モビットで増額ができる人とできない人の違い

モビット 増額

モビットでお金を借りてるけど、もうカードローンの限度額が一杯で、これ以上借りれない。。。と悩む方は少なくありません。

これはモビットに限った話ではないのですが、カードローンの枠を増額したいという方はとても多いです。

今回は、モビットにスポットを当て、増額できる人と増額ができない人の違いをご紹介した後、具体的な増額方法や増額できない場合の対処法もご紹介していきます。

もちろん、仮に増額できたとしても、その分返済が大変になるというリスクもありますので、十分に注意する必要があります。

0.モビットから信用されるとは?

増額系の記事を読んでいると、「モビットから信用されている必要がある」という旨の記載をよく目にすると思いますが、これは言い換えると「モビットのいいお客さん」という意味になります。

頻繁にモビットで借入・返済を繰り返すことで、モビットのカードローンを常に利用していると、最終的には多くの利息をモビットに支払うことになります。

「返済はきちんとしてくれるし、常に利用してくれている人」が「モビットから信用されている」という状態になります。

1.モビットで増額できる人とできない人の違い

モビットで増額できるかどうかは、明確な基準と曖昧な基準の2パターンがあります。

明確な基準

モビットから「増額審査を受けれます」という案内が来ていれば、基本的には増額することができます。

増額依頼をする際、電話で確認すると増額幅を提示してもらえる可能性がありますので、少しでも多くの枠を増額したい場合は、電話で確認してみることをおすすめします。

ただ、増額の案内が来ていたとしても、モビットに申し込みを行った日から、年収が下がっていた場合は、審査に落ちる可能性があります。

増額審査の案内がきても、必ず増額できるわけではないので、注意が必要です。

曖昧な基準

モビットから増額審査の案内が来ていない場合は、来ていたときと比べて増額のハードルは上がってしまいますが、モビットから信用を得ていれば増額できる可能性があります。

モビットから信用を得ている人というのは、下記の項目に当てはまる人になります。

  • 一定の利用実績がある
  • 返済期限に遅れずに返済している
  • 他社からの借り入れを行っていない
    ※借入を行っていても延滞等はしていない

上記に該当していれば、モビットが「この人は増額してもしっかり返済してくれそうだな」と判断し、増額審査を通過できる可能性があります。

2.モビットの増額審査の難易度

モビットから、増額審査の案内が来ていれば難しくありませんが、来ていない場合は少し難しいです。

この辺は完全にブラックボックスの部分ですので、明確な基準を記載することは難しいですが、別のカードローンで新規に借入る場合と増額審査を受ける場合は、一般的に増額審査の方が難しいと言われています。

個人に置き換えればイメージしやすいのですが、1万円貸した相手に「追加で3万円貸してくれない?」と言われたら、ちょっと渋ってしまいますよね?

逆に、「○○から1万円借りてるけど、今ちょうどお金ないから3万円貸してくれない?」と言われたら、案外貸してしまうのではないでしょうか?

3.増額できる金額はどれくらいか

モビットで増額できる金額は、その時の利用金額や利用状況に大きく左右されます。

先ほどもご紹介しましたが、モビットから増額審査の案内が来ている場合は、電話で確認すると目安を教えてくれる可能性があります。ただ、自分で増額申請を行う場合は、基本的には増額できる金額の目安は分かりません。

