今すぐお金が必要なときの具体的対処法!学生・無職・ブラックまで

この記事は、今すぐお金が必要な人のために書きました。

「すっかり支払い期日を忘れていて、今すぐお金が必要!」

「ずっと家賃を滞納していたら、今すぐ払わないなら出ていってくれと言われてしまった……」

この記事ではそんな「今すぐお金が必要」というピンチを脱出できる方法を11選紹介していきます。

あなたにぴったりの方法が見つかれば、ピンチを脱するどころか、「稼ぎが増える」チャンスをつかむこともできるかもしれませんよ。

今すぐお金が必要なときに使える11の方法

  1. カードローンでキャッシング
  2. 日払いのバイトで稼ぐ
  3. 副業の仕事で稼ぐ
  4. フリマアプリやオークションなどでモノを売る
  5. 得意や特技、時間を売る
  6. ポイントサイトを利用する
  7. 車をレンタル(カーシェア)する
  8. クラウドファンディングで支援してもらう
  9. パパ活する(女性限定)
  10. チャットレディで稼ぐ(女性限定)
  11. 番外編:おまじないに頼る

今すぐお金が必要なときにおすすめなのは、こちらの11の方法です。

ひとつずつ順を折って解説していきますが、「労力いらずで、すぐに楽々お金を手に入れたい」のなら、おすすめはカードローンでしょう。

カードローンが一番ラクな理由とは?

特に消費者金融が提供しているカードローンは、「即日融資」をウリとしていることが多いもの。

そのため、今すぐお金が必要という人のニーズに一番マッチしているんですね。

審査に通ればすぐにお金が手に入る!

カードローンに申し込むと、そこから返済能力があるかどうかの審査が始まります。

大手消費者金融であれば、審査も最短30分で終わり、その後はすぐにお金を借りられるように!

家族や友人など身近な人から借りるのとは違い、相談したり懇願したりという心労コストもかからないのが魅力です。

すぐにお金が借りられるカードローン

即日融資可のすぐにお金が借りられるカードローンだけをご紹介します。

プロミス
融資額500万円まで
金利4.5~17.8%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 10万円分の選べるプレゼント抽選
  • WEB完結申し込みアリ

プロミスは初回利用時に30日間の無利息サービスがついてきます。

つまり、お金を借りても次の給料日までに返すことができれば、利息はゼロ円!

そのうえ、大手消費者金融の中では最高金利がやや低い設定となっているため、少額の借入れ希望なら選んでおいて間違いなしのカードローンです。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
アイフル
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 最高10万円分のVプリカギフト抽選
  • WEB完結申し込みアリ

アイフルはプロミスよりも最高金利がやや高いものの、30日間無利息サービスはついています。

そのため、30日以内に借りたお金を返済できるようであれば、特典などで比較。

より魅力を感じるカードローンを選ぶとよいでしょう。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント
アコム
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス

アコムも30日間の無利息サービスはありますが、大手消費者金融の中では、唯一「WEB完結申し込み」に対応していないのが気になるところ。

インターネットから申し込んだとしても、最終的にカードは無人契約機や店頭で受け取るか、自宅に郵送してもらわなくてはいけません。

そのあたりを気にしないようであれば、利用中のサービスは手厚いため、おすすめです。

アコム キャプチャ ボタン
SMBCモビット
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • WEB完結申し込みアリ
  • 三井住友銀行ATM手数料無料

SMBCモビットは無利息サービスこそないものの、三井住友銀行提携ATMの手数料無料は大きなポイントです。

ATMから借り入れや返済を度々おこなっていると、意外と手数料にかかるお金はバカになりません。

どちらかというと、借り入れ・返済を長期間に渡って利用しようという人におすすめのカードローンです。

SMBCモビット モビット 限度額 ボタン モビット ニュー3つのポイント
レイクALSA
融資額500万円まで
金利4.5~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 全額60日間or5万円まで180日間の選べる無利息サービス
  • WEB完結申し込みアリ

