SMBCモビットは総量規制の対象!審査落ちを回避するための必読書

消費者金融の申込時に気になる問題のひとつが「総量規制」ではないでしょうか?

そして「SMBCモビット」は消費者金融であるため、総量規制の対象になります。

このため、年収の1/3までしか借入できません。

また、総量規制は他社の借入も含めてですので、他社借入がある人はSMBCモビットの借入額に影響してくる可能性が高いです。

そこで今回はそんな総量規制について詳しく解説していきます。

「そもそも総量規制ってどんな法律なの?」 「どういった借入が総量規制の対象になるのか?」 「クレジットカードの利用分も含まれるのか?」

というような総量規制に関しての疑問がある時の役に立つ内容となっていますので、ぜひお読みください。

そもそも総量規制とは?

まずは総量規制について正しく理解しておきましょう。

総量規制とは、「貸金業者は融資申込者に対し、他の貸金業者の借入分と合計して年収の1/3までしか融資してはいけない」という法律です。

たとえば、年収350万円の人であれば1/3の116万円までしか、貸金業者ではお金を借入できないということですね。

そしてSMBCモビットは貸金業者ですので、総量規制の対象になるのです

このため、SMBCモビットでは他の貸金業者からの借入と合計して、年収の1/3までしか借入ができないんですね。

総量規制の対象になる借入

総量規制の対象になる借入は先に解説したように貸金業者からのものとなります。

では貸金業者とはどのようなものなのでしょうか?

貸金業者とは、銀行や信用金庫等のように預金業務をせずにお金を貸付する業者のことです。

「ノンバンク」とも呼ばれます。

貸金業者で代表的なのは3種類

  • 消費者金融(カードローンやキャッシング)
  • 信販会社(おもにカードローン)
  • クレジットカードのキャッシング枠

これらのような現金の借入を利用している場合、その借入額が年収の1/3にカウントされます。

総量規制の具体的な例

たとえば、あなたの年収が300万円だと仮定しましょう。

この時、SMBCモビットのような貸金業者での借入上限は年収の1/3の100万円までです。

仮に以下のような借入があるとします。

  • 消費者金融 40万円
  • クレジットカードのキャッシング枠 30万円

このケースの場合、貸し金業者からの借入は合計70万円ありますので、「100万円-70万円=30万円」と借入上限の100万円からその分が差し引かれます。

よって、SMBCモビットなど新たな貸金業者で借入する際は、総量規制によって30万円が借入上限になってしまうのです。

このため、すでに貸金業者から借入がある場合はその借入額が、年収の1/3にカウントされます。

他の貸金業者からの借入が年収の1/3に達している場合は100%審査に通りませんし、それに近くなるほど審査落ちの可能性が高まりますので要注意です。

銀行カードローンは総量規制の対象外

カードローンには銀行が提供する「銀行カードローン」もあります。

この銀行カードローンは総量規制の対象外です。

銀行カードローンの場合、銀行の商品であるため「銀行法」が適応されます。

よって、貸金業法の法律である総量規制の対象にはならないんですね。

このため、銀行カードローンは法律的には年収の1/3以上の借入もできることになります。

ただし銀行カードローンも年収の1/3以上の借入は難しい!

総量規制の対象外である銀行カードローンであっても、年収の1/3以上の借入は難しいです。

近年、銀行カードローンは「過剰融資」が社会問題化したこともあり、自主規制の動きを見せています。

銀行の中には「借入上限は年収の1/3まで」としているケースもあります。

このため、年収の1/3以上の借入をするのはかなり困難です。

また、総量規制の対象でないと言っても、他社の借入額は審査に大きく影響します。

よって、銀行カードローンの審査でも「今いくら他社から借入があるの?」という部分は必ずチェックされます。

そうした事から、すでに他社借入額が年収の1/3に達している場合や、それに近い場合は審査に通るのが非常に厳しくなります。

銀行系カードローンのSMBCモビットは総量規制の対象外になるのでは?

「SMBCモビットは銀行系カードローンだから総量規制の対象外なのでは?」という疑問がある人もいるかと思います。

確かに、SMBCモビットは三井住友銀行グループの「銀行系カードローン」ですが、「銀行カードローン」でないため、総量規制の対象になります。

銀行系カードローンと銀行カードローンは違う!

