HOME  お役立ち記事ペットの治療費が払えないときの対処法は?緊急度別に使える手段を解説

お役立ち記事
ペットの治療費が払えないときの対処法は?緊急度別に使える手段を解説

ペットの治療費

この記事は、ペットの医療費が払えずに困っている方に向けて書きました。

愛する家族の一員であるペットが苦しんでいるのに病院代が払えないと困りますよね。

「すぐに手術なのにお金がなくて治療できない」
「将来的に治療が必要なことがわかっているので準備したい」

といった、ペットの状況にあわせたお金の準備方法を解説します。

これからペットの治療が必要な方は必見です!

ペットの治療費が払えない!ピンチを切り抜けるには適切な対処を

ペットの治療費が払えない!ピンチ

ペットの治療費に悩んだら、支払いの日までの日数を確認した上で適切な行動を取りましょう。

動物病院は保険がきかないため、料金が高額になりがちです。特に手術をする場合は、先に料金を確認して準備をしておくことが大切になります。

治療後にお金が払えず頭を抱えることがないように、状況に合わせた対処をしましょうね。

ペットの治療費の相場はいくら? 高額になることもあるので治療前に確認を!

ペットの治療費の相場はいくら?

そもそも、ペットの治療費の相場はいくらくらいかかるのでしょうか?お金がないのに、愛犬や愛猫が病気になったときには気になるポイントですよね。

日本獣医師会の家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査では、これまでかかった治療費で最も高かった金額を公表しています。

これによると平均は58,993円でした。30万円以上かかったケースも4.3%あるため、治療が必要になった場合は病院に料金を確認しましょう。

ペットの治療費が払えないとどうなる?

ペットの治療費が払えないとどうなる?

「お金がないけどまずは治療を受けさせたい」と思う飼い主さんもいるでしょう。

緊急で手術する必要があるときにお金が払えなかったらどうなるのでしょうか?

具体的に解説します。

治療前にわかればそのまま治療は受けられない

治療前に料金が払えないことを伝えたら、手術はおこなってくれません。

というのも、動物病院は保険が効かないので、飼い主が費用を払えないと病院側が全額自腹の手術になってしまうのです。

もちろん、病院側も先に手術をして料金を払ってもらえないリスクは避けたいので、治療を断られてしまうでしょう。

治療後にわかった場合は差し押さえになることも

「治療費がないことがバレたら手術をしてもらえないから、黙っておこう」と考えるのはNGです。

治療後にお金が払えないことがわかった場合は大きなトラブルに発展する可能性もあります。

最悪の場合は警察沙汰になったり、財産の差し押さえになったりすることもあるのです。

嘘をついたり、お金がないことを黙って治療を受けたりするのは避けましょう。

ペットの治療費が払えないときにできる対処法

ペットの治療費が払えないときにできる対処法

ペットの治療費が払えないときには、お金を調達する必要がありますよね。ここでは治療費を工面する方法を確認しましょう。

なお、調達方法はお金が必要な期間によって異なります。

今すぐに治療費が必要な場合(1週間以内)

ペットの調子が悪く、すぐに治療が必要な場合にできることは3つあります。

  • 分割払いの相談
  • 人にお金を借りる
  • カードローン

それぞれ説明していきますね。

分割払いの相談をする

まずは動物病院にお金が足りないことを相談してみましょう。場所により、分割払いに応じてくれる可能性があります。支払いの目処さえたっていて、一部の支払いを最初にできれば応じてくれることもありますよ。

また、クレジットカードの分割払いを受け付けてくれるかも合わせて確認しましょう。

人にお金を借りる

知り合いにお金を借りて工面するのも一つの方法です。お願いできる相手がいれば、時間がかからずに費用を集められる可能性があるのがメリットと言えます。

ただし、借金する場合は返す期限や条件をあらかじめ相談しておくことをおすすめします。

最初にしっかりと話をしておかないとのちのちトラブルに発展するかもしれません。

状況に応じて借用書を作成し、貸し借りの内容を書面に残すと良いでしょう。

カードローンを使う

今すぐにペットの治療費が必要な場合

借りる相手もおらず、早くお金を払わなければいけないときに使えるのがカードローンです。最短では土日でも即日審査、融資をしてくれるので緊急事態にも役立ちます

特にプロミスは以下の理由により、緊急でまとまったお金が必要な時に最適なサービスとなっています。

  1. 利用条件を満たすのが簡単
  2. 申し込みから借入までが手軽
  3. 最短60分で融資が可能
  4. 30日間の無利息サービスがある
  5. 24時間振込に対応
  6. 必要なものが少ない

3秒診断で融資が早いプロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

治療費を払うまで余裕がある場合はペットローンも

治療費を払うまでに1週間以上ある場合は、ペットローンも検討しましょう。ペットローンはその名の通り、ペット関係の支払いに限って融資してくれるローンです。

審査まで時間はかかりますが、融資まで待つことができるならば、積極的に利用を検討するとよいですね。

ペットの治療費が払えず困らないために事前に準備できることは?

ペットの治療費が払えず困らないために事前に準備

治療費が必要になったときにお金がないと、上記のように調達に走り回る必要が出てきます。もちろん急な事態は起こりえますが、事前に準備をしておくと負担を減らすことが可能です。

ペットが元気なうちに2つの準備をしておくと、のちのち困りません。

  • ペット保険の加入
  • 動物病院の比較

具体的に解説します。

ペット保険に加入しておく

急な手術が必要になったときに、ペット保険に加入しておくと便利です。ペット保険では月々の掛け金を支払う代わりに、治療費を一部補填してくれます

安いものでは500円程度のものからあるので、余裕があるうちから探しておくのがおすすめです。

値段が上がるほど、怪我や病気のときの補償金額や割合が増えていきます。月々の支払いやいざというときに必要な金額を考えて、プランを検討しましょう。

動物病院の料金を比較しておく

普段から、近隣の動物病院の料金を比較しておきましょう。保険のきかない動物病院は、場所により値段がまちまちです。調べずに適当に利用場所を決めてしまうと、他院より高額だったということにもなりかねません。

具合が悪くなってからではゆっくり選ぶことも難しいので、ぜひ日頃から料金の比較をしていざというときにお世話になる場所を決めておいてくださいね。

ペットの治療費が払えない場合は適切な対応を!日ごろの準備もしておこう

ペットが急な病気やケガをしてしまい、治療費が必要になった場合は適切に対処しましょう。緊急度に合わせてお金を調達する方法を検討してくださいね。

また、いざというときに慌てないためには日頃の準備も大切です。事前に保険に入ったりお願いする病院を決めておいたりして、すぐに動けるようにしておきましょう。