レイクALSAは、無利息サービスが2種類から選べるというのがポイントです。

ひとつは借入額全額が60日間に渡って無利息になるサービス。(5月15日までの期間限定。期間終了後は通常の30日間無利息サービスへ)

もうひとつは借入額の5万円までが180日間に渡って無利息になるサービスです。

2ヶ月以内にお金を返済できるのであればもちろん前者がお得ですが、それ以上かかるようであれば後者がとてもお得になるでしょう。

レイク キャプチャ レイク 金利 ボタン レイク ポイント

学生・無職・専業主婦・ブラックは借りれない?

今すぐお金が必要なときにはとても便利なカードローンですが、それは審査に通ればの話。

学生・無職・専業主婦・ブラックリスト入りしている人の場合は、借りれない可能性も高いのです。

学生は満20歳以上の大学生ならOK

一般的なカードローンは、最低限の利用条件として「満20歳以上」・「安定した収入がある」の2つが掲げられています。

そのため、学生であっても満20歳以上かつ、アルバイトでコンスタントに収入を得ているのなら、お金を借りられる可能性は高いです。

一方、大学生でも18~19歳では借りれないですし、高校生や中学生も同様です。

学生ローンについて詳しくは「学生が借りるべきカードローンと銀行・学生ローンおすすめしない理由」をご覧ください。

専業主婦は銀行ローンならOK、ただし難点アリ

まず、主婦であってもパートなどによってコンスタントな収入があるのなら、お金を借りられる可能性は高いです。

しかし、専業主婦となると大手消費者金融では借りられません

銀行のカードローンであれば専業主婦にもお金を貸してくれることが多いですが、こちらは即日融資NG。

つまり、本当に切羽詰まって今すぐお金が必要という状況では不向きかもしれません。

主婦のカードローンについて詳しくは「専業主婦必見!!専業主婦でも借りれる旦那にばれないカードローン」をご覧ください。

無職・ニートはカードローンの利用条件を満たせない

専業主婦は無収入でもお金を借りられる可能性がある一方で、残念ながら無職・ニートは、借りられないことがほとんどでしょう。

これは専業主婦であれば、返済が滞ったときには旦那に支払ってもらうこともできると考えられているためです。

無職・ニートのカードローンについて詳しくは「無職がカードローン審査に通るには?無職にも種類がある?他の金策も紹介」をご覧ください。

ブラックリスト入りでも中小企業なら可能性アリ

過去にカードローンやクレジットカードの延滞をしてしまったなど、利用態度の悪さによってブラックリスト入りされてしまった場合。

大手消費者金融からは借りれないことが多いです。

ただ、大手ではない中小消費者金融であれば、そのあたりの審査がやや甘い傾向にあります。

今すぐお金が必要なときには、そちらをあたってみるのもひとつの手でしょう。

Q.任意整理など債務整理中は?