銀行系カードローンと銀行カードローンは違うため、まったく別のものです。

銀行系カードローンとは、銀行傘下の消費者金融系カードローンのことです。

つまり、親会社が銀行系列の会社であるカードローンが銀行系カードローンですね。

たとえば、以下のような業者がそれに当たります。

業者名親会社名
SMBCモビット三井住友銀行グループ
アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス三井住友フィナンシャルグループ
レイクALSA株式会社新生銀行

それに対して、銀行カードローンとは銀行自らが提供するカードローンです。

たとえば、「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」などがそれに当たります。

SMBCモビットは三井住友銀行グループの傘下のカードローンですので、前者の銀行系カードローンに当たります。

銀行系カードローンは単に親会社が銀行系列というだけであり、消費者金融であるということには変わりありません。

このため、総量規制の対象です。

よって、銀行系カードローンであるSMBCモビットも総量規制の対象になるのです。

総量規制の「除外」や「例外」もある!

総量規制には「除外」や「例外」もあります。

そうした事から、貸金業者からの借入のすべてが総量規制の対象になるわけではありません。

この除外や例外を知っておけば、「今ある借入分は総量規制の対象になるのか?」という疑問の解決に繋がりますので、ぜひ確認しておきましょう。

総量規制の除外となる借入

総量規制の除外とは、貸金業者からの借入であっても総量規制の対象にならないものです。

たとえば以下のような貸付がそれに妥当します。

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

上記のような貸付は、貸金業者からのものであっても年収の1/3にカウントされません。

総量規制の例外となる借入

総量規制の例外とは、総量規制の対象になるものの例外的に、年収の1/3を超える金額の借入ができるものを指します。

たとえば次のようなものが例外に当たります。

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

上記のような借入に関しては、たとえ貸金業者からであっても「貸付しても問題ない返済能力がある」と判断されれば、年収の1/3を超える金額の借入が可能です。

そんな例外のもっとも代表的なものは「おまとめローン」ですね。

おまとめローンは「顧客に一方的有利となる借換え」に当たります。

おまとめローンを利用すると、金利が下がり利息が減ったり、毎月の返済額が少なくなったりしますので利用者に有利な状況が生まれます。

そのため、総量規制の例外となり、年収の1/3超の借入も可能となっているのです。

総量規制については、「カードローンの総量規制ってなに?よくわかる総量規制」でも詳しく解説していますのでそちらもどうぞお読みください。

クレジットカードの利用分も総量規制の対象になる?

クレカジットカードのショッピング枠やリボ払い、分割払いなどを利用している人は「クレカも総量規制の対象になるの?」と疑問があるかと思います。

結論から言いますと、クレジットカードの利用分は基本的に総量規制の対象外です。

このため、以下のような利用分は総量規制にカウントされません。

  • ショッピング枠
  • リボ払い
  • 分割払い
  • ボーナス払い
  • 2回払い
  • スキップ払い

上記のような利用分は「割賦販売法」が適応となるため、貸金業の法律である総量規制は適応外となります。

ただし「キャッシング枠」は総量規制の対象です!

クレジットカードは基本的に総量規制の対象外ですが、「キャッシング枠」は総量規制の対象なので要注意です。

クレカのキャッシング枠は貸金業法が適応されます。

このため、総量規制の対象になるんですね。

よって、キャッシング枠の利用分はその借入額が年収の1/3にカウントされますので気をつけておきましょう。

なぜSMBCモビットは総量規制の上限に達していることが分かる?

「どうしてSMBCモビットは総量規制の上限に達していることが分かるの?」と疑問がある人もいるかと思います。

この理由は審査で「信用情報機関への照会」を行うためです。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、あなたが利用したクレジットカードやローン等の利用記録が保存されている機関です。

日本には以下の3つの信用情報機関があります。

  • CIC
  • JICC
  • JBA

消費者金融やクレジット会社、ローン会社などは、この信用情報機関のいずれかに加盟しており、自社の商品を利用した顧客の情報を提供しています。

その情報の中には「借入額」も含まれていますので、信用情報機関に照会をすれば、「今いくら他社から借入があるのか?」という部分が分るんですね。

SMBCモビットもCICとJICCの2つの信用情報機関に加盟しており、審査時には必ず照会作業を行ないます。

このため、総量規制の上限に達していないかどうかを知ることができるのです。

SMBCモビットの保証会社及び信用情報に関しては「SMBCモビットの保証会社はどこの金融機関と同じ?」で詳しく解説しています。

総量規制の上限に達している場合はどうすれば良いか?

