お金がない学生必見!節約術とアルバイト以外で今すぐお金を作る方法

この記事は、お金がない学生のために書きました。

お金がない学生さん、今まさにこんなお悩み中では?

「学生でお金ないけど旅行に行きたい」
「大学生で沢山アルバイトしてるのにお金ない…」
「一人暮らしなのにお金ない…月末までの生活費どうする?」
「彼女(彼氏)とのデート代がかさんで金欠」

学生時代はお金がないのに、お金がかかる理由が沢山ありますよね。

実は、学生時代にお金ないのは当たり前!

学生の年間支出と親からの援助の平均金額をデータ分析すると、学生は平均年間14万円の赤字が出ていることが分かりました

CHECK

「でも友達とのご飯や飲み会は絶対行きたい!」という学生さんのために、すごいカード相談所が「今すぐ実践できる節約術」と「アルバイト以外で今すぐお金を作る方法」を紹介します。
実践すれば、毎月2~3万円の余裕ができるかもしれませんよ♡

学生=お金がないは当たり前?!お金を借りるならプロミス

お金がないと嘆く学生さん、そもそもの原因は「収支のバランスの悪さ」なのですが、でもこれって分析をしてみたら「当たり前」ということが分かりました。

このあと詳しく紹介しますが、独立行政法人日本学生支援機構が平成28年度に公開した「学生生活調査(大学・昼間部)」の「大学生(昼間部)」の収支のバランスを分析すると、年間平均14万円ほど赤字になるという結果がでました

年間14万円の差額は月収で考えると1万円そこそこですが…あくまでこれは平均。

一人暮らし・実家暮らしという環境を除いても、学生がお金を使う主な目的を考えると、赤字の14万円以上のお金が必要ということが分かります

学生の主なお金の使い道5つ
  1. コンパやサークルなどの飲み代
  2. 服飾や雑貨などの購入費用
  3. プレゼント購入などの交際費
  4. 彼女(彼氏)とのデート代
  5. 友達との旅行費用

こちらもあとで解説しますが、あなたはこれらすべてを年間49万円(月4万円)以内に抑えられますか?

大学生で一人暮らしなら、この中に食費や生活費も入りますよ(真顔)

「え、無理じゃね?」という学生さんが多いと思うので、いますぐ金欠から抜け出す3つの方法を伝授します。

お金がない学生はどうしたらいい?金欠を抜け出す3つの方法

お金がない学生さんが今の状況を抜け出すには、大きく分けて3つの方法があります。

金欠を抜け出す3つの方法
  1. 節約をしてお金を「捻出」
  2. 収入を増やしてお金を「作る」
  3. お金を「借りる」

もちろんこの3つから1つではなく、「節約して捻出」して「お金を作る」二刀流で攻めるのが金欠脱出のキーワード。

このあと、具体的にどういった方法があるのかを解説していきます。

お金を借りるなら30日間無利息の「プロミスカードローン」がおすすめ

お金がない学生さんが節約を頑張ってアルバイト収入を増やしても、どうしても足りない…。

親や友人からお金を借りるという方法もありますが、信頼関係に直結するテーマなだけになかなか頼みづらいですよね。

最終手段となりますが、カードローンでお金を借りるという方法があります!!

中でもプロミスのカードローンは利便性が高く、初めてのキャッシングから30日間であれば利息0円でお金を借りられます!!

詳細は記事の後半で紹介するので、このまま読み続けてくださいね♪

学生は年間平均14万円の赤字!お金が無いのは当たり前

記事の冒頭でも少し触れましたが「お金がない学生」は当たり前、データを分析してみると年間平均14万円の赤字が出るということが分かりました。

前フリはそこそこに、独立行政法人日本学生支援機構が平成28年度に公開した「学生生活調査(大学・昼間部)」の「居住形態別収入平均額及び学生生活費の内訳」から大学生(昼間部)の収支のバランスを分析してみましょう。

大学生のアルバイト収入平均は、年間35万円(月3.16万円)

