HOME  カードローン部  お金借りる今すぐお金が必要な人のための借りる以外の方法~消費者金融・カードローンは本当に危険?

お金借りる
今すぐお金が必要な人のための借りる以外の方法~消費者金融・カードローンは本当に危険?

今すぐお金が必要な人のための借りる以外の方法~消費者金融・カードローンは本当に危険?

この記事は、今すぐお金が必要な人のために書きました。

「カードの支払日を忘れていた…今すぐお金が必要!」

「家賃を滞納しているのに給料を使い切ってしまった……」

今すぐお金が必要というピンチを切り抜ける方法は、「お金を借りる」しかありません。

お金を借りる、と聞くと抵抗があるかもしれませんが、無利息期間中やできるだけ早く返済すれば利息をほとんど払う必要がないので、実質ただの後払いです。

お金を作る・稼ぐ方法はたくさんありますが、どれも「即日」ではありません。
うまく組み合わせて、短期間に稼いで借りたお金を早く返すことが「今すぐお金を作る」唯一の方法です。

このページでは、今すぐお金を借りられるカードローンと、早く返済するための方法を紹介します。

今すぐお金が必要なときの金策一覧表

今すぐお金が必要なときの金策一覧

お金を作る方法、入金までの期間、高い価値のある資産や技能の要・不要、入金の金額目安、をまとめました。

【一覧表】今すぐお金を作る方法

 入金までの期間資産や技能の
要・不要
入金目安金額
大手消費者金融最短30分不要~800万円
契約者貸付
(生命保険)
~1週間返戻金額の70~90%
質屋~1週間売る物による
ポイントサイト~1か月不要~3,000円程度
アンケート
モニター
~1か月不要2,000~10,000円
アフィリエイト
(セルフバック)
~1か月不要500~10,000円
フリマアプリ~1か月売る物による
カーシェア~1か月貸す車による
アフィリエイト
(サイト運営)
1か月~売る物による
在宅ワーク1か月~1件1円~
治験モニター1か月~不要身体へのリスクによる
公的融資1か月~不要必要な分だけ

今すぐお金が必要、売れるモノ・貸せるモノや特別な技能はない、数千円~まとまった金額が必要な人にとって、頼りになるのは大手消費者金融のみ、が現実です。

資産や技能はないけれど今すぐお金が必要

スマホで高収入ラクラクお小遣い稼ぎ、などの甘い言葉はよく目にしますよね。

しかし、いずれも登録したり実際に試したことのある私からすると、「今すぐ」お金が手に入る方法ではありませんでした。

登録してからお金が手に入るまでの期間を考えると、普通に日払いの仕事をした方がよっぽど割がいい、なんてことも・・・。

そんな遠回りをするよりも、簡単に即日融資をしてくれる個人情報の取り扱いも安心な大手消費者金融でお金を借りて、自分に合った方法でお金を稼いでから返済するのが、最も確実かつ安心な方法です。

大手消費者金融は本当に安心?

大手消費者金融は本当に安心?

大手消費者金融の主な特徴として、以下の4つがあります。

  1. 即日融資が可能
  2. 金利が低い
  3. 他人にバレずに借りられる
  4. 申込みから融資までWEBで完結する

➀ 即日融資が可能

消費者金融は申し込んだ当日にお金を借りられるのが強みです。

審査自体は30分~60分で即日融資を受けられます。

大手消費者金融は即日融資が一番のメリットなのです。

⓶ 金利が低い

金利については以下の表をご覧ください。

 消費者金融実質年率(上限)
大手プロミス~17.80%
アコム~18.00%
アイフル~18.00%
SMBCモビット~18.00%
レイクALSA~18.00%
中小セントラル~18.00%
アロー~19.94%
エイワ~19.944%
キャネット~20.00%
AZ~20.00%