「貸金業者からの借入が年収の1/3に達しているので審査に通りそうにない・・・」このような場合はどうすれば良いでしょうか?

結論から言いますと、SMBCモビットを利用したいなら、借入額を減らすしかありません。

総量規制の対象であるSMBCモビットでは、年収の1/3に達していると100%審査には通りません。

また、それに近い場合も審査落ちの可能性が高くなります。

このため、借入額を減らすしか対処法がないんですね。

銀行のカードローンやフリーローンという手もあるが・・・

総量規制の対象にならない、銀行のカードローンやフリーローンに申し込むという手もあります。

しかし、他社借入が年収の1/3に達している状態で申し込みしても審査に通るのは難しいです。

銀行のローンが総量規制の対象外だとはいえ、他社の借入額は審査に大きく影響します。

この理由は他社借入額が大きいほど毎月の返済負担も増えるため、返済できる余力が少なくなる傾向にあるためです。

また、先にもお伝えしたように銀行は過剰貸付が社会問題化したこともあり、ローン等の貸付に自主規制の動きを見せています。

そうした事からも、他社借入が年収の1/3に達している状態で審査に通過するのは困難です。

SMBCモビットの審査では総量規制以外にも知っておくべきことがある!

SMBCモビットの審査の合否は総量規制だけで決まるわけではありません。

審査はその他にも様々な要素から合否が判断されるのです。

そのため、審査に通過したいならそうした部分も知っておく必要があります。

そこでこの章ではSMBCモビットの審査について詳しく解説していきます。

SMBCモビットの審査基準

SMBCモビットの審査基準は非公開であるため正確には分りません。

しかし、SMBCモビットのようなカードローン会社の多くが採用しているのが「スコアリング審査」です。

このため、SMBCモビットの審査もスコアリング審査が採用されている可能性が高いです。

スコアリング審査とは

スコアリング審査とは、申込者の「個人情報」や「信用情報」から返済能力を判断する審査方法です。

このスコアリング審査は以下のような項目を参考に、大部分がコンピューターによって機械的に行われます。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社借入額と件数
  • 過去の返済状況

このような情報から審査の合否が判断されるため、申込時に申告する個人情報と信用情報機関にある情報が審査通過の鍵となってきます。

SMBCモビットで審査落ちにしてしまう原因

SMBCモビットで審査落ちにしてしまう原因として多いのは次のようなものです。

  • 安定収入がない
  • 収入が極端に低い
  • 過去の返済記録に問題がある
  • 他社借入や件数が多過ぎる
  • 短期間に複数社に申し込みした
  • 信用情報機関に何も情報がない