大学生のアルバイト収入は平均で年間35万円、月収にすると3.16万円となります。

仮に時給900円のアルバイトとすると週8.7時間の勤務、週3回でシフトを入れている場合は3時間ほどアルバイトをしている計算になります。

あくまでこのデータは平均なので、もっとアルバイトをしている学生さんが多いかと思います。

ただ、2倍シフトを入れても年間70万円(月6.3万円)のアルバイト収入、この場合は平日5日間で各4時間シフトを入れないといけません。

仮に土日のどちらかをフルタイムにした場合、平日シフトで3時間、土日のどちらかで8時間アルバイトをすることになります。

続いて、大学生の年間平均支出(出ていくお金)です。

大学の学費=親の負担平均額、年間68万円はどうやって捻出?

大学生の平均支出は総額187万円ですが、学生のみなさんお気づきでしょうか?

大学生の支出の大変を占める学費・通学費の119万円は、家庭からの給付(親負担)118万円とほぼ同じ!!!

ということは、【平均年間支出総額187万円-家庭からの給付118万円】とすると、年間68万円(表のうす紫以外の部分全て)を自分で何とかしないといけないってこと。

もちろん、一人暮らし・実家通いという環境によって大きく変わってくるし、生活費として仕送りをもらっている人や奨学金をもらっている人でも違いが出てきます。

大学生の一人暮らしの住居・光熱費を差し引いた場合、食費・娯楽費・し好費用・その他の支出の合計は49万円。

平均アルバイト収入と比較すると、どうしても年間14万円足りないんです。

大学生の支出を考えると、年間49万円の収入では絶対足りない

大学生の食費や娯楽費の支出とアルバイト収入を比較すると、年間14万円の赤字が出てきます。

このくらいの差額であれば、月に1万円強の収入を追加するだけなので、アルバイトを少し頑張ればOK。

ただ、飲み代・服飾の購入費・学生カップルのデート代などリア充目線で考えた場合、「年間49万円(月4万円)ですべて賄えるか?」と言えば現実的に難しいかと思います。

だって仲間との飲み会やご飯は参加したいだろうし、彼女(彼氏)とのデート代はあまり削りたくないですよね?

かといってアルバイトのシフトを2倍に増やすと拘束時間も倍、学業にもプライベートにも影響しちゃうし…う~ん悩むところ。

お金がない学生さんは、これから紹介する「節約術(お金を捻出)」や「収入を増やす方法」を実践すれば、ほんの少し生活に余裕ができるかもしれません。

お金がない学生が「お金を捻出する」3つの節約術

お金がない学生が「お金を捻出」するには、徹底的な節約が必要です。

飲み会の誘いを断る・旅行の回数を減らす・安い食材で自炊をするなどの基本的な節約ではなく、毎月の支出を固定で節約する方法を紹介します。

仮にこの節約術をすべて実践すれば、毎月2~3万円は節約できる計算になります。

スマホを格安SIMに乗り換える【毎月約5千円の節約】

学生さんの必須アイテムと言えばスマホ、みんなWifiなどを使って通信費用を抑えているかと思いますが…まさか大手携帯会社のキャリアで契約していませんか?

大手会社のキャリアだと平均7,000~8,000円の月額料金かと思いますが、格安SIMに乗り換えれば月額料金は平均2,000円になります。

格安SIMはネットで契約することが多いので申し込み方法も複雑だし、サービス面(サポートやツール)などは大手携帯キャリアに比べるともちろん劣ります。

新機種への乗り換えをしたくても「機種のローン払いを月額料金に含んで支払う」ことができなくなりますが、SNSや通話に関しては全く問題なし。

スマホキャリアを格安SIMに変えるだけで毎月5,000円くらい節約できるなら、乗り換えない理由はありません。

電車やバスから自転車に切り替える【毎月1~2万円の節約】

電車やバスを使って移動している学生さんが多いかと覆いますが、自転車移動に切り替えてみませんか?