任意整理などの債務整理中に関しても、中小消費者金融は貸してくれるケースがあるようです。

とはいえ、現状をもって審査されるため、「任意整理後も収入がまともにない」などの状況では借りれないでしょう。

ブラックのカードローンについて詳しくは「ブラックでも即日融資に騙されないでお金を借りる2つの方法」をご覧ください。

借りる以外でお金を作る方法・10選

ここからはカードローンから借りる以外で、「今すぐお金が必要」なときに使える方法をご紹介します。

日払いのバイトで稼ぐ

バイト情報サイトなどを使えば、簡単に日払いバイトは見つかるでしょう。

ただ、企業によってはすぐに勤務スタートでない場合や、日払いは手数料ありという場合もあります。

今すぐお金が必要なときだからこそ、しっかりと情報を吟味して、応募しましょう。

副業の仕事で稼ぐ

日払いのバイトもタイミングが合えば副業として可能です。

ただ、現在フルタイムで働いている場合には、時間都合がつかないこともあるはず。

そんなときにはクラウドソーシングサイトに登録し、ネット上で副業を始めてみるとよいでしょう。

クラウドソーシングサイトでは、企業からの仕事の仲介をおこなっており、さまざまな仕事を請け負うことができます。

誰でもできるデータを入力するだけの仕事や、ライティング・イラスト制作・システム開発など、自分の特技を活かして稼ぎましょう。

ただ、報酬の支払日は毎月◯日など決まっているため、すぐにお金が必要なときはそこのチェックも忘れないようにしてください。

フリマアプリやオークションなどでモノを売る

洋服や鞄、本やゲームなどの不用品を売るという方法もあります。

売り方としては、リサイクルショップや古本屋に持ち込むほか、最近ではフリマアプリやネットオークションも人気です。

店頭への持ち込みはその場で査定して売ることができるため、すぐにお金が必要なときほど便利でしょう。

ただ、ブランド品や人気商品以外は安く買い叩かれることも多いのが難点。

一方、フリマアプリやオークションであれば、思ったよりも高く売れることもあります。

しかし、売れずに全くお金にならないこともあるので注意が必要です。

得意や特技、時間を売る

最近では、得意や特技(文章校正やイラスト作成など)や、時間(話し相手や友達・恋人のフリなど)を売ることのできるサイトやアプリが増えています。

どちらも基本的にサイトを挟んでいるとはいえ個人間での取引となるため、ときには厄介なお客さんもいることは理解が必要です。

また、サイトやアプリによって「◯日に振込」や「◯円以上で振込」など、支払い形態にも差があります。

すぐにお金が必要なときにはよく確認しておきましょう。

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトとは、登録後にサイトから指定されたアプリのダウンロードや、クレジットカードの発行をおこなうことでポイントを貯め、換金。それを何度もくり返し、お金を稼ぐ方法です。

基本的にはスマホさえあれば、隙間時間に稼ぐことができるため、チャレンジするハードルは低いでしょう。

ただ、一回一回でもらえるポイントは少ないため、ちまちまとマメな作業が得意でないと飽きてしまうかも……。

こちらも支払い形態にサイトごとの差があるため、すぐにお金が必要なときは事前にチェックが必要です。

車をレンタル(カーシェア)する

カーシェアリングサービスは企業が車を貸すタイプが一般的です。

しかし、最近では企業が間に入り、個人の車を貸すタイプのカーシェアリングサービスも増えてきています。

登録しておくだけで借り手がつく度にお金が手に入るのは、大きな魅力でしょう。

車をそうしょっちゅう使う訳でなく、やや持て余し気味だという人におすすめです。

こちらも支払い形態のほか、万が一破損したときなどの対応もサイトごとに差があるため、チェックしましょう。

クラウドファンディングで支援してもらう

クラウドファンディングとはネット上で企画を立て、それに対して支援を募るといった趣旨のものです。

企画ありきのシステムのため、ただ「今すぐお金が必要なんです!」とだけでは、そう支援が集まらないのが難点。

ただ、クラウドファンディングサイトも大きな企画向けのものから小さな企画向けのものもあります。

後者に関しては、「友人にサプライズプレゼントをしたい」などの個人的なものでも、工夫次第で多くの支援を集めています。

「お金さえあれば今すぐしたい企画がある!」という人におすすめです。

パパ活する(女性限定)

最近、20代前半を中心に流行っているのが「パパ活」というもの。

それは、経済的に余裕のある男性がパトロンとなり、食事などの交流をする対価として、お金やブランド品を送るという仕組みです。

食事一回につき、相場は1~2万円ということで、時給に直すとかなりおいしい金額ですね。

方法としてはパパ活用のマッチングアプリなどを通して、パパを探して……のようですが、やはり個人間でのやりとりのため、リスクもあります。

パパ活を始める前には、今すぐ稼ぐ方法だけでなく、自分の身を守る方法もきちんと調べておきましょう。

チャットレディで稼ぐ(女性限定)