安定収入がない

安定収入がない場合は高確率で審査落ちになります。

SMBCモビットのようなカードローン会社が審査でもっとも重視するのは、「毎月安定した収入があるか?」という部分です。

実際にSMBCモビットの申込条件にも、以下のように安定収入についての記載があります。

出典:SMBCモビット公式「お申し込みいただける方」

このように審査では安定収入の有無が重視されるため、毎月定期的に収入がある状況でなければ審査に通過するのは困難です。

このため、アルバイトやパートでも良いので毎月収入を得られる状況になってから申し込みしましょう。

収入が極端に低い

収入が極端に低い場合も審査落ちになりやすいです。

SMBCモビットは申込者の返済能力の範囲内でしか融資してくれません。

収入が極端に低いと「融資に値するだけの返済能力がない」と判断されてしまう可能性が高くなり、審査落ちの可能性が大きくなるのです。

どれくらの収入だと審査落ちになってしまうかはSMBCモビットも公開していないため、はっきりとは言えません。

ただし、年収で50万円以上はないと厳しいかと思います。

過去の返済記録に問題がある

過去の返済記録に問題があると高い確率で審査落ちになります。

信用情報機関には過去の返済状況も記録されますので、返済日を守らないと「延滞した」という記録が残ってしまいます。

このように返済期日を守らない人はお金に関して信用ができません。

このため、審査に落とされる可能性が高くなります。

そうした事から、現在利用中のクレジットカードやローン等の返済期日はしっかり守りましょう。

また、携帯電話の本体を「分割払い」で購入し返済中の人は電話料金の支払も遅れないようにしなくてはいけません。

携帯電話の本体分割払いは「割賦契約(ローン)」ですので、その支払状況が信用情報機関に残るからです。

他社借入や件数が多過ぎる

他社借入や件数が多過ぎる場合も審査落ちの可能性が高まります。

この理由は何度か解説したとおり、借入額や件数が多いほど毎月の返済負担が高まり、返済できる余力を少なく見られてしまうからです。

よって、他社借入や件数はできる限り減らしてから申し込みするのが得策です。

短期間に複数社に申し込みした

短期間に複数社に申し込みしたことが原因で審査落ちになるケースもあります。

このように短期間に複数社に申し込みをすると「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、以下のようなことを申込先に警戒されてしまいます。

  • お金によっぽど困っている
  • 何か大きな問題があり他社で審査落ちになっている

こうした人に融資をするのはリスクが高いため、審査落ちになるケースがあるんですね。

よって、短期間に複数社に申し込みするようなことは避けるようにしてください。

信用情報機関に何も情報がない

信用情報機関に何も情報がないことが原因で審査落ちになるケースもあります。

このように信用情報が真っ白な人のことを「スーパーホワイト」と呼びます。

スーパーホワイトですと以下のような点が審査に不利となるケースがあるんですね。

  • なぜクレジットカードやローンを利用しないのかと不信に思われる
  • 過去に金融事故を起こしたのではと警戒される
  • 審査の判断材料が不足し申込者の信用度を判断できない

日本ではクレカやローンを利用したことがないという人は少数派ですので、「なぜ利用しないのか?」と不信に思われてしまう可能性があります。

長期延滞や債務整理等の事故情報を起こすと長期間クレカやローンを利用できなくなることがあり、信用情報が真っ白になってしまう可能性が高まります。

SMBCモビットのようなカードローン会社は信用情報機関への照会を中心に、申込者のお金に関する信用度を判断しますので、その情報が何もないと審査の判断材料が不足してしまいます

スーパーホワイトですとこのような事が原因で審査に不利な状況が生まれ、結果審査落ちの原因のひとつになってしまう恐れがあるのです。

SMBCモビットの審査については「SMBCモビットの審査基準は甘い?審査時間が長い?」でも詳しく解説中ですので、そちらも合わせてお読み頂ければより理解が深まります。

SMBCモビットでのおまとめローンはどうなの?

「今ある借入をひとつにまとめたい!SMBCモビットでおまとめローンを組むのはどうか?」という人もいるかと思います。

そこでこの章では、SMBCモビットのおまとめローンについて解説していきます。

まずはおまとめローンを正しく理解しよう!

まずはおまとめローンを正しく理解しておきましょう。

おまとめローンとは、複数の借金をひとつにまとめたり、借換えを行なったりするためのローンですが、そのタイプは2つあるのです。

  • おまとめ目的で利用するローン
  • おまとめ専用ローン

おまとめ目的で利用するローン

おまとめ目的で利用するローンといのは、おもにカードローンやキャッシング、フリーローンなどの「多目的ローン」を指します。

これらの多目的ローンは使いみちが基本自由です。

このため、おまとめや借換え目的の借入もOKなんですね。

ただし、消費者金融などの貸金業者の多目的ローンは総量規制の対象です。

カードローンやキャッシング、フリーローンなどはおまとめ専用ローンではないため、総量規制の例外が適応されません。

このため、借入できるのは年収の1/3までです。

おまとめ専用ローン

おまとめ専用ローンとはその名のとおり、おまとめや借換えのみに使える「目的別ローン」です。

よって、使いみちがおまとめや借換えのみに限られています。

このおまとめ専用ローンは総量規制の例外となるため、貸金業者からの借入であっても年収の1/3を超える金額が借りられます。

SMBCモビットにはおまとめ専用ローンがない!

SMBCモビットにはおまとめ専用ローンがありません。

このため、おまとめをする際は「おまとめ目的で利用するローン」という扱いになります。

この点は注意しておきましょう。

SMBCモビットはおまとめ目的には向いていない!

