性は非常に低いです。

「え?他の消費者金融では過払い金請求できるのになんでSMBCモビットではできないの…?」

と思われるかもしれませんね。

では、なぜSMBCモビットで過払い金請求できる可能性が低いかを解説していきます。

過払い金とは?

SMBCモビットで過払い金の可能性が低い理由を語るには、まず過払い金とは?を開設しないと話が始まりません。

過払い金とは、消費者金融などへ払い過ぎた利息のことをいいます。

消費者金融のような貸金業者には出資法と利息制限法がという法律で規定されているのですが、この2つの法律で制限されている利息の上限が異なっていました(グレーゾーン金利)。

2010年(平成22年)6月18日に内容が改正され、下記のように変更されました。

具体的には、出資法の上限金利が29.0%から20.0%に下げられたことが大きな変更点となります。

また、以前は、利息制限法上限ではあるものの出資法上限金利よりも低ければ刑事的な罪にはなりませんでしたが、現在は利息制限法上限金利よりも多い金利の場合は行政処分が科せられます。 参考:貸金業法のキホン(金融庁)

このグレーゾーン金利で借入・返済を行っていた人を対象に、払い過ぎていた利息を返還するのが過払い金となるわけです。

SMBCモビットの過去の金利

詳しくは後述しますが、ほとんどの消費者金融はグレーゾーン金利で運営をしていたため過払い金請求対象となります。

しかし、SMBCモビットは金利改定前においても最大18.0%で営業を行っていたため、グレーゾーン金利の部分が存在しません

そもそもSMBCモビットは、プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)と信販のアプラス(現:アプラスフィナンシャル)との共同出資で設立されました。

プロミスは当時、様々な金利設定の金融サービスを展開する金利フルライン戦略を行っていました。

金利フルライン(プロミス系列)

・モビット、アットローン 金利15~18% ・プロミス18.0~25% ・クオークローン26~29%

このように、SMBCモビットは低金利設定の消費者金融として初めから展開していたため、過払い金そのものが存在しないことになります。

SMBCモビットの過払い金を確認する方法

ここまで解説してきたように、SMBCモビットで過払い金請求をするのはほぼ不可能です。

しかし、それでも本当にSMBCモビットで過払い金が発生していないかを納得できないという方は、実際にSMBCモビットで過払い金が発生していないかどうかを確認してみましょう。

確認方法としては、SMBCモビットへ情報開示を依頼する方法が一番確実です。

2010年以前の借入時に金利がいくらであったかをSMBCモビットへ問い合わせることができます。

当時の金利が20%以下であれば、過払い金は残念ながら発生していません。

SMBCモビットで過払い金が発生しているか心配な方は一度SMBCモビットへ問い合わせてみましょう。

SMBCモビット以外の過払い金を確認しよう

SMBCモビットでは過払い金が発生している可能性は非常に低いと解説してきました。

しかし、SMBCモビット以外の多くの消費者金融では、グレーゾーン金利と言われる金利で営業していた経歴があります。

下記に金利改定前の各消費者金融の金利をまとめてみました。

消費者金融過去の金利
SMBCモビット最大18.0%
アコム最大27.375%
プロミス最大25.550%
アイフル最大28.835%
レイクALSA最大29.2%