大手消費者金融は中小消費者金融よりも低い金利で、スピーディーにお金を借りることが可能なのです。

例えば、
20万円年利18%30日借りた場合は次のようになります。

利息 20万18%30日 図※基本的に利息の端数部分(小数点以下)は切り捨てられます。

つまり、利息は2959円となります。
30日後に全額借金を返済する場合は、20万2959円返すことになります。

借り入れが1万円なら20分の1なので、1か月後の利息は148円です。

⓷ 他人にバレずに借りられる

いくら即日融資が可能でも、消費者金融を使っていると知人にバレるのは避けたいですよね。

悪いことではないのに後ろめたい気持ちになる人が多いことは、消費者金融側も良く分かっています。

そのため、在籍確認が行われる際は消費者金融の会社名を出しませんし、ATMでお金を引き出すときも貯金を引き出しているようにしか見えません。

⓸ 申込みから融資までWEBで完結する

駅前などで大手消費者金融のATM(自動契約機)や看板を見たことがある人は多いと思います。

しかし、最近の大手消費者金融は、店舗や機械に足を運ぶ必要はありません。

スマホやPCから申し込めば、その場で借り入れまで完了するのです。

審査に通ればすぐにお金が手に入る!

カードローンに申し込むと、そこから返済能力があるかどうかの審査が始まります。

大手消費者金融であれば、審査も最短30分で終わり、その後はすぐにお金を借りられるように!

特にプロミスの3秒診断はスピード勝負、ネットの口コミでも「早かった!」という声が多くて安心です。

家族や友人など身近な人から借りるのとは違い、相談したり懇願したりという心労コストもかからないのが魅力です

会社審査通過率
中小消費者金融約10.0%
プロミス44.9%(2020年2月)
アコム42.2%(2020年2月)
アイフル45.7%(2020年1月)
レイクALSA29.4% (2019年10月~12月平均)
SMBCモビット非公開

すぐにお金が借りられるカードローン

すぐにお金が借りられるカードローン

大手消費者金融が提供しているカードローンは、「即日融資」をウリとしていることが多いもの。

そのため、今すぐお金が必要という人のニーズに一番マッチしているんですね。

即日融資可のすぐにお金が借りられるカードローンだけをご紹介します。

1位プロミス
融資額500万円まで
金利4.5~17.8%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 10万円分の選べるプレゼント抽選
  • WEB完結申し込みアリ

プロミスは初回利用時に30日間の無利息サービスがついてきます。

つまり、お金を借りても次の給料日までに返すことができれば、利息はゼロ円!

そのうえ、大手消費者金融の中では最高金利がやや低い設定となっているため、少額の借入れ希望なら選んでおいて間違いなしのカードローンです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

2位:アイフル
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 最高10万円分のVプリカギフト抽選
  • WEB完結申し込みアリ

アイフルはプロミスよりも金利がやや高いものの、30日間無利息サービスはついています。

そのため、30日以内に借りたお金を返済できるようであれば魅力は大きいと言えます。

アイフル キャプチャ

ボタン

3位:アコム
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス

アコムも30日間の無利息サービスはありますが、大手消費者金融の中では、唯一「WEB完結申し込み」に対応していないのが気になるところ。

インターネットから申し込んだとしても、最終的にカードは自動契約機(むじんくん)や店頭で受け取るか、自宅に郵送してもらわなくてはいけません。

そのあたりを気にしないようであれば、利用中のサービスは手厚いため、おすすめです。

アコム キャプチャ

ボタン

4位:SMBCモビット
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • WEB完結申し込みアリ
  • 三井住友銀行ATM手数料無料

SMBCモビットは無利息サービスこそないものの、三井住友銀行提携ATMの手数料無料は大きなポイントです。

ATMから借り入れや返済を度々おこなっていると、意外と手数料にかかるお金はバカになりません。

どちらかというと、借り入れ・返済を長期間に渡って利用しようという人におすすめのカードローンです。

SMBCモビット

ボタン

5位:レイクALSA
融資額500万円まで
金利4.5~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 全額60日間or5万円まで180日間の選べる無利息サービス
  • WEB完結申し込みアリ

レイクALSAは、無利息サービスが2種類から選べるというのがポイントです。

ひとつは借入額全額が60日間に渡って無利息になるサービス。(5月15日までの期間限定。期間終了後は通常の30日間無利息サービスへ)