各駅停車で30分くらいの距離なら、余裕で自転車での移動ができます(実践済み)

電鉄会社によって運賃は様々ですが、各駅停車の電車で30分というと運賃は200~300円程度かと思います。

仮にこれが大学までの交通費とすれば、定期券を持っている場合片道だけの費用で済みます。

それでも単純に計算してみると、片道300円×30日で月に9,000円を交通費に費やしていることになります。

でも、繁華街へ出ていく交通費もかかるし、飲みにいって終電を逃したら朝まで時間を潰すためのお金やタクシー代が発生。

これらを合算して考えると、どんなに安く見積もっても交通費だけで毎月1~2万円は支払っていることになりますよね。

自転車を買う初期費用はかかるものの、駐輪場所さえ気をつければ毎月1~2万円節約できます

お弁当やお茶を持ち歩く【毎月1万3千円以上の節約】

一人暮らし・実家暮らし問わず、学生さんって昼食は外で食べることが多いですよね。

学食やカフェで友達と話しながらランチタイム…学生時代の醍醐味ですが、ここ意外と大きな支出になるので注意が必要。

学食などは安いとはいえ一食200~500円、お弁当を買えば500円以上、カフェでランチをすれば1,000円、ペットボトルの水やお茶を買えば100~150円はかかります。

お昼ご飯に500円と150円の飲み物を1本購入している場合、平日だけでも毎月1万3千円の出費になります。

実家暮らしであればお母さんに頼んで前日の夕食のおかずを多めに作ってもらって自分で詰め、一人暮らしなら前日の夕飯を多めに作ればOK。

お茶も水筒やペットボトルに入れるだけだし、インスタントコーヒーと牛乳でカフェオレを作ればコーヒー代だって節約できます。

CHECK 食費を抑えたいなら飲食店やコンビニのアルバイト

一人暮らしの大学生が食費の節約をしたいなら、飲食店やコンビニのアルバイトに切り替えましょう。
飲食店は賄いが出るから食費を節約できるし、コンビニだと賞味期限ギリギリのお弁当やパンをもらえるケースが多いです。
ショップ店員など“憧れのアルバイト”をするのも良いですが、生活費を考えれば「賄い」や「お弁当」は大きなメリットです。

お金がない学生が「収入を増やす」3つの方法

お金がない学生さんは、さっき紹介した3つの節約術はもしかしたら実践しているかもしれません。

今以上に節約できないなら「収入を増やす」という方法にシフトチェンジ、アルバイト収入とは別でお金稼ぎをしてください。

学生さんがアルバイト収入以外で収入を増やす方法は沢山ありますが、今すぐ誰でも実践できる3つの収入を増やす方法をご紹介します。

FXや投資などは専門知識が必要だから敷居が高いし、ユーチューバー・ブログ収入・商品アフィリエイトは収入になるまで時間がかかるし、パチンコ・スロット・競馬などのギャンブルは高リスクなのでおすすめしません。

不用品をオークションなどで売ってお金を作る

「捨てるのはまだ早いけど使っていない物(不用品)」があれば、メルカリ・ヤフオク・楽天などのオークションで売ってお金を作りましょう。

特にメルカリは出品の手間がかからず、スマホで完結するので本当に便利!

あなたの自宅のクローゼットの肥やしになっている、こんな物はありませんか?

  • 1~2回しか使わなかった服・靴
  • 流行おくれのブランド財布やバッグ
  • 読み終わった書籍や漫画
  • 眠っているCDやDVD
  • 古いスマホやPC
  • プレゼントでもらったけど好みじゃない物

「え、こんな物が売れるの?」というのはあなた個人の意見、類似出品と同じくらいの価格でオークションに出せば意外なほどに売れます

送料などの計算・梱包・発送の手間はかかりますが、リサイクル業者の買取よりも高く売れるかと思います。

目玉商品と売れ残りをセットにして販売すれば結構いい値段になるし、手間も省けて一石二鳥です◎

クラウドソーシングに登録して自宅で副業を始める

クラウドソーシングとは、インターネットを使ってクライアントとフリーランスをマッチングさせるサイトで、近年利用者は右肩上がりで増えています。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」や「シュフティ」と言った代表的なサイト、一度は聞いたことがあるのでは?