このように、現在では認められていない20%以上の金利で多くの消費者金融が営業を行っていました。

そのため、アコムやプロミス、アイフル、レイクALSAなどから高利で借入を行っていた経験がある方は、過払い金が発生している可能性が非常に高いです。

過払い金の請求方法

2010年以前にアコムやプロミスなどの消費者金融からお金を借りたことがある人は、過払い金が発生している可能性が高いです。

そのままにしておくのは非常にもったいないですから、過払い金の請求を行っていきましょう。

①取引履歴を入手

まず一番初めに行ってほしいのが、当時の取引履歴を入手することです。

取引履歴の入手は、アコムやプロミスなど各消費者金融へ問い合わせてみましょう。

取引履歴を入手することで、過去に自分がどれくらいの金利でお金を借りていたかを確認することができます。

グレーゾーン金利でお金を借りていた場合には過払い金が発生していると考えられますので、しっかりと確認をおこないましょう。

②当時の利息を引き直し計算する

グレーゾーン金利でお金を借りていた取引履歴が入手できたら、実際にいくらの金額を払い過ぎていたのかを計算します。

当時借りていた金額によっては、100万円単位で過払い金が発生している可能性もありますので、間違いのないように計算するのがポイントです。

③過払い金の請求をする

引き直し計算ができたら、実際に対象の消費者金融へ過払い金の請求を行います。

個人で過払い金の請求をすることも可能ですが、その場合満額返還されることはほとんどなく、減額されてしまうことが多いようです。

発生した過払い金を出来るだけ多く返還してほしい場合には、弁護士などの専門家に相談するのが一番の方法です。

特に、多くの過払い金に対応してくれる弁護士への相談は過払い金が発生しなければ無料というところが多いため、まずは専門家へ相談してみるとよいです。

SMBCモビットから過払い金請求できますよ!は嘘

ここまで読んで頂けた方であれば、もうSMBCモビットから過払い金の請求はできないと理解して頂けたかと思います。

しかし、一般的には消費者金融の過去の借入であれば、相手がSMBCモビットであっても過払い金請求ができると思っている方も少なくありません。

そのような人を狙って、あたかもSMBCモビットから過払い金ができるかのように見せかけた悪徳弁護士の存在もあるようです。

相談をしただけで高額の相談料を請求されるなどの被害もあるため、専門家に相談するときには事前にしっかりと下調べをした上で相談に向かうようにしてください

SMBCモビットへの返済が厳しい場合の対処法

SMBCモビットへ過払い金の請求が難しいということで、落胆している方もいらっしゃると思います。

現状のSMBCモビットへの返済に困っているという方の対処方法を解説していきます。

債務整理をする

SMBCモビットへの返済がどう考えても難しく、遅延や延滞を繰り返してしまっている方は債務整理をする対処方法があります。

債務整理には、下記の4つの方法があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

SMBCモビットに返済するために他の消費者金融から借金を繰り返しているなど、自転車操業状態に陥っている方は、おそらく今後もすべての借金を完済するのは難しいです。

自己破産などのように財産を没収されてしまったり、ブラックリスト化したりなどのデメリットもありますが、借金の負のループは断ち切れます。

債務整理の詳細については、「気になる債務整理の基本と疑問を解決できる!債務整理講座」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

他社へ借り換え

現在のSMBCモビットでの金利よりも低い金利の消費者金融や銀行カードローンに借り換えをする方法もあります。

元金を減らすことはできませんが、利息を抑えることで多少なりとも返済が楽になる可能性があるからです。

特にSMBCモビットで18.0%の金利(実質年率)でお金を借りている場合、消費者金融であればプロミスなら最大金利が17.8%(実質年率)になります。

また、銀行カードローンであれば15.0%程度の金利になる可能性もあります。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
銀行カードローンの借り換えについては、「カードローンの借り換えによるメリットは何?金利による利息差を徹底解説」で解説していますので、参考にしてください。

他社のおまとめローンを利用する

引用:プロミス公式

SMBCモビットにプラスして他社からも借入があるという人は、おまとめローンを活用することをおすすめします。

SMBCモビットでは残念ながらおまとめローン商品がないのですが、プロミスなどおまとめローン商品を展開している消費者金融を活用します。

プロミスのおまとめローンについては「プロミスおまとめローンのメリットは?【審査に落ちた場合はどうする?】」をご覧ください。

おまとめローンで返済先を一括にすることで、金利を抑えられる可能性も出てきますし、月々の負担も減らすことができます。

おまとめローンの詳細については、「おまとめローンの仕組みと利用法が6分でわかるおまとめ講座」を参考にしてください。

SMBCモビットの過払い金まとめ

以上、SMBCモビットの過払い金について解説をしてきました。

SMBCモビットは「WEB完結であれば電話なし」などで有名な消費者金融ですが、過払い金については請求できる可能性は非常に低いです。

逆に以前から優良な金利で運営していた消費者金融なので、安心度については申し分ありません。

SMBCモビット以外の消費者金融で過払い金発生の疑いがある方は、それぞれの消費者金融へ一度問い合わせてみるとよいでしょう。

SMBCモビットの関連記事一覧

SMBCモビットの「審査」に関する記事
SMBCモビットの「在籍確認」に関する記事
SMBCモビットの「借入」に関する記事
SMBCモビットの「申し込み」に関する記事
SMBCモビットの「返済」に関する記事
SMBCモビットの「評判」に関する記事
SMBCモビットの「増額」に関する記事
その他のSMBCモビットに関する記事