もうひとつは借入額の5万円までが180日間に渡って無利息になるサービスです。

2ヶ月以内にお金を返済できるのであればもちろん前者がお得ですが、それ以上かかるようであれば後者がとてもお得になるでしょう。

レイク キャプチャ

ボタン

レイク ポイント

【期間別】借りる以外でお金を作る・早く返済する方法

ここからはカードローンから借りる以外で、借りたお金をなるべく早く返済するために稼ぐ方法をご紹介します。

1週間以内

資産を持っている

・生命保険を担保にする契約者貸付制度
生命保険にこれまで支払いを続けてきた人だけですが、解約返戻金額の70~90%を融資してもらえる制度です。

・質屋
金(きん)や高価なブランド物を持っている場合、質屋に持っていくとお金を貸してくれます。
その場で買い取ってもらう「買取」は、質に入れるよりも若干高い金額で買い取ってもらえます。
質に入れた場合はお金を返済することで預けたモノを返してもらえますが、 質屋は年利109.5%を認めた質屋営業法に基づき営業していますので、カードローン(年利18%弱)とは比較にならないほど高い利息を支払う必要があります。

5万円を1か月借りた際の利息差がこちらの表です。

 消費者金融質屋
利率年利率18.0% 月利率8%
1か月後に払う利息の金額739円 4,000円
気をつけてください。

資産を持っていない

・日払いのバイトで稼ぐ
日払い可能と書いていても「当日の日払い金額は5,000円まで」といった社内ルールを適用している会社は少なくありません。
その場合、残りの金額は1~2週間後に支払われることが多いです。
明日までに1万円必要だったのに…と悔やんでもあとのまつり。
全額日払いかどうか、仕事をする前にしっかり確認しましょう。

1か月以内

アンケートモニター

登録してから、運が良ければすぐにアンケートに答える案件が紹介されますが、タイミング次第ではいつまでも紹介されません。
年齢・性別・住所・職業・趣味・嗜好(飲酒や喫煙など)など、様々な条件をつけて、条件に合う人を企業は募集しています。
また、条件に合った後も事前調査を受け、アンケートを実施したい企業の人物像にあうか判断されます。
条件が合えば当日の拘束時間は1時間ほどで5,000~10,000円をもらうことができました
しかし、確実な収入源としてアテにはしないほうがいいです。

フリマアプリやオークションサイト

こちらは、まとまったお金になる「売れるモノ」をもっている人だけの手段です。

盲点なのは古いお札・硬貨やテレフォンカード、雑誌など。
マニアが集めているものは予想外の金額がつくこともあるので、家の中にないか探してみましょう。

アフィリエイトのセルフバック

インターネットで商品・サービスを紹介するアフィリエイトは、自分が購入することでも成果報酬をもらえるケースがあります。
大抵、単価は高くありませんがサイトを見てみても良いでしょう。
単価の高い保険加入やクレジットカード作成は、お金がない人の首をさらに絞めることにつながるので気をつけてください。

ポイントサイトを利用する

これは本当に痛い目に合いました・・・。
数々のポイントサイトに登録したものの、実際は数百円の課金をしてやっと数十円のポイントバックが生じたり、時には1,000円以上の支払いが必要なことも。
そのポイントが10,000円分以上たまったら引き出せると言われても、一体いつになることやら、と気が遠くなった思い出があります。

1か月以上

自力で稼げるようになる

1か月以上あれば、自力で稼げるようになるための一歩を踏み出すことも可能です。

まずは、在宅ワークで技能や時間を売ることから考えてみましょう。

・クラウド系のお仕事サイトで仕事をする
クラウドワークス、ココナラ、ランサーズなど、企業と個人をつないで在宅ワークをあっせんするサイトはいくつもあります。
相手先の都合で振り込まれるので、仕事をした月の翌月月末にお金が手に入ることも。
また、登録するサイトによりますが10%前後のお金が手数料としてサイト側に引かれます。
しかし、ライティングやコーディング、デザインができる人はここからキャリアを積むことも可能です。
できそうな仕事を探してみてはいかがでしょうか。

・youtuberになる
小学生にも人気の職業、Youtuber。
動画撮影などの技術だけでなく、大切なのは人気と継続です。
あなたは知らない人が喋っている動画を見たいと思いますか?