クラウドソーシングで扱っている職種は沢山あり、HPの作成・WEBディレクター・デザイナー・イラストレーター・ライター・構成者・コーディングなどの専門的な業務内容から、社名や商品名のネーミングコンペやリモートコントロールの事務員などの募集もあります。

単価はクライアントや仕事内容によってまちまちですが、学生でも隙間時間に作業できるアンケート調査なども沢山あるので登録しておいて損はありません

登録自体は無料ですが、報酬が発生した場合はクラウドソーシングサイトが報酬の20%を手数料として差し引くケースがほとんどなのでご注意を。

低い単価ではなくなるべく単価が高めの案件を中心にエントリーし、継続的に受注ができればアルバイトよりも稼げます。

UberEatsで隙間時間に宅配サービス

クラウドソーシングでの副業と少し似ていますが、最近日本に導入されたUberEatsでレストランや飲食店からの宅配業はいかが?

完全出来高制で地域によって件数はまちまちですが、自転車やバイクがあれば隙間時間に専用アプリを起動して指定の場所に食品を届けるだけ!

提携レストランはどんどん増えているし、シフトなどを出さなくても空き時間を有効活用できるのは大きなメリットです。

休日に働けばボーナス加算があるし、フルタイムで稼働し続ければ2万円くらいにはなるそうですよ♪

CHECK 収入をアップさせるなら高時給のアルバイトを

副業をするのは面倒だな…という学生さんは、今よりも高時給のアルバイトへ切り替えましょう!
例えば、塾の教師や家庭教師などは時給1000~3000円、教えるのが難しければイベント関連の運営スタッフやホテルの宴会スタッフなどは時給1300円くらいが相場です。
特に後者のホテルの宴会スタッフはキツイ・厳しいというデメリットがあるものの、シフトが週単位であるケースが多いため学業との両立がしやすいです。
ホテルスタッフ経験は就職活動に有利だしテーブルマナーも身につくし、忍耐力と根性に自信があるならおすすめです。

お金がない学生が「お金を借りる」ならプロミスのカードローン

「節約もしているし収入を増やす努力もしたけど、それでもお金がない!」
「友達と旅行に行きたいからまとまったお金が欲しい」
「来月アルバイト代が入るけど今すぐ手元に数万円必要」

こんな学生さんは「お金を借りる」ことになりますが、親・親戚・友人からお金を借りると、人間関係やあなたの評価を悪化させる原因になりかねません。

親や身内にお金を借りるのは簡単ですが、何度も頼んでいると頼みづらいし、親子喧嘩するのも嫌ですよね。

カードローンなら、あと腐れなくお金を借りられます!!

学生さんでも20歳以上で安定したアルバイト収入があれば10万円くらいは即日融資OK、返済は毎月数千円なので今後の生活にも影響しません。

すごいカード相談所では「学生さんがカードローンでお金を借りる前に知っておきたい知識」をまとめた記事を沢山公開しているので、参考にしてください。

お金がない学生におすすめのカードローンは「プロミス」

プロミスのカードローンは大学生でも、長期アルバイトをしていれば平均10万円程度の融資が受けられます!

18~20時までにWEB申し込みを完了すれば、その日のうちにお金を借りられます。

プロミスには「はじめてのキャッシングから30日間無金利サービス」があり、初めてお金を引き出した日から30日間は利息0円!!

次のアルバイト収入で全額返済すれば金利がかからないし、キャッシングをしない限り無利息サービスはずっと継続されるから他社よりお得です。

ピンチの時のお守りとして、プロミスのローンカードを持っておいて損はありません。

それにプロミスは消費者金融の中で唯一ポイント付与サービスがあるため、上手に使えばコンビニATMでの借入や返済の手数料を0円にすることも可能。

審査通過率も上昇しているため、学生さんでも比較的お金を借りやすいです。

どうしてもお金がない学生さん、まずはプロミスのWEB申し込みをして金欠から脱出しましょう♪

プロミスの学生利用について詳しくは「学生はプロミスでいくら借りれる?【最新口コミ&審査条件】」をご覧ください。
プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

ローン大バナー