ですので、自分で増額申請を行う場合は、必要最低限の金額を増額申請するようにしましょう。

もちろん、モビットは消費者金融ですので、総量規制の対象となり、年収の3分の1以上のお金を借りる事はできません

4.モビットでの増額申請フロー

ここからは、モビットで増額する方法をご紹介していきます。

フロー1.増額申請をする

モビットで増額する際の申請方法には、

  • モビットから増額案内がくる
  • 自らコールセンターへ電話する
  • 会員サービス「Myモビ」から申請する

この3種類の方法があります。

・モビットから増額案内がくる

利用実績に基づいてモビットから増額の案内が来ます。

これは電話で案内があったり、会員サービス「Myモビ」から案内がある場合があります。

この方法は返済遅延などがない優良顧客に対して行われるものですので、遅延などがあった場合はこの方法は期待しないようにしましょう。

・残りの2つ

  • 自らコールセンターへ電話する
  • 会員サービス「Myモビ」から申請する

この2つについては自ら申請する方法で、大雑把に言えば、連絡方法が電話インターネットかの違いになります。

コールセンターは9時~21時までしか対応していませんので、それ以外の時間帯の場合は「Myモビ」からの申請しかありません。

・増額の際に必要な書類

また、必要書類として、収入証明書類の提出を求められます。

収入証明書類としては

モビット 増額1

などの写しになります。

これは先ほど説明した、総量規制の範囲をオーバーした増額をしないためです。

フロー2.審査開始

増額の申込をし、必要書類を提出したら審査が開始されます。

初回は即日融資もしてくれるモビットですが、増額に関しては即日ではできません。

審査時間に関しては、バラつきはありますが、早くて2.3日、遅い場合だと7日くらいかかるという話もあります。

フロー3.審査結果の通知

審査の結果は電話にて知らされます。

増額審査が終わった時が土日だった場合は、翌週の月曜に通知されることになります。

フローとしてはこのようになります。

5.モビットで増額するメリット・デメリット

メリット

増額に成功した場合のメリットは、次の2つになります。

  • 金利が引き下げられる可能性がある
  • 電話連絡なし

・金利が引き下げられる可能性がある

金利が引き下げられる可能性があります。

特に限度額が100万円を超えたという人は金利が確実に15.0%以下に引き下がります。

これは利息制限法という法律で定められており、融資額が100万円を超えた場合、上限金利を15.0%以下にしなければならないという法律です。

もちろん、増額に成功しても融資額が100万円を越えなかった場合は金利が引き下がらない可能性もあります。

・電話連絡なし

これは初回に申し込んだときにも在籍を確認する電話連絡がなかった方もいらっしゃるのではないかと思いますが、増額の場合も同様に電話連絡はありません。

デメリット

デメリットとしては限度額の減額や、最悪の場合、利用停止になるおそれもあります。

増額審査時に収入証明書を提出しますが、そこで収入が減っていると判断されてしまえば減額になってしまいます。

また、収入が減っているだけではなく、他社からの借入額が増えていたり、返済遅延などを繰り返していたりと、信用に欠けるような行動をしていれば、利用停止もありえます。

増額審査というのは、前回に申し込んだときの状況ではなく、現状で再度審査をするということです。

6.急ぎの場合は他社からの借り入れを!

モビットで増額審査を行う場合は時間もかかり、リスキーな手段でもあります。

もし、急いでお金が必要であり、以前モビットに申し込みを行った日より、年収等が下がっているのであれば、他社カードローンでお金を借りるというの1つの手になります。

おすすめのカードローンには、次の3つがあります。

プロミス

プロミス キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン プロミス ポイント

プロミスも最短1時間で融資を受けることができ、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座なら、24時間・最短10秒で振り込みキャッシングが可能になっています。

アコム

アコム キャプチャ アコム 限度額 ボタン アコム ポイント

モビットと条件が似ている上に、最短で30分の審査(申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります)、即日で融資が可能という、モビットにも勝るとも劣らないスピードが魅力のアコムです。

さらに30日間無利息というサービスもありますので、ちょっとした出費でしたら増額よりもこちらの方が良いかもしれません。

レイク

レイクのキャプチャ レイク 限度額 ボタン レイク ポイント

レイクには、「初回利用時のみ180日間5万円まで無利息」というサービスがありますので、増額して数万円しかお金を借りない場合は、とてもおすすめです。

ただ、10万円以上のお金を長期間借りるのであれば、プロミスやアコムと大差はありません。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。

他社で融資を受ける方がリスクも少なく、時間も早いのですが、他社カードローンから融資をうけるのはなんだかいやだなと感じる方もいらっしゃると思います。

ですので、時間に猶予があり、モビットへの返済遅延もないような方なら、増額を検討した方がよいのではないでしょうか。

CTA

モビット 増額