はっきり言って、SMBCモビットはおまとめ目的には向いていません。

その理由は以下の2つです。

  • 総量規制の対象
  • 上限金利が高い

総量規制の対象

SMBCモビットはおまとめ専用ローンがないため、通常のカードローンをおまとめ目的で利用することになります。

よって、総量規制の対象になってしまうんですね。

借入額が年収の1/3以下になってしまうため、他社借入状況によっては希望額が借りられないというケースも多くなります。

とくに消費者金融からの借入をおまとめしたい場合はその傾向が強いです。

上限金利が高い

上限金利が高いというのもおまとめに不向きです。

おまとめをする際は「なるべく利息を減らしたい!」という目的でする人が多いかと思います。

しかし、SMBCモビットの上限金利は18.0%高く、はじめて契約する時はこの金利が適応になる傾向が強いです。

そのため、おまとめしても利息が減らない可能性が高いです。

消費者金融のおまとめ専用ローンはどうなの?

SMBCモビット以外の消費者金融では、おまとめ専用ローンを提供している業者もあります。

そうした業者のおまとめ専用ローンはどうなのでしょうか?

結論から言いますとおすすめできません。

理由は次のように上限金利が高いからです。

商品名金利
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン年7.7%~18.0%
アイフル おまとめMAX年3.0%~17.5%
プロミス おまとめローン年6.3%~17.8%

どのおまとめ専用ローンも上限金利が18.0%付近と高くなっています。

何度かお伝えしているように金利の高低を決めるのはこの上限金利であるため、18.0%付近では金利による旨みがありません。

総量規制の例外になるというメリットはあるものの、この金利では利息を軽減できる可能性が低いため、利用はおすすめできないんですね。

おまとめするならどこが良いの?

では、おまとめするならどこが良いのでしょうか。

おすすめなのは銀行のカードローンやフリーローン、おまとめ専用ローンです。

これらのローンは次のように消費者金融よりも上限金利が低いため、利息を軽減できる可能性も高くなっています。

商品名金利
三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%
三井住友銀行 フリーローン(無担保型)年 5.975%
みずほ銀行 カードローン年2.0%~14.0%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック年1.8%~年14.6%
りそな銀行 りそなフリーローン年6.0%~14.0%
東京スター銀 スターワン乗り換えローン年12.5%
千葉興業銀行 おまとめフリーローン年3.9%~14.9%

銀行のカードローンやフリーローンの中には、三井住友銀行の「フリーローン(無担保型)」のように金利が10.0%以下のものを存在します。

こうしたローンは審査も厳しいですが通過できれば、利息を大きく減らせる可能性が高いです。

そのため、申込先のひとつに検討するだけの価値があります。

おまとめローンについては「おまとめローンの仕組みと利用法が6分でわかるおまとめ講座」でも解説しているので、合わせてお読みください。

SMBCモビットがおすすめなのはこんな人

この章では、SMBCモビットどのような人におすすめなのかを解説しています。

「SMBCモビットの申し込みしようか迷っているけど、自分に本当に向いているか分らない」というような時の参考にしてください。

SMBCモビットに向いているのは以下のような人です。

  • 今日中に借入したい!
  • 在籍確認の電話をなしにしてほしい!

今日中に借入したい!

SMBCモビットは即日融資が可能です。

このため、「今日中に借入したい!」というような人に最適です。

審査時間も最短30分とスピーディーなため、審査待ちの時間も最小限で済みます。

また、「ローン申込機」がありますので土日祝の即日融資にも対応してくれるというのも強みです。

在籍確認の電話をなしにしてほしい!