チャットレディとは、ネット上でビデオチャットを通して男性と会話することで稼ぐ職業のことです。

日払いに対応している企業も多いため、今すぐお金が必要だという独身の女性はもちろん、専業主婦からも人気があります。

ただ、チャットレディは完全歩合制であり、男性と長く話すことができなければ、なかなかお金が得られません。

いかに男性に「この子ともっと話をしていたい」と思わせられるかどうか、そういったトーク力が試されるでしょう。

番外編:おまじないに頼る

今すぐお金が必要というときには、おまじないにも頼りたくなることがあるでしょう。

おまじないは決して即効性があるとは言えませんが、「どうせ自分はダメだ」と思っている人に比べ、「自分なら大丈夫!」と思っている人ほど幸運に恵まれるものです。

その自信をおまじないによってつけることは、決して無駄ではないでしょう。

簡単にできる金運アップのおまじないは、1円玉1枚を両手に挟むようにして、東の方角へと祈りのポーズを作ります。

そして、その1円玉は白い紙で包み、財布や金庫の中などで大切に保管しましょう。

自信をつけるという意味では、おまじないをしたという事実は感じやすいよう、なるべく身近に置いておいたほうがよいかもしれませんね。

今すぐお金が必要なときの注意点

最後に、今すぐお金が必要だと焦っているときだからこそ、失敗してしまいかねない3つの注意点をお伝えします。

これらをしっかりと押さえておかないと、あなたは今後何年先までも後悔を引きずることになるかもしれません。

無審査の闇金融は絶対に使わない

今すぐにお金が必要だというとき、スピードを求めるゆえに「無審査」をウリとした消費者金融に申し込んでしまう人がいます。

しかし、消費者金融の審査は法律によって、必ずしなくてはいけないと決められているもの。

つまり、無審査の消費者金融とは、法律違反を犯している闇金融(ヤミ金)という証拠なのです。

闇金融は無審査だけでなく、金利の上限や、暴言・暴力による強引な取り立てなど、さまざまな面で法律を破ります。

世の中には、無審査に目がくらんだばかりに、気づけば莫大な利息を抱え、取り立てられ、職や家などすべてを失ってしまったという人も少なくはありません。

いくら今すぐお金が必要なときであっても、闇金融だけには近寄らないようにしましょう。

闇金融について詳しくは「審査なしで即日お金が借りられる!?悪徳業者の罠にご注意!」をご覧ください。

クレジットカードの現金化は規約違反&犯罪や詐欺の温床

今すぐお金を作る方法を探してみると、「クレジットカードの現金化」というワードが見つかります。

これは、業者が依頼する品物をクレジットカードで買い、それを業者が現金で買い取ってくれるというものです。

しかし、このようなクレジットカードの現金化は規約に違反しているほか、犯罪や詐欺の温床にもなっています。

依頼された品物を購入したのに、振り込んでもらえなければ、さらにお金に困ることになるでしょう。

クレジットカードの現金化について詳しくは「クレジットカード現金化は違法ではないが利用してはいけない理由」をご覧ください。

オンラインカジノは限りなくグレーゾーン

オンラインカジノとは、海外企業が運営するネット上のカジノです。

こちらは日本からでもアクセスできるのですが、注意したいのが、海外では賭け事が認められているのに対し、日本では違法。

今のところは日本からオンラインカジノを利用しても、法律で罰されることはないのですが、現在は限りなくグレーゾーンです。

そのため、いつ法整備が整えられるか分からず、利用はくれぐれも自己責任でとなります。

ただ、そもそもカジノは今すぐお金が必要だという、お金がないときにはおすすめできません。

そういうときほど、「負けてもすぐ取り戻せる」と引き際が分からなくなってしまうためです。

オンラインカジノ以外でも効率よくお金を稼ぐ方法はあるため、まずはそちらを試すようにしましょう。