①チャンネル登録者数1,000名以上
②過去12か月の動画再生時間4,000時間以上

この2つの壁を突破できたら収益化のスタートラインに立つことができます。
あなたが未来のヒカキンになることも夢ではないかもしれません。

・アフィリエイトサイトを運営する
インターネットで商品・サービスを紹介するアフィリエイトは、自分でブログやサイトを運営するのが基本です。
無料でブログを始められるサイトはたくさんあるので、そこからはじめることもできます。
サイトを作るには記事が必要なので、テーマに沿って50~100本は準備しましょう。
アフィリエイトで安定した収入を得るためには、MIERUCAなどのWEBマーケティングツールがあると圧倒的に効率化され、常に検索ユーザーの意図に答える記事を作ることが可能です。

・noteで有料記事を売る
noteというサイトは人気ライターも使っている人が多く、有料記事が読まれることで作者にお金が入るブログツールです。
もちろん無料で記事を公開することもできます。
この人の記事にお金を払おう、と思われる人になる必要があります。
ブログでもYoutubeでも無料で見れる時代に、課金される人になるのは人気・専門性・信頼性を積まなければなりません。
そして、2020年3月10日に利用規約が改定され、今まで多くの人が行っていた
売上を公開して購入を煽る行為
が禁止になりました。
今後さらに、煽りではなく記事と著者の本質が勝負になると予想されます。

・治験モニター
アンケートモニター同様、条件が合うかどうかが最初の関門です。
条件が合ったあとに精密な健康診断があり、条件に一つでも合わなければ不合格。
血圧なら1足りなくても少なくてもアウトです。そうそう条件にはまることはありません。
また、自分自身の健康をお金に換えていることは一応忘れないでください。

・【番外編】貸せる車を持っている人は・・・カーシェアに登録も可能!
「今すぐお金が必要」と思っている人は車を売ってしまっている可能性が高いとも思いますが、都心で自家用車を持っているならカーシェアに車を貸すこともできます。
人気の車種だと高額で車を貸すことも可能です。
土日にしか乗っていない車があれば、平日はカーシェアに貸すことも考えてみてはいかがでしょうか。
一般的なカーシェアでは翌月にまとめてお金が振り込まれるので、「今すぐ」のお金にはなりません。

社会福祉に頼る

・公的融資
地方自治体の社会福祉協議会は、本当にお金に困っている人に金を貸し出す緊急小口資金貸付制度があります。

限度額1,000円単位で10万円まで
金利無利子
保証人不要
貸し付け対象者低収入の世帯であり、緊急かつ一時的に生活が困難になっていて、返済能力があるとみなされる者
融資条件1 医療費または介護費を支払ったことなどにより臨時の生活費が必要なとき
2 火災等の被災によって生活費が必要なとき
3 年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
4 会社からの解雇、休業等による収入減
5 滞納していた税金、国民健康保険料、年金保険料、公共料金を支払ったことによる支出増
6 給与などの盗難等によって生活費が必要なとき(貸付限度額5万円)
7 事故等により損害を受けた場合による支出増
8 社会福祉施設等からの退出に伴う賃貸住宅の入居に伴う敷金、礼金等の支払いによる支出増
9 初回給与支給までの生活費が必要なとき
あてはまるものがあれば、審査には時間がかかり書類の準備も必要なので早めに申請しましょう。

クラウドファンディングで支援してもらう

クラウドファンディングとはネット上で企画を立て、それに対して支援を募るといった趣旨のものです。
企画ありきのシステムのため、ただ「今すぐお金が必要なんです!」とだけでは、そう支援が集まらないのが難点。
ただ、クラウドファンディングサイトも大きな企画向けのものから小さな企画向けのものもあります。
後者に関しては、「友人にサプライズプレゼントをしたい」などの個人的なものでも、工夫次第で多くの支援を集めています。
「お金さえあれば今すぐしたい企画がある!」という人におすすめです。

学生・無職・専業主婦・ブラックは借りれない?