「在籍確認の電話を無くしたい」という人にもおすすめできます。

SMBCモビットには「WEB完結」というサービスがあります。

このサービスを利用すれば、在籍確認を電話ではなく「書類提出」という形に変更できます。

カードローンの審査で多くの人が気がかりなのが、職場にされる在籍確認ではないでしょうか。

在籍確認は職場に電話がかかってきますので、「会社の人に借金しようとしていることがバレないか?」という不安のある人が多いですね。

しかし、SMBCモビットのWEB完結なら電話を回避できますので、そうした不安を抱える必要がなくなります。

WEB完結については「SMBCモビット「WEB完結は電話連絡なし」に注意【口コミあり】」でも詳しく解説していますので、そちらもお読みください。

SMBCモビットの申し込み~借入までの流れ

「SMBCモビットの借入までの流れを知りたい!」このような人は多いかと思います。

そこでSMBCモビットの申し込み~借入までの流れを解説しておきましたので、ぜひ参考にしてください。

必要書類

まずは必要書類を確認しておきましょう。

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明」の2点です。

本人確認書類

本人確認書類の提出は必須です。

基本は「運転免許証の写し」を提出しますが、ない場合は以下の書類の写しを1点提出します。

  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明

収入証明は必要なケースとそうでないケースがあります。

まず確実に必要となるケースは、以下の条件のいずれかあるいは両方に当てはまる場合です。

  • SMBCモビットで限度額50万円超を希望する場合
  • SMBCモビットの限度額と他の貸金業者の借入額を合計して100万円を超える場合

上記のケースでは貸金業法で収入証明の所得義務がありますので、必ず提出しなくてはいけません。

収入証明が必要なもうひとつのケースは、「SMBCモビットが必要と判断した場合」です。

審査の結果、担当者の判断等で収入証明の提出を求められるケースがあるのです。

この2つのケースの場合は収入証明が必要ですので、次の書類の中から1点提出することになります。

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2か月分・賞与支給がある場合は年間の賞与額が確認できる賞与明細書も必要)

申込手順

ここからは申込手順を解説していきます。

今回はインターネットで申し込みすると仮定してお伝えしていきますね。

インターネット申込の場合ですと以下のような流れで進んでいきます。

1 申し込み
矢印
2. 審査
矢印
3 カード発行
矢印
4 借入
矢印
5 書類返送

申し込み

まずはSMBCモビットの公式サイトにアクセスして、申し込みをします。

画面の指示とおりに必要事項を記入していけば良いだけですので、迷うことなく進めていけるかと思います。

審査

申込完了となりましたらすぐに審査が開始されます。

審査は最短30分で完了し、結果はメールか電話で通知されます。

カード発行

審査通過後は「モビットカード」の発行手続に入ります。

モビットカードはネットから手続した場合は後日郵送となります。

もし、すぐに発行してほしい場合は、SMBCモビットの「ローン申込機」か三井住友銀行内にある「ローン契約機」で手続しましょう。

これらであればその場ですぐにカードを発行してもらえます。

借入

カード発行手続が済めばすぐに借入可能です。

平日14:50までなら即日入金が可能であり、当日中に指定口座に振込してくれます。

ローン申込機やローン契約機でカードを発行した場合は、コンビニや銀行等の提携ATMからも借入可能です。

書類返送

後日、SMBCモビットから「MCセンター」という名前で自宅に郵送物が届きます。

この郵送物には「入会申込書」が同封されていますので、必要事項を記入して返送します。

以上がSMBCモビットの申し込み~借入までの流れです。

申し込みについては「SMBCモビットの申し込みで最適なのはどの方法?電話・WEB完結を解説」でも詳しく解説してますので、そちらも合わせてご確認ください。

まとめ

SMBCモビットは総量規制の対象であるため、他の貸金業者と合わせて年収の1/3までしか借入できません。

「他の貸金業者」というのはおもに以下の3つです。

  • 消費者金融(カードローンやキャッシング)
  • 信販会社(おもにカードローン)
  • クレジットカードのキャッシング枠

このため、これらから現金の借入がある場合はSMBCモビットで借入できる金額に影響がありますので要注意です。

また、SMBCモビットの審査は総量規制だけで決まるわけでないため、今回解説した審査についての詳細もしっかり理解しておく必要があります。

そうした点を理解できましたら、あとはいざ申し込みを実行するだけです。

SMBCモビット モビット 限度額 ボタン モビット ニュー3つのポイント

SMBCモビットの関連記事一覧

SMBCモビットの「審査」に関する記事
SMBCモビットの「在籍確認」に関する記事
SMBCモビットの「借入」に関する記事
SMBCモビットの「申し込み」に関する記事
SMBCモビットの「返済」に関する記事
SMBCモビットの「評判」に関する記事
SMBCモビットの「増額」に関する記事
その他のSMBCモビットに関する記事

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー