海外で現地通貨を調達するならクレジットカードでのキャッシングがお得!

クレジットカード 海外 キャッシング

海外に行く方にとって、現地の通貨に両替するという事は当たり前だと思います。

ただ、両替の際に発生する手数料、レートの中に含まれているのでわかりにくいとは思いますが、実は結構取られています。。。

そういうところにかかるコスト、もっと安い方が良いと思いますよね。

そこで今回は、クレジットカードのキャッシング機能を使い、もっと安く現地通貨を調達する方法をご紹介します。

この記事では、海外キャッシングの特徴や、そのメリット・デメリット実際に海外でキャッシングする際の手順までをご紹介します。

1.海外キャッシングの特徴

海外キャッシングの特徴としては下記の点があげられます。

  • 両替商よりも為替レートがお得
  • ATMがあれば世界中どこでも利用できる
  • 必要な時にできるので多額の現金を持ち歩かなくて済む

実際にこの方法で現地通貨を用意している人は多く、普段はキャッシングを使わないけれど海外に行ったときはこの方法を使っているという方もたくさんいらっしゃいます。

もちろん、この方法にはメリットもあれば、デメリットもあり、一歩間違えれば両替よりも高い手数料を取られてしまいます。

それでは次に海外キャッシングのメリットとデメリットをご紹介します。

2.海外キャッシングのメリット・デメリット

メリット

海外キャッシングには下記のようなメリットがあります。

クレジットカード 海外 キャッシング1

為替レートがお得

両替商よりも為替レートがお得な場合があるため、かかる手数料が安く済みます

例えば三菱東京UFJ銀行で、1ドル100円の時に1,000ドルを両替すると、手数料は2,800円かかってきます。

つまり、1,000ドルを用意するためには102,800円必要になります。

しかし海外でキャッシングした場合ですと、ATM手数料と金利のみがかかってきます。

金利が18%で、海外でキャッシングして30日後に返済する場合、

クレジットカード 海外 キャッシング2

この式に基づいて計算するとこのようになります。

クレジットカード 海外 キャッシング3

上記の金額にATM手数料を併せたものが海外キャッシングを利用した時の金額になりますが、この方法の方がお得だということがわかります。

クレジットカード 海外 キャッシング4

現金を持ち歩かなくて済むので安心&安全

海外キャッシングを利用する方法なら、必要な時にATMから引き出せるので必要以上の現金を持ち歩く必要もなくなります。

行く先々によっては治安の良くない場所もあり、現金をたくさん持ち歩くのは危険な場合も非常に多いです。

海外で現金を盗まれてしまった場合は戻ってきませんが、クレジットカードを不正に利用されたという事なら保険が効くケースもあるので、こっちの方が安心だと思います。

世界中どこでも使える

ATMさえあればどこの国でも現地通貨を引き出せるのもメリットの一つです。

銀行で両替したいと考えた場合、行き先によっては上記で上げた例よりもさらに手数料がかかってくる可能性やその国の通貨自体を扱っていない場合もあります。

しかし海外でキャッシング機能を利用した場合、変わってくるのはATM手数料くらいなので大きな変動もなく安心して利用できます。

海外キャッシングにはこのようなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

デメリット

デメリットとしては下記があげられます。

クレジットカード 海外 キャッシング5

暗証番号を忘れると引き出せない

暗証番号を忘れたり、間違えたりした場合、3回違う番号を入力するとカードがロックしてしまいます。

この場合、カード会社に連絡してロックを外してもらうことになりますが、帰国してからじゃないと対応してもらえないケースもあるようなので注意してください。

利用可能額によっては引き出せない

これは国内にいても同じですが、キャッシング利用可能額の上限までいってしまうとそれ以上お金を引き出すことができません

海外に行く前にあらかじめ確認し、必要に応じて海外キャッシング枠の増額申請をしておきましょう。

返済が遅れた場合、高くなってしまう

当たり前の事ですが返済が遅れるとその分金利が発生し、両替をするよりもコストがかかってしまう可能性があります。

キャッシングは借金ですので借り過ぎてしまい返せなくなってしまった場合でも同じです。

帰国後に一括で返せるくらいの金額に抑えておき、損をしないようにしましょう。

3.海外でキャッシングする際の手順

それでは実際に、海外でキャッシングする際の手順についてご紹介します。

①カードを挿入し言語を選択する

クレジットカード 海外 キャッシング6

まずは言語を選択します。

この時に日本語が出てこない場合もありますので、英語でキャッシングすると仮定して進めていきたいと思います。

②暗証番号(4桁)を入力後ENTERを押す

クレジットカード 海外 キャッシング7

国によっては5桁や6桁の入力表示がある場合があり、

  • 4桁の暗証番号を入力後に「0」を2回押しENTERキーを押す
  • 4桁の暗証番号を入力後にENTERを押す

このように対応することで次に進むことができます。

③取引内容を選択する

クレジットカード 海外 キャッシング8

取引内容を選択します。

クレジットカードで引き出すのでこの場合は「Cash withdrawal」を選択します。

ちなみに、「Balanse inquiry」は残高照会の事です。

④クレジットカードを選択

クレジットカード 海外 キャッシング9

クレジットカードを選択します。

この場合「Credit card」になります。

「Checking」は当座預金「Saving」は預金になります。

⑤引き出す金額を選択

クレジットカード 海外 キャッシング10

引き出す金額を選びます。

国やカードによって違いますが、$10単位~$20単位で選択することができます($30、$50などは選択できません)。

⑥決定を押す

クレジットカード 海外 キャッシング11

金額を決めたら決定を押します。

⑦現金を取り出し再取引きするかを選ぶ

クレジットカード 海外 キャッシング12

再取引きをするかどうかを選びます。

この時、もう一度取引をしたい場合は「Yes」やENTERキーを、終了する場合は「No」やClearキーを押してください。

⑧カードを取る

クレジットカード 海外 キャッシング13

カードを領収書を受け取り、終了になります。

使用するカードやATMによっては出てこない選択肢や、表示の違いもあるかと思いますが、基本はこのような流れになっています。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャッシング機能を利用すれば、お得に現地通貨を用意することができます。

旅行や出張など、海外へ行くことが決まっている方はぜひ試してみてください。

クレカ大バナー

クレジットカード 海外 キャッシング