今すぐお金が必要なときにはとても便利なカードローンですが、それは審査に通ればの話。

学生・無職・専業主婦・ブラックリスト入りしている人の場合は、借りれない可能性も高いのです。

学生は満20歳以上の大学生ならOK

一般的なカードローンは、最低限の利用条件として「満20歳以上」・「安定した収入がある」の2つが掲げられています。

そのため、学生であっても満20歳以上かつ、アルバイトでコンスタントに収入を得ているのなら、お金を借りられる可能性は高いです。

一方、大学生でも18~19歳では借りれないですし、高校生や中学生も同様です。

学生ローンについて詳しくは「学生が借りるべきカードローンと銀行・学生ローンおすすめしない理由」をご覧ください。

専業主婦は銀行ローンならOK、ただし難点アリ

まず、主婦であってもパートなどによってコンスタントな収入があるのなら、お金を借りられる可能性は高いです。

しかし、専業主婦となると大手消費者金融では借りられません

銀行のカードローンであれば専業主婦にもお金を貸してくれることが多いですが、こちらは即日融資NG。

つまり、本当に切羽詰まって今すぐお金が必要という状況では不向きかもしれません。

主婦のカードローンについて詳しくは「専業主婦必見!!専業主婦でも借りれる旦那にばれないカードローン」をご覧ください。

無職・ニートはカードローンの利用条件を満たせない

専業主婦は無収入でもお金を借りられる可能性がある一方で、残念ながら無職・ニートは、借りられないことがほとんどでしょう。

これは専業主婦であれば、返済が滞ったときには夫に支払ってもらうこともできると考えられているためです。

無職・ニートのカードローンについて詳しくは「無職がカードローン審査に通るには?無職にも種類がある?他の金策も紹介」をご覧ください。

Q.任意整理など債務整理中は?

任意整理などの債務整理中に関しても、中小消費者金融は貸してくれるケースがあるようです。

とはいえ、現状をもって審査されるため、「任意整理後も収入がまともにない」などの状況では借りれないでしょう。

ブラックのカードローンについて詳しくは「ブラックでも即日融資に騙されないでお金を借りる2つの方法」をご覧ください。

今すぐお金が必要なときの注意点

最後に、今すぐお金が必要だと焦っているときだからこそ、失敗してしまいかねない3つの注意点をお伝えします。

これらをしっかりと押さえておかないと、あなたは今後、一生後悔を引きずることになるかもしれません。

無審査の闇金融は絶対に使わない

今すぐにお金が必要だというとき、スピードを求めるゆえに「無審査」をウリとした消費者金融に申し込んでしまう人がいます。

しかし、消費者金融の審査は法律によって、必ずしなくてはいけないと決められているもの。

つまり、無審査の消費者金融とは、法律違反を犯している闇金融(ヤミ金)という証拠なのです。

闇金融は無審査だけでなく、金利の上限や、暴言・暴力による強引な取り立てなど、さまざまな面で法律を破ります。

世の中には、無審査に目がくらんだばかりに、気づけば莫大な利息を抱え、取り立てられ、職や家などすべてを失ってしまったという人も少なくはありません。

いくら今すぐお金が必要なときであっても、闇金融だけには近寄らないようにしましょう。

闇金融について詳しくは「審査なしで即日お金が借りられる!?悪徳業者の罠にご注意!」をご覧ください。

クレジットカードの現金化は規約違反&犯罪や詐欺の温床

今すぐお金を作る方法を探してみると、「クレジットカードの現金化」というワードが見つかります。

これは、業者が依頼する品物をクレジットカードで買い、それを業者が現金で買い取ってくれるというものです。

しかし、このようなクレジットカードの現金化は規約に違反しているほか、犯罪や詐欺の温床にもなっています。

依頼された品物を購入したのに、振り込んでもらえなければ、さらにお金に困ることになるでしょう。

クレジットカードの現金化について詳しくは「クレジットカード現金化は違法ではないが利用してはいけない理由」をご覧ください。

オンラインカジノはグレー~ブラックゾーン

オンラインカジノとは、海外企業が運営するネット上のカジノです。

こちらは日本からでもアクセスできるのですが、注意したいのが、海外では賭け事が認められているのに対し、日本では違法。

そのため、いつ法整備が整えられるか分からず、利用はくれぐれも自己責任でとなります。

ただ、そもそもカジノは今すぐお金が必要だという、お金がないときにはおすすめできません。

そういうときほど、「負けてもすぐ取り戻せる」と引き際が分からなくなってしまうためです。

オンラインカジノ以外でも効率よくお金を稼ぐ方法はあるため、まずはそちらを試すようにしましょう。

今すぐお金を借りる際の注意点について詳しくは「急にお金が必要なときはどうすればいい?すぐにお金を借りる方法と注意点を解説! 」をご覧ください。
チェック
おすすめのお金を借りる方法に関するあらゆる情報は「5万円位のお金を借りるおすすめの方法~即日&利息無料も可能!etc」で詳しく解説しています。